プロジェクトマネージャー(PM)やプロダクトマネージャー(PDM)は、案件の初めから終わりまで、プロジェクトの全体管理が主な業務のひとつとしてあげられます。
 
一方、初めてPMやPDMとしてプロジェクト管理を任されたが、効果的なプロジェクト管理の手法がわからない方も多いのではないでしょうか。実は、効率的な管理ができるように「プロジェクト手法」という複数のフレームワークが存在します。
 
さらに、このプロジェクト手法とチームで使えるプロジェクト管理のコツを組み合わせると、相乗効果でより一層プロジェクトの管理がしやすくなります。
 
そこで今回は、プロジェクト手法の種類やプロジェクト管理のコツについてご紹介しますので、
 
  • 初めてのPMでどうプロジェクトを管理したら成功できるのか分からない
  • プロジェクト手法を用いて効率的なプロジェクト管理を実現したい
  • 案件の進捗管理が自社で属人化しているので、誰でもわかりやすく成果が出せる方法を試したい
というPM、PDM、企業担当者の方は、この記事を参考にすることで自社にあったプロジェクト手法を選択し、効率的なプロジェクト管理が可能となります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

王道のプロジェクト管理手法7選

プロジェクト管理における手法は、Excelを使った管理方法だけではなく、ある程度決まった形の手法(フレームワーク)が複数あります。以下では、ビジネスシーンでよく使われる、7つの王道プロジェクト手法について、どのようなものであるのかを具体的に解説していきます。

WBS

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクトを細かいタスクに分解して構成図を作成する手法で、「作業分解構成図」とも呼ばれます。
 
具体的にいうと、ITサービスを作るときに一連の作業を「要件定義・設計・開発・テスト」に分解し、さらにその中で〇〇のテスト、××のテストのように細分化することを指します。一連の作業の流れを把握し、スケジュールに落とし込みたいときに、WBSが多く使われます。
 
WBSを使うと、プロジェクトに必要な細かいタスクを把握でき、プロジェクト完遂までの大まかな時間と予算を計算できます。また、担当者が自身のタスクを把握しやすくなるので、チームの役割分担について相互認識を持つことも可能です。
 
関連記事: WBSとは?効率的な作業計画を作ってプロジェクトを管理しよう!

CCPM

CCPM (Critical Chain Project Management)は、プロジェクト各工程の時間や予算を最低限にして、プロジェクト全体で「ゆとり」を持たせる手法です。
 
CCPMを使うと、ゆとりを持たせられるので、プロジェクト管理でありがちなトラブルにも柔軟に対応できたり、プロジェクト終盤での見直しなどに時間を使えたりできます。
 
例えば、ITサービスを作るプロジェクトを考えます。要件定義に5日、設計に10日、開発10日、テストに5日で合計「30日」かかるとします。
 
各工程は通常ゆとりを含んだ日数なので、それぞれ10%時間に余裕があるとして、合計「27日」かかる計算です。ゆとりである「3日」を、遅れが生じた工程に配分しプロジェクト全体を管理する、というのがCCPMの基本となります。
 
この手法は基本的に長期のプロジェクトに向けで、短期間向けではありません。時間が切迫している短期プロジェクトでは、ゆとりを持たせるのは難しいので、長期プロジェクトに使われることが多いです。

PERT

PERT (Program Evaluation and Review Technique)は、プロジェクト内のタスクや作業の繋がりを図示することで、依存関係を把握する手法です。
 
図には、タスクと作業日数、タスクの順序を表す矢印、作業開始日(最早結合点日程)と終了日(最遅結合点日程)を書きます。この図により、タスク同士の関係性を把握しやすく、複雑な作業の順番を入れ替えたりすることができるようになります。
 
図にすることで視覚的に工程がわかるのはもちろん、1タスクにかかる時間・期間を算出できます。そのため、大規模で部署間をまたいだ、複雑なプロジェクトに向いています。

ガントチャート

ガントチャートは、縦軸に作業内容・横軸を時間にし、各タスクの作業開始日と終了日を棒グラフとして表すプロジェクト管理手法です。
 
ガントチャートを使うことで、プロジェクト全体の進捗度が可視化されます。それにより遅延しているタスクにリソースを割いたり、作業順序の入れ替えなどを容易に行ったりできます。
 
