日々の業務が成果に貢献しているか否かを図る指数として「売上数値」は、重要な役割を果たします。また、売上を適切に管理するためには「売上表」の作成が必須です。
 
しかし、なかには「Excelでどのように売上表を作成すればよいか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Excelを使った売上表作成のポイントを中心にご紹介します。
 
  • Excelでの売上表の作成方法を把握したい
  • 売上表の作成に役立つExcelの機能やテンプレートを知りたい
  • Excelよりも簡単に売上表を作成・管理できるツールがあれば知りたい
という方はこの記事を参考にすると、売上表を作成するうえでのポイントが分かり、正確な売上管理ができるようになります。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

売上管理の必要性とは

売上管理とは、日々、商品やサービスの売上情報を記録・集計することで、売上総額や目標達成率などを数値にして分析する作業のことです。
 
企業によって「何を軸に売上を見るか」はさまざまで、時系別・商材別・担当別など多方面で比較することで、自社商品の売上の動向や傾向を把握できるようになります。例として、以下のような分析につながります。
 
  • 時系列
  • 過去の売上やシーズンごとの売上を比較することで、天候などの外的要因が売上の変動に影響していないかが分かります。
     
  • 商材別
  • 商品別に分析することで、売れ筋の商品と売行きの悪い商品が明確になります。また、結果によって商材の入れ替えや改良を実施できるのです。
     
  • 担当別
  • 誰がどのくらい商品を売っているのか明確になれば、売上につながるコツをナレッジとして残せます。その結果、部署全体の売上につながるのです。
以上のように、売上情報を記録して分析することで現状の把握だけでなく今後の成長にもつながります。したがって、売上記録を正確に残すためにもExcelを使った「売上表」の作成が欠かせません。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

売上表の作り方・項目とは

以下は、売上表の一般的な作り方です。
 
 
  1. 売上データを入力する
  2. 入力したデータを集計する
  3. 数値の分析や考察をする
  4. 改善策の策定および実行をする
  5. 改善策の結果をフィードバックする
 
また、以下は売上表を作成するときに用いられる一般的な項目です。企業によって記録すべき項目に違いがあるため、場面に応じて追加・削除しましょう。
 
 
  • 販売日
  • 取引番号
  • 取引先名
  • 商品番号
  • 商品名
  • 販売価格
  • 個数
  • 原価
  • 売上金額
  • 粗利
  • 売上目標
  • 売上金額合計
 
上記内容を毎月作成するのが煩わしい場合は、テンプレートの活用すると体裁を整える時間を削減できるのでおすすめです。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

【Excel】見やすい売上表の作成に役立つ機能5選

以下では、Excelで見やすい売上表を作成するために役立つ機能を5選ご紹介します。以下の機能を使いこなせれば、Excelを使った売上表の作成がスムーズになります。

(1)IF関数

IF関数は「=IF(論理式,”値が真の場合”,”値が偽の場合”)」の3つの要素で構成されます。
 
論理式とは「条件」のことで、その条件に合致する場合「真の値」として表示され、合致しない場合は「偽の値」として表示されます。売上表で使用する場合は、売上目標の達成・未達成で設定すると、一目で判定結果が分かります
 
IF関数の使い方の画像
 
具体的には、上図のようにA3のセルの数式は『B2のセルに入力されている売上数値が「100,000円」の場合「達成」と表示して、100,000円以下の場合は「未達成」と表示する』と指示しているのです。

(2)COUNTIF関数

COUNTIF関数は「=COUNTIF(範囲,条件)」の2つの要素で構成されます。
 
COUNTIF関数を売上表で活用する場合は、顧客や営業担当者ごとの契約件数などのカウントに役立ちます
 
COUNTIF関数の使い方の画像
 
たとえば、C8のセルには数式が入力されており「B2~B6の範囲で、男性の顧客は何名かカウントする」を指示しているので3と表示されます。C9のセルも同様の関数で、女性の顧客をカウントしているので、2と表示されています。

(3)SUMIF関数

SUMIF関数は「=SUMIF(範囲,条件,合計範囲)」の3つの要素で構成され、指定された範囲内で条件を満たした値のみ合計します。
 
売上表では、支店ごとに売上額を合計するときに役立ちます
 
COUNTIF関数の使い方の画像
 
上図では「A2~A8の範囲内で”東京”と表示されているセルの金額の合計」がB11のセルに表示されます。そのため、合計金額は158,000円と算出されます。

(4)AVERAGE関数

AVERAGE関数は「=AVERAGE(範囲)」の1つの要素で構成され、範囲内のセルの平均値を計算できます。
 
売上表では、顧客全体の売上金額や、担当者ごとの受注額の平均を瞬時に算出できるので便利です。
 
COUNTIF関数の使い方の画像
 
上図の場合、1月~6月までの売上金額の平均値がB9のセルに表示されており、平均は49,400円となります。

(5)RANK関数

RANK関数は「=RANK(数値,参照,順序)」の3つの要素で構成され、指定した範囲内で順位付けすることができます。
 
また、RANK関数は以下の2パターンで使い分けが可能です。
 
  • RANK.EQ関数
  • 指定した範囲内に同じ数値があった場合、同じ順位で表示される
     
  • RANK.AVG関数
  • 指定した範囲内に同じ数値があった場合、セル内の個数に応じて順位が表示される
売上表では、売上実績に応じて順位が明確になると、人事評価にもつながります。そのため、RANK関数も積極的に活用しましょう。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

