プロジェクトチームや部署といった組織に加えて、個人で仕事を進めるうえでも「プロジェクト管理」や「タスク管理」は欠かせません。とくに、関わる案件が増えるごとに適切な管理をしなければ、タスクの抜け漏れが発生しやすくなってしまいます。
 
ほかにも、複数のプロジェクトに参加している場合や、イレギュラーなタスクが多く発生する環境では、ツールを使った効率的な管理が必要です。しかし、ツールにはさまざまな種類があるため、どのツールを選ぶべきか分からず悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、個人でも使えるプロジェクト/タスク管理ツール・アプリ15選を中心にご紹介します。
 
  • 個人利用に必要な機能が過不足なく揃ったツールを探している
  • 抱える案件が増えてきており、ツールを用いた管理が必要だと感じている
  • シンプルでアクセス性の高い管理ツールを使って、情報を探すという無駄を省きたい
という方はこの記事を参考にすると、プロジェクト・タスク管理のストレスを解消できる最適なツールが見つかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

目次

個人でも使えるプロジェクト/タスク管理ツール・アプリ15選

以下では、個人事業主やフリーランス同士の小さなチームで共有しながら使える、プロジェクト・タスク管理ツール15選を紹介します。
 
個人でツールを使う際は、業務に対して柔軟に取り組める分、時間効率が重要なのでツールの使い方の理解に時間をとられるべきではありません。そこで、機能に過不足のないシンプルなツールを選択すると、導入後すぐに使えるため無駄な時間を減らせます。
 
加えて、「誰でも使いこなせるシンプルさ」は情報のアクセス性にも直結します。必要な情報をすぐに見つけられるツールであれば、情報探しに時間を費やす必要がなくなり、作業効率が大きく向上するのです。
 
結論、選択すべきツールは導入初日から誰でも使いこなせて、プロジェクト管理に必要な機能が過不足なく備わっている「Stock」一択です。
 
Stockを利用すれば、必要な情報が瞬時に見つかるのでストレスを感じることがありません。さらに、「タスク管理機能」ですべての作業を可視化できるため、タスクの抜け漏れを発生させずに業務を進められるようになるのです。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Microsoft To Do】Microsoftが提供しているタスク管理アプリ

Microsoft To Doのトップページ

<Microsoft To Doの特徴>

  • Microsoftのアカウントと連携できる
  • Microsoft社が提供するアプリのためMicrosoftのアカウントでログインでき、情報も紐づけられます。
     
  • タスクの登録がしやすい
  • わずかな操作でタスクを登録できるようになっており、利便性に優れています。

<Microsoft To Doの注意点>

  • タスクに関する詳細の説明が書けない
  • タスクを振られた背景や業務内容といった「タスクの詳細情報」を記載できません。
     
  • プライベートと仕事のタスクが混同する
  • 複数のカテゴリーをつくれば「プライベート」と「仕事」のタスクを分けて管理できるものの、一定のITリテラシーが必要となり、ITが苦手な方には適していません。

<Microsoft To Doの料金体系>

  • Microsoftアカウントがあれば無料で利用できます。
 
関連記事: Windows10でタスク管理をするなら?シンプルで使いやすいものを選ぼう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Todoist】シンプルなタスク管理アプリ

Todoistのトップページ

<Todoistの特徴>

  • タスクを階層化して管理できる
  • 関連するタスクを階層化して管理できるので、タスクが見つけやすくなっています。
     
  • 優先度を設定できる
  • タスクの優先度を設定すれば「早急に取り組むべきタスク」が一目で認識可能です。

<Todoistの注意点>

  • フリープランは個人向けの機能のみ利用できる
  • フリープランはあくまで個人向けなので、チーム利用の場合は有料化しましょう。

<Todoistの料金体系>

  • フリープラン:0円
  • プロプラン:588円/月(月間払い)
  • ビジネスプラン:888円/ユーザー/月(月間払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Google Keep】Googleが提供しているメモアプリ

Google Keepのトップページ

<Google Keepの特徴>

  • Googleアカウントに情報を紐づけられる
  • Googleアカウントを持っていれば、PCやスマートフォンなど端末を問わず、どこからでも自身のメモにアクセスできるようになります。
     
