アパレル企業や店舗には、接客から品出し、顧客管理、在庫管理など、多岐にわたる業務があります。そして近年、リモートワークをする一般企業が増えたことで業務のデジタル化が進み、アパレル業界でもクラウドアプリの利用が広がりつつあるのです。
 
しかし、クラウドアプリの種類は豊富なので「どのクラウドアプリが一番合うのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
本記事では、アパレル企業・店舗におすすめのクラウドアプリ3選を中心に紹介します。
 
  • 店舗運営の負担をクラウドアプリで軽減したい
  • アパレルでクラウドアプリを選ぶポイントが知りたい
  • デジタルに詳しくないので簡単に使えるアプリが良い
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、職場にマッチするクラウドアプリが見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレルでクラウド化すべき5つの情報

ここでは、クラウドアプリで管理すべき5つの情報をご紹介します。以下の内容を踏まえてクラウドアプリを取り入れると、情報管理の円滑化につながります。

(1)接客マニュアル

クラウドアプリで管理すべき情報の一つ目は接客マニュアルです。
 
紙の接客マニュアルは「どこに置いたのかわからなくなる」「複数人で同時に確認ができない」点がデメリットです。そこで、クラウドアプリを導入すると、時間や場所を問わずに接客マニュアルを確認でき、従業員教育が進めやすくなります。
 
また、スマートフォンに対応したクラウドアプリであれば従業員はスマホからマニュアルを確認するので、マニュアル印刷の手間もかかりません。

(2)在庫情報

クラウドアプリで管理すべき情報の二つ目は在庫情報です。
 
アパレル企業は性別や年齢に合った商品を季節ごとに展開しなければならず、多くの在庫を抱えてしまう傾向にあります。在庫が過剰になれば管理にも手間がかかるため、いかに在庫を持たずに経営するかが鍵です。
 
そこで、在庫管理機能を備えたクラウドアプリを利用すれば、店舗にある在庫をリアルタイムで把握できます。その結果、売れ行きの良い店舗に在庫を移動させたり、必要以上に入荷しないように対応したりできるのです。

(3)店舗・ECサイトの運営管理

クラウドアプリで管理すべき情報の三つ目は、店舗・ECサイトの運営管理に関する情報です。
 
たとえば、商品の売上が見える化するクラウドアプリであれば、ニーズの分析ができるので顧客満足度に貢献する新しい商品・サービスにもつながります。また、ECサイトが運用できれば店舗に足を運ばすに購入できるので、新規顧客の獲得にも有効です。
 
ただし、店舗やECサイトに役立つアプリは豊富な機能を備えており、運用コストも高い傾向があります。そのため、導入には大きなコストがかかることに注意しましょう。

(4)電話対応と連絡の記録

クラウドアプリで管理すべき情報の四つ目は電話対応と連絡の記録です。
 
店舗で従業員が受電することがありますが、実際に「電話があったことを伝えられていない」「口頭で伝えられたが電話をかけ直すのを忘れた」などのケースが多く見られます。そのため、伝言メモなどを共有する方法を決めておくべきです。
 
そこで、「誰からの電話か」「要件は何か」「いつまでにかけ直せば良いか」をまとめられるクラウドアプリが活躍します。クラウドアプリであれば素早く情報を共有でき、紙のメモのように紛失するリスクも防げます。

(5)顧客情報

クラウドアプリで管理すべき情報の五つ目は顧客情報です。
 
アパレルでは顧客理解を深めて、ファンやリピーターを増やすことが重要です。そのため、顧客の個人情報や来店頻度、嗜好、購入品などのあらゆる情報を一か所にまとめておきましょう。
 
具体的には、顧客ごとに情報をストックできる「Stock」のようなクラウドアプリが最適です。たとえば、顧客情報が記載されたノートを分類できる「フォルダ」があるので情報が入り乱れず、目的のノートをすぐに見つけられます。
 
関連記事: 製造業でのタスク管理が必要な理由とは?管理手段からおすすめツールまで紹介!
 
関連記事: 【事例つき】製造業でグループウェアを活用するメリットや役立つ機能とは


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界向けのおすすめクラウドアプリ3選

以下では、アパレル業界向けのクラウドアプリ3選を紹介します。
 
アパレルでクラウドアプリを導入するときには、目的に応じて選ぶことが重要です。たとえば、マニュアルや在庫情報、電話対応メモといった従業員との情報共有をスムーズにしたい場合は「情報共有アプリ」の利用が適しています。
 
たとえば、LINEをはじめとしたなどのチャットアプリを使うと大切なメッセージが流れる点がデメリットです。そのため、情報共有アプリのなかでも「商品や店舗情報を蓄積し、簡単に振り替えられる」サービスを選びましょう。
 
結論、アパレル業界で導入すべきなのは、マニュアルや顧客管理、商品ごとに情報を蓄積する「ノート」があり、ノートに紐づく「メッセージ」でやりとりできる「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」には文字や画像が簡単に載せられるうえ、更新すればリアルタイムで反映されます。また、ノートには「メッセージ」が紐づいており、商品に関する情報のやりとりが一か所にまとめられるので、目的の情報の見落としを防ぎます。

