プロジェクトチームや部署といった組織でなく、個人で仕事を進めるうえでも「プロジェクト管理」や「タスク管理」は欠かせません。特に、関わる案件が増えるごとに適切な管理をしなければ、抜け漏れが発生する可能性が上がってしまいます。
 
ほかにも、複数のプロジェクトに参加している場合や、イレギュラーなタスクが多く発生する環境では、ツールを使った効率的な管理が必要です。しかし、管理ツールにもさまざまな種類があるなか、「使いこなすための時間があまりかからない」ツールを探している方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、個人でも使えるプロジェクト・タスク管理ツール15選を中心にご紹介します。
 
  • 個人で使うための過不足のない機能を持ったツールを探している
  • 抱える案件が増えてきており、ツールを用いた管理が必要と感じている
  • シンプルでアクセス性の高い管理ツールを使って、情報を探すという無駄を省きたい
という方はこの記事を参考にすると、適切なプロジェクト・タスク管理ツールが選定でき、今まで煩雑だったプロジェクト・タスク管理がシンプルになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人でも使えるプロジェクト・タスク管理ツール15選

以下では、個人事業主やフリーランス同士の小さいチームで共有しながら使える、プロジェクト・タスク管理ツールを15選ご紹介します。
 
個人やスモールチームでツールを使う際は、大手企業が導入している複雑かつ多機能なツールを使う必要はなく、「過不足のない」機能があるシンプルなツールにすると、導入してからすぐに使えるので、時間的コスト削減にも貢献します。
 
この「シンプルさ」は情報へのアクセス性にも関わる部分です。必要な情報へのアクセスがわずか1,2クリックの差でも、実際に利用してみると大きく違うことがわかります。
 
各ツールには無料トライアル期間があるので、まずはさまざまなツールを導入して使い勝手を試すのもひとつの方法です。しかし、時間が限られているなか、複数のツールの使い勝手を確認することが難しい方も多いと思います。
 
結論、誰でも導入したその日から簡単に使えて、過不足のない機能の管理ツールなら、年齢・性別・リテラシー問わず使えるStock一択と言えます。
 
無料でも個人であれば十分に利用でき、チャットツールのように情報が流れたり、ファイル管理が煩雑になってしまったりするストレスを解消します。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: 最も簡単にプロジェクト管理をするなら、「Stock」がオススメ!

Microsoft To Do

Microsoft To Doのトップページ

Microsoft To Doは、Microsoftが提供しているタスク管理アプリです。

<Microsoft To Doのポイント>

  1. Microsoftのアカウントと連携
    Microsoftが提供していることから、Microsoftのアカウントと簡単に連携することが可能になっています
  2. シンプルなユーザーインターフェース
    数タップでタスクを登録できるため、タスクの登録は非常にシンプルにできます

<Microsoft To Doを使う上で気を付けておきたい点>

  1. タスクに関する詳細説明が書けない
    どういったアウトプットが必要なのかや、タスクを振られた背景など、タスクに関する概要を記載することができません。
  2. プライベートと仕事のタスクが混同する
    カテゴリーを分けることで、プライベートと仕事のタスクを分けて管理することができますが、きちんと整理して管理できる人でないと、使い分けが難しいです。
 
関連記事: Windows10でタスク管理をするなら?シンプルで使いやすいものを選ぼう!
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Todoist

Todoistのトップページ

Todoistは、シンプルにタスクを管理でき、プライベートでも仕事でも使われているタスク管理ツールです。

<Todoistのポイント>

  1. タスクを階層化して管理できる
    関連するタスクを階層化して管理できるため、一覧形式で管理するよりも、把握がしやすくなります。
  2. 優先度を設定できる
    タスクの優先度を設定できるため、多くのタスクがあっても、効率良くこなすことができます。

<Todoistを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 個人向けのタスク管理がメイン
    あくまで個人向けのタスク管理となるため、チームで利用するには有料化する必要があります
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Google Keep

Google Keepの起動画面

Google Keepは、Googleが提供しているメモアプリです。
Googleアカウントと連動しているため、保存されたメモは全てGoogleアカウントに管理されます。

<Google Keepのポイント>

  1. Googleアカウントと連動
    Googleアカウントを持っていれば、端末に関係なく、どこからでも自分のメモにアクセスすることができます。
  2. パネル形式での表示
    保存したメモは、パネル形式で表示されるため、一覧性が高く、どのようなメモが保存されているか把握しやすくなっています。

<Google Keepを使う上で気をつけたい点>

  1. フォルダではなくラベルでの管理
    ラベルでの管理となり、フォルダ階層化できないため、メモの整理をするのが難しいです。
  2. あくまで個人向けのメモツール
    個人のメモをどんどん蓄積するのには向いていますが、それらを共有することには向いていません。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Any.do

