日系企業における導入率が高いWindows10には、多種多様なツールをインストールできますが、標準搭載されているツールにもビジネスに役立つものがあります。その代表的なツールのひとつが「メモ帳」です。
 
「メモ帳」はメモをとることだけに特化していますが、備忘録や各種資料の下書きとしても使えます。一方、アナログな情報管理が中心の企業では、Windowsのメモ帳ですら仕事に使うのに抵抗があるチームや担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
デジタルツールに抵抗感を持つ理由は「何ができるのか、どうやって使うのかが分からない」という理由が大半です。そこで今回は、Windows10の「メモ帳」の基本的・応用的な使い方やトラブルの対処法までご紹介します。
 
  • アナログな情報管理でも仕事が回っているが、非効率だとは感じている
  • 「メモ帳」は普段使わないので、いきなり使い始めるには抵抗がある
  • 効率化や今日のトレンドに合わせて、まずはメモの管理から見直したい
という担当者の方がこの記事を参考すれば、メモ帳の使い方が一から理解できるのはもちろん、自社業務の効率化を見直すきっかけにもなります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Windows10「メモ帳」に関するトラブルと対処法

以下では、メモ帳に関する4つのトラブルを解決する方法をご紹介します。画像付きで解説しているものもあるので、実際にWindowsを操作しながら対応しましょう。

Q1.メモ帳はどこにある?

メモ帳はWindowsアクセサリにあります。Windowsアクセサリを探し出して、メモ帳を開くための手順は以下の通りです。
 
  1. [スタートメニュー(Windowsのマーク)]もしくは[Windowsキー]を押す
  2. アプリ一覧から[W]の項目が表示されるまで、下にスクロールする
  3. [Windowsアクセサリ]をクリックする
  4. ツールが表示されるので[メモ帳]を探してクリックする
Windowsアクセサリからの起動写真
 
メモをするたびに上記の手順を踏むのは面倒なので、ショートカットを作成しましょう。
 
関連記事: Windowsパソコンのメモ帳より、PCで使えるクラウドメモアプリを活用すべき理由3選

Q2.メモ帳が起動できない

デスクトップからメモ帳が起動できない場合、本体に不具合が生じている可能性が高いです。以下の方法を試しましょう。
 
  • 起動しているほかのアプリをすべて終了する
  • PCをショットダウンして、再起動する
  • Windows 10をアップデートする
  • Windows 10をセーフモードに切り替える
  • Windows 10を再インストールする
上記で解決できない場合には、そもそもWindowsアカウントが破損している可能性もあります。
 
関連記事: 【おすすめ14選】webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?

Q3.メモが保存できない

メモ帳では、ファイル名に特定の文字が入っていると保存できない場合があります。
保存できない特殊文字としては以下のものが挙げられます。
 
*(アスタリスク)
\(円マークまたはバックスラッシュ)
/(スラッシュ)
:(コロン)
?(クエスチョンマーク)
“(ダブルクォーテーション)
 
上記の文字を含んでいる場合はファイル名を変更して保存しましょう。
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!

Q4.ファイルが文字化けする

メモ帳では、テキストファイルが文字化けして表示されるケースがあります。
 
たとえば、文字コード「UTF-8」で作成された文書ファイルを「ANSI」で開いた場合には、文字コードが一致せず文字化けしてしまうのです。
 
文字化けしたデータを修復するためには、下図のようにメモ帳のファイルタブから「開く」をクリックし、文字化けしたファイルを選択しましょう。
 
文字化けしたファイルを選択する写真
 
文字コードを選択している写真
 
そして、文字コードのリストを選択して、自動検出から「保存されている文字コードに合わせた文字コード」を選択します。
 
以上の操作で、文字コードが変換されるので文字化けが解消されます。
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Windows向け】ビジネスに役立つおすすめのメモツール

以下ではWindows向けの、非IT企業でもスムーズに使えるメモツールをご紹介します。
 
Windows10のメモ帳は直感的かつ素早くメモができます。しかし、メモを編集するためには、わざわざテキストファイルを探し出したり、共有する場合には別途メールに添付したりしなければならない点が非効率です。
 
つまり、あくまで個人用のメモとしては良いものの、ビジネス向きではないことが分かります。ビジネスではスピード感が重要であるため「すぐに目的のメモを見つけ出せて、簡単にメンバーに共有できるメモツール」が必須です。
 
