非IT企業のタスク管理は、メモやWord、Excelなどで行われている場合が多いですが、どこに何を書いたのか分からなくなったり、アクセスするのが面倒で結局使われなくなったりします。
 
以上のような非効率なタスク管理をなくすために役立つツールが「Jooto(ジョートー)」です。Jootoを利用すればPCだけでなくスマホからもタスク管理できるため、現在デジタル化を進めている業界で活躍します。
 
一方で、「Jootoに関する情報が少ないので、自社で運用しても問題ないのか判断できない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Jooto(ジョートー)のできることや使い方、料金、評判などを網羅的にご紹介します。
 
  • Jootoは知っているが、具体的にどのようなツールかは分からない
  • 第三者の口コミ・評判など、Jootoが自社にマッチしているかの判断材料が欲しい
  • タスク管理に課題を抱えているが、IT企業ではないのでツール選定に困っている
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Jootoが自社にマッチするかの判断材料が手に入り、さらに非IT企業でもすぐにタスク管理を始められる方法が見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jooto(ジョートー)とは

以下では、Jootoの概要や機能、できることを詳細に解説します。自社の導入目的にマッチするかを確認しましょう。

Jootoの概要

Jootoのトップページ

引用(以下含む):Jootoの公式サイト
 
Jooto(ジョートー)は株式会社PR TIMESが展開し、有料導入社数が1,800社を超えるタスク・プロジェクト管理ツールです。
 
Jootoは、タスクの進捗をドラッグ・アンド・ドロップで簡単に変更できるカンバン方式(「Todo」「進行中」「完了」などの進捗が一目で分かる方式)を採用しており、仕事の抜け漏れを防ぐ役割を担っています。
 
また、タスクの締切日や担当者で絞り込みができる検索機能があるため、多様な用途で運用可能です。さらに、タスクの工数管理や時間管理が可能なガントチャートも標準搭載されているので、業界や業種問わずに活躍するツールになっています。

Jootoの基本機能

Jootoには多種多様な機能が搭載されていますが、使いこなすためには以下の基本機能をマスターする必要があります。
 
機能 特徴
タスク管理
タスクのステータスを管理して、抜け漏れを防ぐ機能です。
チェックリスト
タスクをさらに細分化して、サブタスクとして活用する機能です。
カテゴリー
タスクをカテゴリーごとに分類する機能です。
担当者
タスクの担当者を設定・変更する機能です。
開始・締切日時
タスクの開始と締切の日時を指定できる機能です。
ガントチャート
タスクのスケジュールを見える化する機能です。
タスクフィルター
タスクをカテゴリーと担当者で絞り込む機能です。
マイタスク
自身が担当するタスクを一覧で確認できる機能です。
フォロー
担当していないタスクでも、更新などの通知を受け取れる機能です。
コメント
タスクごとにコミュニケーションがとれる機能です。
絵文字
テキストでは伝えづらいニュアンスを表現できる機能です。
通知
タスクの開始や締切日時を知らせる機能です。
ファイル添付
タスクにWordなどのファイルを添付する機能です。
外部連携
GoogleカレンダーやSlack、Chatworkなどの外部ツールと連携できる機能です。
エクスポート
プロジェクトボードごとに、データをCSV形式で出力できる機能です。
 
以上のように、Jootoは多機能なツールであり、IT企業を中心に広く導入されています。

Jootoでできること

Jootoでできることは、主に以下の3つになります。自社でやりたいことが実現できるかを確認しましょう。

(1)タスク管理

Jootoではカンバン方式でタスク管理ができます。
 
たとえば、メンバーごとに「リスト」を作成し、タスクの進捗を「ラベル(=タグ)」で管理すれば、上司は「誰が、どのタスクにつまずいているのか」がすぐに分かります。
 
また、Jootoでは営業や採用など、職種を問わずタスク管理が可能です。
 
たとえば、営業の場合は”問い合わせ”や”商談中”、”受注”などの進捗ごとに「リスト」を作成したり、採用の場合は”書類選考”や”面接中”、”採用決定”などで「リスト」管理したりする方法があります。
 
