業務のデジタル化が一般的になっている今日では、情報の蓄積・共有が一か所でできる「グループウェア」が注目されています。たとえば、代表的なグループウェアに「GRIDY(グリッディ)」があり、無料から使えるのが特徴です。
 
なかには、グループウェアとしてGRIDYを検討しているものの、詳細が分からず導入に悩む方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、GRIDYのログイン方法や料金、評判を網羅的に解説します。
 
という方はこの記事を参考にすると、GRIDYの概要が詳しく分かるほか、自社に合ったグループウェアかを判断できます。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)とは

ここでは、GRIDYの概要を解説します。他のグループウェアとの違いや機能の詳細を知りたい方は必見です。

GRIDY(グリッディ)と「knowledge suite」の違い

GRIDYのトップ画像
 
 
GRIDYとは、23種類の機能が完全無料で使えるグループウェアで、ユーザー数も無制限で登録できる点がほかのグループウェアと異なります。
 
また、GRIDYは、ブルーテック株式会社が展開している総合アプリケーション「knowledge suite(ナレッジスイート)」に搭載されているアプリの1つです。これらのツールの違いには以下の点が挙げられます。
 
GRIDY knowledge suite
価格
無料
有料
SFAやCRMの機能
×
専用スマホアプリ
×
 
Knowledge Suiteは、GRIDYに顧客管理CRMと営業活動を可視化するSFAが連携された、統合ビジネスアプリです。したがって、「営業活動を支援する機能はなくてもいいが、気軽にグループウェアを使いたい」という場合には、GRIDYの利用が適しています。
 

GRIDY(グリッディ)の機能

以下では、GRIDYの主な機能を一覧でご紹介します。自社に必要な機能があるか確認しましょう。
 
 
機能 特徴
スケジュール
個人・メンバーのスケジュールを確かめられます。
設備予約
設備の利用状況を確認・登録できます。
部署・グループ
社内外問わずメンバーを招待し、情報共有ができます。
プロジェクト管理
プロジェクトごとにタスク登録や進捗を確認できます。
トピック
グループ内での「報告・連絡・相談」をスムーズにします。
メール
個人のアドレスをそのまま使えるWebブラウザメールです。
アドレス帳
登録されたメンバーの連絡先を一覧で把握できます。
メッセージ
チャットツールのように気軽なコミュニケーションができます。
タイムカード
勤怠状況を管理できます。
ワークフロー
社内書類の申請・承認フローが簡略化します。
備品管理
社内で扱う備品の在庫を管理できます。
GRIDYにはチームで情報を共有・管理する機能が豊富に備わっています。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)の使い方

以下では、GRIDY(グリッディ)の使い方を解説します。ログイン方法とワークフロー機能の使い方を解説しているため、導入を考えている方は必見です。

GRIDY(グリッディ)のログイン方法

GRIDYへログインする手順は以下の通りです。
 
 
  1. 基本情報を登録する
  2. GRIDY新規登録フォームから、ユーザーの基本情報を登録します。
     
  3. IDとパスワードを受信する
  4. 登録したメールアドレスでIDとパスワードを受信します。
     
  5. Webブラウザからログインする
  6. Webブラウザのログイン画面に、IDとパスワードを入力して「ログインボタン」を押します。
 
以上のように、GRIDYはサーバーの設置などをすることなく、登録から導入までが短時間でできるのです。

GRIDY(グリッディ)のワークフロー機能の使い方

ワークフロー機能を使うと、従来書類によって行っていた申請書の承認や決済を電子化でき、業務効率を向上できます。申請書を新規作成する方法は以下となります。
 
 
  1. [ワークフロー]アイコンをクリックし、ワークフロー画面を表示する。
  2.  
  3. [新規申請]をクリックして、申請する申請フォームを選ぶ。
  4.  
  5. 申請する内容を入力し必要書類を添付して、[内容確認し、経路を設定する]をクリックする。
  6.  
  7. 確認して[経路を確定し、内容確認する]をクリックする。
  8.  
  9. 内容の確認画面が表示されるので、確認のうえ、[内容を確定し、申請する]をクリックする。
 


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)の料金プラン一覧

GRIDYの料金体系は以下の通りです。
 
 
無料版 有料版
料金
0円
詳細は要問い合わせ
スマホアプリ
×
サポート
×
このように、無料版ではマルチデバイス対応でなかったり、サポートを受けられなかったりするため、場合によっては有料版も検討しましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)の口コミ・評判

