オンラインマネジメントとは「オンライン環境で、部下やチームのマネジメントをすること」です。リモートワークの普及を背景に、オンラインマネジメントを実施する機会は増えています。
 
しかし「顔の見えない相手へのマネジメントが、上手くいかない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、オンラインマネジメントを成功させるコツを中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、オンラインマネジメントのコツを掴められて、質の高いマネジメントを実践できます


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインマネジメントとは?

オンラインマネジメントとは、部下やチームのマネジメントを、オンラインでおこなうことです。
 
リモートワークの普及により、従来対面でおこなっていたマネジメントを、オンラインでする必要性が生じました。オンラインでもマネジメントの内容を大幅に変える必要はありませんが、環境の変化により、従来の方法では上手くいかない場面がでてきたのです。
 
結論、社会的背景から、オンラインマネジメントの機会は増えています。オンラインマネジメントのコツを学び、効果的なマネジメントを実践することは重要なのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインマネジメントを難しいと感じる理由

以下では「オンラインマネジメントが難しいと感じられる理由」を解説します。効果的なマネジメントをするために、まずはオンラインマネジメントの課題を確認しましょう。

関係構築が難しい

オンラインマネジメントの1つ目の課題は、部下やチームメンバーとの関係構築が難しいことです。
 
部下やチームメンバーが同じオフィスにいれば、ランチ時間や業務の合間の軽い雑談でお互いをよく知ることができます。しかし、リモート環境では、チャットや面談で積極的にコミュニケーションをとらなければ、信頼関係を築きづらいのです。
 
以上のように、社員同士が信頼関係を築きづらいと、指導や評価の意図が正しく伝わらず、社員のモチベーションの低下につながってしまいます。その点からも、オンラインマネジメントにおける大きな課題だと言えます

業務のプロセスが見えにくい

オンラインマネジメントの2つ目の課題は、業務のプロセスが見えにくいことです。
 
リモート環境では、チームメンバーの業務状況が分からず、「結果や業績でしか評価できない」という問題があります。そして、業務のプロセスを加味せずに評価や指導をしてしまうと、部下やメンバーが不満を感じやすいのです。
 
このように、オンラインマネジメントでは、マネジメント対象の業務過程の細かな頑張りに気づけず、メンバーのモチベーションを下げてしまうことが課題となります。

チームの一体感を維持しづらい

オンラインマネジメントの3つ目の課題は、チームの一体感を維持しづらいことです。
 
他のメンバーの仕事が見えにくいと、一人ひとりが個人のタスクを追いかける感覚になってしまい、チームの一体感を維持しづらくなります。具体的には、チームの目標やプロジェクトの進捗状況が見えにくくなり、結果として生産性が下がってしまうのです。
 
以上のように、リモート環境ではチームの一体感が希薄になりやすいため、「チームの目標や進捗の共有」により一層の工夫が必要です。なので、オンラインでのマネジメントの難易度は対面よりも高いと言えます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインマネジメントを成功させる3つのコツ

以下では、オンラインマネジメントを成功させるための3つのコツを紹介します。マネジメントに悩んでいる人は、すぐに確認しましょう。

(1)部下を積極的にほめる

オンラインマネジメントを成功させるための1つ目のコツは、部下を積極的にほめることです。
 
たとえば、リモート環境では信頼関係の構築が難しいため、チャット等で積極的にコミュニケーションをとり、細かな点もほめましょう。部下やメンバーとの信頼関係はマネジメントの基礎であり、ほめることでモチベーションアップにもつながります。
 
つまり、オンラインマネジメントを成功させるためには、対面以上に、意識的に部下やメンバーをほめることが重要です。また、メンバーの良い点を見つけて共有する習慣がつけば、チーム全体のスキルアップにもつなげられます。

(2)ナレッジを見える化する

オンラインマネジメントを成功させるための2つ目のコツは、ナレッジを見える化することです。
 
リモート環境では、他人の仕事の進め方を直接見て学ぶことができず、困ったときに気軽に相談することも困難です。一方で、自身が仕事の良いやり方を知っていても、それをメンバーに伝えらないこともあります。
 
このように、仕事のナレッジが属人化してしまい、チームに共有されないと、チームで成果を上げることが難しくなってしまいます。そのため、メンバー個人が持つナレッジをチームに共有し、見える化することが必要なのです。

(3)情報共有を重視する

オンラインマネジメントを成功させるための最後のコツは、情報共有を重視することです。
 
リモート環境では、部下やメンバーの業務のプロセスや進捗が見えにくくなってしまいます。そのため、従来以上に「業務内容」や「進捗状況」の情報共有を、大切にする必要があります。
 
結論、メンバーの進捗が見えればチームの目標が追いやすくなり、評価も適切におこなえます。情報共有こそが、オンラインマネジメントを成功させる鍵なのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チームの情報共有を効率化するためのツール

以下では、リモート環境下で、チームの情報共有を効率化するためのツールをご紹介します。
 
オンラインマネジメントでは、チーム全体でメンバーそれぞれの仕事や進捗を、適切に共有することが重要です。そのため、離れた場所で仕事をしている以上は、「リアルタイムで情報共有できるツール」が求められます。
 
ただし、情報共有にExcelなどを活用するのには、「必要なファイルが、なかなか見つからない」というデメリットもあります。さらに、チャットツールのSlackやChatworkでは、別の話題で大切な情報が次々と流れてしまうのです。
 
結論、自社が導入すべきなのは、あらゆる情報をストックする「ノート」があり、わずかな操作で目的のノートへすぐにアクセスできる「Stock」一択です。
 
さらに、Stockの「ノート」は任意のメンバーにリアルタイムで共有されるので、メンバー間のナレッジの共有にも有効です。また、Stockは「ノート」に紐づけてメッセージを送れるので、やり取りが入り乱れません。

リモート環境でも業務内容を簡単に共有できるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインマネジメントを成功させるコツまとめ

これまで、オンラインマネジメントの概要や課題点、成功させるコツを中心にご紹介しました。
 
オンラインマネジメントを成功させるために重要なのは、チームメンバーの業務内容や進捗状況を見やすく共有することです。なので、個人作業が主となるリモート環境でも、リアルタイムで情報共有できるツールが必要と言えます。
 
ただし、Excelで情報共有すると必要な時に「情報が見つからない」という問題が起こります。さらに、LINEやSlackで情報共有をすると必要な情報が流れてしまうのです。
 
結論、自社が導入すべきなのは、大切な情報が流れない「ノート」があり、直感的に目的のノートを見つけられる「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、オンラインマネジメントを成功させましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 人材マネジメントの役割とは?うまくいかない原因と改善策を解説
 
関連記事: 【タイプ別】人材管理システムおすすめ7選!選定ポイントも解説
 
関連記事: 【非IT企業必見】中小企業の人材育成における課題と解決策とは
 
関連記事: 【非IT企業必見】アルバイト・パート育成のメリットと指導の仕方とは
 
関連記事: 【必見】人材育成とは?育成の3つの手段と大切なポイントを解説
 
関連記事: 【必見】人材開発とは?成功に導く3つのポイントを解説
 
関連記事: 部下がみるみる成長!育て方の3つのポイントを紹介
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。