クラウド型日報サービスは、うまく導入することができれば、業務の効率化が期待できます。
しかし現在では数多くのサービスがリリースされており、どれを選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか?
 
今回は、おすすめのクラウド日報サービス9つと、導入時の注意点、選定のポイントを解説します。
導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。
 
関連記事: 【最新版】有料・無料のおすすめ日報アプリ・ツールランキングTOP3!

<この記事で最もおすすめのツール「Stock」とは?>
「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい」というお悩みはありませんか?
Stockは、「チームの情報を最も簡単に残せるツール」です。

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。

https://www.stock-app.info/

クラウド型日報サービスとは

クラウド型日報サービスは、オンライン上で日報機能を使用できるサービスです。
ソフトウェアを導入しなくても希望するサービスを受けることができるため、導入コストを抑えられるという特徴があります。
 
通常の日報との違い
オンライン上でいつでもどこでも利用可能
メンテナンス不要
維持管理の負担が少ない
 
また、初期費用が安く済むのも、クラウド型日報サービスの強みです。
サーバー設置やソフトウェア導入といったものが必要なく、ハードウェアやセキュリティ対策といった運用についても、サービス提供会社が行うため、メンテナンスの手間もかかりません。
 
関連記事: 【テンプレート付き】日報に書くべき内容5選!種類に合わせた文章例も解説!


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

クラウド上で日報を管理する4つのメリット

日報を共有しやすくする

クラウド型日報サービスでは、オンライン上でメンバーと簡単に日報を共有することができます。
日報の共有がすぐに行えることで、「業務の可視化」や「情報共有の促進」などが期待でき、結果として業務効率化につながります。

重複入力の削減

手書きで日報を作成している場合、集計が必要になると提出後に別のシステムへ入力する手間がかかります。
クラウド型日報サービスであれば、このような手間は必要ありません。
過去に入力されたデータをそのまま活用するため、重複入力を無くすことができます。

情報を蓄積することができる

入力された日報は全てシステムに蓄積されていくので、そのままデータベースとして活かすことも可能です。
例えば営業職の場合、全メンバーの日報を集計することで顧客との商談記録としても活用できるでしょう。このように情報を蓄積していくことで、後からより有意義な活用をすることもできます。

過去の日報をすぐに探し出せる

紙やExcelファイルで日報を提出している場合、どこに必要な情報があるかを探し出すのに手間がかかるものです。
クラウド日報サービスでは検索機能も備えていることが多く、過去の日報に記載された情報であっても「担当者名」「日付」「本文の内容」などからすぐに必要な情報を探し当てることができます。
 
関連記事: 業務日報は無駄で意味がない?メリット・デメリットや必要性も解説


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

クラウド型日報サービスを導入する時の注意点3つ

チームメンバーはITに強いか

ツールを導入する前に、チームのITリテラシーについてもよく考えておきましょう。多機能なものを導入すれば、その分サービスの理解に多大な労力がかかります。
メンバーのITリテラシーにそぐわないサービスだと、そのまま活用される機会が減り、せっかく導入したのに全く意味のないものになってしまいかねません。
もしITに強くないメンバーが多いのであれば、よりシンプルで使いやすいサービスを検討してみましょう。

簡単に日報を提出できるか

日報を提出するための労力が少なければ利便性も上がり、メンバー間でサービスが活発に使用される可能性も高くなります。
例えば、「スマホからでも提出が可能」「既存のコミュニケーションツールと連携可能」といった機能があれば、導入後もすぐにストレスなく日報作成ができ、フィードバックや社内コミュニケーションも活発になるでしょう。

目的に沿っているか

「日報でコミュニケーションを促したい」「情報共有がしたい」など、クラウド型日報サービスを導入する目的はチームによっても異なります。
クラウド型日報サービスを導入する前に「チームがなぜ日報を書くのか」を考え、そこから逆算してサービスの選定を始めましょう。
 
関連記事: 業務日報の書き方を例文付きで紹介!上司に評価されるコツとは?


