素晴らしいアイデアを出す人は社内で重宝されます。一方で、実際にアイデアを生み出そうとしたときに「何も良いアイデアが思い浮かばない。」という経験をした方も多いのではないでしょうか。
 
アイデアが思い浮かばなかった原因は才能ではなく、正しい発想法やメモ術を知らなかったことにあります。そのため、アイデアを生み出す発想法やメモ術が実践できるようになれば、誰でもチームの中心となって大きな仕事に携われる可能性があるのです。
 
そこで今回は、「アイデアが浮かばない」から卒業する発想法とメモ・ノート術を中心にご紹介します。
 
  • 新規事業の開発で企画案の提出が迫っているが、良いアイデアが思い浮かばない
  • アイデアを生む発想法は知っているが、日常的に使えるメモ術があれば知りたい
  • 社員が次々と新しいアイデアを生み出すために必要な要素を教えてほしい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、アイデアを生み出すための正しい方法を理解でき、アイデアメモの管理で優先すべき要素が分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アイデアを生み出す3つの発想法

やみくもに頭のなかで考えていてもアイデアは思い浮かびません。以下では、アイデアを生み出すために実践すべき3つの発想法をご紹介します。

アイデアを広げる「マインドマップ」

1つのアイデアを広げる方法にマインドマップがあります。
 
マインドマップは発想やアイデアが生まれる流れを、中心の概念(メインテーマ)から枝を分岐させる形でまとめる方法です。

マインドマップのイメージ図

マインドマップを上手く活用すれば単純にアイデアを羅列するのではなく、アイデアにいたるまでの思考の流れや関連性を明確にできます。そのため、アイデアを具体的な行動に移すために必要なことも分かるようになるのです
 
具体的には以下の3つの手順に従ってマインドマップを作成します。
 
  1. 思い付いたことをメインテーマにして、メモの中心に記載する
  2. メインテーマに関連するサブテーマを周りに記載する。
  3. さらに、サブテーマに関連するアイデアを周りに記載する。
マインドマップを広げるほどアイデアの量が増えて質も高くなります。そのため、1つのアイデアを深めるため場合にはマインドマップを活用しましょう。

アイデアを組み合わせる「三角メモ」

新しいアイデアを次々と生み出す方法のひとつに三角メモがあります。
 
三角メモは『すごいメモ。』で紹介されているアイデア発想法で、AとBに別のキーワードを書き出して組み合わせることで奇抜なアイデアを生み出します
 

三角メモ イメージ画像

(1) 左の三角形に、テーマ関連する情報を書き出してください!
(2) 次に右の三角形にターゲットの好きなことを、ただただリストアップ!
(3) さぁ、(1)と(2)を結びつけて、面白い言葉をつくってください!
 
『すごいメモ。』小西利行著/かんき出版
Aの三角形にはテーマに関連したキーワードを記入していきます。関係する人や呼び名、イメージ、体験などを可能な限り書き込みましょう。
 
一方、Bの三角形にはテーマのターゲットや参加者の好きなことを書きます。Aに書いた内容はすべて忘れて自由に書き出すことが重要です。
 
最後に、AとBのキーワードを掛け合わせると斬新なアイデアが次々と出てきます。

アイデアを捉え直す「問題逆転」

アイデアを違った角度から生み出す方法として問題逆転があります。
 
問題逆転はテーマを逆転して思いも寄らないアイデアを生み出す発想法です。
 
(1) 問題や課題や既存のアイデアを言葉で表現する。
→例:売り上げが足りない
 
(2) 言葉にした問題の一部を否定形や対義語に置き換えて<逆転>する。
→例:売り上げが足りない→売り上げが多すぎる
 
(3) 裏返した問題についての<逆転解決策>を考える。
→例:売り上げを減らす案を考える→売り渋る、自らネガティブな広告をうつなど。
 
(4) <逆転解決策>がいくつか出せたら、(一部変更して)元の問題の解決に使えないか考える。
→例:売り渋る→期間限定や地域限定で販売しプレミアム感を出す。
 
(5) (4)でできた解決策が使えるかどうか確かめる。
 
『アイデア大全』読書猿著/フォレスト出版
問題逆転のメリットは新しい視点でテーマを捉え直せることです。思考が止まってしまったときでも気分転換しながらアイデアを生み出せます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

より良いアイデアを生み出す3つのメモ・ノート術

これまでご紹介した発想法を実践するためにメモを取りましょう。以下では、より良いアイデアを生み出す3つのメモ・ノート術をご紹介します。

アイデアを生むためにメモをとる

「アイデアが思い付いたらメモ」をするのではなく、「アイデアを生み出すためにメモ」をとりましょう。
 
一般的には”アイデアが生まれてからメモする”と理解されていますが、良いアイデアを次々と生み出す人は”メモをするからアイデアが生まれる”ということを実践しています。なぜなら、アイデアを生み出すためには”頭のなかが綺麗に整理されている”のが大切だからです。
 
そのため、斬新なアイデアが思い浮かぶまでじっと待つのではなく、些細な気づきや考えをメモして頭を整理しましょう。つまり、アイデアを生むためには頭と同時に手を動かしてメモすることが大切なのです。

何も気にせずにメモをする

深く考えずに思い浮かんだことをすぐにメモする習慣をつけましょう。
 
些細な出来事でもあとから振り返ったときに重大な発見があるかもしれません。記憶しておくのは不確実ですが、メモを残しておけば時間が経過してもいつでも見返せます。
 
しかし、何も気にせずにあらゆることをメモすると、メモ帳やノートがもったいないように感じます。そのため、ページ数や余白を気にせずに思い浮かんだことをすぐに書き残せるようにデジタルのメモアプリがおすすめです。
 
