作業日報は、上司への進捗報告の手段だけでなく、有効活用すると個人の成長促進やコミュニケーションツールにもなり得ます。一方で、作成・確認の負担がかかるため社員に「面倒だ」というイメージを与えがちです。
 
そこで、作業日報管理を効率化する手段として活用できるのが作業日報アプリです。しかし、作業日報アプリにはさまざまな種類があるため、導入を検討しても「なにを選べば良いか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、おすすめの作業日報アプリ9選と選び方のポイントを中心にご紹介します。
 
  • 作業日報アプリの目的やメリットを理解し、導入推進に向けた材料にしたい
  • 作業日報アプリを比較し、自社の日報作成に効果的な機能を備えたアプリを選びたい
  • まずは無料で試用できる作業日報アプリを導入し、使い勝手を確認したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、自社に最適な作業日報アプリの選び方が分かり、日報管理の効率化を達成できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

作業日報アプリとは

作業日報アプリとは、クラウド上で作業日報の作成・共有ができるサービスです。
 
作業日報アプリを利用すると日報作成にかかる時間が短縮したり、作業日報を上司だけでなくチーム全体で共有できるなど日報管理が効率化されます。
 
また、今日ではテレワークをする社員が増えても容易に情報共有ができ、かつ少なくなりがちなコミュニケーションを補うアプリとしても注目を集めています。

作業日報アプリの目的

作業日報アプリの目的は、業務効率化や社内コミュニケーションの活性化です。
 
従来の作業日報でもチーム内の進捗を共有できます。しかし、作業日報アプリを活用すれば作成・提出の時間を削減し、紙やExcelに比べて上司がより早くチームの状況を把握して業務を調整可能なのです
 
また、アプリに蓄積された作業日報はノウハウとして業務に活用できます。そして、蓄積したノウハウを活用することで、業務フローを効率化したり教育コストを抑えたりといった業務効率化へと繋げられます。
 
さらに、作業日報アプリではによってはメッセージ機能やリアクション機能を使い、オンライン上で気軽にやりとりできるため、社内コミュニケーションの活性化も見込めます。

作業日報アプリのメリット

(1)作成時間の短縮

1つ目のメリットは、日報の作成時間短縮です。
 
とくに、作業日報アプリの多くに備わっている「テンプレート機能」を利用すれば、作業日報の構成を考慮する時間や体裁を整える時間を削減できます。
 
また、マルチデバイス対応のアプリも多く外出先や移動中でも作業日報の記入が可能なため、日報作成にかかる時間だけでなく、提出までの時間も短縮できます。

(2)ナレッジの蓄積

2つ目のメリットは、ナレッジの蓄積です。
 
作業日報をWordやExcelで作成する方法もありますが、ファイルを共有する場所を定めなければ情報が蓄積されず、また検索性が悪いためナレッジとして活用できません。
 
しかし、作業日報アプリを使うと提出した日報がアプリ内に蓄積され、検索機能で必要なときにすぐに探し出して活用できます。そのため、同じ業務を担当した際の業務効率化や新人教育に役立つのです。

作業日報アプリのデメリット

(1)コストがかかる

1つ目のデメリットは、運用のコストがかかることです。
 
ほとんどのアプリは月額料金がかかります。ただし、紙やExcelに比べて日報管理の時間が短縮され、ほかの業務に充てられる分費用対効果の向上が見込めます。
 
そのため、検討しているアプリが自社で運用可能であるかはもちろん、日報を通した情報共有の効率化にどれほど貢献するのかを考慮することがポイントです。

(2)浸透に時間がかかる

2つ目のデメリットは、アプリの浸透に時間がかかることです。
 
作業日報アプリには複数の機能が搭載されており、操作に慣れるまでには時間がかかります。とくに、非IT企業では社員のITリテラシーにばらつきがあるため、必ず「誰でも使えるシンプルなアプリ」を選択しましょう。
 
たとえば、必要な機能を過不足なく備える「Stock」であれば、非IT企業向けのシンプルな仕様と操作性で、導入即日から誰でも使いこなせます。
 
関連記事: 「日報」とは?意味やメリット、書き方のポイントなどを徹底解説!
 
