戦略的に人材の配置・育成を行うには、タレントマネジメントが必須です。タレントマネジメントを行うと、社員のスキルや経験に関する情報を活用して、最適な人員配置を実現できます。
 
しかし、企業におけるタレントマネジメントの具体的な取り組み方がわからず、実施に悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、タレントマネジメントが失敗する原因や成功事例をご紹介します。
 
  • タレントマネジメントが失敗する原因を把握して対策を講じたい
  • 他社の成功事例を把握して自社のマネジメントに役立てたい
  • タレントマネジメントを効率的に進める方法を探している
という担当者の方はこの記事を参考にすると、企業におけるタレントマネジメントを明確にイメージして、スムーズに取り組みを実施できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントが失敗する原因とは

ここでは、タレントマネジメントが失敗する原因について解説します。以下の原因を把握して対策を講じ、マネジメントを効果的に行いましょう。

開始目的が曖昧

開始目的が曖昧だと、タレントマネジメントの実施自体が目的化してしまい、失敗しやすくなります。
 
タレントマネジメントは社員の能力を生かした人事戦略で、実施の目的は企業の掲げる経営目標の達成にあります。しかし、タレントマネジメントの実施ゴールである企業目標や人事戦略を練る目的が不明瞭だと、その場限りの対応となり適切に実施できません。
 
そのため、タレントマネジメントの実施によって実現したい目的をあらかじめ明確化しておく必要があります。

タレントマネジメントシステムを活用できていない

タレントマネジメントシステムを活用できていないと、かえってマネジメントの浸透を妨げてしまいます。
 
タレントマネジメントシステムは、活用すれば社員の情報を集約し、タレントマネジメントに有効活用できます。しかし、たとえば多機能なシステムを導入すると、操作方法が複雑でうまく使いこなせず、運用の負担が増大しやすくなるのです。
 
したがって、タレントマネジメントシステムを活用する際は、説明資料や無料トライアルなどを活用して、自社の組織形態に合ったサービスを導入する点が重要です。とくに、サポート体制の整ったシステムを導入すると、スムーズな運用が可能になります。

情報管理に不備がある

情報管理に不備があると、人材データを活用できずタレントマネジメントが滞ってしまいます。
 
タレントマネジメントを効果的に実施するには、人材データを定期的に更新することがポイントです。仮に、データの更新が止まれば社員の最新状況が正しく把握できず、現場の実態に即した人材マネジメントを行えません。
 
そこで、社員の情報を必要なメンバーに共有・更新可能な仕組みを整えると、状況が分かりやすくなり効率的に取り組めます。とくに、情報共有が円滑な企業は「Stock」のようにシンプルなITツールを使って、必要な情報を素早く連携するのがトレンドです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントの成功事例5選

ここでは、タレントマネジメントの成功事例5選について解説します。以下の事例を参考にすれば、効果的な取り組みが分かり、自社のタレントマネジメントに生かせます。

(1)株式会社ヒロテック

株式会社ヒロテックのトップページ
 
 
株式会社ヒロテックは、グローバル人材の確保が急務でしたが、定義が曖昧で、後継が育たない課題がありました。また、人材データベースが公開されておらず、限定的な人事情報で人選や育成が行われていました。
 
そこで、「人材開発センター」を立ち上げるなかで、情報収集経路を一元化し、全社員が閲覧できる社員データベースをつくりました。また、社員情報に社員の顔と名前を紐づけて、経営層も活用可能なデータベースを目指しました。
 
その結果、人事情報が共有され、人選・育成の透明性が高まりました。また、人材開発センターが蓄積した人事情報を活用し、企業が主体となってグローバル人材を輩出するようになったのです。
 

(2)日産自動車株式会社

日産自動車株式会社のトップページ
 
 
日産自動車株式会社では、人材活用のグローバル化によって日本人の役職者が減少し、優秀な日本人後継者が不足する課題がありました。
 
そこで「グローバル人財データベース」をつくり、高い業績を挙げる社員の行動特性や、将来のリーダー候補の育成過程を記録しました。また、「グローバルグレーディングシステム」を設け、マネージャーより上の人材に対して、職務の壁を超えた正しい社員評価を行い、タレントマネジメントの対象となる優秀な人材を見極めたのです。
 
その結果、職務ごとにリーダーの候補者を早い段階で発掘・育成することで、日本人ビジネスリーダーの育成が強化されました。このように、将来を見据えたリーダー開発を行い、多様なグローバルリーダーの育成に取り組んでいます。
 
 