以上のように、Jootoでカンバン方式のタスク管理をすれば、チームごとに合わせた運用ができるのです。

(2)プロジェクト管理

Jootoではガントチャートを活用したプロジェクト管理もできます。
 
タスクごとに開始と締切日時を設定すれば、視覚的にスケジュールを把握できるガントチャートが作成されるのです。そのため、ExcelやGoogle スプレッドシートで、別途ガントチャートを作成する必要はありません。
 
以上のように、Jootoはタスク管理だけでなく、ガントチャートを使った工数管理や時間管理もできるのです。

(3)外部ツール連携

Jootoを外部ツールと連携すれば、さらに便利に運用ができます。連携できる外部ツールとその機能は、以下の3つです。
 
  • Googleカレンダー
  • Jootoで設定されたタスクの日時を、Googleカレンダーへ反映できます。
  • Chatwork(チャットワーク)
  • Jooto上で作業をしたことが、Chatworkへ通知されます。
  • Slack(スラック)
  • Jooto上で作業をしたことが、Slackへ通知されます。
以上のように、現在運用しているツールとJootoを連携することで、更新内容を外部ツールへ反映したり通知を送ったりできるなど、効率的な運用が可能になります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jooto(ジョートー)の使い方

Jootoには多種多様な機能が搭載されていますが、Jootoでタスク管理をするのであれば、まずは基本的な使い方をマスターしましょう。そこで以下では、Jootoの5つの使い方を解説します。

使い方(1)|プロジェクトを作成する

はじめに、Jooto内にプロジェクトを作成します。
 
まずは、画面右上の[新規プロジェクト]をクリックし、表示される[プロジェクトを作成]を選択しましょう。

プロジェクトを作成を選択する
プロジェクトの詳細を設定する

次に、プロジェクトの詳細画面になるので、プロジェクト名やプロジェクトの画像、プロジェクトの説明を入力し、最後に[プロジェクトを作成]をクリックします。

プロジェクト作成後のメイン画面

以上の操作で、Jooto上にプロジェクトが作成され、タスク管理を始めるための準備が整いました。

使い方(2)|リストを作成する

次に、プロジェクト上にリストを作成しましょう。リストを作成することで、カンバン方式でタスク管理ができるのです。
 
まずは、画面上側に表示されている[リストを追加]をクリックします。

リストを追加を選択する
リストの詳細を設定する

リストの詳細画面になるので、リスト名を入力しリスト色を選択しましょう。

リスト作成後の画面

以上の操作で、プロジェクト上にリストが作成されました。

使い方(3)|タスクを作成する

次に、リスト上にタスクを作成しましょう。
 
まずは、リストに表示されている[タスクを追加]をクリックします。

タスクを追加を選択する
タスクの詳細を設定する

次に、任意のタスク名を入力しましょう。詳細設定からは期限や担当者、ラベル、チェックリスト、コメントなどを追加できます。

タスク作成後の画面

以上の操作で、リスト上にタスクが作成されました。

使い方(4)|タスクを複製する

定期的なタスクがある場合には、タスクを複製しましょう。Jootoには期限を繰り返す機能がないため、タスクを複製することで補完します。
 
まずは、複製したいタスクの[・・・]をクリックし、表示される[タスクを複製]を選択します。

タスクを複製を選択する

複製の詳細を設定する

次に、複製の詳細画面になるので、移動先のプロジェクトやリスト、保持する情報を設定して[複製]をクリックしましょう。

タスク複製後の画面

以上の操作で、タスクを複製して定期的な仕事にも対応できるようになりました。

使い方(5)|ガントチャートを作成する

最後に、Jootoでガントチャートを作成しましょう。ガントチャートとは、タスクのスケジュールを視覚的に把握しやすくする管理手法のひとつです。
 
まずは、画面左上にある[ガントチャート]をクリックします。

ガンチャートを選択する
タスクを選択する

ガントチャートはタスクの開始と締切日時が設定されていないと作成できないので、タスクをクリックして設定します。

タスクのスケジュールを選択する

タスクの詳細画面で[期限を設定]をクリックすると、カレンダーが表示されるの任意の日時を設定し[保存]しましょう。

ガントチャート作成後の画面

以上の操作で、タスクのスケジュールを見える化するガントチャートが作成されました。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jooto(ジョートー)の料金プラン比較表

