研究・文献メモは、研究の記録・成果を確実に蓄積するうえで必須のアイテムです。しかし、管理体制が煩雑であれば「必要な研究メモがどこにあるかわからない」状態となり、メモを探すのに無駄な時間がかかってしまうのです。
 
このような状態を回避するには、研究・文献メモを一元管理できるソフトが不可欠です。とはいえ、「メモソフトの選定にあたり、どのような判断を基準にすべきかわからない」と悩む研究者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、研究・文献メモを残すのにおすすめなソフト7選を中心にご紹介します。
 
  • 研究メモの管理が煩雑なため、目的のメモを見つけるのに時間がかかっている
  • 研究メモを一元管理できるソフトを導入し、メモ管理のストレスを解消したい
  • 数あるメモソフトのなかから、簡単かつ効率的にメモ管理できるものを見つけたい
という方はこの記事を参考にすると、研究・文献メモの煩雑な管理体制から脱却できるほか、メモソフトを選定にあたって押さえるべきポイントもわかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモソフトとは

メモソフトとは、電子化した研究・文献メモを一元管理し、必要なメモへのアクセス時間を短縮できるソフトです。
 
研究メモを紙で管理していると、ほかのメモに埋もれて目的のメモがスピーディーに探し出せません。また、チームへ共有する度に人数分印刷したり、メモを手作業でファイリングしたりといった作業負担もかかってしまいます。
 
しかし、研究メモを電子化して管理すれば印刷やファイリングの手間やコストが省けるうえ、ソフト内の検索機能を利用すると目的のメモもスムーズに探し出せます。このように、メモソフトの活用によって、紙でのメモ管理によるあらゆる負担を排除できるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

研究・文献メモを残すのにおすすめのソフト7選

ここからは、研究・文献メモを残すのにおすすめのソフトを7つご紹介します。
 
メモソフトを利用すれば、紙のメモで発生していた管理スペースを抑えられるうえ、印刷やファイリングの手間も省けます。さらに、ソフト内に備わった検索機能によって、目的の研究や文献のメモへもスムーズにアクセスできるのです。
 
しかし、ソフト内の情報が混在していれば研究内容と文献の齟齬を招く恐れがあります。また、操作が複雑なソフトだとメモの重要データが紛失したり、セキュリティ不備が生じて研究内容が漏洩したりといった事態にもなりかねません。
 
したがって、ソフトを選定する際は、必ず「メモの情報がわかりやすく振り分けられ、かつ誰でも使いこなせるか」を基準にすべきです。
 
そこで、今回ご紹介するソフトのうち、ITに不慣れな研究者でも即日で使いこなせる「Stock」であれば、高度なセキュリティ下で、情報の混在を防ぎながら誰でもストレスなく研究メモを管理できます。
 
Stockの「ノート」に研究内容や文献の記載・蓄積が可能なほか、「フォルダ」で各情報をわかりやすく振り分けられます。また、「検索機能」ではキーワードやファイル名で情報を検索できるため、目的の研究メモを探すのにも時間・ストレスがかかりません。

【Stock】研究メモを最も簡単に管理・共有できる

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【EndNote】参考文献の収集から管理までをサポート

EndNoteの画像
 
EndNoteは、参考文献の収集から管理までの負担を軽減できるサポートが備わったソフトです。

EndNoteの特徴

  • 文献情報や論文のPDFファイルへ簡単にアクセスできる
  • 文献情報や論文のPDFへ簡単にアクセスできるため、文献収集やライブラリへの追加の時間を省けます。
  • 参考文献リストの作成時間を短縮できる
  • ソフトに搭載されたアウトプットスタイルを使えば、規定に合わせて参考文献リストを自動で作成できます。
  • EndNote for iOSとの連携が可能
  • 無料アプリの EndNote for iOSとの連携が可能なため、iPad・iPhone上でも文献の編集・閲覧が行えます。

EndNoteの注意点

  • 他ツールと連携しないとできない作業もある
  • Webページの情報を取り込んだり手書きのメモを加えたりする場合は、ほかのツールと連携しなければならない点に注意しましょう。

EndNoteの料金体系

  • アップグレードライセンス:1ユーザー¥24,200で購入できます。
  • フルライセンス:1ユーザー¥57,200で購入できます。
  • 学生版ライセンス:1ユーザー¥18,150で購入できます。

