アパレル企業は接客マニュアルから在庫情報まで、多くの情報を日々管理しなければなりません。情報管理は社員の負担となるので、負担軽減に向けてクラウドツールを導入する企業も近年増えてきています。
 
しかし、アパレル業界向けのクラウドツールは豊富にあり、自社に適したツールを選択するのは骨の折れる作業となります。そのため、「どのクラウドツールを導入すれば良いのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、アパレル業界に必須のクラウドツール3選を紹介します。
 
  • クラウドツールを導入して、店舗運営の負担を軽減したい
  • クラウド化が業務をどのように改善するかを知り、業務課題が解決するか見極めたい
  • クラウドツールを導入する利点を知り、稟議で上司を説得する材料を得たい
という担当者の方はこの記事を参考にすれば、クラウド化するべき業務が分かり、業務負担を軽減するITツールを比較検討できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界でクラウド化するべき3つの業務

以下では、クラウドツールが活用できる3つの業務をご紹介します。自社が抱える業務課題と照らし合わせながら確認すれば、解決のヒントが得られる可能性があります。

接客マニュアル管理

接客マニュアルは、クラウドツールを使えば簡単に管理できるようになります。
 
接客マニュアルは常に最新の情報が掲載されている必要がある文書です。古い情報が書かれているマニュアルは「読む必要がない」と判断され、誰も活用しないケースがあるからです。
 
しかし、マニュアルの管理にはハードルがあります。たとえば、マニュアルを更新する際は、フォルダを探し出したのちに情報を書き換える必要があります。また、紙のマニュアルは紛失すると復元できないため厳重に管理しなければならず、管理の負担が大きくなるのです。
 
この「マニュアルの管理に手間がかかる」という問題を解決するのが、情報共有ツールです。検索機能があるツールを使えば、必要なマニュアルをすぐに見つけられます。また、書き込んだ情報はすべてオンライン上に保存されるので、マニュアルを紛失する心配もありません。
 
このように、マニュアル管理の負担を軽減するには、クラウドツールの導入が最適です。

店舗・ECサイトの運営管理

クラウドツールを使えば、店舗やECサイトが簡単に運営できます。
 
クラウドには商品の売上分析ができるツールもあります。商品の売上が分かれば顧客ニーズの分析ができるようになり、顧客満足度の高い商品の開発にもつながるのです。
 
また、ECサイトを作成するツールを導入すれば、社員が時間を割かずとも、すぐに自社の販売サイトを用意できます。このように、クラウドツールを店舗・ECサイトの運営に活用すれば、運営の負担が軽減するほか、より良い商品を開発できるのです。
 
ただし、店舗・ECサイトの運営に役立つツールには多彩な機能がついているために、価格も高くなっています。導入の際には、一定の初期コスト・運用コストがかかることに注意しましょう。

在庫情報の管理

クラウドツールを導入すれば、在庫を簡単に管理できるようになります。
 
アパレル企業は性別や年齢に合った服を季節ごとに展開しなければならず、多くの在庫を抱えがちです。在庫が過剰になれば管理にも手間がかかってしまうため、どのように在庫を減らすかが焦点となります。
 
一方で、在庫管理機能が付いたクラウドツールを使えば、店舗や色・サイズごとの在庫をリアルタイムで把握できます。その結果、売れ行きの良い店舗に在庫を移動させることも可能となり、販売機会の増加につながるのです。
 
このように、クラウドツールを使えば需要の高い店舗に在庫を回せるようになり、在庫の量を削減できます。ただし、在庫管理ツールは高性能なものが多く、ITに慣れていない社員では使いこなせない場合がある点に注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界向けのクラウドツール3選

以下では、アパレル業界向けのクラウドツール3選を紹介します。はじめに、接客マニュアルの管理に役立つクラウドツールを紹介します。
 
「アパレル運営に必要な機能が揃っているツール」は豊富にありますが、高機能なものでは社員のITリテラシーが追い付かず、結果として活用されない状況になりかねません。そのため、マニュアル管理にはすべての社員が活用できるような「使いやすい」ツールを導入しましょう。
 
マニュアルの管理において重要なのは、内容が定期的に更新されることです。使いやすいツールであればどのような社員でも難なく情報を更新でき、マニュアルが活用されやすい環境が生まれるのです。
 
結論、接客マニュアルの管理に役立つツールは、ITに慣れていない社員でも説明なしで導入即日から使いこなせるクラウドツール「Stock」一択です。実際にマニュアル管理で活用された事例もあり、Stockひとつで最新のマニュアルを簡単に共有できます。
 
たとえば、Stockの「ノート」に情報を書き込むだけで社員や店舗にリアルタイムで情報が共有されるので、マニュアルを更新する際にも手間がかかりません。また、必要なマニュアルにすぐにアクセスできる「検索機能」もあります。

【マニュアル管理】マニュアルを簡単に管理できるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【運営管理】売上アップを支援する多機能ツール「APPAREL CLOUD」

APPAREL CLOUDのトップページ

<APPAREL CLOUDの特徴>

  • 情報の一元管理ができる
  • 商品や店舗、顧客の情報を一元管理できます。
     
  • CRM(Customer Relationship Management)で活用できる
  • CRMに関心のある企業にはAPPAREL CLOUDの機能が大いに役立ちます。

<APPAREL CLOUDの注意点>

  • ITリテラシーがないと難しい可能性がある
  • APPAREL CLOUDは多機能ツールなので、使いこなすためには高いITリテラシー求められます。

<APPAREL CLOUDの料金体系>

  • 詳細な料金は、問い合わせる必要があります。

APPAREL CLOUDの詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【在庫管理】アパレル業界向けの販売管理システム「One’s Closet」

One’s Closetのトップページ

<One’s Closetの特徴>

  • 詳細な情報まで管理できる
  • 店舗ごとだけでなく、商品の色やサイズごとに在庫を管理できます。
     
  • ECモールとの連携
  • 楽天などの外部サービスと連携すれば、オンライン販売も管理できます。

<One’s Closetの注意点>

  • 使いこなせない場合がある
  • 機能が豊富なため、社員のITスキルによっては使いこなせない場合があります。

<One’s Closetの料金体系>

  • 初期設定料金:35,000円
  • 基本料金:15,000円/ユーザー/月(2ユーザー以降:5,000円/ユーザー/月)
  • そのほかに、オプションの月額料金が設定されています。

One’s Closetの詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アパレル業界に必須のクラウドツールまとめ

ここまで、アパレル業界に必須のクラウドツール3選を紹介しました。
 
多くの情報を管理するアパレル企業が、情報管理に役立つクラウドツールを導入すれば、社員の業務負担が大きく軽減されます。そのため、社員の業務過多を感じている企業は、クラウドツールを早急に導入するべきだと言えます。
 
一方で、業務負担をスムーズに軽減できるクラウドツールは限られています。ツールの効果をすぐに感じたい企業は、すべての社員が使いこなせるようなシンプルなツールを導入し、社内に素早く浸透させる必要があるのです。
 
たとえば、マニュアル管理に必要な機能を過不足なく揃えおり、教育コスト不要ですぐに運用できるほどシンプルな情報共有ツール「Stock」は、情報管理が複雑なアパレル企業に最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でマニュアル管理の手間をなくし、社員の業務負担を軽減させましょう。