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

無料でも使える!クラウド型日報サービスのおすすめ9選

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 

未来日報

未来日報のトップページ

「未来日報」は、日報機能に特化したクラウド型サービスです。
スケジューラーやリマインド機能も備えており、日報による業務の振り返りだけでなく、その後のアクションにも焦点を絞っているのが特徴です。

<未来日報のポイント>

  1. 顧客情報管理ができる
    アクションごとに顧客情報を日報で報告することで、自動的に詳細な顧客データベースを作成することができます。
  2. リマインド機能で次のアクションを管理できる
    日報作成の際に次の予定を入力することで、顧客への継続フォローをリマインドしてくれます。営業促進だけでなく、既存顧客へのフォローのし忘れといったケアレスミスの軽減にもつながるでしょう。

<未来日報を使う上で気を付けておきたい点>

  1. 日報作成業務がより煩雑化になることも
    スケジューラーやリマインドを使用するには次のスケジュールを入力しておく必要があるため、日報作成業務自体が以前よりも煩雑化する可能性も考えられます。
  2. 画像やファイルの添付はできない
    画像やファイルを添付する機能は未来日報に備わっていません。こうした機能を使用したい場合は別のサービスを検討する必要があります。

<未来日記の料金>

未来日報にはチームの人数にあわせて3つの料金プランがあります。
1~20人であれば6,600円/月、21~50人であれば15,400円/月、51人~100人規模での使用には28,600円/月の料金が必要です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ZENOクラウド日報

ZENOクラウド日報のトップページ

「ZENOクラウド日報」は、日報に特化したクラウドサービスです。
日報の提出や検索などの基本的な機能だけでなく、SNS機能も搭載されています。
社内コミュニケーションを活性化する機能が実装されているのも特徴です。

<ZENOクラウド日報のポイント>

  1. SNS機能を搭載
    日報に対してコメントや「いいね」を送ることもでき、メンバー間のモチベーションアップやコミュニケーション活性化が期待できます。
  2. 部署別、職種別でのテンプレート機能
    提出する日報のテンプレートを部署別、職種別に作成することができます。クラウド型日報サービスを一つのチームだけでなく、部署や職種をまたいで使用したい場合にも便利です。

<ZENOクラウド日報を使う上で気を付けておきたい点>

  1. コメント機能が既存のツールと重複する可能性もある
    日報に対してのコメントを残すことができるSNS機能ですが、既にコミュニケーションツールがある場合は利用用途が重複する可能性もあります。どちらかが使われなくならないように、運用の仕方に注意しましょう。
  2. 大規模でも小規模でも1ユーザーあたりの料金は変わらない
    規模や容量によって料金プランが決まるわけではなく、一律の料金設定になっています。そのため、大規模チームであれば他のサービスのほうが料金を抑えられることもあります。

<ZENOクラウド日報の料金>

ZENOクラウド日報は、使用するユーザー数で料金が変わる従量課金制です。
1ユーザーにつき、500円/月の料金がかかります。ユーザー人数が増えても料金に違いはありません。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

IEYASUクラウド日報

IEYASUクラウド日報のトップページ

「IEYASUクラウド日報」は、IEYASU株式会社が提供するクラウドサービスの一つです。
日報以外にも、勤怠管理や給与明細、契約・請求管理のクラウドサービスを提供しています。

<IEYASUクラウド日報のポイント>

  1. 業務作業時間を管理できる
    業務だけでなく、取引先やプロジェクトといった単位でも稼働時間を登録します。そのため、より詳細に業務作業時間を集計可能です。勤怠データとも連動しているため、日報と実際の稼働時間の間に誤差が生まれてしまうことも回避できます。
  2. 稼働量の可視化
    レポート機能では社員の稼働量を可視化できます。またプロジェクトごとに日報報告をすることもできるため、どのプロジェクトにどのくらいのリソースが割かれているか把握するのにも役立つでしょう。

<IEYASUクラウド日報を使う上で気を付けておきたい点>

  1. 取引先やプロジェクトごとに集計はできない
    社員に紐づいて集計するため、取引先やプロジェクトなどでデータを集計することができません。こうした集計もしていきたい場合は、他のサービスを検討する必要があります。
  2. 業務時間は15分単位での設定ができない
    業務時間を設定する場合は、5分単位のプルダウンで登録を行います。15分単位に設定するなど、より日報登録を簡素化したい場合には他の手段で対応する必要があります。

<IEYASUクラウド日報の料金>

業務内容や稼働時間を記入し報告する基本的な日報機能は無料で使用できます。
しかし、プロジェクトの収支を集計し可視化するレポート機能を利用する場合は、有料版に切り替える必要があります。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