  • パネル形式で表示される
  • 保存したメモはパネル形式で表示されるため、一目で各メモの内容を把握できます。

<Google Keepの注意点>

  • フォルダではなくラベルで管理するツールである
  • フォルダに分けて階層化できないので、メモの整理が難しくなっています。
     
  • あくまで個人向けのメモツール
  • 個人のメモには適しているものの、チームで共有するのには不向きです。

<Google Keepの料金体系>

  • Google Keepは無料ですべての機能を利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Any.do】タスク管理専用のアプリ

Any.doのトップページ

<Any.doの特徴>

  • あらゆる端末に対応している
  • PCに加えてスマートフォンやタブレットにも対応しているので、時間や場所を問わず利用できます。
     
  • 直感的にタスクの並び替えができる
  • 直感的に操作できるツールのため、タスクの整理がしやすくなっています。

<Any.doの注意点>

  • カスタマイズができるのは有料プランのみという制約がある
  • タスクを繰り返すカスタマイズをしたり、色でタスクを整理したりしたい場合には、有料プラン($5.99/ユーザー/月)にする必要があります。

<Any.doの料金体系>

  • 基本機能は無料で使えます。
  • プレミアムプランは$5.99/ユーザー/月(年払い)で、機能を制限なく利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Lifebear】クラウド型電子手帳サービス

Lifebearのトップページ

<Lifebearの特徴>

  • スケジュール管理とタスク管理に対応している
  • カレンダー形式でタスクを管理できるようになっており、Lifebearひとつでスケジュール管理とタスク管理が完結します。
     
  • スタンプや着せ替えテーマを使える
  • スタンプや着せ替えテーマの種類が幅広いため、自分好みの画面にカスタマイズできます。

<Lifebearの注意点>

  • 画像を頻繁に添付する場合は有料プランでの契約が必須となる
  • 無料プランでは画像のアップロード容量が少ないので、タスクに画像を多く添付する場合には有料プランへの加入が必要です。

<Lifebearの料金体系>

  • 無料プラン:無料で利用可能ですが、画像のアップロード容量や作成できるToDoリストに制限があります。
  • ベーシックプラン:248円/月で、スタンプを好きなだけ使えるなどの特典があるほか、優先的にサポートが受けられます。
  • プレミアムプラン:498円/月で、過去50年分のスケジュールを遡れます。また、テンプレートやToDoリストを制限なく作成できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Backlog】チームのタスク管理ツール

Backlogのトップページ

<Backlogの特徴>

  • 案件の進捗状況を見える化できる
  • ガントチャートでタイムライン的に進捗状況を可視化できるため、プロジェクトの進み具合が一目でわかります。
     
  • Gitなどを使ってソースコードを管理できる
  • BacklogをGitリポジトリとして利用でき、Backlog上でコードレビューが可能です。

<Backlogの注意点>

  • エンジニア以外の方が使うと難しく感じる
  • エンジニア向けのツールゆえに、非エンジニアの方が利用すると用語などで戸惑う可能性が高いです。
     
  • コミュニケーションをとりづらい
  • コミュニケーション機能がないので、案件に関してやりとりをする際は、別のツールを使う必要があります。

<Backlogの料金体系>

30日間の無料トライアル後にプロジェクトやユーザーの数を増やす場合は、有料プラン(2,640円/月〜)の契約が必要になります。
 
  • スタータープラン:2,640円/月
  • スタンダードプラン:12,980円/月
  • プレミアムプラン:21,780円/月
  • プラチナプラン:55,000円/月


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Wrike】アメリカ発のプロジェクト管理ツール

Wrikeのトップページ

<Wrikeの特徴>

  • 大手企業から支持されているツール
  • Googleなどの大手企業も利用するツールであり、現在では20,000社以上が導入しています。
     
  • タイムトラッキング機能がある
  • タスクを完了するまでの時間が自動で計測されるため、時間がかかっているタスクの特定が行えます。

<Wrikeの注意点>

  • 使いこなすのが難しい
  • 多機能なので、各機能を使いこなせるまでに時間がかかる恐れがあります。

<Wrikeの料金体系>

  • Free:$0
  • Professional:$9.80/ユーザー/月
  • Business:$24.80/ユーザー/月
  • Enterprise:要問合わせ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Asana】チームのタスクをオンラインで管理

