iPhoneやMac、iPadにはじめから搭載されているアプリは、無料で使えるうえに機能がシンプルなので、あらゆるシーンで重宝します。とくに、テキスト情報を簡単に書き残せる「メモApp」は、ビジネスマンにも広く利用されているアプリです。
 
メモAppは気軽にメモができる点で優れていますが、メモをPDF形式で保存したいときに少し複雑な手順が必要になります。そのため、「メモAppのメモを印刷したいがPDF化できない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、iPhoneやMac、iPadのメモをPDF化する方法を中心にご紹介します。
 
  • メモをPDF形式で保存したいが、やり方が分からず困っている
  • メモを印刷して配布するためにPDF化する方法が知りたい
  • メモを簡単にPDFに変換でき、ほかの機能も充実しているアプリを知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、メモAppのメモをPDF化する手順がすぐに理解できるだけでなく、メモAppよりもビジネス向きのメモアプリにも出会えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモをPDFに変換する方法

以下では、iPhoneやMac、iPadで利用できる純正メモアプリ「メモApp」で、メモをPDFへ変換する手順を解説します。

iPhone/iPad編|メモをPDF化する方法

はじめに、iPhoneやiPadでメモをPDF化する方法をご紹介します。
 
まずは、メモAppからPDFへ変換したいメモを選び、メモ画面の右上にある[・・・]をタップしましょう。

メモを選択してオプションを開く画面

次に、メモのオプション画面が表示されるので、画面をタップしながら上へスライドして、画面下部にある[プリント]をタップします。

メモのオプションからプリントを選択する画面

次に、プリントのオプション画面が表示されるので、画面右上にある[プリント]をタップします。そして、下図のように保存先のアプリなどが表示されるため、PDFファイルを任意の方法で保存しましょう。

プリントのオプションから保存先を選択する画面

以上はiPhoneの画面で解説しましたが、iPadも同様の手順でメモをPDF化できます。

Mac編|メモをPDF化する方法

次に、MacのメモAppから、メモをPDFに変換する方法をご紹介します。
 
まずは、PDF化したいメモを開き、画面の左上に表示されている[ファイル]をクリックしましょう。

ファイルを選択する画面

PDFに書き出す画面

次に、上図のように選択肢が表示されるので、[PDFとして書き出す]を選びます。

ファイルの詳細を設定する画面

次に、ファイル名とタグ、保存場所の項目が表示されるため、設定が完了したら[保存]をクリックします。

PDFファイルに破損がない確認する画面

以上の操作で、先ほど設定した場所へPDFファイルが作成され、上図のように正しく出力されたことが確認できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモAppを使い続ける5つのデメリット

iPhoneやMac、iPadに標準搭載されている無料のメモアプリ「メモApp」を使い続けるのには、以下のような5つのデメリットがあります。とくに、メモAppを仕事で利用している場合には、知っておくべきことが多いので必見です。

(1)PDF化するのが面倒

iPhoneやMac、iPadで利用できるメモAppでPDFを作成するためには、いくつかのステップが必要です。
 
たとえば、印刷のためにPDFへ変換する場合には、パソコンであるMacを利用するケースが多くなります。そのため、ワンクリックで変換できるメモアプリと比べると、メモAppは手間がかかるので、わずかな差ですがPDF変換を何度もする際には面倒です。
 
以上のことからも、仕事のメモをPDFで管理したり、印刷したりしたい場合には、可能な限り簡単にPDF化できるメモアプリも検討しましょう。

(2)テキストの装飾が少ない

テキストの装飾が少ないのも、メモAppを使い続けるデメリットのひとつです。具体的には、メモを有効活用するための機能に不足があります。
 
<不足している装飾機能> <詳細>
文字サイズの変更
メモAppでは、テキストをタイトルや見出しへ変えられますが、文字サイズ自体の変更はできません。
文字色の変更
メモAppでは黒色の文字色しか用意されていないので、重要な箇所を目立たせるなどの使い方ができません。
背景色の変更
メモAppには、テキストの背景色変えられるマーカーのような機能がないので、情報に抑揚が付けられません。
ハイパーリンクの追加
メモAppには、テキスト情報にWebページのリンク(URL)を埋め込む機能がないので、長いリンクをそのまま貼り付けるしかありません。
以上のように、一般的なメモアプリに搭載されている装飾機能がメモAppでは使えないため、情報を見やすく整理するのが難しい可能性があるのです。

