建設業において、業務を円滑に進めるには「工事の進捗管理」が不可欠です。また、昨今では負担を減らすために、進捗管理をデジタル化する企業も増えています。
 
しかし、なかにはアナログな進捗管理に慣れていることから、デジタル化をすべきか悩む方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設業における工事の進捗管理をデジタル化すべき理由やツールの選び方を中心に解説します。
 
という方はこの記事を参考にすると、建設業でのアナログな進捗管理が抱える問題点が分かるほか、自社に最適な管理ツールも見つけられます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業における工事の進捗管理とは

建設業におかえる工事の進捗管理とは、現場の進捗を可視化して、計画とのズレがないかを確認する作業です。
 
進捗管理に不備がある現場では、予実差を把握できず「気づかないうちに作業が遅れている」事態を招きます。また、進捗が遅れた原因も不透明になり、改善もしづらくなってしまうのです。
 
さらに、建設業では天候や機械の故障など、予期せぬトラブルが起こりやすいです。計画とのズレは常に発生するリスクなので、スケジュールに余裕を持った進捗管理が求められます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

アナログな方法で工事の進捗管理をする問題点

ここでは、アナログな方法で工事の進捗管理をする3つの問題点を解説します。今日でデジタル化が求められているのは、以下のように非効率な状態を避けるためです。

(1)記録や修正に時間がかかる

アナログな工事の進捗管理の大きな問題点は、記録や修正に時間がかかることです。
 
工事の進捗管理では、現場の写真や日報、打ち合わせの議事録など大量の情報を扱います。そのため、手作業での記載や修正は多大な時間がかかるうえに、更新が重なれば次第に見づらくなってしまいます。
 
また、手作業では記載ミスもありがちなので、場合によっては認識齟齬を招きかねません。したがって、デジタル化によって記載や修正の負担をすぐに省くべきなのです。

(2)リアルタイムで確認できない

アナログな方法では、リアルタイムで進捗を確認できないことも問題です。
 
工事の進捗管理を紙でしていると、電話をかけたりわざわざ現場や会社に戻ったりしなければ進捗を確かめられません。また、メールやExcelでは、全体へすぐに共有できず非効率です。
 
また、建設業では現場が遠方だったり、複数の作業拠点があったりするケースも多いです。そのため、リアルタイムで工事の進捗が分からなければ、確認時間や移動時間がかかって作業ペースが落ちてしまうのです。

(3)目的の情報を見つけづらい

目的の情報を見つけづらいことも、アナログな進捗管理のデメリットです。
 
紙やメール、Excelで進捗管理をしていると、目的の資料が埋もれて管理場所が分かりづらくなってしまいます。また、内容を確認するのにも一つひとつファイルを開く工数がかかって面倒です。
 
さらに、アナログな方法では情報が属人化するため、わざわざ本人に進捗を聞かなければなりません。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【脱アナログ】工事現場の進捗管理に最適なツール

以下では、建設業における工事の進捗管理に最適なツールをご紹介します。
 
アナログな進捗管理をしていると、情報の記載や修正に手間がかかるうえリアルタイムでの確認もできません。その結果、納期遅れにつながる恐れもあるため、早急に「デジタルツール」へ移行すべきなのです。
 
ただし、アナログな方法に慣れている企業の場合、多機能なツールでは従業員が使いこなせない可能性が高いです。ツールは現場で正しく使われなければ定着しないので「誰でも説明なしで利用できるか」が必須条件になります。
 
結論、建設業の工事・進捗管理には、必要な機能に過不足がなくシンプルで、非IT企業の65歳の方でも直感的に使いこなせる「Stock」が最適です。
 
Stockの「ノート」には工事の進捗を詳細に残せるほか、全体へも瞬時に共有できます。また、ノートに紐づく「メッセージ」や「タスク」を使えば情報が入り乱れず、作業漏れを防いだり円滑なコミュニケーションをしたりするのに役立ちます。

必要な機能に過不足がないシンプルなツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業における進捗管理ツールの選び方

ここでは、建設業における進捗管理ツールの選び方を4つ解説します。「想定よりもツールが使いづらかった」とならないために、以下のポイントを押さえましょう。

(1)自社の目的に合っているか

まずは、自社の目的に合ったツールかを確認しましょう。
 
工事現場の進捗管理ツールは、チャットツールのようにコミュニケーションに特化したものから、タスクやToDoを管理できるものまで多岐に渡ります。
 
そのため、自社の目的に合ったツールでなければ、使いづらさから次第に利用されなくなる恐れがあるのです。したがって、ツールを導入する前に「自社の課題を解決できるか」を判断すべきです。

(2)アクセス権限を付与できるか

次に、アクセス権限を付与できるかもポイントです。
 
たとえば、施主との打ち合わせや関連業者とのやりとりを記録する場合、個人情報が含まれるため特定のメンバーだけがアクセスできるようにすべきです。
 
万が一、機密情報がすべてのメンバーに閲覧されてしまうと、情報漏洩のリスクも無視できません。したがって、アクセス権限の有無は必ず確認しましょう。

(3)操作がシンプルか

次に、ツールを選ぶときには操作がシンプルかも重要です。
 
「さまざまな用途に使えるから」と安易に多機能なツールを導入すると、ITが苦手な従業員は使いこなせない恐れがあります。また、多機能であれば操作を覚える時間もかかるため、人材不足が問題視される建設業では避けるべきです。
 
したがって、ツールを現場に浸透させるには「シンプルで誰でも使えるか」を基準にしましょう。たとえば、必要な機能が過不足なく備わっている「Stock」であれば、非IT企業の65歳の方でも直感的に進捗管理ができます。

(4)コストは適切か

最後に、コストが適切かも必ず確認すべきです。
 
工事現場の進捗管理ツールは継続的な利用が前提なので、必要以上のコストがかかれば工事の予算を圧迫しかねません。そのため、月額料金はもちろん、初期費用やオプション料金も漏れなくチェックしましょう。
 
加えて、無料プランのあるツールであれば、コストをかけずに使い勝手を試せるのでおすすめです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業の進捗管理をデジタル化すべき理由まとめ

ここまで、建設業における工事の進捗管理をデジタル化すべき理由や、ツールの選び方を中心に解説しました。
 
進捗管理は、計画とズレがないかを把握するのに必須です。しかし、アナログな方法では記載や共有に時間がかかったり情報を見つけづらかったりするので、早急に”デジタルツール”で効率化すべきなのです。
 
ただし、アナログ文化が根強い現場で多機能なツールを導入すると、従業員が使いこなせず工事・進捗管理が効率化しません。したがって、「チーム全員が即日で利用できるほど簡単なツール」が最適です。
 
そのため、建設業界で使うべきツールは、ITの専門知識がない65歳の方でも、説明なしで操作できる「Stock」一択だと言えます。Stockは非IT企業を中心に、現在200,000社以上に導入され、業務の脱アナログ化に貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で工事・進捗管理のデジタル化を成功させましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 建築現場のスケジュール管理にデジタル化が必要なワケ
 
関連記事: 【ツール5選】建設業におけるマニュアルの意義や作成手順とは
 
関連記事: 建築業でタスク・ToDo管理をする意味とは?おすすめの管理ツールも紹介!
 
関連記事: 【建設業向け】情報を一元管理するメリットやおすすめのシステムを紹介!
 
関連記事: 建設業でオンラインストレージは使うべき?失敗例や選定ポイントも解説!
 
関連記事: 建設業の業務における課題とは?効率化の方法や事例を紹介!
 
関連記事: 建設業でグループウェアを使うメリットとは?機能や選定ポイントも紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。