建設業では長時間労働や休日出勤が問題視されていることもあり、昨今では多くの企業が生産性向上に取り組んでいます。しかし、未だにアナログな方法がメインとなっている現場も珍しくありません。
 
そのため、「自社の生産性を向上させたいが、具体的な方法が分からない」と悩む建設業界の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設業の業務における課題や効率化の方法・事例を中心に解説します。
 
という方はこの記事を参考にすると、自社の生産性を向上させる具体的な方法が分かり、現状の業務負担を解消できるようになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業の業務における課題とは

ここでは、建設業の業務における3つの課題を解説します。ほかの業界と比べて建設業の生産性が低いのは、以下の要素に当てはまっているケースが大半です。

課題1|天候に影響されやすい

まずは、建設業の業務における課題として、天候に影響されやすいことがあります。
 
建設業は屋外で作業をするゆえに、雨や雪などの天候トラブルがあれば安全上中断しなければなりません。しかし、工事は工期内に終わらせる必要があるので、作業時間を補うために残業や休日出勤で埋め合わせをすることになります。
 
とはいえ、残業や休日出勤が重なれば従業員のモチベーションが下がる恐れもあるのです。その結果、作業の質も悪くなってしまいます。

課題2|人手が足りていない

次に、人手が足りていないのも建設業の業務における課題です。
 
厚生労働省が発表した「建設投資、許可業者数及び就業者数の推移 」によると、令和3年時点での建設業の就業者数は485万人で、平成9年のピーク時に比べて約29%も減っていることが分かります。
 
このように、常に人材が足りないのにも関わらず業務の量は変わらないため、各人の業務負荷が増えて生産性も下がってしまうのです。

課題3|アナログなやり方に慣れている

最後に、業界の傾向として、アナログなやり方に慣れているのも課題です。
 
多くの建設業者では未だに電話でのやりとりがメインであり、履歴を残したい場合もメールではなくFAXを利用するケースがほとんどです。
 
こうしたアナログ業務に慣れているために、建設業界では「施工管理表を現場監督が毎朝担当者へFAXする」といった面倒なやり方が根強く残っているのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【課題解決】建設業の生産性向上を実現する3つの方法

ここでは、建設業の生産性向上を実現する方法を3つ解説します。以下の方法をすぐに実践して、非効率な業務から脱却しましょう。

(1)ノウハウを一か所にまとめる

まずは、ノウハウを一か所にまとめるのが有効な方法です。
 
仮に、ノウハウが属人化していれば経験の浅い人は逐一担当者に質問しなければなりません。その結果、業務が滞ったりベテラン従業員の負担が増えたりしてしまいます。
 
一方、ノウハウが一カ所にまとまっていれば「〇〇の操作方法が分からない」といった疑問もすぐに解消できます。そのため、新人教育に割く時間も省けるのです。

(2)Web会議システムを活用する

次に、Web会議システムも建設業の生産性向上に役立ちます。
 
場合によっては、急な打ち合わせや現場のトラブルが発生して、その都度移動しなければならないケースもあります。そこで、Web会議システムがあれば、わざわざ現場に行ったり会議スペースを確保したりする必要がありません。
 
また、Web会議システムは相手の顔が見られるだけでなく資料の共有もできるので、短時間での正確な情報共有が実現します。

(3)情報共有ツールを活用する

最後に、建設業の生産性向上を実現するには情報共有ツールも必須です。
 
情報共有を口頭でしていれば作業内容の重複や確認漏れが起こりやすく、メールではファイルを開く工数がかかります。しかし、情報共有ツールであればメールよりも気軽にやりとりできるうえ、資料をデータとして残しておけるのです。
 
ただし、多機能な情報共有ツールは従業員が使いこなせない恐れもあるので「必要な機能に過不足がないか」が大前提になります。たとえば、必要な機能に過不足がなくシンプルな「Stock」を使うと、使い方を覚える手間が一切かかりません。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業で情報共有ツールを使うときの注意点

ここでは、建設業で情報共有ツールを使うときの注意点を4つ解説します。ツールによる生産性向上を成功させるためにも、以下のポイントを必ず押さえましょう。

(1)ツール導入の目的を明確にする

まずは、ツール導入の目的を明確にする点に注意です。
 
「ツールの導入によってどのような効果があるのか」が明確でなければ、全社に浸透せず次第に使われなくなる恐れがあります。そのため、単に「魅力的だから」とツールを導入しただけで満足してしまうと、生産性の向上にはつながりません。
 
したがって、「ツールを使えば作業スピードが〇〇時間上がる」など、具体的なメリット示して従業員の理解を得るのが重要なのです。

(2)従来のやり方に戻さない

次に、安易に従来のやり方に戻さないのも大切です。
 
業務の進め方が急に変わると、場合によっては「従来の方が慣れていて効率的だ」といった意見が出るケースもありえます。しかし、安易に従来のアナログなやり方に戻してしまえば、非効率ゆえの業務負担は解消できません。
 