ここではJootoの料金プランを比較します。価格帯ごとに機能やセキュリティなどが異なるため、自社に最適なプランを見極めましょう。
 
無料 スタンダード エンタープライズ
利用料金(1ライセンスあたり)
0円/月
500円/月
※10名で使いたい場合、6ライセンスの購入が必要
1,300円/月
※オンボーディング費用として、初期費用20万円
ユーザー数
4人まで
4人まで(一人追加ごとに課金)
1人〜
データ上限
1組織100MB
1ライセンスごとに5GB
1ライセンスごとに10GB
データエクスポート
過去30日分
過去1年分
無制限
行動履歴
過去30日分
過去1年分
無制限
ゲスト機能
×
IP制限
×
×
シングルサインオン
×
×
サービス品質保証
×
×
カスタマーサクセス
×
×
請求書対応
×
×
 
無料プランやスタンダードプランではカスタマーサクセスが付かない点や、セキュリティが充実しているのはエンタープライズプランのみである点などに注意しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jooto(ジョートー)の口コミ・評判

以下では、Jootoの実際のユーザーの口コミ・評判についてご紹介していきます。導入前には口コミ・評判も参考にすることが大切です。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はITreviewより引用しております。

Jooto(ジョートー)の良い口コミ・評判

はじめに、Jootoの良い口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「カンバン方式でタスク管理できるのが便利」「ガントチャートが簡単につくれる」という声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022年03月17日)
 
様々なプロジェクトが同時期に発生する販売促進やプロモーション活動を行っているチームに、各自のタスク管理と進捗を把握する良いツールです。
とくに、看板形式(ボード表示)、ガントチャートといった切り替えがすごく使いやすい。
非公開ユーザー(投稿日:2022年01月11日)
 
カンバン方式でタスク管理できるのが良いです。抜け漏れがあってはまずいタスク管理用に使用しており、誰が担当で現状どのステータスか一目瞭然です。
非公開ユーザー(投稿日:2021年09月22日)
 
かんばん方式でプロジェクトパーツをタスク管理し、上手くボードを使って部署間の連携を取ることができる。
また、ガントチャートを使ってプロジェクト全体の進捗を管理できる。
いくつのプロジェクトが走っていてその中にどれだけのタスクがあるか視覚的に把握できるので抜け漏れがなくなり、効率的にプロジェクトを進める事ができる。
非公開ユーザー(投稿日:2020年10月10日)
 
基本的にはチームメンバーでのTODOリストとして使用することを目的としたツールで、タスク、進行中、完了等にカテゴリーを分けて管理することができる。
どのタスクがまだ進行中か、完了しているかが一目でわかる。
Kurita Kazuaki(投稿日:2019年04月08日)
 
類似サービスもいくつかあるタスク管理ツール。プロジェクト管理という観点でガントチャートが簡単に作れる点が良い点。
個別に可視化したいプロジェクトや開発案件だけガントチャートを作成し使っている。

Jooto(ジョートー)の改善点に関する口コミ・評判

次に、Jootoの改善点に関する口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「年配の社員に説明するのが大変」「チャットツールと併用すると情報が分散してしまう」などの不満が寄せられています。
 
ヒタカ タケシ(投稿日:2022年03月17日)
 
コミュニケーションツール、Slack、LINEWORKS、ChatWorkなどを利用して社内でやりとしている場合、あっちにも、こっち(Jooto)にも書き込むということが発生します。
 