Any.doのトップページ

Any.doは、アワード受賞歴もある、シンプルな操作でタスクの管理ができるアプリです。

<Any.doのポイント>

  1. あらゆる端末に対応している
    パソコンやスマホ、タブレットの他、ウェアラブル端末にも対応しているため、1つの端末でタスクを登録すれば、全ての端末に同期させることができます。
  2. 直感的にタスクの並び替えができる
    優先度順などの並び替えを直感的にできるため、タスクの整理がしやすくなっています。

<Any.doを使う上で気をつけたい点>

  1. カスタマイズは有料プランのみ
    タスク繰り返しのカスタマイズをしたり、色でタスクを整理したい場合には、有料プラン($5.99/月)にする必要があります
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Lifebear

Lifebearのトップページ

Lifebearは、スケジュール管理とタスク管理ができる、クラウド型電子手帳サービスです。

<Lifebearのポイント>

  1. カレンダーとタスク管理が一つになっている
    カレンダー形式でタスク管理ができる他、スケジュールの管理も同時に行うことができます。
  2. スタンプや着せ替えテーマを使える
    例えば、多くの種類がある着せ替えテーマから選ぶことで、自分だけの表示にできます。

<Lifebearを使う上で気をつけたい点>

  1. ファイル添付を多用するなら有料プラン
    無料プランではアップロード容量の上限があるため、タスクにファイルを添付したりしたい場合には、有料プランの検討が必要です。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Backlog

Backlogのトップページ【無料あり】個人でも使えるプロジェクトタスク管理ツール15選

Backlogは、案件ごとに発生するタスクなどを、一括管理できるコラボレーションツールです。

<Backlogのポイント>

  1. 案件の進捗状況を見える化できる
    ガントチャートでタイムライン的に可視化することもできるので、視覚的な進捗把握が可能です
  2. Gitなどを使ってソースコードを管理できる
    BacklogをGitリポジトリとして利用可能なため、Backlog上でコードレビューができます

<Backlogを使う上で気を付けておきたい点>

  1. エンジニア以外の方が使うと難しく感じる
    エンジニア向けのツールであるため、そうでない方が利用すると用語などで戸惑うことがあります。
  2. コミュニケーションがしにくい
    コミュニケーションに関する機能がないため、やり取りをするには、別のツールを使う必要があります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrike

Wrikeのトップページ

Wrikeは、アメリカ発のプロジェクト管理ツールです。
各メンバーのスケジュールの状況や、タスクの進捗状況などをリアルタイムで把握できます。

<Wrikeのポイント>

  1. 大手企業での導入実績多数
    GoogleやAmazonでも利用実績があり、累計15,000社に導入されています。
  2. タイムトラッキング機能
    自動的に計測できるため、タスクごとに時間がかかってしまうものの特定が容易です。

<Wrikeを使う上で気を付けておきたい点>

  • 使いこなすのが難しい
    機能が多いため、各機能を使いこなすまでに時間がかかります
  • 無料では5人までしか使えない
    無料プランの制限が5人までのため、多くの人数で利用を検討している場合には不十分です
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Asana

Asanaのトップページ

Asanaは、チームのタスク管理を効率的に行えるプロジェクト管理ツールです。
細かい設定や機能が充実しているため、ツールを使うのに慣れているチームに向いています。

<Asanaのポイント>

  1. ボード形式での管理が可能
    タスクのボードやタイムラインを使って、現在の状況を一目で把握できるようになっています。
  2. 100以上のアプリと連携が可能
    SlackやDropboxなど多くの有名アプリと連携ができるため、Asanaを起点としたプロジェクト管理が可能になります。

<Asanaを使う上で気をつけたい点>

  1. 完全に日本語化されていない
    日本語化されているものの、メニューの一部などに英語が残っており、分かりにくい点があります。
  2. 無料で使える人数に制限がある
    15人までは無料で使えますが、それ以上の人数で試す場合には、有料プラン(月$9.99/人〜)にする必要があります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA

JIRAのトップページ

Jiraは、アジャイルチームのためのプロジェクト管理ツールです。
ソフトウェア開発用の機能が豊富に用意されており、ナレッジマネジメントや開発ワークフローとの連携も容易です。

<JIRAのポイント>

  1. カンバンボードでタスク管理
    ドラッグ&ドロップによる視覚的なタスク管理が可能です。
  2. 多種多様なレポート出力
    チームのパフォーマンスに関するレポートなど、リアルタイムでの出力ができます。

<JIRAを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 使いこなすのが難しい
    高機能ツールなため、専門的な知識がないと使いこなすのが難しくなります
  2. コミュニケーションが取りにくい
    コミュニケーションに関する機能がないため、タスクに関するやりとりをするには、別のツールを使う必要があります
 

Brabio!