Asanaのトップページ

<Asanaの特徴>

  • ボード形式で管理できる
  • ボードやタイムラインを使って、現在の状況を一目で把握できます。
     
  • 100以上のアプリと連携できる
  • 多くのアプリと連携できるので、Asanaを起点としたプロジェクト管理が可能になります。

<Asanaの注意点>

  • 完全に日本語化されていない
  • 日本語化されているものの、メニューの一部に英語が残っており、分かりにくい点があります。

<Asanaの料金体系>

無料でも使えますが、管理者機能などを利用する際は有料プランでの契約が必要です。
 
  • Basic:0円/月
  • Premium:1,475円/月(月間払い)
  • Business:3,300円/月(月間払い)
  • Enterprise:要問合せ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Jira】アジャイルチームのためのプロジェクト管理ツール

Jiraのトップページ

<Jiraの特徴>

  • 直感的にタスクを管理できる
  • タスク管理がドラッグ&ドロップで完了するので、手間がかかりません。
     
  • さまざまなレポートを出力できる
  • チームのパフォーマンスに関するレポートをリアルタイムで出力できます。

<Jiraの注意点>

  • 使いこなすのが難しい
  • 高機能ツールなため、専門的な知識を持たない方は使いこなすのが難しいです。
     
  • コミュニケーションがとりづらい
  • コミュニケーション機能がないので、タスクに関してやりとりをする際は別のツールを使わなければなりません。

<Jiraの料金体系>

  • Freeプラン:0円(10ユーザーまで)
  • Standardプラン:900円/ユーザー/月 以下
  • Premiumプラン:1,730円/ユーザー/月 以下
  • Enterpriseプラン:要問合せ
利用する人数によってユーザー当たりの価格は変動します。101人以上で利用する場合、ユーザー当たりの料金が安くなります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Brabio!】クラウド型のプロジェクト管理ツール

Brabio!のトップページ

<Brabio!の特徴>

  • プロジェクト管理に役立つ便利な機能を備えている
  • 「誰が・いつ・何の作業をしているのか」をグラフで閲覧できます。
     
  • 使いやすいように構成されている
  • ガントチャートや進捗管理表がつくりやすいことで評判です。

<Brabio!の注意点>

  • 無料版は5人までの人数制限がある
  • 5人を超える場合は、有料プラン(3,300円/月〜)に加入する必要性があります。

<Brabio!の料金体系>

  • 無料プラン(ユーザー上限5人):0円
  • プラン10(ユーザー上限10人):3,300円/月
  • プラン20(ユーザー上限20人):6,600円/月
  • プラン30(ユーザー上限30人):9,900円/月
  • プラン40(ユーザー上限40人):13,200円/月
  • プラン50(ユーザー上限50人):16,500円/月
  • プラン100(ユーザー上限100人):33,000円/月
  • プラン200(ユーザー上限200人):66,000円/月
  • プラン300(ユーザー上限300人):99,000円/月
  • エンタープライズプラン:要問合せ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Trello】カンバン方式のタスク管理ツール

Trelloのトップページ

<Trelloの特徴>

  • 操作性に優れている
  • ドラッグ&ドロップでタスクを操作できるなど、非常に使いやすくなっています。

<Trelloの注意点>

  • チャット機能がない
  • チャット機能がないため、コミュニケーションをとる際は別のツールの使用が求められます。

<Trelloの料金体系>

  • FREE:$0
  • STANDARD:$6 USD/ユーザー/月(月間払い)
  • PREMIUM:$12.50 USD/ユーザー/月(月間払い)
  • ENTERPRISE:$17.50 USD 以下/ユーザー/月(年1回の支払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Jooto】無料から使えるプロジェクト・タスク管理ツール