(3)メモを整理できない

メモAppのデメリットのひとつに、メモを整理するのが難しいことが挙げられます。
 
メモAppはメモを分類する「フォルダ」が1階層しか作れないため、あらゆるメモが一か所で乱立することになり、目的のメモを探すのに苦労するのです。すぐに目的の情報を探し出せるのは2〜3階層と言われています。
 
メモはあとから見返すために書き残すものなので、メモを探し出すのが難しいメモAppをビジネス利用する場合には十分に注意しましょう。

(4)セキュリティに不安がある

メモAppにセキュリティに不安な点があるのもデメリットのひとつです。
 
メモAppにはメモをロックする機能がありますが、同じパスワードを使い回す仕様になっているのでセキュリティに懸念があります。また、メモApp自体には、ログイン時にパスワード以外に認証コードも入力する「2段階認証」がないため不安が残るのです。
 
以上のことからも、メモAppを使い続ける場合には、上記のようなセキュリティの課題があることは念頭に置いておきましょう。

(5)ビジネス向きではない

最後に、メモAppはビジネス向きとは言えない点も無視できないデメリットです。
 
たとえば、メモをリアルタイムで共有/共同編集がしたいケースでは、共有先の相手がAndoroidやWindowsでは不可能です。また、メモAppにはメモ機能しかなく、メモに関するやりとりができるようなメッセージ機能がありません。
 
対策として、メッセージが送れるチャットツールを利用する方法もありますが、メッセージが次々と流れてしまうので不便です。また、そもそもメモとメッセージを分けると「あの情報はどこにいったのか」と探す手間が増えて仕事がしづらくなります。
 
以上のように、メモAppはメモを簡単に残せるアプリですが、チームで運用するのには向かないと言えるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【PDF変換が簡単】メモAppの代替におすすめのアプリ

以下では、iPhoneやMac、iPadに標準搭載されている「メモApp」の代替におすすめのアプリをご紹介します。
 
メモAppでもPDFへ変換ができますが、印刷を頻繁にするMacではいくつかのステップが必要です。また、メモAppには「テキストの装飾機能が少ない」「メモが整理できない」「セキュリティに不安がある」「ビジネス向きではない」などのデメリットもあります。
 
以上のことからも、メモAppの代替としてふさわしいのは「ワンクリックでPDFへ変換できるうえに、メモAppのデメリットをすべてカバーするメモアプリ」の一択です。
 
今回ご紹介するメモアプリ「Stock」は、PCからメモをワンクリックでPDFへ変換でき、ビジネス利用するために必要な機能が過不足なく備わっています。
 
Stockは非IT企業の65歳でも説明なしで使いこなせるほどシンプルなので、今すぐに乗り換えても問題なく利用できます。また、Stockにはメモごとに「メッセージ」が紐づけられているため、チームでやりとりをしても情報が分散する心配がありません。

ワンクリックでメモをPDFへ変換できるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモをPDF化する方法まとめ

これまで、メモをPDF化する方法と、メモAppを使い続けるデメリットをご紹介しました。メモAppには以下のような5つのデメリットがあります。
 
  • PDF化するのが面倒
  • テキストの装飾機能が少ない
  • メモを整理できない
  • セキュリティに不安がある
  • ビジネス向きではない
上記のデメリットは、仕事のメモとして使うには致命的なので、早急に別のメモアプリに乗り換えましょう。しかし、多機能なメモアプリに移行すると、使いこなせずに放置される可能性が高いため「誰でもすぐに使いこなせるほどシンプルなアプリ」が最適です。
 
たとえば、メモAppの代替アプリにふさわしい「Stock」は必要な機能に過不足がなく、非IT企業の65歳でも即座に使いこなせるほどシンプルなので、複雑なメモアプリにありがちな「操作が難しい」というストレスがありません。
 
無料登録は1分で完了するため、ぜひ「Stock」をメモAppの代わりに使い、メモを簡単にPDFへ変換しましょう。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】電子メモに最適なアプリ・Webサービス11選!
 
関連記事: 【おすすめ11選】Webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?