今日では、課題解決のプロセスとして、業界・業種を問わず業務の「見える化」が重要視されています。そして、建設業でも、作業を計画通りに進めるうえで「見える化」は欠かせません。
 
しかし、「見える化」が建設業でなぜ重要なのかや、どのように進めるべきかが分からない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設業で「見える化」が必要な理由や方法を中心に解説します。
 
  • 建設業における見える化の重要性や進め方を知りたい
  • 建設業での実践例から見える化のイメージを掴みたい
  • 見える化に有効なツールを探している
という方はこの記事を参考にすると、建設業での「見える化」の重要性が分かり、自社の課題を解決できるようになります。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

2024年に建設業はどうなるのか?

2024年の4月から、建設業にも「新36協定」が適用されるようになりました。具体的な内容は以下の通りです。
 
 
  • 時間外労働は「月45時間、年360時間」の上限が法律で定められた。
  • 特別条項付き36協定でも「年間720時間、月平均80時間・月100時間未満」の上限が法律で定められた。
  • 上限を超過した場合、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる。
 
「新36協定」の適用により、建設業でも残業時間に制限が設けられ、超過した場合には罰則が科されるようになりました。これにより、「特殊な生産体系」や「人手不足」で残業が当たり前だった建設業でも、残業時間の削減が余儀なくされるようになったのです。
 
業務の質を落とすことなく残業時間を減らすには、タイムパフォーマンスを上げるのが最も有効です。そのためには、ITツールを導入して安全性・業務内容双方の「見える化」を進めましょう。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

建設業における「見える化」とは

以下では、建設業における「見える化」を、安全性と業務内容の2つに分けて、それぞれの観点からご説明します。社内で「見える化」が進んでいないという場合には、以下で確認し、早急に取り掛かりましょう。

安全性の見える化

まずは「安全性の見える化」です。安全性の見える化には以下のようなものがあります。
 
  • 区画の見える化
  • 視認性を高めるために、立ち入り禁止エリア、安全通路、資材置き場の区画をそれぞれ色分けします。
     
  • 作業内容の見える化
  • ガス溶接などの危険作業をしているときは、周囲から見える高い位置に「〇〇使用中」などの垂れ幕を掲示して、現場への注意喚起をします。
     
  • 熱中症危険レベルの見える化
  • 1日当たりのWBGT値(暑さ指数)を記載し、色と数値で危険度を示します。
     
  • ルールの見える化
  • 重機の操作手順や注意点、玉掛けの方法など、統一したルールを設けます。
     
  • 階段段差の見える化
  • 階段の付近に「段差注意」の張り紙をしたり、カラーコーンを置いたりして、段差に気付きやすくします。
このように、安全に建設業務を行うために、危険や注意事項を共有することが「安全性の見える化」です。

業務内容の見える化

続いて「業務内容の見える化」です。業務内容の見える化には以下のようなものがあります。
 
  • 作業手順の見える化
  • 作業手順や業務の流れを記載することで、業務の抜け漏れを防止できるほか、作業の進め方の属人化を防ぎます。
     
  • ノウハウの見える化
  • 作業のコツや注意点等を記載することで、初めて作業を担当する人でも質を担保できるようになります。
     
  • 業務進捗の見える化
  • 各作業ごとの進捗状況をリアルタイムで見える化することで、業務全体の進み具合を把握できるほか、遅れている作業の補助をスムーズに行うことができます。
このように、建設業務を滞りなく行うために、手順やノウハウを共有することが「業務内容の見える化」です。ただし、業務の見える化を実施するには、安全性の見える化と違い「テキストにして情報を残すこと」が必要になります。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

建設業界で「安全性の見える化」が必要な理由

建設業界で「安全性の見える化」が必要な理由は、業務中に起こる労働災害の発生確率を下げ、安全な業務遂行を実現する上で欠かせないからです。
 
厚生労働省によると、建設業における労働災害の原因のうち約9割が、「人の不安全行動」「物の不安全状態」によるものであると分析されています。また、現場に潜む危険の中には、視覚的に捉えることができないものも多くあります。
 
