業務で動画や画像などのファイルのやり取りをするなかで、容量不足のためにファイルをアップロードできずに困った経験はないでしょうか。
 
そうした状況の対応策として、ファイル転送サービスを使うことが挙げられます。
 
そこで今回の記事では、大容量ファイルを転送できるサービスをご紹介させていただきます。
 
メールに添付できないような大容量のファイル共有や、送信方法について検討されている方は、是非参考にしてみていただければと思います。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ファイル転送サービスとは

ファイル転送サービスとは、「メールへの添付では容量が大きくて送付できない」という場合や、「サーバー上での共有ができない」という場合に、インターネットを通じて相手にファイルを送るためのサービスのことを言います。
 
では、ファイル共有サービスを使うことで、どんなメリットがあるのでしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう。

ファイル転送サービスのメリットとは

ファイル転送サービスを利用することによるメリットは、大きくわけて3つあります。

①大容量のファイルの送受信が可能になる

前項で触れたように、ファイル転送サービスを利用することで、大容量のファイルの送受信を行えるようになります。
 
また、ほとんどのファイル転送サービスは、クリック&ドロップでデータの送受信が行えるため、複雑な操作を必要としません。
 
メールで分割してデータを送ったり、USBなどにデータを移して送る必要がなくなるうえ、インターネットに繋がってさえいればどこからでもファイルにアクセスすることができるため、より効率的に業務を行えるようになります。

②低コストで導入できる

自社において、ファイルを転送するシステムを開発しようと考えると、莫大な予算がかかります。また、実際に導入されるまでには時間も必要になるでしょう。
 
ファイル転送サービスを利用することで、こうした開発費用などのコストが削減できるようになります。また、登録さえすればすぐにサービスを使えるようになるため、即時の導入が可能です。

③運用コストを抑えられる

ファイル転送サービスを用いて扱われるデータは、ビジネスに関わるものなので高いセキュリティで守られる必要があります。
 
そのため、開発して終わりではなく、運用において定期的なメンテナンスが必要になります。こうしたメンテナンスを自社内で全て賄うのは負担が大きく、コストも発生します。
 
ファイル転送サービスを利用すれば、これらのメンテナンスをサービス提供会社が行ってくれるため、運用コストを抑えて利用を続けることができるようになります。

ファイル転送サービスを選ぶ時のポイント

ファイル転送サービスのメリットについて学んだところで、実際どのように選んだらいいのかを見ていきましょう。
 
ここのポイントをしっかり押さえることで、サービスの選択がより容易になります。

利用できる容量を確認する

メールなどに添付できないような大容量ファイルを送ることが目的のため、アップロードできるファイル容量を確認しましょう。
 
また、大人数で使用する場合は、全体で利用するであろう容量や使用頻度についても見ておけば安心です。
 
サービスによって、容量の上限やダウンロードできる回数が異なるため、自社で必要とされるものをしっかり考えて選ぶ必要があります。

セキュリティを確認する

前項でも触れましたが、ファイル転送サービスで利用するデータは高いセキュリティで守られる必要があるデータばかりです。
 
そのため、そのサービスではどのようなセキュリティがあるのか確認することが大切です。
 
セキュリティの確認項目としては「暗号化されているか」「特定の人しか閲覧できないように制限できるか」などが挙げられます。
 
セキュリティの判断に困ったら、サービスの導入事例を見てみましょう。
 
多くのサービスで掲載されている導入事例は、どのような企業や団体がどのように利用しているのかということが記載されているため、自社で導入する際のイメージも沸きやすくなります。

料金体制を確認する

サービスによっては、無料で利用できるものから有料のものまで、料金体系はさまざまです。そのため、自社の利用方法に一番合うプランのものを選択する必要があります。
 
例えば定額のサービスであっても、それが容量の制限内で定額なのか、利用人数の制限内で定額なのかという点を見ておくようにしましょう。
 
常に利用するものではないため、無料と有料のものではどちらの方がいいか迷う方もいるかと思います。
 
そうした場合は、そのファイルに対するセキュリティをどれだけ期待するか、という点から考えるようにしましょう。
 
無料のファイル転送サービスであるからといって、セキュリティが低いとは一概には言えませんが、無料プランのほとんどは、損失や損害に対しての補償がありません。
 
そのため万が一、事故が起こってしまった場合には、情報漏洩などで被害を被る可能性があります。
 
補償のない無料プランの利用は自己責任となってしまうため、社内で十分に検討することをおすすめします。

操作性を確認する

せっかくファイル転送サービスを導入しても、操作性が悪く使われない、となると意味がありません。あらかじめ、どのような操作性なのか確認しておくようにしましょう。
 
特に、スマートフォンやタブレットからも利用できるようなサービスであれば、それが「データのアップロードのみ可能なのか」「ファイルの送受信も行えるのか」などの点も見ておく必要があります。
 
複数の人とのやり取りが生じる場合は、そのツールを利用していない人でもデータを受信・開封できるかという点も見ておけば、データのやり取りが上手くいかなかったという事態を避けられます。
 
関連記事: 無料で使える!ビジネスでも大活躍のファイル共有サービス5選!
 