Jootoのトップページ

<Jootoの特徴>

  • カンバン方式
  • Trelloと同様に、タスクをカードのように操作できます。
     
  • プロジェクト管理もできる
  • ガントチャートを作成可能なので、プロジェクトの進捗状況を視覚的に把握できます。ガントチャートによって、詳細が分かりづらいカンバン方式のデメリットを補っているのです。

<Jootoの注意点>

  • 機能制限が多い
  • 無料プランでは「利用できるのは4人まで」などの制限があります。チーム利用の場合は有料版がおすすめです。

<Jootoの料金体系>

  • 無料プラン:0円
  • スタンダードプラン:500円/ユーザー/月(月間払い)
  • エンタープライズプラン:1,300円/ユーザー/月(月間払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Toodledo】リスト型のタスク管理ツール

Toodledoのトップページ

<Toodledoの特徴>

  • 使えるデバイスが多い
  • PCで使えるWeb版に加え、iPhoneやAndroidで使えるモバイル版もあります。

<Toodledoの注意点>

  • モバイル版以外は英語
  • Web版では日本語に対応していません。そのため、英語が苦手な方には適さないツールです。

<Toodledoの料金体系>

  • Free:無料で基本機能を使えます。
  • Standard:$3.99/ユーザー/月/で、グラフ機能などを使えます。
  • Plus:$5.99/ユーザー/月で、スケジューラや10GBのファイルストレージが使えます。
  • Business:チーム向けのプランで、詳細については問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【TeamHack】チャットで情報集約するタスク管理ツール

TeamHackのトップページ

<TeamHackの特徴>

  • タスクにメッセージを紐づけられる
  • タスクにメッセージを紐づけられるので、タスクに関する情報を見失う心配がありません。
     
  • タイムトラッキング機能がついている
  • 作業時間の計算ができるため、リモートであっても社員の作業状況を把握可能です。

<TeamHackの注意点>

  • 無料版では機能の制限がある
  • 無料版で作成できるのは10プロジェクトまでです。したがって、継続して利用する場合は有料プランへの変更が必要になります。

<TeamHackの料金体系>

  • お試しプラン:無料で使えるプランであり、プロジェクトのメンバーを無制限で招待できます。
  • ビジネスプラン:1,320円/ユーザー/月で、プロジェクトを無制限で作成できます。ただし、最低5ライセンスからの契約となります。
  • フリーランスプラン:1,650円/ユーザー/月で、1ライセンスからでも契約できます。
 
関連記事: 使いやすいタスク管理アプリ20選!今すぐ使ってタスク漏れを防ごう


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人向けのプロジェクト/タスク管理ツール・アプリを選ぶポイント

個人向けのプロジェクト・タスク管理ツールを選ぶ際には、以下で解説する3つの要素を満たすツールかどうかを確認しましょう。

無料で使えるプランがあるか

無料で使えるプランがあるツールを選びましょう。
 
ツールによっては、無料で使える「期間」があらかじめ設定されているものもあります。そういったツールを選択すると、無料期間終了後は有料化するまで一切使えなくなるので、情報にアクセスできなくなりストレスとなりかねません。
 
そのため、無料期間終了後に一切使えなくなるツールではなく、制限があっても無料で使い続けられて、状況によって有料化を選択できるツールを選びましょう。

直感的に操作できるか

直感的に操作できるツールを導入しましょう。
 
「直感的な操作」の基準としては簡単にタスクを登録できるかがあります。クライアントから依頼を受けた時にすぐにタスクとして登録できれば、仕事の抜け漏れを防げるのです。
 
一方、タスクを登録するまでのステップが多いと、タスク管理自体に時間を取られてしまい、普段の業務での活用が難しくなります。
 
そのため、ツールを選ぶ際は、65歳の社員でもすぐに活用できるほど使いやすい「Stock」のようなプロジェクト管理ツールを導入して、タスクの抜け漏れを未然に防いでいきましょう。

複数人でも使えるか

複数人でも使えるツールを選択しましょう。
 
個人特化型ではなく、チーム向けのツールを選択すれば、情報共有が必要になった際にもスムーズに対応できます。また、社外の人を特定のフォルダに招待できるツールは、一か所で情報の管理と共有が完結するので、面倒な手間がなくなるのです。
 
そのため、将来的に個人事業主間やチームで利用する可能性を鑑みて、複数人でも利用できるツールを選択しましょう
 
関連記事: タスク管理で仕事を見える化し、生産性を向上させよう!
 