売上表をExcelで作成するメリットとは

以下では、売上表をExcelで作成するメリットを3つご紹介します。「売上表をExcelで作成することに躊躇している」という方も、以下のメリットを押さえたうえで導入を検討しましょう。

(1)コストを抑えられる

1つ目のメリットは、利用コストを抑えられる点です。
 
社内業務でExcelを利用している場合、ソフトを新規購入する料金がかかりません。仮に新規購入する場合でも、Excelは売上管理以外の業務にも活用できるなど、費用対効果が高いこともポイントです。
 
以上のように、Excelは利用コストが抑えられるため、気軽にはじめられる点がメリットです。

(2)カスタマイズしやすい

2つ目のメリットは、カスタマイズしやすい点です。
 
Excelは、ほかのITツールなどのようにフォーマットがない分、自社の用途に合わせた柔軟な使い方が可能です。そのため、売上表の項目を追加・削除したり、文字フォントを変えたりすることも簡単に実現できます。
 
以上のように、Excelはカスタマイズ性が高く、シーンに応じてフォーマットを自由に変えられる点がメリットです。

(3)効率よく作成できる

3つ目のメリットは、効率よく作成できる点です。
 
手作業で売上表を作成すると、時間がかかるうえ打ち間違いなどのミスが起こりやすいです。また、入力した数値に誤りがあれば作成し直さなければならないため、二度手間となってしまいます。
 
一方、Excelを使って売上表を作成すれば、文字や数字を書き込む時間を短縮できます。加えて、関数などを使えば打ち間違いや計算ミスなども減って、作業の効率化につながるのです。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

売上表をExcelで作成するデメリットとは

以下では、売上表をExcelで作成するときのデメリットを解説します。Excel導入後のトラブルを防ぐためにも、事前にデメリットを把握して対策を立てておきましょう。

(1)データの更新に時間がかかる

1つ目のデメリットは、データの更新に時間がかかる点です。
 
売上管理においては、常に最新のデータをもとに分析する必要があります。Excelでは各データファイルをフォルダに分けて整理するのが一般的ですが、フォルダを細分化し過ぎると、かえって目的の情報が探しづらくなってしまいます。
 
IF関数の使い方の画像
 
具体的には、フォルダを「商品カテゴリ」や「日時」で分類した場合、目的のExcelを開くまでにいくつかのフォルダを跨ぐことになります。その結果、欲しいファイルがスムーズに見つからず、売上表のデータ更新にも時間がかかるのです。

(2)迅速な情報共有ができない

2つ目のデメリットとして、迅速な情報共有ができない点が挙げられます。
 
たとえば、売上目標に届かなかった場合でも売上表のデータをもとに社内で情報共有をすれば、早急な対策につなげられます。しかし、Excelで売上表を作成した場合、データを共有するのにメールやSMSなどを使わなければなりません。
 
このように、情報共有に逐一別のツールを利用していては、メンバー全員がスムーズに売上状況を把握できず不便です。したがって、タイムリーなやりとりを実現するには「情報の蓄積・共有が一か所で完結するツール」を使いましょう。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

【必見】Excelよりも簡単に売上表を作成・共有できるツール

以下では、Excelよりも簡単に売上表を作成・共有できるツールをご紹介します。
 
Excelを使えば、人的ミスを押さえつつ効率よく売上表を作成できます。しかし、「データの更新に時間がかかる」「リアルタイムでの情報共有が困難」といったデメリットがあるため、あらかじめ対策を立てておくことが大切です。
 
また、とくに大企業では扱う情報が多いため、Excelだけで売上表を管理していては情報が社内に散在してしまいます。そこで、「情報の蓄積・共有を一元化でき、適切に社内情報を管理しておけるツール」を導入すれば、Excelのデメリットを解消できます。
 
結論、自社で併用すべきなのは、売上表をはじめとするあらゆる情報を「記事」に残して共有でき、多階層の「フォルダ」で適切に管理できる情報管理ツールの「ナレカン」一択です。
 
ナレカンの「記事」にExcelで作成した売上表を貼り付ければ、リアルタイムで更新・共有ができます。さらに、作成した記事は”月別”や”商品カテゴリ別”に「フォルダ」で分類して管理できるので、情報が散在する心配もありません。

