目標の達成やプロジェクトの成功のため、進捗管理を効果的に行うことを重要視するチームが増えてきました。
 
複数人が関わるプロジェクトの進捗管理を効果的に行うためには、進捗管理システムの導入が欠かせません。
しかし、進捗管理システムには数多くの種類があります。
 
ITリテラシーもメンバーごとに異なる社内で、どのシステムが一番自社にマッチしているのか、ツール選定に悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、進捗管理システムの種類ごとの特徴を含め、特筆すべき特色がある進捗管理システム10選を中心にご紹介していきます。
 
  • 進捗管理をより効率化したい
  • 進捗管理システムの種類による違いを知りたい
  • 時間をかけずに一番おすすめな進捗管理システムを選定したい
という担当者の方は、この記事を参考にすると自社に必要な進捗管理システムが選定でき、業務効率の向上が実現できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

進捗管理システムのおすすめ10選

以下では、進捗管理システム10選について特徴などをご紹介していきます。
 
システム導入が初めてという場合や、自社に合うシステムがよくわからないという場合はシンプルでわかりやすい進捗管理システムを選定しましょう。
 
進捗管理システムは導入しただけでは意味を成さず、運用して初めて効果を発揮します。
 
また、進捗管理システムに情報を蓄積していくことは、社内の情報の資産化にも繋がります。そのため、複雑なシステムや、サポートが英語となってしまうようなサービスではなく、「誰でもすぐに使えるサービス」の選定が必須です。
 
結論として、リテラシーが異なる社内でもすぐに使える進捗管理システムは、非IT企業を含む導入実績が70,000社を超える「Stock」一択です。
 
シンプルさにこだわりを持って設計されているので、導入したその日からスムーズな進捗管理が実現できます。

チームの情報を簡単に残せるツール『Stock』

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Backlog』

Backlogのトップページ

Backlogは、システム開発者のみならず、マーケターやデザイナーにも活用されているプロジェクト管理ツールです。

■Backlogの特徴

  1. プロジェクト管理とは別に、課題管理機能を搭載
    ガントチャートやカンバンボードなど、多数の機能を搭載しており、プロジェクトの進捗から課題まで一元管理できます。
    また、タスクを親子課題として関連付けでき、タスクの粒度別で管理することができます。
  2. 「バグ管理システム」にて、システム不具合を課題として管理可能
    バグの修正状況や対応記録もすべて記録できます。
    「カスタム属性」を利用すれば、期限日やカテゴリだけでなく、ブラウザーやOSの種類、利用言語なども設定できます。

 ■Backlogを使う上での注意点

  1. システム開発者やIT系のチーム向けの機能が多い
    「ソースコードの相互レビュー」といった、エンジニアを中心としたIT系の業種でしか活用できないような細かい機能が多く、非IT企業ではなかなか浸透しづらいと言えます。

 ■Backlogの料金

Backlogの料金

3段階の法人向けプランと、1つの個人向けのプランを用意しています。
プランによって、1つの課題に添付できるファイル数や、カスタマイズ機能の数、セキュリティの強度が異なります。
 
1番人気なプランである「プレミアムプラン」は、月額21,780円(税込)とやや高額です。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Redmine』

Redmineのトップページ

Redmineは、プロジェクトの遅延に気づきやすいプロジェクト管理ソフトウェアです。

■Redmineの特徴

  1. 「チケット」を作成し、仕事を細かく管理できる
    Redmineは、仕事を「チケット」として管理します。各チケットにコメントをしたり、担当者を変更したりすることができます。
    また、「カスタムクエリ」という機能を活用すれば、「チケット」表示の条件を細かく設定できます。
  2. ガントチャート機能の色分けにより、進捗の遅れが把握しやすい
    予定より進捗が遅れている場合、遅延しているタスクが赤色で表示されます。
    問題なく進んでいるタスクは緑色で表示されるため、遅延している箇所が確認しやすいです。

 ■Redmineを使う上での注意点

  1. 管理を複雑化させてしまうと、使われなくなってしまう
    Redmineは、タスクのステータス定義までカスタマイズ可能なため、細かく設定しすぎたり、種類を増やしすぎてしまったりすると、かえって管理が複雑化してしまいます。
    メンバーの教育コストがかかりすぎないよう、注意が必要です。