関連記事: 【無料・有料】おすすめのチケット管理ツール15選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト/タスク管理ツール・アプリとは

プロジェクト/タスク管理ツールは、プロジェクトやタスクの管理負担を低減するツールです。
 
プロジェクト管理とは、納期通りに成果物を提出するために、プロジェクトのスケジュールを管理することを指します。
 
一方、タスク管理とは「タスク」と呼ばれる最小単位の作業を効率的に行うために、優先順位や担当者を決めて管理することを指します。
 
プロジェクト管理やタスク管理においては、取り組む作業を明確にしておく必要があります。そこで、「優先的に取り組むべき作業」や「現在の進捗状況」を簡単に見える化するためにツールを活用するのです。
 
関連記事: タスク管理(ToDo管理)とは?メモ帳やメール、ツールを使った管理の仕方も紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

プロジェクト/タスク管理ツール・アプリを使うメリット

以下では、プロジェクト・タスク管理ツール・アプリを使うメリットをご紹介します。メリットを把握し、社内で効果的にツールを運用していきましょう。

自身のタスクを見える化できる

ツールを使えば、自身のタスクを見える化して管理できます
 
個人でタスクを管理する場合、案件が増えるごとにやるべきことの優先順位づけをしなければなりません。メモ帳などを用いて管理する方法もありますが、メモを作成するたびに情報が点在してしまい、必要なときに探す手間がかかってしまいます。
 
しかし、ツールを導入すればすべての情報を一元管理できるほか、各作業の期限を踏まえてタスクに優先順位を設定可能なので、タスク管理に時間を割く必要がなくなるのです。

タスク漏れを防げる

「リマインド機能」が備わっているツールを導入すれば、タスク漏れを防止できます
 
たとえば、メモ帳やノートの場合はリマインド機能がないため、タスクの期日になっても通知が飛びません。しかし、ツールを使えばリマインドの通知や、期限を過ぎた通知を受け取れるため、タスク漏れを防げます。
 
日々の業務量が多いと複数のタスクを同時並行してしまいがちですが、業務を「今やるべきこと」と「今やるべきではないこと」に分けられるため、ひとつの仕事に集中して取り組めるのもメリットです。

自身のタスクを共有できる

ツールを使うと、チームメンバーへ業務を依頼したり、自身のタスクをスムーズに共有したりできます
 
プロジェクトは小規模のチームで進めるケースが多く、プロジェクトを成功させるにはメンバー同士のコミュニケーションが鍵となります。そして、ツールを活用すれば、タスクや進捗状況をほかのメンバーに共有でき、協力して作業を進められるようになるのです。
 
そのため、チーム内の情報のやり取りを活性化させたい場合は、ツールを導入して、各メンバーのタスクをすぐに把握できる環境を整えましょう。
 
関連記事: タスク管理の方法とは?効果的に管理できる方法をツールも合わせてご紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人でも使えるプロジェクト/タスク管理ツール・アプリのまとめ

ここまで、個人でも使えるプロジェクト/タスク管理ツール15選や選定ポイントについてご紹介しました。
 
プロジェクトを成功させるには、個人間のコミュニケーションを通じた連携が必須です。コミュニケーションの手段としてチャットツールがありますが、チャットツールでタスクやプロジェクトの管理をすると、必要な情報が流れてしまいます。
 
また、ファイル管理ツールでは、プロジェクトで発生したファイルも多ければ多いほど管理の負荷がかかり、ファイル整理に時間を取られかねません。
 
一方で、今回ご紹介したタスク・プロジェクト管理ツールの「Stock」は、チャットのように情報が流れないうえに、面倒なファイル管理も不要なので自社に最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、ストレスなくプロジェクトを管理できる環境を整えましょう。
 
関連記事: 【2021年最新】おすすめのタスク管理ツール19選を徹底比較!
 
関連記事: 【2021年版】プロジェクト管理について網羅!流れやポイントも徹底解説!