2019年よりはじまった「働き方改革」はすべての企業での取り組みが必要なものであり、労働環境をどのように改善していくべきかは昨今多くの企業における問題となっています。とくに、製造業でも働き方を見直す動きが増加傾向にあります。
 
とはいえ、製造業ではなぜ働き方改革が必要であっても、どのように実践すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、製造業で働き方改革が必要な理由や、働き方改革を成功させるポイントを解説します。
 
  • 製造業における効果的な働き方改革の進め方を理解し取り組みを進めたい
  • 働き方改革を成功させるためのポイントを理解したうえで実行したい
  • 同業他社の事例を参考に自社での取り組み方針を定めたい
という方は今回の記事を参考にすると、製造業における働き方改革の正しい進め方や事例を参考に、自社での働き方改革を成功に導けるようになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業での働き方改革が必要な理由

以下では、製造業において働き方改革が必要な理由を解説します。製造業ではとくに働き方改革が重要視されている現状には、以下の理由が存在します。

生産性向上が不可欠だから

製造業での働き方改革改革が必要な一番の理由は、製造業では生産性向上が不可欠だからです。
 
製造業では他業種に比べ、現場の作業効率そのものが製品の品質を大きく左右するという性質があります。その一方で、業務の多くは体力的・精神的に不可がかかるものであり、従業員はこうした業務負荷を常に抱えながら作業を進めていかなくてはなりません。
 
したがって、働き方改革によって従業員の業務負荷を軽減し、働きやすい環境を整えることで、高品質の製品を効率よく製造できる環境構築を行う必要があるのです。

慢性的な労働力不足

製造業での働き方改革が重要な理由には、慢性的な労働力不足も起因しています。
 
経済産業省の発表によると、製造業に従事する企業のうちおよそ40%以上が、経営課題として「人手不足」を挙げています。少子高齢化の影響もあり、多くの企業で人手不足は課題とされていますが、製造業においては社会情勢だけでなく、若年層への3Kイメージの普及なども人手不足を加速させる原因となっています。
 
社会情勢の変化はすぐに実現しない以上、企業は自社で状況改善に対する取り組みを行わなくてはなりません。その方法のひとつとしてあるのが働き方改革の実施です。
 
働き方改革により、従業員に対する肉体的・精神的な負担が軽減されれば、従来であれば業務上雇用が難しかった人材の雇用が期待できます。さらに、働き方改革によって働きやすい環境の構築やワークライフバランスの実現が可能になれば、結果として業界や企業のイメージ改善にも繋がり、若年層の人材流入も期待できるでしょう。

やりがいや成長意欲に繋がるから

製造業での働き方改革は、社員のやりがいや成長意欲の覚醒にも役立ちます。
 
担当する業務によっては、自分が製品のどの部分を作っているのかがわからないというケースや、仕事の成果が見えづらいというケースは少なくはありません。こうした状況が続けば、社員の成長意欲を上昇させることはできず、意識が下がるばかりか場合によっては、離職の原因にもつながってしまうのです。
 
したがって、働き方改革の実施により、社員ひとりひとりの業務を徹底的に見える化して、やりがいや成長意欲を引き出す必要があるのです。
 
さらに、やりがいは単に社員の意識改革に役立つだけでなく、スキル向上や業務効率向上にも貢献するため、最終的には会社の業績アップにも直結します。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業での働き方改革を成功させる4つのポイント

以下では、製造業での働き方改革を成功させる4つのポイントを解説します。以下のポイントに沿って働き方改革を進め、自社での働き方改革を成功に導きましょう。

現状の把握

働き方改革を成功させるためにも、まずは現状を正しく把握しましょう。
 
いざ改善をしようと考えても、自社の状況が分からないままでは、改善の方向性がわかりません。したがって、最初に自社の現状を正しく把握する必要があるのです。
 
現状把握には、就業規則や労働契約書を有効活用するのがおすすめです。あらかじめ定められた労働時間や休日のルールが実際に守られているかどうかのチェックを進めましょう。現状との乖離がある場合は、それがなぜ起こっているのか、どの部署やメンバーに対して起こっているのかまでを細分化して確認します。
 