 ■Redmineの料金

Redmineの料金

上記は、Redmineのクラウド版(My Redmine)の料金です。
チーム全体での月額料金が決まっており、「スタンダード(S)プラン」と「ミディアム(M)プラン」の違いは容量の大きさです。
1000名までユーザー登録が可能なため、利用人数によって1人あたりのコストが変動します。
 
オンプレミス型での導入を希望する場合は、担当者への料金見積もりの問い合わせが必要です。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Jooto』

Jootoのトップページ

Jootoは、プロジェクトを横断して管理することができるツールです。

■Jootoの特徴

  1. 「プロジェクト横断管理機能」により、複数プロジェクトを横断してタスク管理ができる
    Jootoでは、複数のプロジェクトにて担当しているタスクを一画面で見ることができます。
    締め切りが近い順でのタスク確認が可能です。
  2. ガントチャート機能で視覚的にタスクを管理できる
    カンバン方式だけでは確認しづらいタスクの開始日・締切日をわかりやすく確認できます。

 ■Jootoを使う上での注意点

  1. プランによっては、過去1年分の情報しか残せない
    Jootoの「スタンダードプラン」は1ライセンスあたり月額500円で利用することができますが、過去1年分の行動履歴しか残すことができないので、注意が必要です。

 ■Jootoの料金

Jootoの料金

Jootoの料金

「フリープラン」「スタンダードプラン」「エンタープライズプラン」が用意されています。
 
特徴的なのは、「スタンダードプラン」は4名まで無料で、5名以上から利用料金が発生するという点です。
一方、「エンタープライズプラン」は1名から利用料金が発生します。
 
プランによって、エクスポートできるデータや残しておける行動履歴の期間、またIP制限機能やシングルサインオン機能の有無に違いがあります。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Trello』

Trelloのトップページ

Trelloは、タスクやアイデアを気軽に共有できる進捗管理ツールです。

■Trelloの特徴

  1. 「カード」「リスト」「ボード」を活用したタスク管理
    Trelloは、1タスクを「カード」として作成し、それらを「リスト」でグルーピングします。
    「リスト」をプロジェクト単位でまとめたものを「ボード」と呼び、プロジェクトごとの管理が可能です。
  2. 「カード」にタスクに関係するあらゆる情報を記入できる
    「カード」には、タスク名、期限、タスクの詳細、チェックリストなど、細かい情報を記入するための様々な機能があります。

 ■Trelloを使う上での注意点

  1. 自由度が高く、ユーザー側にある程度のITリテラシーが必要
    Trelloを使い始めるには、3つの機能の関係性を理解し、タスクを書き込んでいくための環境づくりが必要なので、管理者が環境設定するために時間を使います。
    タスクごとの設定も細かいため、使用するユーザーへの教育コストもかかります。

 ■Trelloの料金

Trelloの料金

「FREE」「BUSINESS CLASS」「ENTERPRISE」の3つのプランがあります。
 
10個以上のボードを作成するためには、有料プランに申し込みをする必要があります。
また、「ENTERPRIZE」プランは管理者の機能をより充実させているため、チームでのプロジェクト管理をする場合にオススメされています。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Asana』

Asanaのトップページ

Asanaは、チーム全体のゴール設定もできるプロジェクト管理ツールです。

■Asanaの特徴

  1. 複数のタスク管理方法から最適なものを選べる
    リスト形式、カンバン形式、ガントチャート、プロジェクトマップなど、複数の機能から、進捗管理方法を選べます。
    タスクの相互依存関係を書き込むこともでき、複雑なタスクにも対応できます。
  2. 細かい予実管理ができる
    プロジェクトごとに売上予算・原価予算・売上実績・原価実績の登録・管理を行うことができます。
    結果から、工数原価や損益率などのレポートを作成することも可能です。

 ■Asanaを使う上での注意点

  1. 機能が多すぎる
    Asanaの機能は、プロジェクトのゴール設定から、タスク管理方法の選定、実運用、達成後の効果測定まで、幅広く網羅しています。
  2. 進捗管理において、「何がしたいのか」を明確にし、プロジェクト後の振り返りまで行う必要があるチームでないと、全ての機能を使いこなすのは難しいでしょう。

