iPhoneに標準搭載されているメモアプリは営業先などの外出先であっても、手軽に使えるうえPCがMacの場合自動的に同期されるので便利なアプリです。一方、業務上では資料として蓄積をしたい場合に、テキストやファイルを移動させなければならないという手間が発生します。
 
そのため、企業やチームでの情報共有に使うアプリとしては物足りないため、他のメモアプリの導入を考えていても種類が多く決めかねているという担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、iPhoneに対応、かつ十分にビジネス運用ができるアプリ11選をご紹介します。
 
  • 自社にマッチするメモアプリを探すのに時間がかかっている
  • iPhoneのメモでは物足りないので、メモツールを導入し情報共有を効率化させたい
  • ノウハウやナレッジを一元管理できる場所が欲しい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、自社に導入すべきメモアプリがわかり、社員個人のメモをノウハウとして昇華できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhoneメモからの移行で使えるメモアプリ11選

以下では、iPhoneメモからの移行におすすめ、かつビジネス利用でも使えるアプリを複数ご紹介します。
 
iPhoneのメモを用いた運用で解決しなければならないのは、「情報共有が効率的にできない」という課題です。そのため、移行先のツールは情報をメモとして蓄積できることはもちろん、蓄積した情報を誰でも簡単にスムーズにできる機能、もしくは「クラウド型」で情報を管理できるツールでなければなりません。
 
しかし、情報共有というだけで複雑な機能を備えているツールもあるので、社内の「ITツール=難しい」という先入観をツールの利用とともになくしていく必要があるのです。特に承認プロセスまでが長い企業の場合は、すぐにツールの概要を浸透させられるような「簡潔さ」がさらに求められます。
 
そのため、情報を適切に蓄積して共有まで簡単にできる「Stock」のようなツールが必須です。
 
Stockは非IT企業向けに設計されたメモアプリであり、「ノート」へ簡単にテキストを残せるほか、あらゆるファイルを蓄積できます。さらに、登録さえすれば即日で使えるので、「メンバーによって教育コストが異なる」という問題も解消しながら、社内の情報共有を効率化します。

チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

デザイン性に優れたメモを作り込みたい人向け:Dropbox Peper

Dropbox Paperのトップページ

Dropbox Paperはメモアプリのひとつで、Dropbox内に保存されているファイルとの連携が強化されているので、関連した内容の紐付けが簡単になっています。

<Dropbox Paperのポイント>

  1. チェックリストやコメントなどの機能が豊富
    チェックリストが入れれたり、特定の内容にコメントを付けれるなど、付加機能が豊富にあります
  2. Dropboxとの連携
    Dropbox内のファイルを貼り付ければ、ダウンロードすることなく、すぐに開くことができます

<Dropbox Paperを使う上で気をつけておきたい点>

  • ファイルの整理が大変
    整理しなければファイルを作成した順に蓄積されていってしまうので、ルールを定め絵置かなければ管理が大変になります。
  • 各機能を覚えるのに時間がかかる
    ほとんどの機能がアイコンのみで表示されているため、どのアイコンがどういった機能なのかを習得するのに時間がかかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

クリエイティブ色におすすめなメモアプリ:Milanote

Milanoteのトップページ

Milanoteは、クリエイティブワークに特化したオンラインメモサービスです。
ボードと呼ばれる場所に、ドキュメントや画像・動画などを自由に配置することができるため、視覚的に把握することができます。

<Milanoteのポイント>

  1. メモや画像を視覚的に関連づけられる
    ボードと呼ばれる場所にメモや画像を貼り付けると関連するもの同士を線で結ぶことができます
  2. PDFやWordへのエクスポートが可能
    ボードの内容をエクスポートでき、関連づけた情報がまとまって出力されます

<Milanoteを使う上で気をつけておきたい点>

  1. 日本語対応されていない
    機能が豊富にあるにも関わらず日本語化されていないため、使い始めるにはハードルが高くなっています

Milanoteの詳細はこちら



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Markdownでの記載やコードの共有をしたい人向けアプリ:Confluence

Confluenceのトップページ

Confluenceは、JIRAなどのプロジェクト管理ツールを連携して利用することができるメモアプリです。
プロジェクト管理ツールと連携できるため、開発関連のドキュメントを共有するのに適しています。

