「Windows10にメモや付箋などのアプリケーションはあるの?」
「その起動方法や使い方は?」
 
こんなお悩みを持っている方々に向けて、
Windows10「メモ帳」の使い方
Windows10「付箋(旧:Sticky Notes)」の使い方
 
今回の記事では、上記二つをご紹介します。
 
その他に、ビジネスでも使えるおすすめ「メモツール」もあわせてご紹介いたします。
 
この記事を読んで、Windows10「メモ帳」と「付箋」をマスターしてください!
 
 
関連記事: Windowsパソコンのメモ帳を使うより、クラウドメモアプリを活用してみよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【基本編】Windows10メモ帳の使い方

そもそも、Windowsに「メモ帳」のアプリケーションを知らないという方向けに、起動方法を3種類説明していきます。
 
起動方法が分かる方は、「メモのショートカット作成」からでOKです。

3種類の「メモ帳」の起動方法

①デスクトップから起動する
 
デスクトップ画面を、マウスの場合は「右クリック」、タッチパッドの場合は「二本指でタップ」します。
 
すると、下記画像のように項目欄が表示されるので、「新規作成」→「テキストドキュメント」の順でクリックしていきます。
 
写真
 
クリックすると「メモ帳」が起動します。
 
写真
 
②検索から起動する
 
次は、スタート画面の検索からの起動です。
 
スタート画面を起動し、下記画像のように検索欄に「メモ帳」と記入します。
すると、検索結果に「メモ帳」が表示されるので、クリックすることで起動が完了します。
 
写真
 
写真
 
③タスクバーから起動する
 
最後は、スタート画面のタスクバーからの起動です。
メモ帳を起動する際に一番一般的な方法ですね。
 
タスクバーにある「Windows アクセサリ」内にある「メモ帳」をクリックすると起動ができます。
 
写真

メモのショートカット作成

ショートカットを作成すれば、メモをすぐに呼び出すことが出来ます。
 
日常的に「メモ帳」を使う場合、前述した起動方法は少々不便に感じる方も多いかと思います。
その場合は、ショートカットを作り「起動までの作業」を短縮させましょう。
 
まず、「タスクバーからのメモの起動」と同様に、メモをタスクバーで表示させ、デスクトップに「ドラッグ(長押しして引っ張ること)」をします。
 
すると、下記画像のようにデスクトップ上でショートカットが表示され、クリックするだけですぐに「メモ帳」を起動できるようになります。
 
写真
 
写真

記入と保存

メモを起動させたら、さっそく記入し、それを保存しましょう。
 
記入はとてもシンプルで、「メモ帳」を起動し、カーソルをメモに合わせて文字を打つだけです。
自由に文字を打つことができるので、文章を書いたり、タスクを書いたりすることもできます。
 
写真
 
次は、メモの保存方法です。
 
メモを保存する際は、保存したいメモ上にある「ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックします。
 
写真
 
「ファイル名」と「保存するフォルダ」の決定画面が出てくるので、内容を記入し保存します。
 
写真
 
関連記事: webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【応用編】Windows10メモ帳の使い方

フォントを変更する

メモ帳では、フォントの変更をすることが出来ます。
下記画像のように「書式」→「フォント」の順でクリックしましょう。
 
写真
すると、フォント一覧が表示されるので、お好みのフォントをクリックすれば変更完了です。
「文字のスタイル(細字・太字)」、「サイズ」も変更が可能です。
 
写真
 
注意点としては、変更したフォントはメモの全文へと反映されるので、部分的にフォントを変更することができないという点です。
 
写真

日付と時刻を入力する

「編集]メニューの「日付と時刻」もしくは、F5キーを押すと、その時点での時刻と日付をカーソルの位置に入力することが出来ます。
 
写真
 
写真
 
また、文書ファイルの1行目に「.LOG」と記入すれば、それ以降、このファイルを開いた際の日時をファイルの最後に追加することもできます。
 
ファイルを開くたびに作業開始の時間と日付を自動的に記録できるので、会議のメモをとる際などにいちいち日時を入力する必要がなくなります。
 
写真
 
写真
 
写真
 
自動記録が反映されない場合は、「.LOG」のピリオドの前にスペースなどがないか、文字が全て半角大文字で入力されているか確認しましょう。
 

表示文字の大きさを変更する

ここでいう表示文字とは、文字のサイズを大きくするのではなく、表示だけ拡大をされたものを言います。
 
虫眼鏡と同じ要領で、小さい文字を見やすくすることができます。
 
「表示」→「ズーム」→「拡大」をクリック、もしくは「Ctrl + プラスボタン」で文字を大きく表示できます。
1度クリックするごとに「10%」の比率で拡大されます。
 