(3)ピジョンホームプロダクツ株式会社

ファイルのアップロード
 
 
ピジョンホームプロダクツ株式会社では、人事情報をExcelで管理しており、必要な情報へのアクセスに時間がかかるうえ、紙ベースでの人事評価に手間がかかる課題がありました。また、上司・部下間のコミュニケーションを活発化して、社員のエンゲージメントを向上させたいと考えていました。
 
そこで、タレントマネジメントシステムを活用して人事情報を一元化したのです。また、1on1ミーティングのシートをシステム上で作成し、上司側の注意点をチェック項目にまとめたり、話したい内容や話した内容を書き込んだりする仕組みをつくりました。
 
その結果、個人情報を保護しつつ、人事評価における転記・評価記入の作業を削減されたことで高頻度での人事評価を実施が可能になりました。また、1on1でのコミュニケーションが促進され、長年伸び悩んでいたエンゲージメントスコアが上昇しました。
 

(4)株式会社Zeals

株式会社Zealsのトップページ
 
 
株式会社Zealsでは、社内に人事情報が分散しており、個人情報の漏洩リスクがありました。また、組織の急拡大に合わせて、人事で社員の状態を把握し、支援することでマネジメント層の負担を軽減したいと考えていました。
 
そこで、人事情報と紐づいた社員データベースを整えたのです。また、月に一度Web上で従業員サーベイ(満足度調査)を実施し、「睡眠」「パフォーマンス・普段の業務上のコンディション」「会社の方針についての感想」を調査しました。
 
その結果、個人のモチベーションや体調を可視化して、チーム全体の状態の把握が可能になりました。また、組織課題を定量的に把握し、優先順位をつけて施策を打てる体制が整いました。
 

(5)株式会社山形ビルサービス

株式会社山形ビルサービスのトップページ
 
 
株式会社山形ビルサービスでは、経営者が約二千人の社員の顔と名前を把握できていない課題がありました。
 
そこで、まずは役職者と有望な若手人材に絞って、人事情報をデータベースで一覧化したのです。具体的には、以下の内容を登録しました。
 
 
  • 名前
  • 年齢
  • 顔写真
  • 入社年月日
  • 異動や役職の履歴
  • 保有資格
 
その結果、社員の顔と名前に加え個々の経歴やスキルを踏まえて、社員が退職しても最適な人員配置を行える仕組みが整いました。今後は「Web上のアンケートで研修の受講状況を把握」「社員データを活用した戦略的な配置転換」などを進めたいと考えています。
 


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントを効率的に進められるツール

以下では、タレントマネジメントを効率的に進められるツールをご紹介します。
 
タレントマネジメントに取り組むには、前提として情報管理を適切に行う必要があります。たとえば、タレントマネジメントに成功している企業は、共通して「社員情報をデータベースで一元管理し、人事に活用できる仕組み」をつくっているのです。
 
このように、情報管理はタレントマネジメントの効率化に直結します。そこで「情報共有ツール」を利用すると、社員情報を一元管理してタレントマネジメントへデータを活用しやすい体制を整えられるのです。
 
ただし、操作方法が複雑なツールを導入すると、情報の活用に手間がかかったり、誤操作による情報漏洩のリスクが発生したりしてしまいます。したがって、非IT企業における65歳以上のメンバーでも、簡単に使える情報共有ツールの「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」で簡単に人事情報を共有しつつ「フォルダ」で部署ごとに情報の整理が可能です。また、ノートに紐づいた「メッセージ」「タスク」を使うと情報が錯綜しないので、タレントマネジメントを円滑に進められます。

タレントマネジメントにおける情報共有を効率化するツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントの成功事例まとめ

これまで、タレントマネジメントの成功事例を中心にご紹介しました。
 
タレントマネジメントでは、開始目的が曖昧だったり情報管理に不備があったりすると、データを的確に活用できず失敗しやすくなります。また、事例でも明らかなように、タレントマネジメントを成功させるには、社員の情報を一元化し適切に管理する点が重要です。
 
そこで「誰でもストレスなく使える情報共有ツール」を導入すると、人事情報を確実に残しつつ、必要な内容へ素早くアクセスできます。また、タレントマネジメントだけでなく、社内の情報を簡単に共有できる仕組みづくりとしても有効です。
 
したがって、誰でも導入即日で活用できるほどシンプルな情報共有ツール「Stock」が最適です。実際に、非IT企業を中心とした150,000社以上が情報共有の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して情報の管理・共有を円滑化しつつ、タレントマネジメントを成功させましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: マネジメントとは?マネージャーの業務や必要な能力も解説!
 
関連記事: タレントマネジメントとは?導入効果やデメリットも解説!
 
関連記事: タレントマネジメントシステムのメリットとは?比較する3つのポイントも解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。