業務管理システム日報くん

業務管理システム日報くんのトップページ

「業務管理システム日報くん」は、日報提出の手間を最小限に抑えることを目標にしたクラウド型日報サービスです。
テレワークを意識した機能も多数あるのが特徴の一つで、より詳細に社員一人ひとりの業務状況を把握する機能が実装されています。

<業務管理システム日報くんのポイント>

  1. テレワーク中の稼働時間を集計
    作業開始・休憩・再開・終了を登録することで、テレワーク中の稼働状況を把握できます。またテレワーク中の社員と出社している社員でステータスを切り替えることができるため、就業状況の把握に役立ちます。
  2. 作業履歴の詳細内容を見られる
    システム上に作業履歴が残るため、一日の業務の流れをさかのぼって確認できます。また、作業報告書を作成しダウンロードできるため、顧客への提出にも使用できます。

<業務管理システム日報くんを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 業務時間中ずっと使用する必要がある
    作業開始・休憩・再開・終了のタイミングで常に操作が必要なため、正確にデータを取るにはメンバーがこのサービスを一日中使用する必要があります。そのため、そもそもの業務が煩雑化してしまうことも考えられるでしょう。
  2. マイクロマネジメントが合わない社風では定着しない可能性も
    「社員一人ひとりがどのように業務を行っているか」をより詳細に取得するサービスのため、マイクロマネジメントを行う場合には適しているでしょう。しかし社風としてマイクロマネジメントを行わない場合は、このシステム自体が形骸化してしまう可能性もあります。

<業務管理システム日報くんの料金>

「業務改善システム日報くん」には、人数に応じてS・M・Lそれぞれ3つの料金プランが存在します。
60人までの使用にはSプランが適用され、2,500円/月で使用可能です。61人から100人までは4,000円/月、101人~200人ではMプランの8,000円/月が必要です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

クラウド日報Nipo

クラウド日報Nipoのトップページ

「クラウド日報Nipo」は、PC初心者向けのクラウド型日報サービスです。
日報の基本的な機能が網羅されていて、無料ですぐに始めることができます。

<クラウド日報Nipoのポイント>

  1. 日報のテンプレートが用意されている
    既に日報のテンプレートが用意されているため、すぐにでも使用可能です。また、テンプレートは使用場面に応じてカスタマイズすることもできます。
  2. 選択肢やチェックシートの項目を自由に設定可能
    日報テンプレートの中に、選択肢やチェックボックス、署名などをカスタマイズすることもできます。有料版では「手書きメモ」や「入力必須項目の設定」といった機能も存在します。

<クラウド日報Nipoを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 50人までの制限あり
    1グループの中に50人以上は所属できません。50人を超えてしまう場合は、さらに別のグループを作る必要があります。有料プランの人数制限が50人であるため、1グループでそれ以上の人数に増やして日報を共有したい場合は別のアプリを検討する必要があります。
  2. 3ヵ月以上前のデータを検索する場合は別途費用が必要
    有料プランでは全文検索を使用できますが、3ヵ月以上前にさかのぼることはできません。それ以上前の日報も全文検索で探したい場合には別途料金を支払う必要があります。

<クラウド日報Nipoの料金>

基本的な日報機能は無料で使用できます。
全体の集計グラフや検索機能など、全ての機能を開放する場合はGOLD PLANにする必要があり、1ユーザーにつき500円/月から利用可能です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

GRIDY

GRIDYのトップページ

クラウド統合型ビジネスアプリケーションである「GRIDY」は、23の機能を搭載したグループウェアの一つです。
その内の一つであるレポート機能が日報に対応しています。

<GRIDYのポイント>

  1. 日報以外にも多様な機能
    GRIDYは日報機能だけでなく、タイムカードや備品管理、メール機能など社内で必要なアプリケーションが多く実装されています。
  2. 社外との連携機能も
    社外のGRIDYを使用する企業とも連携することができます。そのため、必要に応じて企業の枠を飛び越えて情報共有することもできます。

<GRIDYを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 多機能なため使いこなせないことも
    多くの機能が実装されているからこそ、非IT系の方には使用が難しいと感じられるかもしれません。日報機能を使用する場合のワークフローをしっかりと周知する必要があるでしょう。
  2. 無料版ではスマホアプリの利用はできない
    無料版ではスマホアプリが使用できないため、いつでもどこでも日報を作成するというのは難しいかもしれません。もしスマホからも日報を作成したりFBを行ったりしたい場合、有料版もしくは別のサービスを検討する必要があります。