写真
 
写真

書式を設定する

メモ帳に文字を入力する際、改行を使用しないと、ずっと一行の中に文字が入力されてしまいます。
適度な幅で文字表示を折り返したいときには書式設定を使用します。
 
まず、メモ帳を折り返したいサイズにして表示します。
 
写真
 
「書式」から「右端で折り返す」を選択しましょう。
 
写真
 
表示されているメモ帳の右端までで、文章が折り返しできるようになりました。
 
写真
 
解除する場合には、もう一度同じ手順でチェックマークを外せばOKです。

文字コードを変更する

メモ帳の文字コードはANSIと呼ばれる形式が標準設定されていますが、ここから文字コードを変更することができます。
 
設定するには、メモの保存メニューを開き、画面下部にある「文字コード」のリストから任意のものを選択するだけです。
 
写真
 
 
写真
 
プログラミングなどで互換性を保ちたい場合は「Unicode」や「UTF-8」などにして保存することをおすすめします。
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

こんなときどうする?メモアプリに関するトラブル

メモ帳がない

「Windows 10を開いたがメモ帳がない」という場合があります。
 
実は、Windows 10では、メモ帳はデフォルトでは非表示の場所にあります。
そのため、前述したメモ帳の起動方法を参考に、メモを起動する必要があります。
 
必要であればショートカットも作成しましょう。

起動できない

メモ帳が起動しない場合は、本体の不具合が生じている場合が多いです。
そのため、
 
PCの再起動
Windows 10をアップデートする
Windows 10をセーフモードに切り替える
Windows 10の再インストールしてみる
 
などの方法を試してメモ帳を再起動してみましょう。

保存できない

メモ帳には、ファイル名に特定の文字が入っていると保存できない場合があります。
保存できない特殊文字としては以下のものが挙げられます。
 
*(アスタリスク)
\(円マークまたはバックスラッシュ)
/(スラッシュ)
:(コロン)
?(クエスチョンマーク)
“(ダブルクォーテーション)
 
上記の文字を含んでる場合はファイル名を変更して保存しましょう。

ファイルが文字化けする

前項で、メモ帳では文字コードを変更することができるとご紹介しました。
 
こうして保存した結果、テキストファイルが文字化けして表示されるケースがあります。
 
例えば、文字コード「UTF-8」で作成された文書ファイルを「ANSI」で開いた場合には、文字コードが一致せず文字化けすることがあります。
 
文字化けしてしまったデータがある場合、まず、メモ帳を起動します。
メモ帳のファイルタブから開くを選択し、文字化けしたファイルを選択しましょう。
 
写真
 
「開く」のダイアログの下部に、文字コードのリストがあるので、選択し、自動保存から保存されている文字コードに合わせた文字コードを選択します。
 
写真
 
これで、表示文字コードが変換されるため、文字化けを解消することができます。

Windows10「付箋(旧名:styicky notes)」の使い方

付箋の起動方法

「付箋」も「メモ帳」と同様の方法で起動することができます。
 
今回は「検索」を使います。
検索欄に「付箋」と入力し、起動させましょう。
 
写真
 

付箋の使い方

付箋を起動すると、黄色い付箋とツールバーが表示されます。
 
起動時には付箋は一枚しかありませんが、付箋とツールバーにある「+」ボタンをクリックすることで、付箋を複数つくることが可能です。
 
写真
 
また、不要になった付箋は、「右クリック」し、「メモの削除」を押せば削除できます。
 
一度消してしまった付箋は復元できないので、削除する際は注意しましょう。
付箋のアプリケーションは、アプリを閉じたり、シャットダウンしても自動で保存されているので、再度起動すれば再び表示されます。
 
写真
 
関連記事: 使い方簡単!複数デバイスで使えるメモ共有ツール10選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Windowsでも使える、タスク管理機能付き「メモツール」

これで、Windows10に搭載されている「メモ帳」と「付箋」のご紹介は以上です。
 
ここでは、冒頭でお話したビジネスでも使える「メモツール」をご紹介します。
 
今回ご紹介するツール「Stock」は、「メモの共有」や「タスク管理」など、ビジネスの場でも活用できる機能を持ち合わせた情報共有ツールです。
 
また、現在80,000社に導入されており、幅広い規模や業界の企業への導入実績を持っています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
今回は、Windows10「メモ帳」と「付箋」の使い方を説明させていただきました。
 
いずれもデフォルトで搭載しているアプリであり、誰にとっても使いやすい機能となっています。
 
しかし、Windows10のデフォルトのメモ帳は、あくまで個人で使うことを想定した仕様となっています。
 
「メモの共有」や「タスク管理」など、ビジネス利用したい場合はおすすめしたツール「Stock」をぜひ使ってみてください。
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案