企業のDX化が求められる昨今、企業競争力の向上や、リモートワーク・在宅勤務などによって多様化した働き方に対応するため、社内全体の「クラウド化」を行う企業が増加傾向にあります。
 
一方で、社内のクラウド化を行い業務負担の削減を行いたいが、クラウドの概要や種類がわからず、どれを導入すれば良いのかわからないと悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、クラウド、クラウドサービスの基礎知識から、利用するメリット・デメリットを中心にご紹介します。
 
  • 社内の情報管理や業務形態がアナログなので、クラウドで一新したい
  • 「SaaS」「PaaS」「Iaas・HaaS」など、クラウドの種類について詳しく知りたい
  • 自社の業務を効率化できるクラウドサービスを探している
という方はこの記事を参考にすると、クラウドやクラウドサービスについて理解でき、自社に最適なクラウドサービスを選定できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドとは?

クラウド(正式名称クラウド・コンピューティング)とは、ソフトウェアやサーバー、ストレージを持っていなくても、インターネットを通じてデータベースやストレージ、アプリケーションなどのサービスを利用できる仕組みです。
 
従来、パソコンでメールなどのサービスを利用するには、ハードウェアの購入やソフトウェアのインストールが必要な「オンプレミス型」が主流でした。しかし、クラウドの出現によって、インターネット上で提供されているサーバーやソフトウェアを利用する「クラウド型」のサービスが生まれたのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、クラウド上で提供されている、ハードウェアの購入やソフトウェアのインストールが必要ないサービスを指します。
 
サービスには、Gmail、hotmailなどのWebメールやTwitter、InstagramなどのSNSなどがあります。たとえば、Webメールでは、アドレスやメールのデータなどがすべてインターネット上で保存され、送受信もインターネット上のアプリを経由して行われます。
 
また、利用料金はオンプレミスのように買い切る体系ではなく、月額で決まっている体系や使った分だけ費用を支払う体系が多いです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドサービスの種類

クラウドサービスには大きく分けて「SaaS」、「PaaS」、「Iaas・HaaS」と、3つの種類があり総称して「XaaS」と呼ばれます。以下では、3つのクラウドサービスの種類について解説していきます。

「SaaS」「PaaS」「Iaas・HaaS」とは

SaaS

「SaaS」とは”Software as a Service”の略で、「サース」と呼びます。SaaSは、ソフトウェアをネットワーク上で提供するサービスを指します。
 
ソフトウェアの各種設定ができ、多くの場合Webブラウザ経由で利用します。また、複数人が同時にどんな端末からでも、時間や場所を問わずアクセスできます。

PaaS

「PaaS」とは”Platform as a Service”の略で、「パースまたはパーズ」と呼びます。PaaSは、ソフトウェアを動かすためのプラットフォーム(ハードウェアやOSなど)をインターネット上で提供するサービスを指し、エンジニアやシステム開発者などの利用が多いです。
 
一般的にパソコンやタブレットにはハードウェアやOSなど、アプリケーションやソフトウェアを動かすプラットフォームが搭載されています。一方、PaaSのようなインターネット経由のプラットフォームを利用すると、コストの削減やメンテナンスの必要がなくなるのです。

IaaS・HaaS

「IaaS」とは”Infrastructure as a Service”の略で、「イアースまたはアイアス」、「HaaS」とは”Hardware as a Service”の略で、「ハース」と呼びます。IaaSの昔の呼び名がHaaSで、現在ではHaaSという表現は少なくなってきています。
 
IaaS・HaaSは、サーバー(ネットワーキング機能)や記憶装置、ハードウェアなどパソコンのインフラ機能を提供するサービスを指します。必要なサーバーやハードウェアなどのスペックを自由に選べるので、柔軟な運用が可能になります。また、開発エンジニアやインフラエンジニアの利用がほとんどです。

「SaaS」「PaaS」「IaaS・HaaS」の違い

「SaaS」「PaaS」「IaaS・HaaS」の3つには、「データ」「アプリケーション」「ミドルウェア」「OS」「サーバーなど」の5つの項目において、利用者側が管理できるものと提供者側が管理できるものに違いがあります。
 

「SaaS」「PaaS」「IaaS・HaaS」の違いの表

上記表の、背景青は利用者側が管理できず「提供者側からの管理」のみとなります。また、背景赤は「利用者側からの管理」が可能です。
 
オンプレミス型やIaaS・HaaSは利用者側の管理できる領域が多いので、カスタマイズ性の自由度が高いです。しかし、メンテナンスやサーバー構築などを自社で行わなければならないため手間と時間が必要になります。
 
