ビジネスのさまざまなシーンで活躍する「メモ」ですが、最近では企業のIT化やテレワークの促進によりメモを電子化し、スマホやPCでとることも多くなりました。
 
電子化されたメモはデータとして社内に残るので、紙のメモと比較すると管理がしやすく、物理的な保管場所をとることもありません。しかし、適切な管理をしなければ、メモの数が多くなるほど必要なときに情報へのアクセスが難しくなってしまいます。
 
電子メモの管理の難しさは、「メモアプリやサービス」を導入すると簡単に解消できます。一方で、アプリやサービスは数多くの種類があるので、どのツールを入れるべきか迷ってしまう担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、使用感を確かめられる、フリープランやトライアルのあるおすすめのメモアプリ11選を中心にご紹介します。
 
  • 適切なメモの管理ができておらず、アプリを用いて自社の管理を統一したい
  • 数あるツールのなかから複数のアプリをトライアルで試してみたい
  • 現場のITリテラシーがなくても使えるような、簡単なサービスを探している
という担当者の方はこの記事を参考にすることで、自社に必要なメモアプリを選定でき、業務の費用対効果の向上に貢献します。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【フリー・トライアルあり】シンプルなメモアプリ・サービス11選

以下ではフリープランやトライアルがあるおすすめのメモアプリを11選ご紹介します。
 
複数のアプリを試すときは全てを試すのではなく、自社の実現したい目的や、解決したい課題にマッチするものを選定するのがおすすめです。一方、担当者は日々の業務のなかでアプリ選定をしなければいけないので、選定に時間をかけるべきではありません。
 
また、メモアプリを導入した結果、本当に効果が出ているのかなどの効果検証も必要です。そのためには、現場に向かう必要のない「情報共有機能」があると、ヒアリングの際も効率的に情報を集められ、メモを会社のナレッジとしてストックできます。
 
このように、メモを活用し迅速な情報共有を実現するには、時間や場所を問わず情報共有できる機能がある「Stock」のような情報共有アプリを使うと業務効率化が実現できます。
 
Stockは「導入したその日から業務効率化が実現できるほどのシンプルさ」にこだわった設計がされており、「アプリを導入したが現場で全く使われない」という心配がありません。実際にその使いやすさやスマホやiPad、PCで使えるメモアプリとしての汎用性から非IT企業を含む100,000社以上の導入実績を誇ります。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【esa】情報を育てるドキュメント管理ツール

esaのトップページ

esaは、メモの内容をチームで共有して仕事を進められるメモアプリです。

<esaの特徴>

  • 不完全なメモでも公開
    まだ書いている途中のメモをシステム上に残しておいても、どのメモが書き途中なのか後ですぐに分かります。メモが未完成の状態でも早めに情報共有することが可能で、迅速な情報共有ができます。
  • 小規模なチームにオススメ
    2ヶ月間無料で使用できるトライアル期間の終了後は、1ユーザーあたり月額500円の費用感で使用できます。チームが小規模であればあるほど、低価格での利用が可能です。

<esaの注意点>

  • Markdownに慣れる必要がある
    整理されたメモの作り方に欠かせない「Markdown記法」に、エンジニアでない社員も慣れる必要があるので教育コストがかかるケースがあります。

<esaの料金体系>

2ヶ月間はフリーで利用できますが、その後はユーザー一人あたり「500円/月」がかかります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Evernote】豊富な機能でノート管理を効率化

Evernote

Evernoteは、アイデアを簡単にメモできるメモアプリです。

<Evernoteの特徴>

  • 全ての端末で同期が可能
    マルチデバイスに対応しているため、スマートフォンで気軽にメモした内容が、すぐにパソコンでも閲覧可能です
  • 書類管理も可能
    PDFデータや写真も貼り付けられるので、チームで仕事を行う際にも便利なメモアプリです

<Evernoteの注意点>

  • ITリテラシーが問われる
    Evernoteは多機能なツールなので、導入前に社内のITリテラシーを確認しなければ浸透しない可能性もあります。
  • 更新頻度が高い
    アップデートの頻度が高いうえ、見た目などの操作がしづらくなったというユーザーの実際の声もあります。

<Evernoteの料金体系>

  • FREE:無料
  • PERSONAL:680円/月
  • PROFESSIONAL:850円/月
  • TEAMS(ビジネスチーム利用):1,100円/月
 
関連記事: 「アイデアが浮かばない」から卒業する発想法とメモ術をご紹介
 
関連記事: iPhone/iPadのメモをWindows/Macに同期させる方法!
 