 ■Asanaの料金

Asanaの料金

Asanaの料金プランには、「Basic」「Premium」「Business」の3種類があります。

有料プランでは、ダッシュボードが無制限になり、レポートや非公開チームを作ることもできるようになります。
 
さらに高度なセキュリティやメンバー設定のカスタマイズ、特別なサポートが付いている、「Enterprize」プランもあります。
その場合、お問い合わせにて見積もりを取る必要があります。
 
必要な機能やチームの規模に合わせて、プランを選択できます。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Wrike』

Wrikeのトップページ

Wrikeは、細かくタスク管理を行えるプロジェクト管理ツールです。

■Wrikeの特徴

  1. サブタスクを利用して複雑なタスク整理にも活用可能
    Wrikeの有料プランでは、タスクの中に、サブタスクをつくることができます。
    複数プロジェクトにまたがるタスクにも対応しており、複雑な業務にも活用できます。
  2. リクエストフォームで依頼や要望を一括で管理
    タスクの依頼窓口として、リクエストフォームを設置することができます。
    電話やチャットなどから別々に届くタスク依頼を効率的に管理できます。

 ■Wrikeを使う上での注意点

  1. 目的やルールのしっかりとした周知が必要
    Wrikeは、ダッシュボードやタスク設定のカスタマイズ性が高い分、目的やルールを明確に示しておかないと、メンバー間で使い方がバラバラになってしまいます。

 ■Wrikeの料金

Wrikeの料金

Wrikeには、「Free」「Professiona」「Business」「Enterprise」の4つのプランがあります。
ストレージや利用可能人数によってプランが異なります。
 
個別見積もりとなる「Enterprise」プランでは、シングルサインオン機能やユーザー監査レポートなど、セキュリティを強化するための機能が追加されます。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『Jira software』

Jira softwareのトップページ

Jira softwareは、ソフトウェア開発用のプロジェクト管理ツールです。

■Jira softwareの特徴

  1. システム開発チームにとって使いやすいタスク管理機能
    Jira softwareでは、「スクラムボード」「カンバンボード」から、タスク管理方法をえらぶことができます。
    「スクラムボード」は、チームが従うべきルールが明確に示されています。
    仕事を進めるためのフレームワークを、より詳細にカスタマイズできます。
  2. チーム全体の進捗管理や振り返りに活用できるレポート機能
    タスクの進捗状況を、作成済みと解決済みで分けて折れ線グラフで表示できます。また、課題の件数を解析する「2次元フィルター」など、様々なリストやグラフを表示することができます。
    かなり細かくデータを確認することができるため、プロジェクトの改善に繋げやすいでしょう。

 ■Jira softwareを使う上での注意点

  1. ITソフトウェア開発者向けの機能がたくさんある
    ソフトウェアを開発したり、頻繁に更新していくために便利な情報共有機能を多数搭載しています。
    その分、非IT企業にとってはかなり複雑に感じてしまい、余計なコストがかかってしまうでしょう。

 ■Jira softwareの料金

Jira softwareの料金

有料プランとしては、「Standard」「Premium」が用意されており、問い合わせでの見積もりが必要な「Enterprise」プランもあります。
 
プランによって、作成できるプロジェクトの数やチーム全体の容量の大きさ、サポートの対応時間や設定のカスタマイズ性の高さが異なります。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『MA-EYES』

MA-EYESのトップページ

MA-EYESは、用途により必要な機能やパッケージを選んで購入できる、統合型基幹業務システム(ERPパッケージ)です。

■MA-EYESの特徴

  1. プロジェクト管理やグループウェア、経費管理など、様々な用途に活用可能
    MA-EYESは、必要な目的ごとに、機能を追加していくことができます。
    そのため、プロジェクト管理機能以外にも、ワークフローやスケジュール管理がついているグループウェア機能や、建て替え経費申請、また在庫管理や締め処理まで、様々な機能を追加することができます。
  2. 出力形式を選んだ上でレポートを作成できる
    帳票・分析機能にて、部門別の売上や利益レポート、プロジェクト別のレポートを、画面、表計算ソフト、テキストファイルなどから選んで出力することができます。

 ■MA-EYESを使う上での注意点

  1. 導入時の準備期間や、教育に必要な時間が長くかかる
    MA-EYESを導入する際には、多数用意されている機能の中から、自社に合うものを選ぶ必要があります。
    当然機能数によって価格も異なるため、進捗管理ツールを導入する目的や、必要機能の洗い出しが重要となり、導入時の準備に時間がかかります。
     
