自社のビジネスに大きな成功を与える経営資源のひとつにアイデアがあります。そのため、多くの人が奇抜で、斬新なアイデアを生み出すことを望んでおり、社内で素晴らしいアイデアを出す人は「アイデアマン」として重宝されます。
 
しかし、実際にアイデアを出そうと頭のなかで考えたときに、「何も思い浮かばない」という問題に直面した経験がある方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、アイデアを生むための3つの発想法と、より良いアイデアを生むためのメモ術をご紹介します。
 
  • 新規事業の開発で新たな企画案の提出が迫っているが、なかなか良いアイデアが思い浮かばない
  • アイデアを生む発想法は知っているが、日常的に意識できるメモ術があれば知りたい
  • 次々と新しいアイデアを生み出すために必要なアイテムを教えてほしい
という担当者の方は、この記事を参考にしていただくと、より良いアイデアを出すためのメモの活用方法が分かり、実践できるようになります。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

アイデアを生み出す3つの発想法

アイデアはただ頭のなかでイメージを膨らませるだけでなく、正しい発想法を活用することで生み出されます。以下では、アイデアを生み出すために実践したい3つの発想法をご紹介します。

1軍ノートと2軍ノートを用意する

アイデアを生み出すために2つのノートを用意する方法が『超ノート術』で紹介されています。2つのノートは、1軍ノート2軍ノートと呼ばれ、それぞれ用途が異なります。
 
(1) 毎日コツコツと、気になったことをノートにメモする。
(2) そのなかから、選りすぐりのメモだけを特別なノートに書き写す。
(3) 選ばれたメモは頻繁に見返し、アウトプットに活用する。
 
『超ノート術』佐藤ねじ著/日経BP社
つまり、2軍ノートに日常の気づきを次々と書き出していき、2軍ノートのなかからアイデアを膨らませそうなメモだけを1軍ノートに書き足していきます。
 
1軍ノートにメモを写す際には、さらに面白いアイデアにするために思い付いたアイデアを付け加えることで、よりアイデアに広がりが生まれます。

三角メモでアイデアを組み合わせる

新しいアイデアを次々と生み出す方法のひとつに三角メモがあります。三角メモは『すごいメモ。』で紹介されているアイデア発想法で、短い時間で大量のアイデアを出したいときに最適です。
 

三角メモ イメージ画像

(1) 左の三角形に、テーマ関連する情報を書き出してください!
(2) 次に右の三角形にターゲットの好きなことを、ただただリストアップ!
(3) さぁ、(1)と(2)を結びつけて、面白い言葉をつくってください!
 
『すごいメモ。』小西利行著/かんき出版
Aの三角形には、テーマの対象となるモノ・コトに関連したキーワードを記入していきます。関係する人や呼び名、イメージ、体験などをできる限り書き切り、さらに、誰も思い付かないようなキーワードもあればなお良いです。
 
一方、Bの三角形には、テーマの対象となるコト・モノのターゲットや参加者の好きなことを書きます。Aに書いた内容はすべて忘れて、自由な想像力を持つことが大切です。
 
最後に、AとBのキーワードを掛け合わせると、普段は思い付くことが難しいアイデアが次々と出てきます。キーワードの組み合わせ次第で、アイデアを次々に生み出せるのです。

問題逆転でアイデアを広げる

アイデアを違った角度から確認するのに最適な方法として問題逆転があります。
 
問題逆転はその名の通り、テーマ課題を逆転して考えることで、それまで検討できなかったアイデアを次々と生み出せる発想法です。
 
(1) 問題や課題や既存のアイデアを言葉で表現する。
(2) 言葉にした問題の一部を否定形や対義語に置き換えて<逆転>する。
(3) 裏返した問題についての<逆転解決策>を考える。
(4) <逆転解決策>がいくつか出せたら、(一部変更して)元の問題の解決に使えないか考える。
(5) (4)でできた解決策が使えるかどうか確かめる。
 
『アイデア大全』読書猿著/フォレスト出版
問題逆転のメリットは、発想の前提と枠組みを壊して、新しい視点でテーマを捉え直せることです。アイデアを出すのに息詰まってしまったときに、気分転換として利用できることも問題逆転の良い点です。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

より良いアイデアを生み出す3つのメモ術

3つの発想法に共通する点は、日頃からのメモを蓄えておく必要があることです。アイデアを生み出すためには基盤となる発想の種が必要であり、それを忘れないように記録するためにメモを取りましょう。
 
以下では、実際に発想法を実践するにあたって役立つ、3つのメモ術をご紹介します。

アイデアを生むためにメモをとる

メモすることで思いがけないアイデアが生まれる場合があります。一般的には、「アイデア→メモ」が通常のプロセスと考えられますが、良いアイデアを生み出す人は「メモ→アイデア」のプロセスを意識しています。
 
アイデアを出すために必要な条件は、頭の中が整理されていることです。メモは、個人が考えている情報を可視化し、キーワードの繋がりを意識できる状態にするので、アイデアを生み出す最適な環境を作ります。
 
そのため、奇抜なアイデアが思い付くまでじっと待つのではなく、些細な気づきや考えであっても文字にして、ふとした瞬間に思いがけないアイデアが出てくる可能性を高める必要があります。つまり、アイデアを生むためには、頭と同時に手を動かしてメモすることが大切です。

何も気にせずにメモをする

日常の些細な出来事やメモに書くほどでもないと思ったこと、奇抜なアイデアに繋がりそうにないことなども、自分の判断で切り捨てずにできる限りメモする習慣を付けましょう。
 