Brabio!のトップページ

Brabio!は、クラウド型でシェアNo.1のプロジェクト管理ツールです。

<Brabio!のポイント>

  1. プロジェクト管理に必要な細かい機能も備えている
    「誰が・いつ・何を」作業しているのかを、グラフ付きで一目で見ることができる機能があります。
  2. 誰にでも使いやすい機能性
    ガントチャートや進捗管理表が作りやすいことで評判です。

<Brabio!を使う上で気をつけたい点>

  1. 無料版は5人まで
    5人を超える場合は、有料プラン(3,240円/月〜 /10人まで)に加入する必要性があります

Trello

Trelloのトップページ

Trelloは、カードとしてタスクを扱い、ドラッグ&ドロップで操作する、カンバン方式のタスク管理ツールです。

<Trelloのポイント>

  1. 操作性に優れている
    タスクはドラッグ&ドロップで操作できるため、簡単に管理できます。

<Trelloを使う上で気をつけたい点>

  1. チャット機能がない
    チャット機能がないため、コミュニケーションを取るための別のツールを併用して使うことが必須になります。

Jooto

Jootoのトップページ

Jootoは、プロジェクト管理もできる。カンバン方式のタスク管理ツールです。

<Jootoのポイント>

  1. カンバン方式
    Trelloと同様に、タスクをカードのように操作できます。
  2. プロジェクト管理もできる
    ガントチャートを無料で作成できるので、タスクの進捗を管理できます。直感的に分かりやすいが、詳細が分かりづらいカンバン方式のデメリットを補ってくれています。

<Jootoを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 機能制限が多い
    無料プランではアップロードできる容量と、人数制限(4人まで)があります。チームで使用する場合は有料版がおすすめです。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Toodledo

Toodledoのトップページ

Toodledoは、ノートブック感覚で使用できる、リスト型のタスク管理ツールです。

<Toodledoのポイント>

  1. 使えるデバイスが多い
    PCで使えるWeb版に加え、iPhoneやAndroidからでも使えるアプリ版も配信しています。

<Toodledoを使う上で気を付けておきたい点>

  1. モバイル版以外は英語
    Web版では日本語対応をしていません。ですので、ブラウザーアプリ(Chrome等)の翻訳機能を使う必要性があります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

TeamHack

TeamHackのトップページ

TeamHackは、タスク管理や情報共有を一つにした、タスク管理ツールです。

<TeamHackのポイント>

  1. タスクごとにチャットができる
    「Stock」と同様にタスクごとにチャットができます。そのため、全体でのチャットを遡る必要性がないため、情報が流れてしまう心配はありません。
  2. タイムトラッキング機能がついている
    作業時間の計算ができるため、リモートワークでの社員の監視をすることはもちろん、作業時間の見直しなどができます。

<TeamHackを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 無料版では機能を制限される
    無料版では、1プロジェクトまでしか作成できません。したがって、複数のプロジェクトを同時に進めたい場合は、有料版にする必要性があります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 使いやすいタスク管理アプリ20選!今すぐ使ってタスク漏れを防ごう


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人でも使えるプロジェクト・タスク管理ツールを選ぶときのポイント

個人で使うプロジェクト・タスク管理ツールを選ぶ際にもポイントがいくつかあります。以下では、特に重要な3つの要素について解説していきます。
 

直感的な操作性

ツールで「簡単にタスクを登録できる」という直感的な操作性がまず挙げられます。業務をしているなかで、クライアントからの依頼やToDoを思いついたときに、すぐタスクとして登録できると抜け漏れの防止に繋がります。
 
一方、情報を記載するまでのステップが多いと、ツールにタスクを登録・記載することに時間を取られてしまい、普段の業務で効率的に活用できません。
 
また、特殊な管理フローやツール内の機能に特殊な呼び名がついているものもありますが、このようなツールは使いこなすまでに無駄なコストがかかってしまうのでおすすめできません。

無料でも使える

無料でも使えるというのもポイントのひとつです。ツールによっては、無料で使える「期間」があらかじめ設定されているツールもあります。
 
もし、無料期間が終わってしまった場合、使用していたツールに登録した案件を元の管理方法に戻すコストが発生してしまいます。
 
ツールは無料期間が設定されているものがほとんどですが、無料期間終了後に一切使えなくなってしまうようなツールではなく、制限があっても無料で使い続けられるツールを選択するのが良いでしょう。

事業主同士での展開も可能

個人用として使用しているツールでも、他のフリーランス・個人事業主との情報共有に使えるものもあります。そのため、個人向けに特化したものではなく、チーム(複数人)でも共有して活用できるものを選定しておくと情報共有がスムーズになります。
 
なお、個人事業主同士でのツールを統一しておくと、有料プランであったとしてもひとりあたりの金額が安くなるというメリットもあります。
 
関連記事: タスク管理で仕事を見える化し、生産性を向上させよう!
 