そのため、情報共有ツールを導入するにあたっては使い方を詳細にレクチャーしたり、そもそもシンプルなものを選定したりするのが得策です。

(3)必要な機能が揃ったツールを選ぶ

次に、情報共有ツールは必要な機能が揃ったものを選びましょう。
 
ツールの機能が不足していれば、複数のツールが必要になるので運用コストがかさみます。また、「必要な情報がどこに管理されているか分からない」ともなりやすいため、建設現場では負担が増えてしまうのです。
 
そのため、ツールを選定するときは「情報の蓄積・共有・管理がひとつで完結するか」を必ず確かめるべきです。

(4)操作が簡単なツールを選ぶ

最後に、操作が簡単なツールを選ぶ点にも注意すべきです。
 
たとえば、「多機能で便利そうだから」と管理者の一存で高度な情報共有ツールを導入すると、現場の従業員は使いこなせない恐れがあります。このような状態ではかえって生産性が低下するだけでなく、ツールも徐々に活用されなくなってしまうのです。
 
したがって、情報共有ツールを導入するときは「シンプルで操作が簡単か」を見極めなければなりません。たとえば、必要な機能に過不足のない「Stock」は、ITに詳しくない65歳の方でもすぐに使えるほど簡単です。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業で生産性向上を実現した事例2選

ここでは、建設業で生産性向上を実現した事例を2つご紹介します。以下の事例をもとに、自社でも積極的にツールを使って業務負担を解消しましょう。

事例1|三井住友建設

三井住友建設のトップ画像
 
 
三井住友建設では、ノンコア業務の集約効率化による生産性の向上を実現しました。
 
同社では現場のコア業務(利益に直結する業務)と、それ以外の周辺作業を現場から切り離して専任組織に集約したのです。具体的には「RPA(Robotic Process Automation)」による自動化をしたり、クラウドシステムを使ったりしました。
 
その結果、煩雑な作業の時間を重要なコア業務にあてられるようになり、業務全体の負荷を大きく減少させています。
 

事例2|東備建設株式会社

東備建設株式会社のトップ画像
 
 
東備建設株式会社では「重機点検アプリ」の活用による生産性向上を実現しました。
 
同社では重機の点検記録を紙に記載していたため、記入漏れや確認の難しさに課題がありました。そこで、ノーコードでアプリを作れる「Platio」を使って、重機点検アプリを開発したのです。
 
その結果、点検報告がリアルタイムでできるようになっただけでなく、逐一点検用紙を回収する必要もなくなり、無駄な工数を一気に省けています。
 


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【これで安心】建設業の生産性向上を最も促進するツール

以下では、建設業の生産性向上を最も促進するツールをご紹介します。
 
アナログ業務の多い建設業では、日報や作業指示書、写真を共有するのに無駄な時間がかかります。そのため、昨今では「情報共有ツール」で生産性向上を図る企業が多いです。
 
しかし、「便利そうだから」と多機能な情報共有ツールを導入してしまうと、アナログに慣れていた従業員は使いづらさを感じます。ツールは現場のメンバーが使えなければ意味がないので、必ず「操作がシンプルか」をチェックしなければなりません。
 
そのため、建設業には、ITに詳しくない65歳の方でも直感的に操作できる情報共有ツール「Stock」が最適なのです。
 
Stockの「ノート」にはテキストはもちろん、図面や写真、ファイルも簡単に残せて共有もリアルタイムでできます。また、ノートには「メッセージ」や「タスク」が紐づいており、現場でのコミュニケーションを促進したり作業漏れを防いだりするのに便利です。

ITが苦手な65歳の方でも簡単に使える情報共有ツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業の業務における課題や効率化の方法・事例まとめ

ここまで、建設業の業務における課題や効率化の方法・事例を中心に解説しました。
 
建設業の業務は天候に影響されやすく、アナログに慣れた人も多いため、生産性が低い傾向にあります。このように非効率な状態から脱却するには、情報の蓄積から管理がすぐにできる”情報共有ツール”が不可欠なのです。
 
しかし、多機能なツールは操作が複雑なため「従業員が使いこなせずかえって負担となり、放置される」事態となりかねません。したがって、「必要な機能に過不足のないシンプルな情報共有ツール」を選定すべきです。
 
結論、建設業の生産性向上を実現するのは、ITが苦手な65歳の方でも即日で使いこなせる「Stock」一択になります。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で建設業の非効率な業務を、情報共有の側面から解消しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 建築現場のスケジュール管理にデジタル化が必要なワケ
 
関連記事: 【ツール5選】建設業におけるマニュアルの意義や作成手順とは
 
関連記事: 建築業でタスク・ToDo管理をする意味とは?おすすめの管理ツールも紹介!
 
関連記事: 【建設業向け】情報を一元管理するメリットやおすすめのシステムを紹介!
 
関連記事: 【建設業必見】工事の進捗管理はなぜデジタル化すべき?ツールの選び方も解説!
 
関連記事: 建設業でオンラインストレージは使うべき?失敗例や選定ポイントも解説!
 
関連記事: 建設業でグループウェアを使うメリットとは?機能や選定ポイントも紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。