関連記事: 【Windows】デスクトップの付箋メモは意味がない?!メリットとデメリットを徹底解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Scrapbox】独自の記法を用いながら非階層でメモを管理

Scrapbox

Scrapboxは、メモした内容を一覧で見える化できる、情報整理に優れたメモアプリです。

<Scrapboxの特徴>

  • 膨大なメモを管理可能
    書いたメモは簡単に検索できるため、膨大なメモの量になっても瞬時に指定のメモに辿り着けます
  • カンバン方式で操作がシンプル
    操作性がシンプルで、思いついたものをメモで貯めていけます。

<Scrapboxの注意点>

  • 独自の記法に慣れる必要がある
    Markdown記法のような独自の記法を採用しているので、慣れが必要です。
  • 非階層で情報を管理
    作成したメモは一覧での管理となるので、階層化してメモを管理したい場合は不向きです。

<Scrapboxの料金体系>

  • PERSONAL/EDUCATION:無料
  • BUSINESS:ユーザー一人あたり1,000円/月
  • ENTERPRISE:要問い合わせ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Simplenote】テキストメモに特化したサービス

Simplenoteのトップページ

Simplenoteは、無料で全ての機能を使用できるメモアプリです。

<Simplenoteの特徴>

  • 完全無料で使用できる
    シンプルな操作でメモをとれ、無料で利用できます。一方で、公式HPは日本語対応ではありません。
  • マルチデバイスに対応
    iPhoneとAndroid、MacとWindows全てのデバイスで使用が可能です。

<Simplenoteの注意点>

  • 公式サイトが英語
    公式サイトが英語なので、導入のハードルが企業によっては高くなります。
  • メモのみに特化
    テキストでのメモのみに特化しているので、画像や動画といったファイル添付ができません。

<Simplenoteの料金>

完全無料で利用できます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【mimemo】ブラウザ上でメモが取れるサービス

mimemo

mimemoは、オンライン上でメモを記入し、共有が可能な「メモサイト」です。

<mimemoの特徴>

  • メモの編集・プレビューが同時に表示される
    mimemoでは、マークダウン記法を使用することができます。また、マークダウンが正しく反映しているか効率よく確かめるために、メモの編集・プレビューが同時画面で行えます。
  • URLを使用したメモの共有が可能
    記入したメモごとにURLが割り振られます。メモのURLを共有者に送信することで、誰にでも共有できる一方、URLを伝えて開くという手間が派生してしまいます。また、メモへのコメントを記入できるのも特徴の1つです。

<mimemoの注意点>

  • Markdown記法に慣れる必要がある
    mimemoでは、Markdown記法が使える一方、整ったメモを作成するには使い方を習得しなければなりません。

<mimemoの料金体系>

  • mimemo(個人向け):無料
  • mimemoプラス(個人向け):220円/月
  • mimemoグループ(複数人向け):無料
  • mimemoグループプラス(複数人向け):1,100円/月
 
関連記事: iPhone「メモ」をフォルダで管理!使い方を徹底解説
 
関連記事: 【メモの引き継ぎ】iPhoneから機種変更する方必見!
 
関連記事: iPadの手書き入力はメモに最適?メリットとデメリットを徹底解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Google Keep】Googleがリリースするメモアプリ

Google Keep

Google Keepは、webブラウザやアプリでも使用可能な、Googleが提供しているメモサービスです。

<Google Keepの特徴>

  • 音声入力が可能
    会議の議事録用に音声を録音したり、とっさに思いついたことをメモする時に音声入力はおすすめです。また音声だけでなく、写真や手書き入力も可能です。
  • PCからスマートフォンまで全て対応
    PCだけでなく、iPhoneやAndroid、iPadなどのタブレット端末でも使用可能です。

<Google Keepの注意点>

  • オフラインでの利用不可
    Google keepはオンライン利用が前提となっているので、オフラインでの利用ができない点がデメリットです。また、Googleアカウントの作成が必要です。

<Google Keepの料金体系>

Googleアカウント(無料)を開設すれば無料で利用できます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【メモ】Apple製品にデフォルトのメモアプリ

Apple「メモ」アプリのトップページ

iPhoneやiPadでデフォルトで入っているメモアプリです。

<Appleメモアプリの特徴>

  • デザイン・操作がシンプル
    不要な機能はなく、使い方もデザインもシンプルで簡単なアプリです。
  • 手書きでもメモが可能
    iPhoneおよびiPadでは「手書き」の機能を使えるので、会議や授業のメモをフレキシブルに取れます。

<Appleメモアプリの注意点>

  • 共有には不向き
    個人利用が中心のアプリとなるので、ビジネス上でメインでの利用は難しいです。

<Appleメモアプリの料金体系>

無料で利用できます。
 
 
関連記事: 【トップ5】安全にメモを管理できるアプリ!メモ帳のデメリットもご紹介
 
関連記事: LINEのKeepメモとは?どこにある?出し方や使い方も解説!
 