以下では、GRIDYを実際に導入したユーザーの口コミ・評判や声をご紹介します。ユーザーの声をもとに、自社への導入可否を判断しましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判は、すべてITトレンドより引用しています。

GRIDY(グリッディ)の良い口コミ・評判

GRIDYの良い口コミ・評判は以下の通りです。
 
非公開のユーザー、投稿日:2023/09/14
 
スケジュールやTo-Doの入力がPCでも携帯でも簡単にできます。タブを切り替えるだけで「メール」と「メッセージ」との併用もできるので、仕事上ますます欠かせないツールになっています。
非公開のユーザー、投稿日:2023/05/04
 
会社内で情報共有したいことを書き込めば速やかに共有ができるのが非常に便利だし、既読未読の表示があるのでメッセージを見逃すことがないです。また、スケジュールも共有できて良いです。
非公開のユーザー、投稿日:2022/09/19
 
入社後、スケジュール管理ツールとしてずっと使用しています。逆にあまり他のソフトを使用したことがないので対比が難しいですが、使用しやすいと思います。
このように、ユーザーからは「スケジュール共有やメールなど便利な機能を使える」「会社内の情報共有に便利」との声が挙がっています。

GRIDY(グリッディ)の改善点に関する口コミ・評判

GRIDYの改善点に関する口コミ・評判は以下の通りです。
 
非公開のユーザー、投稿日:2023/09/14
 
最近市内の「トピック」にテスト用Androidアプリが掲載されましたが、まだ使用できるようにはなっていないようです。早くアプリが使えるようになり、携帯電話でもGRIDYでデータをダウンロードできるようになってほしいです。
非公開のユーザー、投稿日:2022/10/10
 
メールもメッセージも、端末があればどこにいても閲覧可能です。それでも、例えばPDFファイル等の添付されたデータを開きたいとき、パソコンなら開けますが、携帯電話では開けません。携帯電話でも開けるようにしていただけるとありがたいです。
非公開のユーザー、投稿日:2022/09/19
 
メッセージを送信する際、送信相手先をグループ化して、1度に複数人宛てに同時送信できるようにして欲しい。
このように、ユーザーからは「メッセージの一斉送信ができない」や「スマホで使いにくい」との声が寄せられています。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)における2つの注意点

ここでは、GRIDYにおける2つの注意点を解説します。以下の内容を押さえなければ、導入後に「思うように使えなかった」となる恐れがあります。

(1)無料版では制限が大きい

はじめに、GRIDYは無料版の制限が大きいことが挙げられます。
 
無料版はユーザー数無制限で使える一方、スマホアプリに対応していなかったり、セキュリティサポートを受けられなかったりする制限があります。また、利用できるストレージ容量も1GBまでとなっているのです。
 
このように、無料版では容量や機能、サポートが制限されることから、場合によっては「使いづらい」と感じる恐れもあります。

(2)すべての機能を使いこなすのは難しい

次に、すべての機能を使いこなすのが難しい点にも注意です。
 
GRIDYは無料から23の機能を使えるほか、有料版ではCRMやSFA、豊富なセキュリティ機能を利用できます。一方、多機能ゆえに、すべての操作を覚えるのに苦労する恐れもあります。
 
したがって、必要な機能に過不足のないシンプルな情報共有ツールを導入するのがおすすめです。たとえば、メールを使いこなせる方ならば誰でも使えるほどシンプルな「ナレカン」であれば、社員全員が全ての機能を使いこなせます。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【必見】GRIDYよりも簡単に社内の情報を管理できるツール

以下では、GRIDYよりも簡単に社内の情報を管理できるツールをご紹介します。
 
GRIDYは、無料で23種類の機能を使える一方、すべての機能を使いこなすのは難しいです。また、無料版では個別のサポートを受けられないため、操作や運用が上手くいかないときに業務が停滞してしまいます。
 
したがって、とくに社員数の多い大企業ではITの知識にばらつきがあるため、「充実したサポートと、シンプルな操作性を両立した情報共有ツール」を導入しましょう。シンプルなツールならば、ITが苦手な社員がいてもストレスなく操作できスムーズに浸透します。
 