現状を正しく把握し、課題がどこにあるのかを把握することで、生産性を向上させるには何をすべきかが分かります。

ペーパーレス化の実現

製造業での働き方改革で欠かせないのが、ペーパーレス化の実現です。
 
製造現場では図面や書類などの資料を参考に業務を進めていくのが一般的です。しかしこれらの資料がすべて紙媒体で保管されていると、必要な情報を探すのに膨大な時間がかかってしまいます。さらに、紙媒体の場合保管場所の用意が必要不可欠であり、管理する資料が増えれば増えるほど、自社内のスペースを圧迫する要因となりかねません。
 
したがって、業務に必要な情報はすべてデジタル化し、ペーパーレス化を実現させましょう。データ形式で管理すれば、従来のように時間をかけなくともすぐに必要な情報へアクセスできるようになります。その結果、作業時間が短縮されるばかりか、空いたリソースをほかの業務に割くことが可能です。
 
また、保管場所を設けずとも管理ができるので、従来のようにキャビネットを設置する専用スペースも必要ありません。

データへのアクセス性を高める

データへのアクセス性を高めるのも、働き方改革の成功に貢献します。
 
共有すべき情報や資料を個別の端末やUSBメモリーなどに保管している場合、その情報の保持者からの共有を受けない限り該当情報を得られなくなります。そのうえ、もし該当の端末などが故障すれば、データの閲覧ができないばかりか、最悪の場合データの消失も考えられます。
 
したがって、社内で扱う情報はすべてクラウドツールに格納し、データへのアクセス性が高い状況で管理しましょう。クラウドツール上に格納されたデータは、インターネット環境さえあれば利用できるため、従来のようにデータ保持者からの共有を受けずとも必要なタイミングで確認可能です。
 
さらに、仮に利用している端末が故障しても、データはすべてインターネット上で管理されているので、紛失の恐れがなく安定した活用が可能になります。

柔軟な働き方への対応

働き方改革の実現には、柔軟な働き方への対応も必要です。
 
労働者はそれぞれライフスタイルが異なるため、特定の働き方しかできない勤務形態の場合、稼働に合わない人材の流入は期待できません。慢性的な人材不足が進むなかで、このように採用の間口を減らす行為は避ける必要があります。
 
一方で、多様な働き方に対応できる環境が構築できれば、従来では採用できなかったような人材も柔軟に雇用できるようになり、結果として労働力の向上が実現します。また、介護や育児などを理由に退職を余儀なくされるような従業員も、こうした多様な働き方の導入によって、離職を防止できる可能性もあります。
 
働き方には、フレックスタイム制や短時間労働、就業時間の繰り上げ・繰り下げ対応などさまざまな方法があるので、自社に適した方法の検討と導入を行いましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業での働き方改革成功事例3選

以下では、製造業での働き方改革を成功させた企業の事例を3選ご紹介します。同業他社の事例を参考に、自社ではどのような取り組みができるか検討しましょう。

株式会社ビット・トレード・ワン

株式会社ビット・トレード・ワンは、電子基盤の設計・製造販売を行う企業です。
 
同社では、常に複数案件を並行して進めていましたが、それらの情報が効率的に管理できておらず、必要な情報を追いきれない点に課題を感じていました。
 
そこで同社では現状打破のため、情報共有ツール「Stock」の導入を行いました。
 
Stockの導入によって、同社では案件の増加や同時並行が起こっても従来のように情報が錯綜しないようになり、結果として業務効率化が実現したそうです。
 

セラテックジャパン株式会社

セラテックジャパン株式会社は、ファインセラミックスの加工を行う企業です。
 
同社では、働き方改革の一環として、ワーク・ライフ・バランスの実現に沿った労働環境の改善に取り組んでいます。その方法のひとつとして行われているのが「ミニカンパニー制」の導入です。ミニカンパニー制では、工程やセクションごとに作成したチームで独立採算性の活動を行わせています。
 