関連記事: 業務日報は無駄で意味がない?メリット・デメリットや必要性も解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

作業日報アプリの選定ポイント

ここでは作業日報アプリを選ぶ際に重視すべき項目について解説します。作業日報アプリには多くの種類・特徴があるので、以下の選定ポイントを押さえ、自社に適した条件を満たすアプリを選びましょう。

使いやすさ

1つ目の選定ポイントは、どのような社員でも利用できる使いやすさです。
 
デザイン性に優れていても「どの機能をどのように扱うのか」がわかりにくかったり、便利な機能が豊富に搭載されているアプリでも、操作方法が複雑だったりすると社員が使いこなせません。
 
使いづらいアプリは社員にとってストレスとなり、社内に浸透せずに放置されてしまいます。そこで、作業日報アプリを選ぶ際には、「誰でも簡単に利用できる」ことを一つの基準にしましょう。

セキュリティの強固さ

2つ目のポイントは、アプリのセキュリティにおける強固さです。
 
作業日報アプリはマルチデバイス対応型が多く、実際に外出先でスマートフォンから作業日報の記入・確認を行う社員もいます。そのため、プライベートと仕事のスマートフォンを使い分けていない場合は、情報が外部に漏洩する可能性があるのです。
 
したがって、アクセス制限やユーザー認証などのセキュリティ機能が充実していることも、作業日報アプリにおける不可欠の要素といえます。

機能

3つ目のアプリ選定ポイントは、アプリに搭載された機能が充実していることです。
 
必要な機能として「テンプレート機能・ノート機能・メッセージ機能」が備えられたアプリであると安心です。これらの機能は作業日報を作成するだけでなく、日報に記載された情報をノウハウとして蓄積し、活用していくために必要となるからです。
 
また、作業日報の作成のみに特化したアプリでは、不足している機能を補うために別のアプリとの併用が必要になるので注意が必要です。したがって、作業日報の作成・共有を一元管理でき、自社に必要な機能を過不足なく搭載しているアプリが最適だといえます。

コスト

4つ目のポイントは、金銭的コスト・教育コストがどれほどかかるかです。
 
たとえば、高機能・多機能なアプリは利用料金が高くなりがちですが、機能が利用されなければツールにおける最大の効果が得られず、費用対効果が悪くなってしまうのです。そのため、アプリの利用人数や利用者のITリテラシーを考慮して、過不足のない機能を持つアプリが必要です。
 
また、多くのアプリでは無料試用期間が設定されています。そこで、まずはトライアルで使いやすさ・機能・セキュリティを確かめてみましょう。
 
関連記事: 【無料】日報のテンプレート5選!作り方やおすすめのツールも紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【無料】業界業種問わず使える作業日報アプリ3選

以下では、無料でも簡単に使える作業日報アプリを3つご紹介します。
 
作業日報は全社員が毎日作成するので、アプリを導入し業務効率化を図る際には、導入後すぐに使いこなせるアプリを選ぶ必要があります。操作に手間がかかると、アプリ導入の目的である「効率化」の達成が難しくなるのです。
 
また、日報アプリを利用するのは現場の社員です。なかにはITツールに慣れていない社員もいるため、高いITリテラシーが要求される多機能なアプリは避けましょう。
 
結論、誰でもすぐに使いこなせる非IT企業向けのシンプルさを持ち、作業日報の作成・共有・管理を即日で効率化する作業日報アプリの「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」へは誰でも簡単に日報を残せるうえ、任意のメンバーへリアルタイムに共有されます。また、ノートに「メッセージ」や「タスク」が紐づくので、トピックが混ざらずにメンバーの日報を管理したり、コミュニケーションが取れたりできる点が大きな特徴です。

【Stock】最も簡単に作業日報を管理できるアプリ

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【LINE WORKS】業務コミュニケーションのためのビジネス版LINE

LINE WORKSのトップ画像

<LINE WORKSの特徴>

  • LINEと連携可能
  • LINE WORKSユーザーだけでなく、一般のLINEユーザーともコミュニケーションがとれます。作業日報管理だけでなく、顧客や取引先とのやりとりにも便利です。
  • タスク機能
  • トーク内容からタスク管理が可能です。作業日報で設定した目標に沿って、必要なタスクを作成・依頼できます。

<LINE WORKSの注意点>

  • プライベートと混同しやすい
  • 利用ハードルが低いゆえに、端末を使い分けなければプライベートと混同し利用しづらいと社員が感じる可能性があります。

<LINE WORKSの料金体系>

  • フリー
  • ユーザー数は100人、容量は5GBまで利用可能です。
  • スタンダード:¥450/ユーザー/月(年間契約の場合)
  • ユーザー数は無制限で、容量は1TBまで利用可能です。
  • アドバンスト:¥800/ユーザー/月(年間契約の場合)
  • ユーザー数は無制限で、容量は100TBまで利用可能です。

LINE WORKSの詳細はこちら

【kintone】作業日報を見える化できるアプリ

kintoneのトップ画像

 

<kintoneの特徴>

  • フォーマットの一元管理
  • 作業日報のフォーマットを一元管理でき、作業日報の形式や粒度が統一されるため業務全体が見える化されます。
  • レポート機能
  • 作業日報・週報・報告書から収集したデータを溜めるだけでなく分析もできます。