関連記事: ファイル転送サービスおすすめ9選!操作がしやすいツールを選ぼう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

大容量ファイルを転送できるサービス7選

ここでは、大容量のファイル転送が可能な、ファイル転送サービスを7つご紹介します。
 
サービスごとにさまざまな特徴がありますので、是非自社のニーズに合わせて選んでいただけると幸いです。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

GigaFile(ギガファイル)便

igaFile(ギガファイル)便のトップページ

GigaFile(ギガファイル)便は、無料かつユーザー登録なしで大容量のファイルを転送できるサービスです。

<GigaFile(ギガファイル)便のポイント>

  1. 容量200GBまで対応
    他サービスよりも圧倒的に大容量のファイルを転送することができます
  2. ユーザー登録不要
    ユーザー登録不要で使えるため、アップロードして専用URLを発行するだけで転送が可能です

<GigaFile(ギガファイル)便を使う上で気をつけたい点>

  1. 広告が多い
    アップロード画面やダウンロード画面に広告が多く、実際に操作するボタンなどが分かりにくいです
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

データ便

データ便のトップページ

データ便は、通常の転送方法の他、セキュリティが充実した「セキュリティ便」の利用もできるファイル転送サービスです。

<データ便のポイント>

  1. 高セキュリティな状態で転送できる
    ファイルを受け取るときに、送信者の確認がないと受け取れない仕組みで転送することもできます

<データ便を使う上で気をつけたい点>

  1. 会員登録しない場合は500MBまでしか送れない
    会員登録をしない場合は、500MBまでしか転送することができません
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

firestorage

firestorageのトップページ

firestorageは、登録不要、しかも無料で容量無制限で利用できるファイルストレージサービスです。

<firestorageのポイント>

  1. 登録不要、無料で容量無制限の利用ができる
    1ファイルあたりのアップロード制限はあるものの、登録不要でも容量無制限で何度でも使うことができます
  2. URLでのファイル共有が可能
    データのアップロード後に発行されるURLを相手に伝えるだけで共有ができます

<firestorageを使う上で気をつけたい点>

  1. 1ファイルの最大アップロードサイズの制限がある
    利用できる合計容量は無制限ですが、1ファイルあたりのアップロード容量には制限があります
  2. 広告が表示される
    完全無料で利用できることから、広告が表示されるようになっています
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

BitSend

BitSendのトップページ

BitSendは、会員登録不要で容量無制限でファイル転送できるサービスです。

<BitSendのポイント>

  1. 容量無制限
    会員登録不要でも容量無制限でファイル転送することができます
  2. アップロードファイル数も無制限
    同時にアップロードできるファイル数も無制限です

<BitSendを使う上で気をつけたい点>

  1. 日本語のファイル名は文字化けする可能性がある
    特にInternetExplorerを利用している場合、日本語のファイル名は文字化けすることがあります
BitSendの詳細はこちら
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ラクスルBOX

ラクスルBOXのトップページ

ラクスルBOXは、ネット印刷サービスのラクスルが提供している、最大2GBまで転送可能な無料のファイル共有サービスです。

<ラクスルBOXのポイント>

  1. 転送可能ファイル数は無制限
    2GBの容量制限がありますが、その範囲内であればファイル数に制限はありません

<ラクスルBOXを使う上で気をつけたい点>

  1. ラクスルへの会員登録が必要
    転送サービスを利用するだけでも、ネット印刷サービスのラクスルに会員登録が必要になります
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おくりん坊

おくりん坊のトップページ

おくりん坊は、会員登録なしで500MB、会員登録ありで2GBまで送信できるファイル転送サービスです。

<おくりん坊のポイント>

  1. 指定回数のダウンロードが終われば自動で削除される
    あらかじめダウンロード回数を指定しておけば、それ以降はダウンロードできず自動で対象ファイルは削除されます

<おくりん坊を使う上で気をつけたい点>

  1. 会員登録しても2GBまでしか送れない
    最大でも2GBまでしか送れないため、他のサービスと比べると容量は劣ります
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

サービスを選ぶ際には、ただ大容量のファイルをアップロードして転送するだけでなく、そのファイルをどのように管理しておくのかという点も大切です。
 
是非今回ご紹介させていただいた内容を参考に、ファイル転送サービスを選んでみていただければと思います。
 
関連記事: ファイル共有におすすめのオンラインストレージ9選を紹介!
 
関連記事: ファイル共有ソフトとは?正しく理解して仕事を効率よく進めよう!
 
関連記事: ファイル管理とは?正しく学んで作業効率を向上しよう!
 
関連記事: ファイルサーバーをクラウド化してもっと業務を効率化しよう!
 
関連記事: 仕事で使えるファイル共有サービスとは?特徴を徹底比較!
 
関連記事: ファイル共有サーバーとは?メリットからNASとの違いまでを解説!
 
関連記事: Zoomのファイル共有と画面共有の基本設定をご紹介!