<Confluenceのポイント>

  1. プロジェクト管理ツールとの連携
    プロジェクト管理ツール「JIRA」との連携ができるため、開発関連のドキュメントをスムーズに共有することができます
  2. 細かい権限設定が可能
    Wikiの閲覧や編集を細かく制限することが可能です

<Confluenceを使う上で気をつけておきたい点>

  • エンジニア向けツール
    JIRAとの連携やMarkdownでの記載など、エンジニア向けの仕様になっているため、非エンジニアの方には難易度が高いものになります


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

エンジニアやデザイナー御用達のメモアプリ:Inkdrop

Inkdropのトップページ

Inkdropは、エンジニアやデザイナーのための、OSを問わず利用できるメモアプリです。

<Inkdropのポイント>

  1. 高機能なメモアプリ
    マークダウンやコード共有に対応しているため、エンジニアやデザイナーに取って使いやすいものになっています。
  2. 60日間の無料お試し期間
    1週間や30日間でないため、十分な検討期間を設けられます。

<Inkdropを使う上で気をつけておきたい点>

  • 日本語ではない
    メニューなどが全て英語のため、抵抗がある方はうまく使いこなすのが難しいです。
  • 多機能がゆえリテラシーを選ぶ
    開発やデザインの現場での利用を想定しているため、非IT企業の場合は多機能で使いこなせない可能性があります


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

個人的なメモを中心に残したい人向けメモアプリ:Evernote

Evernoteのトップページ

Evernoteはメモをノートに記載して蓄積できるのはもちろん、ほかにも多くの機能が付いているので、高機能なツールを使いたい人向けになります。

<Evernoteの特徴>

  1. Webクリップ機能
    メモ内に、気になったweb上の記事などを、webクリップで簡単に管理できます。
  2. ひとつのメモであらゆるデータを管理
    テキスト情報や画像、動画など、あらゆる情報を一つのメモで管理できます。

<Evernoteを使う上で気をつけたい点>

  1. チーム全体への共有はしにくい
    個人向けに使うことをメインに作られているため、共有して使うには難しく感じます
  2. 高機能なため、使い方が難しい
    メモ機能には様々な機能がついているため、社内リテラシーを選ぶツールです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Microsoftの提供するメモツール:OneNote

Onenoteのトップページ

OneNoteはMicrosoftが提供するメモアプリです。
テキストを書くだけでなく、画像や動画、ファイルを任意の場所に自由自在に貼り付けることができます。

<OneNoteのポイント>

  1. テキストや画像の自由な配置が可能
    テキストや画像を、メモ内の任意の箇所に自由に配置できます。
  2. Office製品との連携
    ExcelやWordのファイルを貼り付ければダウンロードすることなく、すぐに開けます

<Onenoteを使う上で気をつけておきたい点>

  • 情報構造の概念が難しい
    「セクション」や「ページ」など情報構造を把握するのが難しいため、気軽にサクッと情報を残すようなことができません
 
関連記事: メモアプリ10選!複数デバイスでメモを使いこなそう!【ビジネス利用向け】


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

さまざまなマークアップに対応:Bear

Bearのトップページ

Bearは、Markdownなどのさまざまなマークアップに対応したメモアプリです。タグ検索をはじめとした機能があり、検索性に優れているのが特徴です。

<Bearのポイント>

  1. メモ同士でリンクの貼り付けが可能
    メモ内に別のメモへのリンクを簡単に作成し、貼り付けて簡単に該当のメモへアクセスできます。
  2. デザイン性に優れている
    自分好みのテーマにカスタマイズできるなど、遊び心のあるインターフェースです

<Bearを使う上で気をつけたい点>

  • デバイス間で同期するには有料プランにする必要がある
    複数デバイスで情報を同期して使いたい場合には有料プランにしなければなりません。
  • 共有には向いていない
    素早く個人のメモを蓄積していくアプリなので、共有には向いていません


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Googleの提供するメモアプリ:Google Keep

Google Keepのトップページ

Google Keepは、Googleが提供しているメモアプリです。
Googleアカウントと連動しているため、保存されたメモは全てGoogleアカウントに管理されます。

<Google Keepのポイント>

  1. Googleアカウントと連動
    Googleアカウントを持っていれば、端末に関係なく、どこからでも自分のメモにアクセスすることができます
  2. パネル形式での表示
    保存したメモはパネル形式で表示されるため、必要としているメモをすぐに見つけ出せます。