また、SaaSやPaaSはカスタマイズ性がなく決まった使い方しかできませんが、インストール不要なので環境構築のコストやシステム管理にかかる手間を削減できます。

「SaaS」「PaaS」「Iaas・HaaS」の例

以下では、「SaaS」「PaaS」「Iaas・HaaS」の代表的なサービス例をご紹介します。

「SaaS」の例

Saasの代表例には、「総合クラウドサービス」、「クラウドメール」、「オンラインストレージ」などが挙げられます。
 
  • 総合クラウドサービス
  • 総合クラウドサービスは、アカウントをひとつ作るだけで複数のクラウドサービスを利用できるサービスです。複数のアカウントを管理する必要性がなく、初心者でも簡単に使い始められます。また、主な総合クラウドサービスとして、GoogleやiCloud、Microsoft 365などが利用されています。
     
  • クラウドメール
  • 「クラウドメール」は、インターネット環境であれば、どこからでも送受信ができるメールサービスを指します。従来の方法では、サーバーやネットワークに、メールソフトウェアを導入し運用する必要がありましたが、クラウドメールであれば、ユーザー登録をするだけで利用できます。また、主なサービスとして、Gmail、iCloudメール、Outlook、Yahoo!メールなどが挙げられます。
     
  • オンラインストレージ
  • 「オンラインストレージ」は、インターネット上にデータを保存・管理できるサービスを指し、「クラウドストレージ」と呼ばれる場合もあります。
     
    従来、データは外付けHDDやUSBメモリに保管していましたが、オンラインストレージでは機器の持ち運びの必要がなく、どこからでもデータにアクセスできます。また、主なサービスは、Googleドライブ、iCloud、Dropbox、OneDrive、boxなどが代表的です。

「PaaS」の例

「PaaS」の代表例には、「コンピューティングサービス」や「データベースサービス」などが挙げられます。
 
「コンピューティングサービス」とは、ネットワークを利用してコンピュータの資源を提供するサービス、「データベースサービス」とは、クラウド上でデータを共有・保存できるストレージサービスです。主なサービスに、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureなどがあります。

「Iaas・HaaS」の例

「Iaas・HaaS」は、「自社専用のネットワーク」を構築できるサービスです。そのため、主なサービスは、Amazon Web Services(AWS)の一部であるAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)や、Google Cloud Platform(GCP)の一部であるGoogle Compute Engine(GCE)、Microsoft Azureの一部である「Azure IaaS」などが利用されています。
 
関連記事: SaaSとは何か?クラウドとの違いやPaaS・IaaSとの違いを解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウド環境の種類

クラウドサービスが展開される環境は大きく「パブリッククラウド」「プライベートプラウド」「ハイブリッドクラウド」の3つに分類できます。以下では3つのクラウド環境について、解説していきます。

パブリッククラウド

パブリッククラウドの説明

「パブリッククラウド」と呼ばれるクラウドは、サービスが完全にクラウド上で展開されており、利用者は時間や場所を問わずサービス利用できるものです。
 
ITリソースがオープンに公開されているため、比較的安価に利用できます。また、自社でサーバーの構築を行う必要がなく維持費や人件費などの削減も可能になります。

プライベートプラウド

「プライベートプラウド」での、クラウドは「自社専用のクラウド環境」を指します。自社が必要とする環境に合わせてシステムを構築でき、「オンプレミス型プライベートクラウド(所有型)」と、「ホスティング型プライベートクラウド(利用型)」に分類できるのです。
 
また、オンプレミス型プライベートクラウド(所有型)では、自社内にサーバーや回線といったクラウド環境を構築し、ホスティング型プライベートクラウド(利用型)では、業者が提供するクラウド環境を使って、自社専用のクラウド環境を構築します。

ハイブリッドクラウド

【初心者でもすぐわかる】クラウドとは?種類からメリットまでを紹介

「ハイブリッドクラウド」とは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせた使い方です。
 
たとえば、顧客情報や機密情報などの重要性が高い情報はプライベートクラウド、その他のサイト運営などの情報はパブリッククラウドなどの使い分けをすることで、管理コストを抑える、という運用方法が挙げられます。
 
「セキュリティ性・カスタマイズ性が高いプライベートクラウド」と、「安い費用で手軽に導入できるパブリッククラウド」を組み合わせで自社に合った形で運用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスを利用すると以下の3つのメリットを享受できます。

サーバーやソフトウェアを買わなくても良い

サーバーやソフトウェアを買う必要がありません。
 
サービスをクラウド上で利用できるので自社サーバーや周辺機器が必要ありません。さらに、システム構築にかかる設備投資や初期費用が不要になるため、コストの削減に繋がります。
 