【情報共有】新人でも説明なしで使いこなせるアプリ「Stock(ストック)」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【運営管理】売上アップを支援する多機能アプリ「Apparel Cloud(アパレルクラウド)」

Apparel Cloudのトップページ

<Apparel Cloudの特徴>

  • 情報を一元管理する
  • 消費や店舗情報、顧客情報など、アパレル企業の情報を一か所にまとめられます。
     
  • データ連携できる
  • 外部サイトやメディアと連携することができます。

<Apparel Cloudの機能・使用感>

  • ブランドアプリ
  • ショップに関するニュースやクーポンの配布といったブランドに関する情報を発信できます。また、顧客や在庫のデータをアプリ上で管理することも可能なので、ブランド運営に役立つ機能が網羅的に備わったアプリを探している場合に便利です。
     
  • ショップブログ
  • ショップに関するブログを発信したり、ブログへ商品データを連携したりできます。

<Apparel Cloudの注意点>

  • 情報が少ない
  • Apparel Cloudに関する詳細情報がHP上に少ないため、問い合わせるなどして情報収集する必要があります。
     
  • アプリが上手く動かない
  • 利用しているユーザーからは「アプリで書いた文字はあとから修正できない」「記事が消える」といった、アプリに関する改善要望が寄せられています。(参考:App Store

<Apparel Cloudの料金体系>

  • 詳細は要問い合わせ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【在庫管理】アパレル業界向けの販売管理アプリ「One’s Closet(ワンズクローゼット)」

One’s Closetのトップページ

<One’s Closetの特徴>

  • 豊富な機能を備えている
  • 在庫管理や受発注管理、出荷管理、売掛・買掛管理など、あらゆる業務に関する機能が備わっています。
     
  • ECサイトと連携できる
  • 楽天市場やShopifyなどのECサイトと連携することができます。

<One’s Closetの機能・使用感>

  • 在庫管理
  • 商品の個別の情報を管理できるほか、店舗ごとに該当の商品が何点あるか、店舗ごとに何の商品があるかを一覧で確認可能です。
     
  • 売掛管理機能
  • 売掛管理表や入金予定表で売上管理をうる機能です。また、請求書や支払書の発行ができる点メリットがあります。

<One’s Closetの注意点>

  • 多機能ゆえに使いこなすのが難しい
  • One’s Closetは豊富な機能を備えているため、ITに詳しくない場合には使いこなせない可能性があります。

<One’s Closetの料金体系>

  • 初期設定料金:35,000円
  • 基本料金:15,000円/ユーザー/月(2ユーザー以降:5,000円/ユーザー/月)
上記に加え、EC連携や決済代行に関するオプションも用意されています。
 
 
関連記事: 【おすすめ5選】工場での進捗管理に役立つソフトと選定ポイントを紹介!
 
関連記事: 【事例つき】製造業で働き方改革が必要な理由とは?成功させるポイントも紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界向けのおすすめクラウドアプリ3選の比較表

Stock【一番おすすめ】 Apparel Cloud One’s Closet
特徴
新人でも説明なしで使いこなせる
売上アップを支援する多機能アプリ
アパレル業界向けの販売管理アプリ
注意点
売掛の自動計算機能は備わっていない
情報が少ない
多機能ゆえに使いこなすのが難しい
料金
・無料
・有料プランでも1人あたり324円/月〜
・要問合せ
・無料プランなし
・有料プランは15,000円/ユーザー/月~
公式サイト
「Stock」の詳細はこちら
「Apparel Cloud」の詳細はこちら
「One’s Closet」の詳細はこちら


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界に必須のクラウドアプリまとめ

ここまで、アパレル企業が改善すべき業務とおすすめのクラウドアプリを紹介しました。
 
あらゆる情報を管理しなければならないアパレル企業でクラウドアプリを導入すれば、業務効率が大幅に改善されます。具体的には、マニュアル運用や顧客管理、在庫管理などといった情報が整理され、業務が進めやすくなるのです。
 
ただし、多機能で操作が複雑なクラウドアプリを選ぶと、ITに慣れていない従業員が使いこなせず浸透しません。したがって、「情報共有に過不足がない、シンプルな機能のアプリ」を選びましょう。
 
結論、業務をスムーズに進めたいアパレル企業には、あらゆる情報をストックできるうえに、直感的に使えるほど簡単なクラウドアプリ「Stock」が最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、ストレスなく業務を効率化していきましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【事例あり】工場の見える化とは?メリットから進め方まで紹介!
 
関連記事: 製造業の作業日報の書き方とは?おすすめアプリや成功事例も紹介!
 
関連記事: 工場での業務改善を成功させるコツとは?改善に役立つアイデアも紹介!
 
関連記事: 製造業でマニュアルを作成すべき理由とは?作成のポイントやおすすめツールも紹介!
 
関連記事: 【事例あり】製造業における情報の一元管理が大切な理由とは
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。