<kintoneの注意点>

  • 高度なセキュリティは有料
  • 接続端末の制限などの高度なセキュリティ機能は有料であるため、コストがかさむ場合があります。

<kintoneの料金体系>

  • ライトコース:¥780/ユーザー/月(年額)
  • アプリ数は200個まで、スペース数は100個まで利用可能です。
  • スタンダードコース:¥1,500/ユーザー/月(年額)
  • アプリ数は1,000個まで、スペース数は500個まで利用可能です。
※アプリとは、作業日報や顧客管理、案件管理のような業務システムを指します。スペースとは、複数人による業務を円滑に進めるためのコミュニケーションの場を指します。

kintoneの詳細はこちら

関連記事: 業務日報の書き方を例文付きで紹介!上司に評価されるコツとは?
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業向け作業日報アプリ2選

以下では、建設業向けの作業日報アプリ2選をご紹介します。現場との情報共有に適切な機能を持つアプリを選びましょう。

【houren.so】現場を強くする報告連絡相談アプリ

houren.soのトップ画像

<houren.soの特徴>

  • 写真の活用
  • 写真の共有により、最小限の手間で現場の状況を共有できます。気になる箇所には直接書き込みも可能です。
  • 既読機能がある
  • 既読機能であるhou!ボタンが搭載されており、作業日報を読んだかどうか確認できます。

<houren.soの注意点>

  • 検索機能が不十分
  • 画像データのやりとりや蓄積には活用できる一方、過去の作業日報を振り返りるための検索機能が自社に合わない可能性があります。

<houren.soの料金体系>

  • フリープラン
  • 参加グループ数は3グループまで、容量は300MBまで利用可能です。
  • 有償プラン:¥2,500~/月
  • 参加グループ数は無制限で、容量は250GBから利用可能です。

houren.soの詳細はこちら

【日報365】建設業向けの作業日報アプリ

日報365のトップ画像

<日報365の特徴>

  • 手配業務が簡単
  • 作業に必要な人的資源、車両や資材などの物的資源を管理者が手配、チームに共有できます。とくに建設業に向いている作業日報アプリです。
  • 各種書類のやりとりが簡単
  • 作業員との作業日報のやりとりや協力会社との応援証明書のやりとりをスマートフォン上で完結できます。手書きサインにも対応しています。

<日報365の注意点>

  • 導入・運用までに時間がかかる
  • 実際の導入までには問い合わせやヒアリング、デモンストレーションなど複数過程を経る必要があるため、今すぐ作業日報を運用したいチームには向いていません。

<日報365の料金体系>

  • 要問い合わせ

日報365の詳細はこちら

 
関連記事: 【テンプレート】見やすいエクセル日報の作り方!デメリットも解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業向け作業日報アプリ2選

以下では、製造業向けの作業日報アプリ2選をご紹介します。利益の産出やスケジュール管理もできるなど、製造業ならではの機能が備わっています。

【Pace】日数を使った工数管理アプリ

Paceのトップ画像

<Paceの特徴>

  • 案件ごとの営業利益の見える化
  • 単価と案件の詳細、作業日報の3ステップの入力によって、自動的に営業利益が見える化されます。
  • シミュレーション機能
  • 利益目標達成のためのシミュレーション機能が搭載されており、日々の目標設定にも役立てられます。

<Paceの注意点>

  • コミュニケーション機能の不足
  • 作業や利益の分析機能に特化しているため、作業日報を通してコミュニケーションの活性化も実現させたいチームには向いていません。

<Paceの料金体系>

  • ¥550/ユーザー/月
  • 必要なアカウント分だけ契約可能です。

Paceの詳細はこちら

【日報くん】案件ごとの稼働を計算できるアプリ

日報くんのトップ画像

<日報くんの特徴>

  • 下書き機能
  • 作業が終わるごとに稼働時間を下書きできるため、記録漏れを防げます。
  • 高セキュリティ機能
  • 暗号化や常時監視、細かいバックアップ体制などのセキュリティ対策が万全です。

<日報くんの注意点>

  • 小規模チームには不向き
  • 顧客・プロジェクト・勤務形態別などさまざまな区分で情報を集計できることが強みであるため、大規模チームでなければ費用対効果が小さくなる可能性があります。

<日報くんの料金体系>

  • Sプラン:¥2,750/月(年間契約の場合)
  • ユーザー数は60人まで利用可能です。
  • Mプラン:¥4,400/月(年間契約の場合)
  • ユーザー数は60人~100人まで利用可能です。
  • Lプラン:¥8,800/月(年間契約の場合)
  • ユーザー数は101人~200人まで利用可能です。