しかし、何も気にせずにあらゆることをメモすると、ノートの残りページ数が気になります。そのため、ページ数を気にせず書けるメモアプリを導入すると、ページはもちろん書き直しの手間を考える必要がなくなります。
 
さらに、デジタルでメモを作れば際限なくメモを作成でき、さらに無秩序に増えたメモを体系的に管理できるので、大切なメモを見失ってしまう事態を防げます。

思い付いたらすぐにメモする

アイデアが思い浮かぶのはデスクに座って仕事をしているときだけではありません。通退勤の移動中や外出先など、どんな状況でも大切なアイデアを取りこぼさないように、アイデアをすぐにメモできる環境が必要です。
 
メモアプリは、場所や時間を選ばずにメモできるアイテムのひとつです。スマートフォンからでも、メモアプリを利用できるので、アイデアをメモしたいときにすぐに取り出してメモできます。
 
また、メモをクラウド上で管理するアプリを利用すれば、時間や場所を気にせず、利用中のあらゆるデバイスからメモの作成、閲覧、管理ができます。
 
メモを一元管理により情報の分散を防止でき、「〇〇のメモはパソコンから、△△△のメモはスマホから確認する」という非効率的な管理環境を変えます


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】

アイデアメモの管理におすすめのアプリ3選

素晴らしいアイデアを生み出すためには、頭のなかで考えるだけでなく、発想法などのフレームワークを活用する必要があります。また、発想法は日頃からの気づきや見聞きしたことの記録からアイデアを次々に生み出すので、日常生活で自然とメモする習慣が第一に必要です。
 
一方で、習慣を作るのは困難なことです。習慣はロケットのように最初の発射の際に相当量のエネルギーを使うので、多くの人が途中で諦めてしまいます。
 
しかし、一度メモする習慣が身についてしまえば、素晴らしいアイデアを次々と生み出す可能性が高まります。そのため、スマートフォンなどのあらゆるデバイスから簡単にメモが取れ、複雑な機能のないシンプルなアプリを導入しましょう。
 
さらに、取ったメモを参考に新規提案としてアイデアを共有するなど、業務で使うにあたり「情報共有がスムーズなアプリ」を導入すると、社内の業務効率化が実現します。
 
結論、アイデアの源泉となるメモの習慣化に必要なアプリは、時間や場所を選らずにストレスなくメモを残せるStock一択と言えるでしょう。
 
Stockは非IT企業を含む導入実績が70,000社を超える、今注目のアプリであり、業界・業種問わず定評があります。

第1位 Stock

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になるほか、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用できます。

第2位 Evernote

Evernoteのトップページ

Evernoteは、思い付いたアイデアを簡単に残して、後から素早く見つけられるメモアプリです。

<Evernoteのポイント>

  1. 文字検索機能
    Evernoteでは、スキャンした手書きメモやホワイトボードの写真なども文字検索できます。
    そのため、あらゆる形式の情報をメモできるので、情報の分散を防げます。
  2. パスワード設定機能
    テキストデータにパスワードを設定できるので、安心して大切な情報を管理できます。
    例えば、住所や口座情報などの個人情報を管理する際に便利です。
  3. Webクリッパー機能
    あとでゆっくり見返したいWebページの情報を簡単に保存できます。
    そのため、普段はブックマークしている情報を、Evernoteでは見やすく整理できます。
  4. 情報共有には不向き
    Evernoteは個人のメモをまとめるノートを想定されているので、情報共有には不向きです。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

第3位 Simplenote

Simplenoteのトップページ

Simplenoteは、文字のメモに特化したシンプルなメモアプリです。

<Simplenoteのポイント>

  1. テキストを書くことに集中できる
    Simplenoteは画像などの添付機能はなく、テキストのみでメモしていくアプリです。
    そのため、文字を書くことに集中できるので、文書の下書きとしても使えます。
  2. URLでメモ共有する
    URLを発行することで、作成したメモを他の人に共有できます。
    また、共有対象のノートを非公開に設定することで、URLを無効にできます。
  3. 動作が速い
    テキストデータのみでメモを作成するので、読み込みなどの動作が速い特徴があります。
  4. 競合した情報の処理ができない
    マルチデバイス対応ですが、同じメモ内での共同作業が難しいので、同じトピック(競合した情報)に関するメモの保存ができません。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

アイデアを生み出すメモ術と発想法のまとめ

これまで、アイデアを生み出すための発想法や、より良いアイデアのために必要なメモ術を中心にご紹介してきました。以下は、アイデアの基礎となるメモを効果的に取るための3つのメモ術です。
 
  1. 1軍ノートと2軍ノートを用意する
  2. 三角メモでアイデアを組み合わせる
  3. 問題逆転でアイデアを広げる
アイデアをすぐに頭に思い浮かべることは難しいため、日頃からアイデアに繋がる事柄をメモすることが大切です。メモが蓄積されると、上記の3つの発想法を実践できるので、より良いアイデアに繋がる可能性がぐっと高まります。
 
今回ご紹介したアプリのなかでランキング1位のStockは、ITに詳しくない人でも説明なしで使えるくらいシンプルで、かつ、メモを確実に蓄積して活用できる環境を整えてくれるアプリです。
 
登録は無料かつ1分で入力が完了するので、ぜひStockを導入して、素晴らしいアイデアをストックして自社ビジネスに活かしましょう。
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!
 
関連記事: メモアプリ10選!複数デバイスでメモを使いこなそう!【ビジネス利用向け】