<Google Keepを使う上で気をつけたい点>

  1. フォルダではなくラベルでの管理
    ラベルでの管理となりフォルダ階層化できないため、メモが増えた場合の管理方法を考慮する必要があります。
  2. あくまで個人向けのメモツール
    個人のメモは素早く蓄積できますが、共有は別の手段を用いる必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

簡単にメモを残しておけるツール:Simplenote

Simplenoteのトップページ

Simplenoteは、アプリのj立ち上げからスムーズに素早くメモを残しておけるツールです。

<Simplenoteのポイント>

  1. Markdownが使える
    Markdown記法にも対応しているので、エンジニアが多い現場でも使えます。
  2. 完全無料で使える
    全ての機能を無料で使うことができます

<Simplenoteを使う上で気をつけたい点>

  • 多くのメモを整理するのが難しい
    フォルダ階層で管理できないため、多くのメモがある場合は、どれが欲しいメモであるかをすぐに探し出すことが必要になります。
  • 全て英語
    アプリやブラウザなど、マルチデバイス対応ですが、全て英語な点に注意です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

手書きのメモを残したい人向けのアプリ:Zoho Notebook

Zoho Notebookのトップページ

Zoho Notebookは、カード形式でメモを残すことができる完全無料のメモアプリです。

<Zoho Notebookのポイント>

  1. 手書きメモも残すことができる
    手書きでメモの保存ができるのでクリエイティブ職にもおすすめできます。
  2. 完全無料で使える
    全ての機能を無料で使えます

<Zoho Notebookを使う上で気をつけたい点>

  • 共有には向いていない
    個人のメモは素早く書き残せるものの、共有には向いていません
 
関連記事: webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?
 
関連記事: 【2021年最新】メモソフト・ツール13選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhoneに標準装備されているメモアプリは使えないのか?

iPhoneに標準装備されているメモアプリには下記のような機能がついています。
  1. メモのテキスト入力・音声入力
  2. 手書き機能
  3. ToDoリストの作成
  4. Webページのリンク保存
  5. 書類のスキャン
多くの機能がついているため、もし個人的なメモを管理したい場合には、iPhoneに標準搭載のメモアプリで十分ではないかと思います。
 
しかし、他の人との共有ができないことから、仕事で利用するには難しいかもしれません。そのため、共有することに特化しているメモアプリを利用するのが良さそうです。
 
関連記事: 【おすすめメモ共有ツール8選】普段からメモを共有するクセをつけよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhoneで使えるメモアプリを選ぶ上でのポイント

①メモへのアクセス性が良いか

スマホでメモを書く際に、色々なところをタップしないとメモを書けないようでは、何か書かなければいけない時にメモを書くことができません。
 
そのため、アプリを起動したらすぐに書けるくらいのアクセス性の良さが求められます。

②複数デバイスで利用することができるか

仕事のメモの場合、スマホだけでなくPCにも同期ができることで、必要な時にメモを活用することができます。
 
仕事中はPCからメモを取り、外出先ではスマホから確認したり編集をすることで、うまく活用することできるようになります。

③ビジネス向けの機能が搭載されているか

例えば、「メモに関するコミュニケーションが取れる」「他人への共有が簡単」など、仕事で使う上で便利な機能があることが望ましいです。
 
個人のメモを書き留めておくだけでなくそれらを共有することで、より良いアイデアや業務に繋がる可能性が高くなります。
 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhoneからの移行で使えるメモアプリまとめ

これまでiPhoneに使える複数のメモアプリや選定ポイントまでを解説してきました。
 
業界・業種問わず、ビジネスにおいては「情報管理」が非常に重要になってきます。そのため、単なるメモであったとしても社内に正しく蓄積しておけばナレッジとして昇華できる可能性が大きく向上します。
 
そのため、情報の蓄積に「メモの内容をもう一度転記しファイル化して保存する」というような非効率な運用をしている場合は、メモアプリを導入するだけで業務効率化が実現できるのです。しかし、ITツールも「機能があればあるほど便利」なわけではなく「過不足のない機能」を持つツールが必要です。
 
ご紹介したStockはiPhoneでも使えるうえ、直感的にメモを残せるシンプルなメモアプリです。「ノート」「メッセージ」「タスク」の3つの機能で情報の蓄積から活用まで一元管理できる効果が評価を受け、非IT企業を含む80,000社以上の導入実績を誇ります。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」で社員の個人メモを集約し、ナレッジとして蓄積していきましょう。
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案