日報くんの詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

飲食業向け作業日報アプリ2選

以下では飲食業の作業日報作成・管理に役立つアプリを紹介します。立って行う作業が多くなりがちなので、スマホから直感的に使えるかも視野に入れることが必要です。

【gamba!】進捗状況の可視化ができる

gamba!トップ画像

<gamba!の特徴>

  • オリジナルテンプレート機能
  • gamba!では日報テンプレートを自由に登録できます。テンプレートに沿って報告ができるので、欲しい情報が集まります。
  • 目標進捗の見える化
  • 進捗状況がグラフで簡単に見える化できるので、軌道修正までの対応がスムーズに進められます。

<gamba!の注意点>

  • 他アプリとの併用が必要
  • 作業日報に特化しているアプリなので、勤怠管理や業務管理を行えません。

<gamba!の料金体系>

  • 月額プラン:¥980/月(税抜き)
  • 年間プラン:¥9,800/月(税抜き)
  • 必要なアカウント分だけ契約可能です。

gamba!の詳細はこちら

 
関連記事: 正しい日報管理の方法とは?効率化に役立つツールも紹介!
 

【未来日報】CRMとしての利用も可能

未来日報のトップ画像

<未来日報の特徴>

  • 顧客管理が容易
  • 日々の日報作成で顧客情報を蓄積できるので、CRM(顧客関係管理)として利用可能です。
  • 多機能
  • 作業日報の作成・管理に加え、リマインドやスケジューラー、情報共有としても使え、汎用性が高いアプリです。

<日報くんの注意点>

  • ファイルや画像が添付できない
  • ファイルや画像が添付できないので、自社の日報をファイルで管理している場合や、画像を添付して運用している企業は注意が必要です。

<未来日報の料金体系>

  • Aプラン:¥6,480円/月
  • ユーザー数は20人まで利用可能です。
  • Bプラン:¥15,120円/月
  • ユーザー数は21人~50人まで利用可能です。
  • Cプラン:¥28,080円/月
  • ユーザー数は51人~100人まで利用可能です。

未来日報の詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

作業日報アプリの種類

以下では、作業日報アプリの種類についてご紹介します。利用するチームの形態や目的に合わせて選びましょう。
 
  • データベース型
  • フォームへの入力で自動的に作業日報がデータベース化されます。顧客への訪問時間や訪問内容の自動収集など、とくに営業など特定部門における業務効率化に役立ちます。
     
  • コミュニケーション型
  • 社内の情報共有に特化しています。メッセージによる気軽なアドバイスのやりとりや、部署間を横断した進捗状況の共有が可能です。
     
  • システム連携型
  • 連携型は営業管理システムや顧客管理システム、勤怠管理システムと連携できます。毎日利用する複数のシステムを連携させ、互いの機能を効率化させる効果があります。
     
  • 作業日報特化型
  • 作業日報作成に必要な機能が過不足なく備わっているため、日報の運用のみを効率化させたい企業におすすめです。とくに、特定の業界業種に特化したアプリが多いのも特徴です。
 
すぐにでも日報に関わる業務効率化を実現する場合は「作業日報特化型」のアプリがおすすめです。ただし、全社でアプリは使われなければならないため、「Stock」のようにシンプル、かつ即日で日報の運用を効率化できるアプリを使うと、社内のITリテラシーの差による抵抗感が発生しません。
 
関連記事: クラウド型作業日報サービス9選!導入のメリットや注意点も解説
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめの作業作業日報アプリまとめ

ここまで、おすすめの作業日報アプリ9選や選び方のポイントについてご紹介しました。
 
作業日報アプリはタイプごとに異なる特徴を持っており、料金も異なるので自社に必要な機能や費用対効果などさまざまな面から検討しなければなりません。
 
ただし、アプリ導入時に最も重視すべき点は、「誰にとっても使いやすい」ことです。機能の複雑さや操作の難しさは利用者にとってストレスとなり、全社に作業日報アプリが浸透せず、無駄なコストを払い続ける事態へと陥ってしまうのです。
 
そこで、今回ご紹介したStockのように、ITリテラシーを問わず誰でも簡単に日報の作成・管理を効率化できる作業日報アプリが必須です。非IT企業を中心に100,000以上に導入され、ITリテラシーが高くない社員でも導入後すぐに使いこなせます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で作業日報を簡単に作成・運用し業務を効率化させましょう。
 
関連記事: 社内報とは?今すぐ使える面白いネタや運用事例もご紹介!
 
関連記事: 無駄にならない社内報とは?ネタ切れ防止のネタ27選もご紹介
 
関連記事: 【無料あり】作業日報を電子化するアプリ5選!紙のデメリットも紹介