さらに、メモアプリではメモを整理整頓して管理できるので「大切なメモが見つからない」というような事態を防げます。

思い付いたらすぐにメモをとる

思い浮かんだアイデアを忘れないようにすぐにメモをとりましょう。
 
アイデアは思い浮かぶのはデスクで仕事をしているときだけではありません。そのため、通勤中や外出先など、あらゆる状況で大切なアイデアを取りこぼさないようにすぐにメモできる環境が必要です。
 
たとえば、メモアプリは場所や時間を選ばずにメモできるアイテムのひとつです。メモアプリはスマホから利用できるので、アイデアをメモしたいときにすぐに取り出してメモを書き残せます
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アイデアを生み出すために役立つメモアプリの3つの機能

アイデアを書き残しておくにはメモアプリが最適です。また、メモアプリのなかでも以下でご紹介する3つの機能を過不足なく搭載しているアプリの導入をおすすめします。

自由な発想をサポートする「テンプレート機能」

自由な発想でアイデアを生み出すためにはテンプレート機能を活用しましょう。
 
テンプレート機能とは、あらかじめ決まっている項目をわざわざ書き込まなくても自動入力してくれる機能です。メモを作成するたびに同じ項目を入力する必要がないので、もっとも重要な”メモの中身”に集中できるメリットがあります。
 
たとえば、メモの発想法でご紹介した「問題逆転」のテンプレートを下図のように作成すれば、いつでもワンタップで自動入力されるのでアイデアを考えることにすべての労力を使えます。

テンプレート機能のイメージ図

そのため、アイデアを生み出すような創造的な仕事をする場合には、作業を効率化するためにテンプレートを積極的に利用しましょう。

大量のアイデアを整理できる「フォルダ機能」

次に、大量のメモを整理できるフォルダ機能を活用しましょう。
 
「急に素晴らしいアイデアが思い浮かんだ」というケースばかりではなく、過去のメモから生み出されるアイデアもあります。しかし、メモが適切に整理されていない環境では必要なメモをすぐに見つけ出すのは困難です。
 
そこで、メモをフォルダで整理して簡単に目的のメモを探し出せるようにしましょう。2階層のフォルダでメモ管理するアプリがあれば、業務や案件、取引先ごとなど詳細な分類ができるのでおすすめです。

思い返したいアイデアをすぐに発見できる「検索機能」

最後に、必要なメモをすぐに探し出せる検索機能を使いこなしましょう。
 
すぐにメモを探し出せる検索機能があれば、誰でも簡単にメモを活用できるようになります。たとえば、メモのタイトルに含まれるキーワードで検索したり、すべてのメモの全文に含まれるキーワードから検索したりする機能など、さまざまな検索方法があります。
 
一方で、紙のメモ帳にアイデアを記録してしまうと1ページずつ探さなければならないので、不要な時間と手間がかかります。以上のことからも、斬新なアイデアを生み出すためには、過去のメモを簡単に探し出せる検索機能を活用しましょう。
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アイデアメモの管理におすすめのアプリ

以下では、アイデアメモの管理におすすめのアプリをご紹介します。
 
アイデアを生み出すためには発想法を正しく理解する必要があります。また、発想法だけでなく日常的に実践できるメモ・ノート術でアイデアを記録することも重要です。
 
そして、メモ・ノート術を効率的に実践するためには、紙のメモ帳ではなくメモアプリが最適と言えます。なぜなら、アイデアを生み出すための役立つ3つの機能「テンプレート」「フォルダ」「検索」が利用できるからです。
 
具体的には、テンプレート機能はアイデアメモの作成を効率化し、フォルダ機能と検索機能はアイデアメモを有効活用するのに役立ちます。一方で、アイデアを生み出すための機能が充実していても、メモアプリがシンプルでないと意味はありません。
 
多機能・高機能なメモアプリを導入してしまうとデジタルに詳しくない社員が使いこなせません。そのため、メモアプリが社内に浸透せず、次第に誰でも利用しなくなる恐れがあるのです。
 
結論、「テンプレート」「フォルダ」「検索」の3つの機能が備わっていて誰でも簡単に使いこなせるアプリは、アイデアのメモに必要な機能を過不足なく備えているので使い勝手が良いシンプルな「Stock」一択と言えるでしょう。
 
Stockは導入実績100,000社を超える今注目のアプリであり、新たなアイデア・発想を生み出すのに苦労している非IT企業を中心に広く活用されています。

チームの情報を最も簡単に残せるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アイデアを生み出す発想法・メモ術・アプリまとめ

これまで、アイデアを生み出すための発想法やメモ・ノート術を中心にご紹介してきました。以下は、誰でもアイデアを生み出せるようになる3つの発想法です。
 
  1. アイデアを広げる「マインドマップ」
  2. アイデアを組み合わせる「三角メモ」
  3. アイデアを捉え直す「問題逆転」
アイデアをすぐに思い浮かべるのは難しいので、日頃から些細なことでもメモするのが大切です。メモが適切に蓄積・管理されるとより良いアイデアにつながる可能性が格段に高まります。
 
今回ご紹介したStockはデジタルに詳しくない人でもすぐに使いこなせるほどシンプルで、かつ過去のアイデアメモでも簡単に探し出せる高い検索機能があるアプリです。
 
無料登録は1分で完了するのでぜひ「Stock」を導入して、アイデアを生み出す発想法やメモ術を実践しましょう。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?