<GRIDYの料金>

GRIDYを有料にする場合には、3つの料金プランから選択します。
それぞれ6,000円/月、50,000円/月、80,000円/月に分かれており、それぞれデータ容量や利用できる機能が異なります。
セキュリティ強化のためにIPアドレス接続による接続制限サービスをする場合には別途料金が発生します。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Group Session by Cloud

Group Session by Cloudのトップページ

「Group Session by Cloud」は、20種類以上の機能を使用できるグループウェアサービスで、日報機能も使用することができます。
無料版、クラウド型、エンタープライズの3タイプに分かれており、「Group Session by Cloud」がクラウド型日報サービスに該当します。

<Group Session by Cloudのポイント>

  1. 日報以外にも20種類以上の機能を搭載
    日報機能以外にも、WEBメールや回覧板、安否確認といった多くの機能が実装されています。また、スケジュールやTODOリスト機能から日報へデータを取り込むなど、機能同士の連携も可能です。
  2. クラウド型サービス以外も選択可能
    クラウド型でなく、ソフトウェアをダウンロードすることも可能です。クラウド型への移行には費用がかからないため、お試しとしてはまずこちらを使用することも可能です。

<Group Session by Cloudを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 完全無料版はクラウド型ではない
    完全無料の「Group Session」はクラウド型ではないので注意しましょう。クラウド型のby Cloudには無料版がなく、スマートプランを契約する必要があります。
  2. 無料版とby Cloudの併用は難しい
    無料版とby Cloudの併用は可能ですが、データの同期が行われないため使いにくくなってしまいます。そのため無料版を使っている途中でby Cloudに切り替える場合はデータ移行を行いましょう。

<Group Session by Cloudの料金>

1ユーザーあたり300円で計算し、年間契約するのが最も基本的な料金プランです。
さらに機能を本格的に使用していく場合は、機能制限が解除されるプレミアムプラン、大規模なチームにも対応する専用サーバープランの2種類があり、それぞれユーザー数やサーバーのスペックによって料金が変動します。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ワンズ営業日報

ワンズ営業日報のトップページ

営業職の使用を想定したクラウド型日報サービスです。
基本的な日報機能に加え、基本的なSFA機能も実装されています。

<ワンズ営業日報のポイント>

  1. Excelとの連携ができる
    Excelと連携できるため、使い慣れたフォーマットをそのまま使用可能です。また、日報のフォーマットをカスタマイズできるので、自社で使っている形式をすぐに再現できます。
  2. 営業職に特化した機能が多数
    営業職が使用することを想定しているため、商談履歴や次回予定の作成、訪問計画といったSFA機能が豊富に実装されています。

<ワンズ営業日報を使う上で気を付けておきたい点>

  1. 日報以外の機能が豊富なのでツール理解に注力する必要がある
    日報以外にも多くの機能があるため、サービスの理解や周知は丁寧に行う必要があるでしょう。社内で活用するにはしっかりとワークフローを組む必要があります。
  2. 日報機能だけしか使わない場合は他社サービスと比較すると料金は高め
    多くの機能の内の一つが日報機能です。そのため、機能を特化させた他のクラウド型日報サービスに比べると料金設定が高い印象を受けるかもしれません。もし日報しか使用しない場合は、費用対効果が見合うかどうかよく検討してみましょう。

<ワンズ営業日報の料金>

デモサイトで1ヶ月間の無料お試しがあり、それ以降は1ユーザーにつき3,600円/月から利用可能です。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

まとめ

クラウド型日報サービスを導入するメリットは多く、業務効率化にも有効です。
しかし自分の職場に最適なサービスを選ばず、活用されずに終わってしまっては本末転倒です。
 
もしクラウド型日報サービスを検討されているなら、まずはITに抵抗がある方でも使い続けられるようなサービスを探してみるのがおすすめです。
 
「Stock」は非IT向けの方にも使えるように設計された情報共有ツールです。興味のある方はぜひ一度導入を検討してみてください。

 

 
関連記事: 「日報」とは?意味やメリット、書き方のポイントなどを徹底解説!
 
関連記事: 社内報とは?目的と読まれるコンテンツを知って活用しよう!
 
関連記事: 社内報を活用して、情報共有を活発にしよう!