また、サーバーなどの運用費(サーバーの管理費用や、人件費など)を負担する必要もないので、導入後のランニングコストの削減も可能になるのです。
 
そのため、利用サービスやストレージ量、必要な機能のみを選択して導入でき、無駄な出費を抑えた運用が行えます。

時間や場所を問わない

クラウドサービスは時間や場所を問わずに利用できます。
 
クラウドサービスはマルチデバイス対応であるものがほとんどなため、外回り中の社員や在宅勤務で社内に不在の社員でも素早くアクセス可能なのです。
 
たとえば、オンプレミス型のサービスであるとリモートワーク時は、オンライン会議用の別ツールの利用する必要があるなど、効率的ではありません。
 
一方、クラウドではネットが繋がる場所であれば、データの共有や社内システムの利用、ミーティングなども簡単に行えるようになるので、多様な働き方にも対応できます。

メンテナンスをしなくても良い

クラウドサービスではベンダーがメンテナンスをしてくれるため、導入後のメンテナンスが不要です。
 
クラウド運用におけるソフトウェアやアプリのアップデートは、サービスの提供者側で行われます。そのため、自社のIT担当者のメンテナンスや管理にかかる負担が軽減できます。
 
また、オンプレミス型のようにパソコン自体にデータやソフトウェアをインストールしていると、専門のIT担当者が定期的にメンテナンスを行う必要があり、システム維持にかかる負担は軽くありません。
 
一方で、クラウドであればメンテナンスや維持における時間と手間を省けるので、人件コストの削減も可能になるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドサービスのデメリット

クラウドサービスは自社の業務負担を削減できる一方で、注意しておくべき点もあります。以下では、クラウドサービスのデメリットを2つご紹介します。

カスタマイズしにくい

オンプレミス型と比較してカスタマイズがしにくいです。
 
クラウドサービスは、既に完成されているサービスなので、自社に運用フローに合わせて機能を強化したり、レイアウトを変更したりなどはできません。
 
また、クラウドサービスは提供された範囲内であればある程度カスタマイズができるものもありますが、決まったOSや環境などを利用する必要がある点に注意です。
 
しかし、自社でのサーバーの構築や設定が必要ないので、「ITサービスの導入が初めて」や、「導入・運用コストの削減をしたい」といった企業では、コスト削減をしながらすぐに利用を開始できるのでおすすめです。

セキュリティリスク

管理不足によって情報セキュリティリスクの可能性もあります。
 
クラウドサービスのセキュリティは、ベンダーが提供するセキュリティに依存しています。そのため、自社で高いセキュリティが必要とされる場合、導入するサービスが自社のセキュリティポリシー用件を満たしているか必ず確認しましょう
 
たとえば、社員が外回り中にスマホを置き忘れてしまうだけでも情報漏洩のリスクは生じます。その場合、管理者側からアクセス権限設定やログの解析、遠隔ロックの機能などがあると万が一に陥っても素早い対処が可能になります。
 
業務に関する内容など機密情報も扱うものなので、機能だけでなく安心できるセキュリティであるかの確認が必須です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

業務を効率化できるおすすめのクラウドサービス

以下では、自社の業務を効率化できるおすすめのクラウドサービスをご紹介します。
 
クラウドサービスは、設備・サーバーの購入を含む初期費用やサーバー構築が必要ないので、非IT企業などITに不慣れな社員が多い企業でも、簡単に導入・運用が可能です。
 
一方、クラウドサービスには多くの種類があるため、有名だからという理由だけで多機能なサービスを導入してしまうと、操作の複雑さから社員が使いこなせず、結果一部の社員しか使用していないといったケースに陥る可能性もあります。
 
このようなケースを防ぐには機能以上に「ITに不慣れな社員でも確実に利用できるサービス」が必要なのです。そのため、シンプルな操作性で直感的に利用でき、導入後即日で使いこなせるほど簡単な「Stock」のようなツールであれば、導入後に使いこなせないというストレスを与えません。
 
Stockは、「ノート」に記入した情報がリアルタイムで共有され、社内にいない社員とも同じノートを編集できます。また、ノートを「フォルダ」で階層管理できるので、プロジェクト情報や進捗管理などの業務情報も簡単に整理してストック可能です。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クラウドサービスのまとめ

ここまで、クラウド、クラウドサービスの基礎知識から、利用するメリット・デメリットを中心にご紹介してきました。クラウドサービスを利用するメリットは以下の3つになります。
 
  • サーバーなどの運用費が必要ないので、導入後のランニングコストを削減できる
  • インターネットが繋がる場所であれば、時間や場所を問わずに利用可能
  • メンテナンスが不要なので、IT担当者にかかる負担や人件コストが削減できる
一方、機能の多さから操作の複雑なサービスを導入してしまうと、社内のITリテラシーが異なる場合、ITに不慣れな社員が使いこなすまでに多くの時間や教育コストがかかる可能性が高いです。
 
そのため、コストをかけずに社内のクラウド化を行うには「社員が簡単に利用できるサービス」が重要なのです。とくに今回ご紹介した、Stockは誰でも簡単に利用できる操作性で、ITの専門知識がなくてもすぐに運用可能です。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」で社内のクラウド化を実現し、業務スピードを向上させましょう。