    また、機能数が多くなればなるほど、使用するメンバーへの教育コストが増加するでしょう。

 ■MA-EYESの料金

MA-EYESは、オンプレミス型か、クラウド型かによって利用に必要な価格が異なります。
 
オンプレミスで作成する際には「1,500万円〜」という料金設定になっています。
 
一方、クラウド型では、機能モジュールごとに月額料金が設定されています。
プロジェクトの見積もりから管理、完了までプロジェクトの全体を管理することができる「プロジェクト管理」のモジュールは、1人あたりの月額利用料が5,000円となります。
 
また、別途初期費用が必要となりますが、こちらは個別に見積もり依頼をする必要があります。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

『ZAC』

ZACのトップページ

ZACは、案件・プロジェクト別の収支管理を中心機能とした、統合型基幹業務システム(ERPパッケージ)です。

■ZACの特徴

  1. プロジェクト管理、基幹業務、情報共有など、用途別に機能を購入可能
    企業内における、あらゆる業務処理や情報共有を促進するための機能が用意されており、自由に組み合わせることができます。
    予定表作成から販売管理、管理会計まで、一元化して管理することができます。
  2. 「経営モニタリング機能」を搭載可能
    KPIの目標値設定や、KPI異常値を報告してくれる機能を付け、ダッシュボードで確認することができます。

 ■ZACを使う上での注意点

  1. 別料金を支払わないと、スマートフォンからアクセスできない
    ZACは、「セキュリティオプション」に申し込まないと、社内ネットワーク以外からスマートフォンでアクセスすることができません。

 ■ZACの料金

ZACの料金

ZACは、まず初期費用として、ライセンス費用と導入支援費用が必要となります。
それに加えて、利用期間中、常に月額の利用料金が生じます。
 
例えば、ZACの基本的な機能を社員数約100名で導入しようとした場合の見積もり例を見ると、初期費用1,200万円、月額費用19万円となっています。
検討をする際は、問い合わせにて見積もりを依頼する必要があります。
 
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

進捗管理とは

進捗管理とは、業務計画と実際の作業状況にズレが生じていないかを管理することです。
早期に問題を把握し、プロジェクトを想定通りの納期までに進めるために行います。
 
進捗管理では、計画と実績にズレがある場合、すぐに問題点を洗い出し、改善へとつなげます。
その一連の作業をプロジェクト終了まで繰り返すことで、業務の生産性を高めていきます。
 
また、業務を遂行するために必要な時間や人的リソースもあらかじめ予測を立てることができるため、マネジメント力の向上にも役立ちます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

進捗管理を行う3つのメリット

進捗管理を行うメリットを3つ解説します。
工程を洗い出し、タスク管理をすることで、業務全体の効率化につなげることができます。

①進捗を可視化できる

業務進捗を可視化することで、計画と実績の差分を毎日確認することができます。
それにより、期限への意識も高まり、少しの遅延でも気づくことができます。
 
プロジェクトが滞ってしまう問題を早期に発見し、対処することができるため、納期遅延のリスクを大幅に減らせます。

②漏れのないタスク管理ができる

個人でのタスク管理だと、優先順位の管理が不十分となり、抜け漏れが生じることがあります。
 
進捗管理を取り入れると、全体の進捗管理を通して、タスク同士の関係性を認識できるため、タスクの優先順位付けが適切にできるようになります。
 
タスクに紐づけてコミュニケーションを取ることもできるため、タスクが抜け漏れてしまうリスクを大幅に減少させることができます。

③情報を一元管理できる

業務の現状を1つの場所で確認できるため、今まで1人ずつに確認する時間を取っていたマネジメントの工数が削減できます。
 
また、業務全体の流れと、各個人のタスクを記入しているので、プロジェクトが終了した後、業務ごとの振り返りがしやすい点もメリットです。
 
タスクに紐づけて気づきや改善点を残しておくことで、後々ナレッジとしても活用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

進捗管理システムを選ぶ5つのポイント

進捗管理システムを選ぶ際に、注意したいポイントを5つご紹介します。
システムの種類ごとの特徴やメリット・デメリットも解説していますので、自社に合うシステム選定の参考にしてください。