そのため、建設業で安全を確保するためには、見えない危険を文書や写真を使って見える化することが重要です。危険を見える化し注意喚起することで、業務中の不慮の事故を未然に防ぐことができます。
 


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

建設業界で「業務内容の見える化」が必要な理由

ここでは、建設業界で「業務内容の見える化」が必要な2つの理由をご紹介します。
 
「安全性の見える化」と「業務内容の見える化」を両立すれば、仕事のパフォーマンスアップにもつながるので必見です。

(1)ノウハウを共有するため

はじめに、業務内容の見える化が必要なのは、ノウハウを共有するためです。
 
業務が見える化されていなければ、ノウハウが属人化して、作業ごとに担当者へ質問する手間がかかってしまいます。また、場合によっては機械の操作方法などが人によって異なり、事故を招くケースも無視できません。
 
しかし、業務を見える化すれば「ノウハウがどこに管理されているか」がすぐに分かります。その結果、経験の浅い従業員でもスムーズに作業を進められるようになるのです。

(2)業務効率を上げるため

次に、見える化は業務効率を上げるのにも役立ちます。
 
業務を見える化すると「どの工程にどれほど時間がかかっているか」が分かるため、無駄な作業を省けます。さらに、一人ひとりが全体の進捗を把握していれば、万が一作業が遅れているメンバーがいても、サポートがすぐにできるのです。
 
このように業務効率を上げられれば、スケジュールから大幅に遅れる心配もなく、納期に余裕を持って作業を進められます。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

建設業で見える化を進める3つの方法

以下では、建設業で見える化を進める方法を3つ解説します。
 
結論、見える化をするには、建設業でも「ITツール」の活用が不可欠です。ただし、ITツールには複数の種類や使い方があるので、それぞれの特徴や注意点を押さえましょう。

(1)オンラインストレージを使う

まずは、見える化の方法として、オンラインストレージが挙げられます。
 
オンラインストレージでは、書類や写真などのデータをクラウド上で管理できます。そのため、工事見積書や発注書の管理が属人化するのを防ぎつつ、大量のデータを一箇所にまとめられるのです。
 
ただし、なかには初期費用が高額だったり、機能を拡張できなかったりするケースもあるので、自社の用途や規模に合ったものを選定しましょう。

(2)チャットツールを使う

次に、チャットツールも業務内容の見える化に貢献します。
 
チャットツールを使えば、電話やメールにありがちな「逐一内容をメモする」「面倒な定型文を入力する」手間が省けて、円滑なコミュニケーションをとれます。
 
しかし、チャット形式ゆえに情報が次々と流れてしまうため、日報や工程表、図面などを残す場合は不向きです。

(3)情報共有ツールを使う

最後に、見える化を最も効率よく進める方法として、情報共有ツールがあります。
 
一般的な情報共有ツールでは、作成した資料を瞬時に共有できることはもちろん、スマホやタブレットなど現場からでも確認できるモノが多いです。また、「メッセージ機能」によって円滑なやりとりも実現するのです。
 
ただし、多機能な情報共有ツールは操作が複雑なので、使いこなせないメンバーが出てくる可能性が高いです。一方、メールを使える方ならば誰でも利用できる「ナレカン」であれば、シンプルに使えるのでITに苦手意識を持つ方でもストレスなく操作できます。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

【これで安心】建設業での業務の「見える化」に最も貢献するツール

以下では、建設業での業務内容の見える化に最も貢献するツールをご紹介します。
 
建設業では「設計・施工」ごとに携わる従業員数が多いうえ、日々忙しいため、情報を「見える化」して「あそこを見に行けば、すべきことが分かる」状態をつくることが大切です。そのためには、情報を記載・共有・管理できる「情報共有ツール」が不可欠です。
 
しかし、”何となく便利そうだから”と多機能なツールを導入してしまうと、現場の従業員は使いこなせない恐れがあるのです。したがって、業務内容の見える化を成功させるには「誰でもストレスなく扱える情報共有ツール」でなければなりません。
 