【MarginNote】多種類の学習ツールと連携

MarginNoteの画像
 
MarginNoteは、多種類の学習ツールと連携できることから、多様な学習スタイルを実現可能なソフトです。

MarginNoteの特徴

  • 複数の文献を同時に開ける
  • ひとつの画面で複数の文献を同時に開けるため、ページ移動の必要もありません。
  • 翻訳がスムーズに行える
  • 海外の文献を扱う場合でも、翻訳に時間がかかりません。
  • Apple Pencilでのメモやハイライトが行える
  • Apple Pencilでのメモやハイライトができ、キーボード入力と使い分けられます。

MarginNoteの注意点

  • Windows・Android端末とのデータ同期ができない
  • Windows・Android端末とのデータ同期ができないため、研究室で扱っているOSや端末の種類を確認しましょう。

MarginNoteの料金体系

  • 期間限定で無料利用できます。
  • Pro版:AppStoreでの通常価格は7.99ユーロです。

【Zotero】検索条件を保存できる

Zoteroの画像
 
Zoteroは、検索条件の保存によって文献の検索時間を短縮できるソフトです。

Zoteroの特徴

  • 検索条件を保存できる
  • 検索条件を保存できるため、文献を検索するごとにキーワードを入力する必要もありません。
  • 他サービスとの連携が簡単に行える
  • ファイルの保存先を連携先のフォルダに指定するだけでサービスを利用できます。
  • WebサイトやPDFファイルから自動で文献情報を取得できる
  • WebサイトやPDFの文献情報をドラッグアンドドロップ(対象を長押しして移動する)だけで、自動で解析・取得されます。

Zoteroの注意点

  • サジェスト機能が備わっていない
  • サジェスト機能(保存した文献をもとに、おすすめの論文や文献を表示する機能)がないため、関連する文献を探すのに手間がかかるというユーザーの意見もあります。

Zoteroの料金体系

  • 300MBまで、1ユーザー300MB無料利用できます。
  • 2GBまで、1ユーザー年間20ドルで利用できます。
  • 6GBまで、1ユーザー年間60ドルで利用できます。
  • 年間120ドルで、容量無制限で利用できます。

【Qiqqa】PDF文書の管理におすすめ

Qiqqaの画像
 
Qiqqaは、PDF文書の管理に適したソフトです。

Qiqqaの特徴

  • PDF文書をライブラリに分けられる
  • 記載された研究内容や文献ごとに、PDF文書をライブラリへ分けられます。
  • キーワード入力によってライブラリ全体の文書を探索できる
  • 著者や文献名、研究テーマといったキーワードを入力すれば、ライブラリ全体の文書を探索できます。
  • 容量無制限のクラウドストレージとの同期が可能
  • オプションでは、容量無制限のクラウドストレージとの同期が可能です。

Qiqqaの注意点

  • 大容量のストレージを使う場合は、オプション料金が発生する
  • 有料プランでは保存容量が50GBまでとなっているため、それ以降の容量が必要な場合は別途料金が発生します。

Qiqqaの料金体系

  • Free:2GBまで無料で利用できます。
  • Premium:10GBまで、1ユーザー6.67ドル/月で利用できます。
  • Premium+:50GBまで、1ユーザー 41.67ドル/月で利用できます。

【Mendeley】マルチデバイスに対応

Mendeleyの画像
 
Mendeleyは、PCやスマホ、タブレットといったマルチデバイスに対応したソフトです。

Mendeleyの特徴

  • 「お気に入り設定」ができる
  • 文献を「お気に入り設定」して保存できるため、目的の文書も一目でわかりやすくなります。
  • 「デスクトップ版」と「Web版」との同期が可能
  • 「デスクトップ版」と「Web版」との同期が可能なため、時間や場所を問わずにアクセスできます。
  • 文献リストをチームで共有できる
  • Mendeleyユーザであれば、文献リストをチームで共有できます。

Mendeleyの注意点

  • Web版でしか利用できない機能がある
  • おすすめ文献の表示機能や文献の共有機能は、Web版でしか利用できないため注意が必要です。

Mendeleyの料金体系

  • 2GBまで無料利用できます。
  • 5GBまで、1ユーザー4.99ドル/月で利用できます。
  • 10GBまで、1ユーザー9.99ドル/月で利用できます。
  • 1ユーザー14.99ドル/月で、容量無制限で利用できます。