ただし、どれほどビジネス適正があるメモツールでも、自社のITリテラシーにマッチしなければ定着しません。そのため、自社ではチーム向けのメモ機能に過不足がなく、非IT企業の65歳でも使いこなせるほどシンプルな「Stock」を導入しましょう。
 
StockはWindowsのメモ帳とは異なり、PCだけでなくスマホからも利用できるので、誰でも簡単にメモを書き残せます。また、メモには「メッセージ」が紐づけられるため、任意のメンバーと連絡をとり合うことも可能です。

チームのメモを最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【基本編】Windows10「メモ帳」の使い方

はじめに、Windows10「メモ帳」の基礎的な使い方をご紹介します。メモ帳を利用した経験がある場合には、次項の【応用編】をチェックしましょう。

(1)「メモ帳」を開く

メモ帳を開く方法は以下の3つです。

(1-1)メイン画面から起動する

メモ帳をメイン画面から起動する方法をご紹介します。
 
はじめに、メイン画面を開いた状態で、マウスの場合は「右クリック」を、タッチパッドの場合は「二本指でタップ」をしましょう。
 
右クリックをして新規作成→テキストドキュメントの流れを説明している写真
 
次に、上図のように項目欄が表示されるので「新規作成」→「テキストドキュメント」の順でクリックします。
 
メモ帳の起動写真
 
以上の操作で、メモ帳が起動するので自由にメモをしましょう。

(1-2)検索から起動する

次は、検索からのメモ帳を起動する方法です。
 
下図のように検索欄へ「メモ帳」と入力すると、検索結果にメモ帳が表示されます。
 
検索バーでの入力写真
 
メモ帳の出力写真
 
上図のようにメモ帳が表示されたら、クリックしてメモを自由に作成しましょう。

(1-3)タスクバーから起動する

 
最後は、スタートメニューからの起動する方法です。
 
メイン画面左下にある「スタートメニュー(Windowsのマーク)」をクリックして、アプリ一覧を開きます。そして、「Windows アクセサリ」をクリックして「メモ帳」を選択すると起動します。
 
Windowsアクセサリからの起動写真

(2)「メモ帳」を常に表示する

ショートカットを作成すれば、メモをすぐに呼び出せます。
 
日常的に「メモ帳」を使う場合、前述した起動方法では開くまでに工数がかかり不便です。その場合は、ショートカットを作り「起動までの作業」を短縮させましょう。
 
ショットカットの作成は簡単で、メモを「スタートメニューに表示させて、メイン画面へドラッグ(長押しして引っ張ること)するだけです。
 
メモ帳をドラッグしている写真
 
メモ帳のショートカット表示を完了した写真
 
上図のように、メイン画面にメモ帳のショートカットが表示され、以降はショットカットをクリックするだけでメモ帳を起動できます。

(3)メモを作成・保存する

メモを作成するのに特別な操作は不要です。メモを起動すれば、自由に文章を書いたり、タスクを書いたりできます。
 
メモ帳への文字入力写真
 
メモを保存する際は「ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックしましょう。
 
メモを保存している写真
 
メモの保存先を選択している写真
 
最後に、「ファイル名」と「保存先」を設定します。
 
Windowsのメモ帳は自動保存されず、保存せずにメモ帳を閉じてしまうと内容がすべて削除されてしまうので注意しましょう。また、メモを保存した場合は「.txt」の拡張子で保存されるため、いつでもすぐにメモにアクセスできるような管理が必須です。
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【応用編】Windows10「メモ帳」の使い方