結論、建設業で使うべきなのは、メールを使える方ならば誰でも直感的に操作できる情報共有ツール「ナレカン」が最適です。
 
ナレカンの「記事」にはテキストや写真、ファイルを簡単に残せるうえ、多階層の「フォルダ」で情報を整然と管理できるのが特徴です。また、キーワードで検索をかければ、欲しい情報がパッと出てくるので、情報が埋もれる心配もありません。

メールを使える方なら誰でも簡単に利用できるツール「ナレカン」

ナレカンのトップページ
 
「ナレカン」|最もシンプルなナレッジ管理ツール

https://www.narekan.info/

ナレカンは、最もシンプルなナレッジ管理ツールです。
「数十名~数万名規模」の企業様のナレッジ管理に最適なツールとなっています。
 
自分でナレッジを記載する場合には「記事」を作成でき、『知恵袋』のような感覚で、とにかくシンプルに社内メンバーに「質問」することもできます。
 
また、ナレカンを使えば、社内のあらゆるナレッジを一元的に管理できます。
「マニュアル」 「社内FAQ」「議事録」「トークスクリプト」等、あらゆるナレッジを蓄積することが可能です。
 
更に、ナレカンの非常に大きな魅力に、圧倒的な「初期導入支援サポート」と「ご利用中サポート」があります。ナレカン導入担当者の方の手を、最大限煩わせることのないサポートが提供されています。

<ナレカンをおすすめするポイント>

  1. 【機能】 「ナレッジ管理」に特化した、これ以上なくシンプルなツール。
    「フォルダ形式」で簡単に情報を整理でき、「記事形式」「(知恵袋のような)質問形式」でナレッジを記載するだけです。
  2. 【対象】 数十名~数万名規模の企業様で、社内のあらゆるナレッジを一元管理。
    「マニュアル」 「社内FAQ」「議事録」「トークスクリプト」等、あらゆるナレッジを蓄積可能です。
  3. 【サポート】 圧倒的なクオリティの「初期導入支援」と「ご利用中」サポート。
    圧倒的なクオリティのサポートもナレカンの非常に大きな魅力です。貴社担当者様のお手間を最大限煩わせることないよう、サポートします。

<ナレカンの料金>

ナレカンの料金プランページ

https://www.narekan.info/pricing/

詳しい金額は、下記「ナレカンの資料をダウンロード」ボタンより、資料をダウンロードしてご確認ください。

ナレカンの詳細はこちら


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/

建設業での見える化が必要な理由や方法まとめ

ここまで、建設業での見える化が必要な理由や方法を中心に解説しました。
 
建設業務を安全かつ効率的に行うには、「安全性の見える化」と「業務内容の見える化」の両方を行う必要があります。そのためには、情報の確認・共有がリアルタイムでできる”情報共有ツール”が必須です。
 
しかし、多機能な情報共有ツールは操作が複雑なため、従業員が正しく使えず、見える化が失敗する恐れもあります。したがって、ツールを選ぶときには「現場の全員がすぐに使いこなせるほどシンプルか」で判断すべきなのです。
 
結論、建設業での見える化を進めるには、メールを使える方ならば誰でも簡単に利用できるほどシンプルな『ナレカン』一択です。
 
ぜひ情報共有ツールの「ナレカン」を導入し、現場の業務を見える化しましょう。


「社内のナレッジを、簡単に管理したい---」
最もシンプルなナレッジ管理ツール「ナレカン」

<数十名~数万名規模>の企業様まで、驚くほど簡単にナレッジ管理ができます!
https://www.narekan.info/
 
関連記事: 建設業界の2024年問題とは?働き方改革をすべき理由や事例も紹介!
 
関連記事: 不動産業のDXとは?課題やメリット・成功事例も紹介!
 
関連記事: 【事例あり】建設DXとは?具体的なデジタル技術や課題・メリットも紹介!
 
関連記事: なぜ建設業のIT化は遅れている?IT化を成功させる方法やメリットを解説!
 
関連記事: 【事例あり】なぜ建設業では業務改善が必要?効果的な残業の削減方法も解説!
 
関連記事: 建設業の営業管理とは?管理内容や課題・おすすめのシステムを紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。