結論、GRIDYの代替として導入すべきなのは、必要な機能に過不足がなくシンプルで、ユーザーサポートの手厚い「ナレカン」一択です。
 
ナレカンの「記事」にはあらゆる情報を残せるほか、記事ごとに「コメント」を紐づけられるので、話題が一切入り乱れません。さらに、専属の担当者による運用ルールの設計や問い合わせ対応など、初期導入支援が圧倒的に手厚いのが特徴です。

シンプルな操作感と充実したサポートを両立した情報共有ツール「ナレカン」

ナレカンのトップページ
 
「ナレカン」|社内のナレッジに即アクセスできるツール

https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

「ナレカン」は、社内のナレッジに、即アクセスできるツールです。
「社内のあらゆる場所からナレッジが一元化」され、しかも、そのナレッジを「超高精度検索」できます。
 
自身の頭の中にあるナレッジを残すときは「記事」を作成でき、誰かにナレッジを尋ねたいときは、知恵袋のような感覚で「質問」することが可能です。また、ファイルを添付するだけで、AIが貴社のファイルの中身を全自動で、続々とナレッジ化していきます。
 
また、ナレカンを使えば、欲しい情報が即見つかります。
Google検索のように使える「キーワード検索」や生成AIを活用した「自然言語検索」によって、メンバーの検索スキルに依存することなく、誰でも簡単に情報を探し出せます。
 
更に、「初期導入支援サポート」と「ご利用中サポート」もあり、支援も充実しています。「すぐに使える状態にセットアップ」「月に1度のオンラインミーティング」など、実際に、社内のナレッジが動き出す仕組みを整えます。

<ナレカンをおすすめするポイント>

  1. 【ナレッジの一元化】 ナレッジ管理に特化した、これ以上なくシンプルなツール。
    記事形式で書ける「社内版wiki機能」、質問形式で聞き出せる「社内版知恵袋」、メールやチャット内のやりとりは「転送機能」を使って、ナレッジを残していくだけなので、誰でも迷わず使えます。
  2. 【超高精度な検索機能】 誰もが簡単に欲しい情報を見つけられる検索性。
    「複数キーワード検索」「添付ファイル内検索」「ゆらぎ検索」など、思い通りの検索が可能です。
  3. 【サポート】 圧倒的なクオリティの「初期導入支援」と「ご利用中」サポート。
    初期導入支援だけでなく、ナレカンが定着するように、ご利用中も最大限サポートするので、貴社担当者様のお手を煩わせません。

<ナレカンの料金>

ナレカンの料金プラン

  • ビジネスプラン:標準的な機能でナレカンを導入したい企業様
  • エンタープライズプラン:管理・セキュリティを強化して導入したい企業様
  • プレミアムプラン:「AI自然言語検索」も含めて導入したい企業様

各プランの詳細や金額は、下記「ナレカン資料の無料ダウンロード」ボタンより、資料をダウンロードしてご確認ください。

ナレカン資料の無料ダウンロード


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

GRIDY(グリッディ)のログイン方法や料金・評判まとめ

ここまで、GRIDYのログイン方法や料金、評判まで網羅的に解説しました。
 
GRIDYは、公式サイトから基本情報を登録後、受信したIDとパスワードを入力すればログインできます。また、ユーザー数無制限ながら無料で使えたり、有料版であればさらに用途を広げられたりすることも特徴です。
 
一方、多機能ゆえに上手く使いこなせない恐れがあるほか、無料版ではサポートも受けられません。そこで、GRIDYの課題を解消するには「充実したサポートと、シンプルな操作性を兼ね備えた情報共有ツール」が必須になります。
 
結論、シンプルな機能と操作感を備えつつ、ユーザーサポートが手厚い「ナレカン」が最適なのです。さらに、ナレカンは必ず貴社専属の担当者がつくので、疑問点もすぐに解消されます。
 
ぜひ「ナレカン」を導入し、情報管理を効率化しましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html
 
関連記事: J-MOTTO(ジェイモット)とは?使い方や評判・料金まで紹介
 
関連記事: クロジカ(旧Aipo)とは?使い方や評判・料金まで紹介
 
関連記事: 【初心者向け】サイボウズOfficeの使い方や機能、口コミを紹介!
 
関連記事: Garoon(ガルーン)とは?使い方や評判・サイボウズOfficeとの違いを紹介
 
関連記事: 【必見】R-GROUP(アールグループ)とは?機能や評判・料金まで紹介
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。