効率よく売上表の作成から管理までできるツール「ナレカン」

ナレカンのトップページ
 
「ナレカン」|最もシンプルなナレッジ管理ツール

https://www.narekan.info/

ナレカンは、最もシンプルなナレッジ管理ツールです。
「数十名~数万名規模」の企業様のナレッジ管理に最適なツールとなっています。
 
自分でナレッジを記載する場合には「記事」を作成でき、『知恵袋』のような感覚で、とにかくシンプルに社内メンバーに「質問」することもできます。
 
また、ナレカンを使えば、社内のあらゆるナレッジを一元的に管理できます。
「マニュアル」 「社内FAQ」「議事録」「トークスクリプト」等、あらゆるナレッジを蓄積することが可能です。
 
更に、ナレカンの非常に大きな魅力に、圧倒的な「初期導入支援サポート」と「ご利用中サポート」があります。ナレカン導入担当者の方の手を、最大限煩わせることのないサポートが提供されています。

<ナレカンをおすすめするポイント>

  1. 【機能】 「ナレッジ管理」に特化した、これ以上なくシンプルなツール。
    「フォルダ形式」で簡単に情報を整理でき、「記事形式」「(知恵袋のような)質問形式」でナレッジを記載するだけです。
  2. 【対象】 数十名~数万名規模の企業様で、社内のあらゆるナレッジを一元管理。
    「マニュアル」 「社内FAQ」「議事録」「トークスクリプト」等、あらゆるナレッジを蓄積可能です。
  3. 【サポート】 圧倒的なクオリティの「初期導入支援」と「ご利用中」サポート。
    圧倒的なクオリティのサポートもナレカンの非常に大きな魅力です。貴社担当者様のお手間を最大限煩わせることないよう、サポートします。

<ナレカンの料金>

ナレカンの料金プランページ

https://www.narekan.info/pricing/

詳しい金額は、下記「ナレカンの資料をダウンロード」ボタンより、資料をダウンロードしてご確認ください。

ナレカンの詳細はこちら

<ナレカンを使った「売上表」の作成・管理>

以下は、ナレカンで売上表を作成・管理した例になります。
 
ナレカンでは、画像のように表を使って売上表を作成できます。また、記事にはExcelファイルや画像を添付できるため、いちいち別のファイルを開く手間がかからない点が特徴です。
 
ナレカンで売上表を作成している画像
 
また、以下のように多階層のフォルダによって“商品”や”月”ごとに売上表を整理できるので、目的の情報をすぐに探し出せます。
 
ナレカンで売上表を管理している画像


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

無料で使える!売上表のExcelテンプレート3選

以下では、無料で使える売上表のExcelテンプレートを3選ご紹介します。無料ですぐに利用できるテンプレートを探している方は必見です。

(1)雛形の無料ダウンロード|月別の売上が分かるテンプレート

テンプレートBANKのExcelテンプレート画像
 
こちらは、「雛形の無料ダウンロード」が提供する売上表のExcelテンプレートです。
 
1年間の月毎の売り上げを把握できるため、月別の傾向を把握して対策を立てるのに役立ちます。こちらは会員登録不要ですぐにダウンロードできます。
 

(2)楽しもう Office|日別の売上が分かるテンプレート

楽しもう OfficeのExcelテンプレート画像
 
こちらは、「楽しもう Office」が提供する売上表のExcelテンプレートです。
 
シンプルで色別に見やすいデザインが特徴です。会員登録不要でダウンロードできますが、一か月分のみのテンプレートなので月ごとにダウンロードする必要があります。
 

(3)楽しもう Office|グラフでも分析可能な売上表テンプレート

楽しもう OfficeのExcelテンプレート画像
楽しもう OfficeのExcelテンプレート画像
 
こちらは、同じく「楽しもう Office」が提供する売上表のExcelテンプレートです。
 
売上表の数値から、実績と累計実績を反映したグラフが自動的に作成されるため、視覚的に分かりやすくなります。こちらも会員登録不要ですぐに利用できます。
 


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

売上表をExcelで作成するメリット・デメリットまとめ

ここまで、売上表をExcelで作成・管理するメリット・デメリットや、関数の使い方を中心に解説しました。
 
Excelを使って売上表を作成すれば、運用コストを抑えられるうえ、関数の利用で計算ミスや入力ミスを防ぐことにもつながります。しかし、目的のファイルへアクセスしづらかったり、スムーズに情報共有できなかったりする点がデメリットです。
 
そこで、「誰でも簡単に売上の記録を残しつつ、Excelで作成したファイルも添付できる情報共有ツール」があれば、効率的な売上管理が実現します。
 
結論、自社で導入すべきは売上表をはじめとするあらゆる情報を「記事」に残せて、「フォルダ」で簡単に共有・管理できるツールの「ナレカン」一択です。
 
ぜひ「ナレカン」を導入し、売上表の作成から共有・管理までを効率化しましょう。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。