該当制度の導入により、社員はチームごとで売上げや利益目標を持つようになり、個人への負担が下がったうえ、サービス残業の抑止にも効果があったそうです。
 

株式会社石崎電機製作所

株式会社石崎電機製作所は、電熱製品の製造販売を行う企業です。
 
同社では社内での情報共有が封筒と管理票を用いて行われており、情報へのアクセス性が低いことに課題を抱えていました。そこで同社は、情報の可視化を目的にメモアプリである「Evernote」の導入に踏み切りました。
 
Evernoteの導入により、従来にくらべて情報へのアクセス性が高まりかつ適切に管理されるようになったので、結果として業務効率化が実現したそうです。
 


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業の働き方改革に貢献するツール

以下では、製造業の働き方改革に貢献するおすすめのツールをご紹介します。
 
働き方改革の実現は事例の通り「ツールの導入」「制度の導入」が効果的です。そして、より簡単な方法はITツールの活用により業務効率そのものを向上させることです。なぜなら、作業自体が効率化し無駄を省ければ、必然的に業務負荷が軽減し、時間外労働や休憩返上などの従業員の負担を減らせるからです。
 
しかし、ツールによっては「ファイルだけ」「テキストだけ」のように管理できる情報に制限があるものも存在するので注意が必要です。情報が散在する事態を防ぐためにも、導入するツールはすべての情報管理に適したものを選定しましょう。
 
また、管理者だけが使えるツールではなく、現場のメンバーもストレスなく使えることが前提となるので、「Stock」のように、一時的なやりとりから蓄積すべき情報まで、製造業における情報を最も簡単に管理できるツールが必須です。
 
Stockの「ノート」には図面などの資料共有はもちろん、業務のマニュアルやノウハウ共有などあらゆる情報の一元管理が行えます。さらに「ノート」には「メッセージ」も紐づけられるため、コミュニケーションまでStock内で完結させられます。

製造業での情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

製造業で働き方改革が必要な理由まとめ

ここまで、製造業での働き方改革が必要な理由や成功させるポイントを解説しました。
 
生産性向上が不可欠であり人材不足が慢性化する製造業において、働き方改革の実行によって業務効率や環境の改善を行う必要があります。働き方改革の実現手段は多々ありますが、そのなかでも最も簡単かつ即時の効果を生みやすいのが、ITツールの活用です。
 
しかし、ツール選定時には「本当にそのツールが自社での業務に最適かどうか」の十分な見極めが必要です。実際にツールを活用する社員のITリテラシーに沿わない選定をしてしまえばツールが浸透せず、業務効率化が実現できないからです。したがって、導入するツールの操作性を確認し、自社にとって過不足ない機能を持つものを選択しましょう。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは製造業におけるITリテラシーの低いひとでも、簡単に情報管理・共有ができるツールです。非IT企業を中心に現在200,000社以上の企業に導入され、働き方改革にも貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、自社での働き方改革を成功に導きましょう。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で自社の日報管理を効率化しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【最新版】アパレル業界に必須のクラウドアプリ5選を紹介!
 
関連記事: 【事例あり】工場の見える化とは?メリットから進め方まで紹介!
 
関連記事: 製造業の作業日報の書き方は?おすすめテンプレートや成功事例も紹介
 
関連記事: 工場での業務改善を成功させるコツとは?改善に役立つアイデアも紹介!
 
関連記事: 製造業でマニュアルを作成すべき理由とは?作成のポイントやおすすめツールも紹介!
 
関連記事: 製造業でのタスク管理が必要な理由とは?管理手段からおすすめツールまで紹介!
 
関連記事: 【事例あり】製造業における情報の一元管理が大切な理由とは
 
関連記事: 【事例つき】製造業でグループウェアを活用するメリットや役立つ機能とは
 
関連記事: 【無料あり】工場で使える工程管理システム・ソフト6選!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。