ここでは、Windowsのメモ帳の応用的な使い方を5つご紹介します。以下の機能を駆使すると、分かりやすいメモを作成できます。

(1)フォントを変更する

メモ帳では、フォントの変更ができます。下図のように「書式」→「フォント」の順でクリックしましょう。
 
メモ帳のフォント選択写真
 
フォントを選択している写真
 
次に、上図のようにフォント一覧が表示されるので、好みのフォントをクリックすれば変更完了です。また、文字のスタイル(細字・太字)やサイズも変更できます。
 
注意点としては、変更したフォントはメモ全体に反映されるため、部分的なフォント変更ができないという点です。

(2)日付と時刻を入力する

メモ上部の「編集]→「日付と時刻」もしくはF5キーを押すと、その時点での日付と時刻が自動入力されます。
 
日付と時刻を選択している写真
 
メモ帳に日付が反映されている写真
 
また、文書ファイルの1行目に「.LOG」と記入すれば、該当のメモを開いた際の日時を、ファイルの最後に自動追加できます(閲覧履歴の確認)。
 
.LOGを入力した写真
 
メモ帳のログを確認している写真1
 
メモ帳のログを確認している写真2
 
自動記録が反映されない場合は「.LOG」のピリオドの前にスペースがないか、文字はすべて半角大文字で入力されているかを確認しましょう。

(3)文字の大きさを変更する

虫眼鏡と同じ要領で、小さい文字を見やすくしましょう
 
メモ上部の「表示」→「ズーム」→「拡大」をクリックする、もしくは「Ctrl + プラス記号」で表示を大きくできます。ワンクリックごとに「10%」の比率で拡大されます。
 
文字サイズを設定している写真
 
文字サイズの設定を完了した写真

(4)書式を設定する

メモ帳は改行を上手く使いこなさないと、ひたすら一行で文字が入力されてしまいます。下図のように、任意のウィンドウ幅で折り返したいときには「書式設定」を使用します。
 
まず、メモ帳を折り返したいサイズで表示します。
 
メモ帳をサイズ調節した写真
 
次に、「書式」から「右端で折り返す」を選択しましょう。
 
メモの折り返しを設定した写真
 
写真
 
以上の操作で、任意のウィンドウ幅に合わせて文章が折り返されるようにできました。

(5)文字コードを変更する

メモ帳の文字コードはANSIと呼ばれる形式が標準設定されていますが、変更することもできます。
 
はじめに、「上書き保存」もしくは「名前を付けて保存」をクリックしましょう。
 
保存メニュー画面を表示する写真
 
文字コードを変更している写真
 
次に、画面下部にある「文字コード」のリストから任意のものを選択するだけで、文字コードが変更されます。プログラミングなどで互換性を保ちたい場合は「Unicode」や「UTF-8」などの設定を適用させて保存するのがおすすめです。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Windows10「付箋(旧名:styicky notes)」の使い方

「付箋 (旧名:styicky notes)」はメイン画面上にメモを貼り付けられるアプリです。メイン画面に常に表示できるので備忘録に適しています。
 
そこで以下では、Windows10で利用できる「付箋」の起動方法や使い方をご紹介します。

「付箋」の起動方法

Windows10の「付箋」を起動する方法は簡単です。
 
下図のように、メイン画面の検索欄に”付箋”と入力しましょう。そして、表示された「付箋」をクリックすれば、メモ画面が開きます。
 
検索窓に付箋と入力している写真

「付箋」の使い方

「付箋」を起動すると、黄色い付箋とツールバーが表示されます。
 
起動時には付箋は一枚しかありませんが、付箋とツールバーにある「+」ボタンをクリックすることで、付箋を複数作成できます。
 
付箋を作成している写真
 
また、不要になった付箋は「右クリック」→「メモの削除」で削除できます。ただし、一度消してしまった付箋は復元できないので、削除する際は注意しましょう。
 
付箋を閉じようとしている写真
 
「付箋」を閉じたりシャットダウンしたりしても、メモ内容が自動保存されます。そのため、途中でアプリを終了しても、再度起動すればメモが表示されるので便利です。
 
関連記事: 使い方簡単!複数デバイス間で使えるメモ共有ツール10選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Windows10のメモ帳と付箋まとめ

ここまで、Windows10の「メモ帳」と「付箋」の起動方法から使い方まで網羅的にご紹介しました。
 
Windows10に標準搭載されている「メモ帳」と「付箋」は、個人利用を想定されているため、チームでの営業活動が基本となるビジネスで運用するのは避けた方が良いです。
 
ビジネスでは個人のメモであっても貴重な情報価値をもつケースが多く、組織力の向上につながる場合もあります。そのため、社内外で発生した情報をメモに書き留める場合は、どのような内容であっても適切に管理・共有しましょう。
 
たとえば、「メモ帳」と「付箋」にはないメモの共有機能や、メモを体系的に整理できるフォルダ機能は必須です。
 
結論、自社で導入すべきメモツールは、メモをチームの情報資産としてシェアできる共有機能はもちろん、目的のメモをすぐに探し出せるように整理するフォルダ機能がある「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」をWindowsにインストールして、メモをはじめとしたあらゆる社内情報を管理できるようにしましょう。