関連記事: 【徹底比較】メモを取るならタブレット?電子ノート?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【メモ帳】urecyによる多機能なメモアプリ

多機能メモ帳 文字数カウント JPノート

「メモ帳」は、多機能でありながらシンプルで使いやすい「メモアプリ」です。

<メモ帳の特徴>

  • 有料版ではバックアップが可能
    スマートフォンを紛失してしまったり、データが消えてしまったりしたときのために、iCloud上にメモデータのバックアップを取れます。
  • 巻き戻し機能がある
    文字入力の巻き戻しや、巻き戻し内容の取り消しをする「undo/redo」機能がついています。その他にもメモのゴミ箱機能がついているので、メモを誤って消去してしまった場合でも復元が可能です。

<メモ帳の注意点>

  • 共有には不向き
    メンバーの招待がメールでしかできないので、スピーディな情報共有を目的としたビジネス利用には向いていません。

<メモ帳の料金体系>

基本的には無料で利用できますが、有料版の料金は370円となっています。
 
 
関連記事: iPhoneで使えるメモアプリ12選!仕事で活用できるものを試してみよう!
 
関連記事: スマホでのメモ活用のコツとは?アプリを上手く使ってみよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【画面メモ】Webページの画面をそのまま保存

画面メモのトップページ

画面メモは、Webページを丸ごと保存できるアプリです。

<画面メモの特徴>

  • 全画面保存
    似た機能にスクリーンショットがありますが、それとは異なりスクロールが必要なページも丸ごと保存できます。
  • ストックして後からまとめて読める
    気になる記事をストックしておいて、後から時間がある時にまとめて読み返せます。

<画面メモの注意点>

  • 元ページが消されていたら内容が確認できない
    オンラインにて更新しなければ内容が確認できず、元ページが更新されている場合は、内容が確認できません。

<画面メモの料金体系>

無料で利用できます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【LINE Keep】LINEに搭載されているメモ機能

LINE Keepのトップページ

LINE Keepは、LINE内に画像や動画、テキストを簡単にメモできるサービスです。

<LINE Keepの特徴>

  • 使い方がシンプル
    通常のLINEと同じ使い方で、Keepメモ上に自由にテキストを記入したり、データを保存できます。

<LINE Keepの注意点>

  • ファイルの保存期間に注意する必要がある
    文書など各種ファイルは1週間、動画や画像は2週間を過ぎると削除されてしまうので、ピン留めや端末にデータを保存しておく必要があります。他にも、1GBまでの制限がある点に注意です。

<LINE Keepの料金体系>

LINEに最初から備わっている機能であり、無料で利用できます。
 
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!
 
関連記事: 【業務効率化】おすすめメモ共有ツールランキング8選!
 
関連記事: 【人生が変わる!】上手なメモの取り方と速く書くテクニックとは?
 
関連記事: PC・スマホで使える便利なクラウドメモのおすすめ10選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

業務上で使うメモの種類

自社の社員にメモを習慣化させるため、メモの種類ごとに管理方法などのルールをあらかじめ決めておくのが有効です。以下では、業務上で使用するメモの種類をご紹介します。

ToDoリスト

業務ででしなければいけないToDoをまとめるメモです。
 
日常的につい忘れがちになっている緊急性の高いものについても、アプリなどを用いて管理すると、通知機能を用いてToDoの漏れを防止できます。
 
さらに、このToDoを部署やチームといった小さい組織で回すことができると、メンバーのやるべき業務が可視化され、スムーズな情報共有も可能になります。
 
とくに、各地にメンバーがいる状態でのプロジェクト管理などでは、「クラウド型ツールのToDoリスト」を用いて、各メンバーの稼働状況を確認しながら案件を進める、という使い方も考えられます。
 
関連記事: 「To Doリスト」はもういらない?メモを使った管理方法をご紹介

備忘録としてのメモ

メモは備忘録としての役割はもちろんですが、議事録のような打ち合わせや会議の発言や要点をまとめておく資料にも横展開させることができます。
 
また、チームメンバーに小さなタスクを任せるときにもこの備忘録が利用できます。
 
さらに営業活動で得た情報やデータの分析結果もメモとして残しておけば、重要な経営資産となることもあります。

書類をメモで保存

アプリ・Webサービスのメモ機能では、データで書類を保存できます。
 
紙媒体で資料を持っていると紛失のリスクや物理的な場所のかさばりが発生します。データで大切な資料を保管しておきたい場合はメモアプリで管理すると、効率的にメモを探し出し、見やすく保管できます。
 