特定の時間や日にどのような作業をしなければいけないかが、横軸を見れば視覚的に把握できるので、一目でわかりやすいのがメリットと言えるでしょう。
 
関連記事: プロジェクトの進捗管理ができるガントチャートツールを徹底比較!【21選】

PPM

PPM (Project Portfolio Management) は、社内で進行している複数のプロジェクトを一括で管理し、それぞれのリソースの配分を決定する手法です。
 
プロジェクトにおいて、チームや部署のような複数人の組織を管理する手法が必要となるうえ、適切なリソース配分を行うために注目されたのがPPMです。
 
各プロジェクトを「金のなる木」「花形商品」「問題児」「負け犬」と呼ばれる、市場占有率と市場成長率の2軸から成る、4つの象限に分類します。そして各事象で推薦される「撤退戦略」や「拡大戦略」などを選択して、事業の意思決定を決めます。
 
PPMにより、各プロジェクトの優先順位を決め、最適なリソースの配分を可能にすることができます。

PMBOK

PMBOK (Project Management Body of Knowledge)は、プロジェクト管理の知識や手法を「教本」としてまとめたものです。プロジェクトマネジメントの世界的標準となっており、世界各地で浸透しています。
 
PMBOKは、5つのプロセス(立上げ、計画、実行、監視・コントロール、終結)と10個の知識(統合、スコープ、スケジュール、コスト、品質、資源、コミュニケーション、リスク、調達、ステークホルダーの管理方法)をもとに、「高品質・低価格で早く」がモットーのQCD(品質、費用、納期)を達成することを目的としています。
 
このPMBOKはあまり実戦向けではないので、プロジェクト管理の参考・知識として、現場ごとに柔軟に落とし込むことが必要です。

P2M

P2M (Project & Program Management) は、プロジェクト管理にプログラムマネジメントの考え方を加えたプロジェクト管理手法です。
 
前述したPMBOKは米国で生まれ、P2Mは日本発祥です。P2Mは個々のプロジェクトを管理する意味合いが強いことで知られています。
 
日本マネジメントプロジェクト協会によると、経済産業省の委託事業として、エンジニアリング振興協会が2001年に発行したものであることがわかります。
 
関連記事: [必見]複数のプロジェクト管理を効率的に!プロジェクト成功のコツとツールの紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

IT企業必見!システム開発でのプロジェクト管理手法

上記では業界問わず使用できるプロジェクト手法についてご紹介しましたが、以下ではIT企業でよく利用される手法について2つ解説します。

ウォーターフォール

ウォータフォールは、要件定義などの上流工程からシステム開発・導入の下流工程まで時系列に沿って開発する手法です。長期的なプロジェクトの管理手法に向いています。
 
一方、この手法はシンプルで分かりやすいという特徴がありますが、流れるように作業をしていくので、途中での変更に対応しづらいというデメリットがあります。したがって、変化の激しい今の時代に合わず、現在は「アジャイル」という開発手法が主となっています。

アジャイル

アジャイルは、プロジェクトを週単位に分割して、それぞれの目標を設定し繰り返す開発手法です。
 
プロジェクトを細かくすることで、途中の変化に対応しやすくなっているのが大きな持ち味です。一方、今日こそメジャーな手法ですが長期間のプロジェクトには向いていないというデメリットもあります。
 
そのため、短期間のプロジェクトやクライアントの意向が変わりやすいプロジェクトに向いていると言えます。
 
関連記事: プロジェクトマネージャーになったら必須の進捗管理!成功に導くためには?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト管理における2つのコツ

プロジェクト管理を進めるうえでプロジェクト手法を用いた管理も重要ですが、チームや組織のメンバーの進捗がすぐに把握できるようにするためには、手法だけではなく以下2つでご紹介するコツを意識・実行すると、さらに業務効率化が実現できます。

