建築業界では、納期遅れを防ぐために徹底したスケジュール管理が求められます。一方、紙のスケジュール管理は作成や共有に時間がかかるので、管理そのものをデジタル化する企業も多いのです。
 
とはいえ、なかには「なぜスケジュール管理をデジタル化すべきか分からない」と悩む建築業界の方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべき理由から、おすすめのソフトまでをご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、なぜ建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべきか分かり、自社に最適なソフトも見つけられます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべき5つの理由

ここでは、建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべき理由を5つ解説します。以下の理由から、建築業界ではアナログからの早急な脱却が求められています。

(1)コストの削減につながるから

はじめに、建築現場でのスケジュール管理をデジタル化すべき一番の理由は、コストの削減につながるためです。
 
各人のスケジュールを紙やホワイトボードで管理していると、印刷にコストがかかるうえ、消耗品にも出費がかさんでしまいます。しかし、こうしたコストはデジタル化によって一気に省けるのです。
 
とくに、情報の蓄積から共有までできる「クラウドツール」であれば、連絡をとるのにメールや電話を使う必要もなくなり、運用コストを大幅に抑えられます。

(2)作業品質が向上するから

次に、スケジュール管理をデジタル化すると、作業品質も向上します。
 
スケジュール管理をデジタル化すると、わざわざ一人ひとりに確認する手間が省けて、全体の進捗が簡単に分かります。その結果、より多くの時間を確保できるのです。
 
このように、スケジュールの確認の時間が削減されると、本来の業務に集中しやすくなり、作業品質の向上につなげられます。

(3)場所や時間を問わずに確認できるから

次に、場所や時間を問わずにスケジュールを確認できるようになる点も、デジタル化をすべき理由です。
 
カレンダーや手帳などのアナログなスケジュール管理では、出先や現場からの確認ができません。一方、デジタル化すればタブレットやスマホからスケジュールを見られるため、現場作業の多い建築業で便利なのです。
 
加えて、常にリアルタイムで各々のスケジュールが分かれば、万が一進捗が遅れているメンバーがいても、迅速な対応ができます。

(4)情報共有がスムーズになるから

次に、情報共有がスムーズになる効果も得られます。
 
アナログなスケジュール管理では、各人の進捗を確認するのに電話やメールをしなければなりません。そのため、逐一メモをとったり、CcやBccなどを入力したりと面倒です。
 
一方、デジタルツールでスケジュール管理をすれば、情報をいつでも見返せるうえ、メールよりも気軽に連絡ができます。とくに、情報を流さずに残せる「ノート」に「メッセージ」が紐づく「Stock」を使うと、作業ごとのやりとりが入り乱れません。

(5)加筆や修正の手間を省けるから

最後に、加筆や修正の手間を省けるようにもなります。
 
建築業では、天候や機械の状態に伴って、一度決まったスケジュールが変更されるケースも多いです。しかし、紙でのスケジュール管理では加筆・修正を手作業でしなければならず、全体へ反映するのに無駄な時間がかかります。
 
一方、デジタル化をすると手書きと異なり、何度でも加筆修正ができるので、スケジュールが見づらくなる心配もありません。また、テンプレート機能などを使うと、さらに資料の作成・更新がスムーズになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【これで安心】建築現場のスケジュール管理を最も効率化するソフト

以下では、建築現場のスケジュール管理を最も効率化するソフトをご紹介します。
 
現場のスケジュール管理を効率化するには、進捗の確認や共有がすぐにできる「ITソフト」が不可欠です。しかし、アナログな手法から突然多機能なソフトに切り替えてしまうと、従業員が適切に使いこなせない恐れもあります。
 
建築業界では人材不足の問題もあるので、ソフトの使い方を教えるのに無駄な時間は割けません。そのため、「誰でも説明なしで使えるほど簡単か」が選定の鍵となります。
 
結論、建築現場に最適なスケジュール管理ソフトは、デジタルに詳しくない65歳の従業員でも即日で使える「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」には直接スケジュールを書き込めるほか、直感的な「タスク」を使えば業務ごとの進捗も簡単に分かります。また、ノートには「メッセージ」も紐づいているので、話題が混ざらずに現場のコミュニケーションが一か所でできるのです。

ITに詳しくない65歳の方でも簡単に使えるソフト「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建築現場でスケジュール管理ソフトを選ぶときのポイント3選

ここでは、現場でスケジュール管理ソフトを選ぶときのポイントを3つ解説します。スケジュール管理の負担を解消するには、以下の点を押さえる必要があります。

(1)チームの規模に合っているか

まずは、チームの規模に合ったソフトかがポイントです。
 
スケジュール管理ソフトには、利用人数が決まっていたり、メンバーの追加制限があったりするものも多いです。そのため、チームの規模に合っていないソフトでは、コストが無駄にかかったり、複数のソフトを併用したりする状態になりかねません。
 
したがって、コストを最小限に抑えるためにも、ソフトを選ぶときは「自社の規模に適しているか」を必ず確認しましょう。

(2)必要な機能に過不足がないか

次に、必要な機能に過不足がないかも確かめましょう。
 
万が一、機能が不足していれば別のソフトを併用しなければならないため、情報が属人化する恐れがあります。一方、機能が多すぎれば、ITに詳しくない従業員が使いづらさを感じてしまうのです。
 
したがって、あらかじめ自社で必要な機能を洗い出しておくことが大切です。とくに、建築現場ではスケジュール管理機能のほかにも、リアルタイムでやりとりができる「メッセージ」や、各人の進捗が分かる「タスク管理」の機能が欠かせません。

(3)操作がシンプルか

最後に、ソフトの操作がシンプルかも重要です。
 
仮に、多機能なソフトを導入してしまうと、現場の従業員が正しく使いこなせず、最終的に放置される恐れがあります。また、使い方の教育にも無駄な時間がかかるので、スケジュール管理がかえって負担になりかねません。
 
したがって、「シンプルで誰でも簡単に操作できるソフト」を選定すべきなのです。たとえば、デジタルが苦手な65歳の方でもすぐに使える「Stock」であれば、建築現場にもすぐに定着します。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべき理由まとめ

ここまで、建築現場のスケジュール管理をデジタル化すべき理由や、ソフトの選定ポイントを中心に解説しました。
 
建築現場のスケジュール管理をデジタル化すれば、消耗品や印刷にかかるコストを大きく省けるうえ、情報共有もスムーズになります。さらに、一つひとつの作業時間が短縮されれば、完工の遅れ防止にもつながるのです。
 
加えて、スケジュール管理ソフトを選定するときには、自社の規模に合っているかはもちろん「必要な機能に過不足がなくシンプルか」がポイントになります。多機能なソフトでは従業員が使いこなせず、現場に浸透しない恐れがあるからです。
 
結論、建築現場のスケジュール管理を効率化するには、非IT企業の65歳のメンバーでもストレスなく使える「Stock」が最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で現場のスケジュール管理をデジタル化し、納期遅れを防ぎましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【ツール5選】建設業におけるマニュアルの意義や作成手順とは
 
関連記事: 建築業でタスク・ToDo管理をする意味とは?おすすめの管理ツールも紹介!
 
関連記事: 【建設業向け】情報を一元管理するメリットやおすすめのシステムを紹介!
 
関連記事: 【建設業必見】工事の進捗管理はなぜデジタル化すべき?ツールの選び方も解説!
 
関連記事: 建設業でオンラインストレージは使うべき?失敗例や選定ポイントも解説!
 
関連記事: 建設業の業務における課題とは?効率化の方法や事例を紹介!
 
関連記事: 建設業でグループウェアを使うメリットとは?機能や選定ポイントも紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。