【ReadCube】文献を一覧表示できる

ReadCubeの画像
 
ReadCubeは、保存した文献を一覧表示できるソフトです。

ReadCubeの特徴

  • 保存した文献をわかりやすく一覧表示できる
  • 「リスト」の機能により、閲覧・保存した文献をわかりやすく一覧表示できます。
  • PDF文書をスムーズにダウンロードできる
  • 「Enhanced PDF」を使えば、文献の掲載ページへ自動遷移し、文書のダウンロードが行われます。
  • 年間契約をすればすべての機能が利用できる
  • 年間契約をすれば、30日の無料トライアルに加えてすべての機能が利用できます。

ReadCubeの注意点

  • スマホからはPDF文書を抽出できない場合がある
  • 一部のスマホからはPDF文書を抽出できない場合があるため、注意が必要です。

ReadCubeの料金体系

  • アカウント登録から30日間の無料トライアルが利用できます。
  • ReadCube Pro:1ユーザーにつき年間55ドルで、すべての機能が利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

研究・文献メモの管理に使うソフトの選定ポイントとは

ここでは、研究・文献メモの管理に使うソフトの選定ポイントを3つご紹介します。ソフトを継続的に運用するためにも、以下のポイントを確実に押さえましょう。

マルチデバイスに対応しているか

研究メモの管理ソフトを選定するうえでまず意識すべきなのが、マルチデバイスに対応しているかどうかです。
 
PCやタブレット、スマートフォンといったマルチデバイスに対応したソフトであれば、時間や場所を問わずに研究メモを編集・閲覧できます。そのため、出勤が難しい場合でも作業が遅れる心配もないのです。
 
このように、「研究メモの編集・閲覧のためだけに出勤する」ケースをなくすためにも、マルチデバイスに対応したメモソフトを選定しましょう。

情報の整理ができるか

情報の整理ができる点も、メモソフトの選定時における重要な選定ポイントです。
 
研究メモを一元管理したとしても、情報の整理ができなければ「研究・文献の資料が混在し、必要なメモがどこにあるかわからない」状態になってしまいます。その結果、研究内容と文献に齟齬が生じる恐れもあるのです。
 
このような事態を防ぐためにも、研究内容や文献をわかりやすく振り分けられるかを考慮し、目的のメモへのアクセスに必要以上の時間をかけないようにしましょう。

誰でもストレスなく操作できるか

また、誰でもストレスなく操作できるソフトであるかどうかも重要です。
 
ソフトの操作が複雑であれば研究メモを適切に管理できず、最悪の場合、メモデータの紛失やセキュリティ不備による研究内容の漏洩を招くリスクもあります。
 
したがって、研究メモの安全性を確保するためにも、誰でもストレスなく操作できるソフトを選定しましょう。たとえば、ITに不慣れな人でも簡単に研究・文献メモの管理が行える「Stock」を使うと、管理ミスによる研究データの漏洩リスクを防げます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

研究・文献メモを残すのにおすすめのソフトまとめ

これまで、研究・文献メモを残すのにおすすめのソフトを中心にご紹介してきました。
 
メモソフトに備わっているメモの共有・検索機能を使えば、紙のメモ管理でありがちな「必要な研究メモを瞬時に探せない」状態から脱却できます。
 
ただし、ソフトの選定時には「マルチデバイスからメモの編集・閲覧が可能か」「研究内容と文献の齟齬が生じないか」を判断しましょう。また、管理ミスによる研究メモの紛失・漏洩を防ぐためにも、「誰でもストレスなく操作できるソフト」が必須なのです。
 
そこで、今回ご紹介したソフトのうち、ITリテラシーの低い研究者でも即日で使いこなせるほどシンプルなStockを使うと、研究メモがわかりやすく振り分けて管理されるため、研究内容や文献が混在する心配もありません。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、研究・文献メモを簡単かつ効率的に管理できる環境を整えましょう。
 
関連記事: 【すぐ使える】備忘録や電子メモに最適なアプリ・サービス11選!
 
関連記事: Webブラウザ(ネット)のメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。