関連記事: 【無料・有料】おすすめのチケット管理ツール15選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト・タスク管理ツールとは

プロジェクト・タスク管理ツールは、煩雑になりがちなタスクやプロジェクトを、ツール内の機能を用いて円滑に管理できるツールです。
 
タスク管理とは、「タスク」と呼ばれる最小単位の作業を効率的に行うために、優先順位や担当者などを決めて管理することを指します。
 
一方、プロジェクト管理とは、納期通りに成果物を提出するため、あるプロジェクトで発生するコストやスケジュールなどを管理することを指します。
 
プロジェクト・タスク管理ツールは、各社からリリースされており、ツールによってシンプルなものから多機能なものまで数多くあります。
 
関連記事: タスク管理(ToDo管理)とは?メモ帳やメール、ツールを使った管理の仕方も紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト・タスク管理ツールを使うメリット

プロジェクト・タスク管理ツールを使うと、以下でご紹介する、業務効率化に関係する以下3つのメリットが得られます。
 

自分の抱えているタスクを見える化できる

ツールを使うことで、自分のタスクを見える化して管理できます。
 
個人でタスク管理をしていると、案件数が増えていくごとにやるべきことの優先順位づけをしなければいけません。「メモ帳」などを用いて管理する方法もありますが、新しいメモを登録するごとに流れてしまい、必要なときに探す手間がかかってしまいます。
 
また、見える化ができていなければ、取り組むべきタスクの抜け漏れも発生してしまうでしょう。しかし、ツールの利用によって自分の作業の全体像を把握しやすく、日々のスケジュールを立てやすくなります。

タスク漏れを防げる

ツールには「リマインド機能」などが備わっているので、効果的に活用するとタスク漏れを防止できます。
 
たとえば、メモ帳やノートの場合は期限を記載してもリマインド機能がないので、期日が近づいてもリマインドはしてくれません。しかし、ツールを使えばリマインドの通知や、期限を過ぎた通知を受け取ることができるため、タスク漏れを防止できます。
 
日々の業務量が多いと複数のタスクを同時並行してしまいがちですが、業務でも「今やるべきこと」「今やるべきではないこと」が明確になるので、ひとつの仕事に集中して取り組めるのもポイントです。

自分のタスクを共有できる

ツールを使うと、他のチームメンバーに業務の依頼や、自分のタスクも共有がスムーズにできます。
 
プロジェクトは、小規模のチームで参画しているケースが多く、プロジェクトを成功させるにはメンバー同士のコミュニケーションが鍵となります。他メンバーや自分がどんなタスクを抱えているか、進捗はどうなっているかを、他のメンバーに共有できます。
 
ツールによっては、共有の際に発生するコミュニケーションが取れる「メッセージ機能」が備わっているものや、ツールの中でテキストの共同編集ができるものもあります。
 
関連記事: タスク管理の方法とは?効果的に管理できる方法をツールも合わせてご紹介
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人でも使えるプロジェクト管理ツールのまとめ

ここまで、個人で使えるプロジェクト管理ツール15選や選定ポイントなどについてご紹介してきました。
 
プロジェクトを成功させるには、個人同士でのコミュニケーションを通じた連携が必須です。コミュニケーションの手段としてチャットツールなどが挙げられますが、チャットツールでタスクやプロジェクトの管理をすると、必要な情報が流れていってしまいます。
 
また、プロジェクトで発生したファイルも多ければ多いほど管理の負荷がかかり、ファイル整理に時間を取られてしまうでしょう。
 
しかし、今回ご紹介したタスク・プロジェクト管理ツールのStockは、タスクやプロジェクトを軸にコミュニケーションを取るのでチャットのように情報が流れません。さらに、面倒なファイル共有もノート機能で簡単に整理ができます。
 
Stockの利用は無料から、登録も1分で完了するので、ぜひ導入して情報共有のストレスを解消し、円滑なプロジェクト管理を実現しましょう。
 
関連記事: 【2021年最新】おすすめのタスク管理ツール19選を徹底比較!
 
関連記事: 【2021年版】プロジェクト管理について網羅!流れやポイントも徹底解説!