特に、社内にメモアプリを浸透させたい場合は、「そのアプリが誰でも使えるか」「利用にストレスがかからないか」を考える必要があります。使いやすいメモアプリであれば「Stock」のようなアプリを導入し、情報の整理を行うのが良いでしょう。

日報

その日起きた業務内容をチームメンバーや上長に共有するために用いられる日報ですが、業務中にとっていたメモを活用すると、粒度の細かい日報の作成ができます。
 
日報は今日のコロナ禍で対面のコミュニケーションが取りづらいなか、メンバーの様子を把握できる重要な書類です。1日の業務詳細が不明であれば、さらなるコミュニケーションコストがかかってしまうでしょう。
 
そのため、後から振り返ったときに業務詳細を思い出せるようなメモの書き方、たとえば、要点や特徴的な数字をメモしておくなどのテクニックも求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【おすすめ14選】webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?
 
関連記事: 【2021年最新】使いやすいメモソフト・ツール13選
 
関連記事: iPhone/iPadの「メモ」をほかの人と共有・編集する方法!

効果的なメモが作成できるたったひとつのポイント

メモの作成には5W1Hを意識すると、具体的なメモが書けるようになります。「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」を強く意識して書くように心掛けるのがおすすめです。
 
思考の整理や日記を書く際に意識すると、要点が明確になり、メモがより効果的なものになります。
 
もちろん、この考え方はメモだけでなく、ほかの営業資料や報告書などをわかりやすく文章で伝えるために必要なフレームワークとも言えるでしょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
関連記事: 【Windows10】メモ帳と付箋の起動方法と使い方!
 
関連記事: 【iOS・Androidに対応】無料メモアプリ11選
 
関連記事: iPhone「メモ」の保存・バックアップ方法

おすすめのメモアプリ・Webサービス11選まとめ

ここまで、フリープランやトライアルで利用できるおすすめのメモアプリ・サービス11選を中心にご紹介してきました。
 
メモアプリはメモとしての利用はもちろん、書類や資料の作成、備忘録などに応用して使えるうえ、クラウド型であればスムーズな情報共有が実現できるツールです。それだけ汎用性が高い分、ビジネスにおいてはメモの数も多くなるので適切な管理をしなければなりません。
 
メモの管理がアナログの場合、メモの数が増えると必要な情報へとアクセスするため「情報を探す」という手間が発生してしまい、業務の進行に支障をきたしてしまうでしょう。そのため、メモアプリやサービスでの管理が必要なのです。
 
しかし、メモの管理だけで「多機能」で「複雑」なツールは、逆に生産性を損ねてしまい、特にITツールの利用に慣れていない非IT企業では抵抗感が生まれてしまいます。
 
そのため、ご紹介したStockのような「過不足のない」機能を持つアプリで社内のメモを適切に管理すると、抜け漏れを防止できることはもちろん、ナレッジを集約してマニュアルを作成する、というような横展開も可能です。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」で個人メモを社内のナレッジへと昇華させ、業務効率化を実現しましょう。
 
関連記事: iPhone「メモ」アプリを使いこなすために!【メモを検索】
 
関連記事: 【ブラウザー上で使える!】無料メモサイト・アプリ14選
 
関連記事: 使い方簡単!複数デバイス間で使えるメモ共有ツール10選
 
関連記事: メモを整理する3つのポイント!シーン別メモの整理術付き
 
関連記事: 【必見】iPhone「メモアプリ」の使い方まとめ!
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選
 
関連記事: 【iPhoneメモアプリ】チェックリストの作成と自動並び替え
 
関連記事: 意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術10選!
 
関連記事: メモツールを使って社内にどんどん共有していこう!
 
関連記事: 多機能メモ帳アプリ・Google Keep(グーグル キープ)の使い方を徹底解説
 
関連記事: 紙とデジタルどっち?仕事で使えるメモ帳アプリ6選も紹介
 
関連記事: メモアプリおすすめ5選!選定時の比較ポイントもご紹介!
 
関連記事: 【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介
 
関連記事: Windowパソコンのメモ帳を使うより、クラウドメモアプリを活用してみよう!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?
 
関連記事: 【無料】伝言メモ・電話メモのテンプレートサイト3選!
 
関連記事: 上司に評価される伝言メモの書き方!7つのポイントをご紹介