メンバーとのコミュニケーションを深める

メンバーとのコミュニケーションを積極的に図るのもPMやPDMの重要な役割です。一方、メンバーの管理における問題として、チームや部署の規模が大きい場合には、末端の進捗管理まで目が届かないケースが考えられます。
 
実際に、ある案件の進捗確認が週1回の定例でしか行われず、そこで初めて工程の遅れをはじめとしたトラブルに気づく、というケースもあるのです。
 
事前にこのようなトラブルを回避するためにも、日頃のコミュニケーションが必要です。しかし、忙しい現場でのコミュニケーションは難しく、要点をまとめるためにファイルを作成、報告書や日報などで情報共有する方法が一般的ですが、ツールの導入により、効率的に情報共有ができるようになります。

使いやすいツールの導入

社内外のプロジェクト管理には「プロジェクト管理ツール」を導入すると、細かなタスクやスケジュールが一目でわかり、業務効率化に貢献します。
 
チームメンバーの規模が大きくなるほど、意思疎通が難しくなっていきますが、ツールのなかにはチャット機能がついているものもあり、メンバーとコミュニケーションを取りながらプロジェクト管理ができます。
 
ツールには高機能なものからシンプルで使いやすいものまで多数あります。そのため、全社で導入する場合は無料トライアルを活用して、実際に利用する現場の声をヒアリングしましょう。経営者や担当者の一存で決定しないように注意が必要です。
 
関連記事: 【無料・有料】おすすめのチケット管理ツール15選!
 
関連記事: 無料で使えるプロジェクト管理ツールを徹底比較!目的別で選ぶ!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

PM・PDMやチームで使えるおすすめのプロジェクト管理ツール

以下では、PMやPDMの人はもちろん組織や企業全体で使える、中小企業にマッチしたプロジェクト管理ツールをご紹介します。
 
特に、さまざまな業務を兼任するケースが多い中小企業では、プロジェクトやタスク管理の重要性は分かっていても、ツールを用いて管理工数が増えると感じ、導入まで踏み切れない担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
一般的にタスク管理ツールといえば有名なツールや大手企業が導入している、大規模なツールをイメージしがちですが、非IT企業でも使える、誰でもすぐに使えるプロジェクト管理ツールも存在します。
 
例えば、非IT企業を含む導入実績が80,000社以上を誇るStockは、導入したその日からすぐに使用可能、リテラシーの異なる企業でも安心して使うことができます。
 
進捗やタスク管理はもちろん、プロジェクト中に作成した資料や文書管理もノートを使って直感的に管理ができます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: 最も簡単にプロジェクト管理をするなら、「Stock」がオススメ!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト管理の手法やコツまとめ

これまで、プロジェクト管理の手助けとなる手法(フレームワーク)やコツをまとめてご紹介してきました。
 
フレームワークはあくまでプロジェクト管理をサポートするためのツールです。そのため、プロジェクトの完遂が目的であるのに対し、綺麗なフレームワークの作成が目的となったり、作成に工数がかかったりしては本末転倒です。
 
そして、フレームワークに慣れない中小企業でもプロジェクト管理をスムーズに行うのであれば、コミュニケーションとプロジェクト管理ツールの2つができていれば適切な管理が可能です。
 
今回ご紹介したStockは、ITに詳しくない、リテラシーの異なる社内であっても導入したその日から業務効率化が実現できるプロジェクト管理ツールです。
 
無料から利用でき、登録も1分で完了するので、ぜひ導入してプロジェクト管理をスムーズに、効率的に管理しましょう。
 
関連記事: 【2021年版】プロジェクト管理について網羅!流れやポイントも徹底解説!
 
関連記事: プロジェクト管理とは?目的や効率化できるツールをご紹介
 
関連記事: 生産管理とは?利益を最大化するポイントを知って業務を効率化しよう!
 
関連記事: おすすめスケジュール管理アプリ12選!導入メリットやコツも解説
 
関連記事: マイルストーンってなに?使い方を学んでプロジェクト管理を効率的に行おう!
 
関連記事: プロジェクト管理に必要な項目を整理して、効率よく業務をマネジメントしよう!