どっちで会話していたっけという問題は起きやすいので、その点は連携できるようにするとかで解決できるといいのかもしれません。運用ルールでなんとか、やっていますが。
非公開ユーザー(投稿日:2022年01月11日)
 
メンバーのタスク管理をしたい場合、プロジェクトをまたいで、人単位で期限が近い物や、ステータスの状況などを検索で一覧できるようにして欲しいです(ガントチャートだと分かりづらい)。
 
プロジェクトや自分のタスク管理ではなく、メンバーのタスク管理が出来るようになれば最高のツールです。あと、タグをもっとたくさん付けられると嬉しいです。
非公開ユーザー(投稿日:2021年11月16日)
 
使い方のレクチャ動画やヘルプサイトがもう少し充実していればいいかなと感じた。(マネージャーの立場の人が年配の場合、使い方を教えるところでハードルを感じた)
非公開ユーザー(投稿日:2022年03月16日)
 
繰り返し行われる定常タスクも手動でタスク作成する必要があるのが面倒に感じる時があります。
 
タスクのコピー機能があるので、それでも対応可能ですが、「毎週末」「毎月月初」などタイミングを決めて自動的にタスクがコピーされるような機能があるとより便利だと感じます。
非公開ユーザー(投稿日:2021年07月10日)
 
WEBとスマホアプリとのUIやお作法が異なるところがあり、個人的には一瞬頭を切り替える必要がある。
どの環境でも同じ使い勝手に統一してもらえるとありがたい。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【デメリット解消】 Jooto(ジョートー)の代替におすすめのアプリ

以下では、Jooto(ジョートー)の代替におすすめのアプリをご紹介します。
 
Jootoは多種多様な機能を搭載するツールである一方で、利用ユーザーからは「年配のマネージャー層に使い方を教えるのが大変」という不満の声があるため、ITに詳しくないビジネスマンが使いこなすのは難しいと言えます。
 
また、Jootoはタスク管理ツールですが、日報報告などのタスクを繰り返し設定することができません。そのため、定期的なタスクを毎回作成しなければならず面倒なうえに、抜け漏れが起こる可能性もあります。
 
以上のことからも、Jootoを検討する場合には「面倒な手間がかからないタスク管理ができ、さらにITリテラシーが低い社員もすぐに使いこなせるアプリ」と比較しましょう。
 
たとえば、100,000社以上に導入されている「Stock」であれば、定期的なタスクをわずかな操作で作成でき、非IT企業の65歳でも説明なしで使いこなせるほどシンプルなアプリなので、タスク管理に困っているチームに最適です。
 
また、Stockの「タスク」は情報が流れないように蓄積できる「ノート」に紐づいているため、情報が分散する心配がありません。さらに、Stockには「メッセージ」が備わっているので、ほかのチャットツールの運用コストを削減できます。

「タスク」と「チャット」と「ノート」が集約されたアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jooto(ジョートー)の使い方や料金、口コミまとめ

ここまで、Jootoの機能や使い方、料金プラン、実際の口コミ・評判まで網羅的にご紹介しました。
 
Jootoはカンバン方式のタスク管理や、ガントチャートでプロジェクト管理できる多機能ツールです。一方で、利用ユーザーからは「マネジメント層が直感的に使えない」「チャットツールと併用すると情報が分散する」などの声がありました。
 
JootoはSlackやChatworkと連携しても通知が集約されるだけなので、”タスク”と”メッセージ”が紐づけられません。Jootoにはタスクごとのコメント機能もありますが、確認するためにはわざわざタスク詳細を開くので面倒です。
 
そのため、いずれにせよ管理工数が増え、結果「どの情報を、どこで共有したか分からない」という状況になります。結論、Jootoを検討するチームはタスクとメッセージが社内情報に紐づけられ、ITに詳しくない社員でも使いこなせる「Stock」も検討しましょう。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」を用いて社内のタスク・プロジェクト管理を全社で効率化しましょう。