①必要な機能が備わっているか

進捗管理システムを選ぶ際は、まずはじめに、自社における進捗管理で必要な項目を洗い出し、システムに必要な機能をピックアップします。
そうすることで、必要十分な機能を備えているシステムを選定することができます。
 
機能は開発すれば制限なく入れることができますが、多ければ良いというわけではありません。
複雑すぎて使われないと意味がなくなってしまい、価格ばかり膨らんでしまいます。
 
必要最低限の機能が備わっていれば十分と言えます。

②クラウド型かオンプレミス型か

進捗管理システムには、クラウド型とオンプレミス型のシステムがあります。
それぞれのメリット・デメリットをもとに、自社に合う形のシステムを選びましょう。

クラウド型

クラウド型は、インターネット上にシステムを構築し、ユーザーがそこにアクセスをしてシステムを利用します。
自社でサーバーを保持する必要がなく、初期費用・ランニングコスト共に、削減することができます。
 
また、容量の追加やリソース変更の必要が生じた際、ベンターとの契約を更新すれば良いだけなので、社内でスケールさせやすいのも特徴です。
但し、カスタマイズがしづらいというデメリットがありますので、クラウドサービスを提供しているベンダーが、今後計画しているアップデートや開発の方向性を確認しておくと良いでしょう。

オンプレミス型

オンプレミス型は、自社のサーバー上にシステムを構築して利用します。
カスタマイズがしやすく、自社環境にシステムを構築するため、既存のシステムとの連携が容易です。
 
その分、初期費用や導入コストが多くかかる点はデメリットといえるでしょう。
 
自由度が高い反面、アップデートやバックアップ、ネットワーク障害への対応も自社で行う必要があるため、システム開発に関する専門知識が必要です。
 
容量の追加やリソース変更の場合でも、ハードウェアの追加発注や再構成、各種調整などが必要となり、クラウド型よりも手間がかかってしまいます。

③セキュリティ

業務に関わるシステムでは、セキュリティとデータのバックアップ体制は非常に重要です。
導入検討の際に、以下の点は必ず確認しましょう。
 
  • データをやり取りする通信は暗号化されているか
  • クラウド型の場合、データはどこに保存されるのか
  • データに適切なバックアップ体制はあるか
重要なデータが流出したり、記載した内容を紛失してしまうようでは、システム導入が裏目に出てしまいます。

セキュリティ環境に関して、わかりやすく明記されているベンターを選びましょう。

④価格

進捗管理ツールには、無料で始められるものから、導入時に数百万円がかかってしまうものもあります。
 
システム自体は買い切りであるにもかかわらず、サポートやアップデートに月額の料金が発生する場合もあるので、注意が必要です。
また、見えづらいコストとして「システム担当者の人件費」「利用する社員への教育コスト」なども発生します。
 
実際に活用していく際に必要なコストは、十分に確認しましょう。

⑤誰もが活用できて使いやすいデザイン

進捗管理システムで生産性を向上させるためには、誰もが使いやすいシステムであることが重要です。
 
機能が多すぎたり、複雑なツールだったりすると、ITリテラシーが高くない社員は使いこなせません。
それでは、業務は逆に非効率になってしまいます。
 
誰もが活用できるシステム選定のために、下記の点を確認しましょう。
 
  • 直感的に操作できる
  • ドラッグ&ドロップが使える
  • 機能や画面の切り替えが簡単
また、機能面でわからないことがある際にサポートしてもらえる体制が用意されているかも、ベンダーに確認した方が良いでしょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

進捗管理システム まとめ

これまで、おすすめの進捗管理システムや、自社に合うシステムを選ぶポイントをご紹介してきました。
プロジェクトや業務の進捗を管理し、大きな成果を挙げましょう。
 
改めて、進捗管理システムを導入するうえで重要なポイントは、下記の通りです。
 
  1. 必要十分な機能が備わっている
  2. 高いセキュリティレベル
  3. 誰もが活用しやすいデザイン
今回ご紹介した「Stock」は、誰でも簡単に利用できるシンプルさで、タスク管理ができる情報共有ツールです。
 
記載したノートに紐づくメッセージ機能を活用すれば、更新連絡も全てStock内で完結できるため、進捗管理の効率化が見込めます。
 
Stockの利用は無料からでき、登録も1分で完了するので、ぜひ進捗管理システムとしてプロジェクトの成功に役立てましょう。