プロジェクトを成功させるために必要なアイテムのひとつに「タスク管理ツール」があります。タスク管理ツールは、社員ひとりひとりのやるべきことを明確にして、プロジェクトの円滑な進行をサポートする役割があります。
 
そのため、タスク管理ツールはあらゆる企業で必須のアイテムですが、多種多様なので「どのツールを選ぶべきか」と迷っている方も多いのではないでしょうか。
 
また、タスク管理と似た言葉に「プロジェクト管理」があり、チームをマネジメントするうえでプロジェクトとタスクの違いを知っておくことは重要です。
 
そこで今回は、「プロジェクトのタスク管理におすすめのツール8選(無料/有料)」「タスク管理ツールの選定ポイント」「プロジェクト管理とタスク管理の違い」をご紹介します。
 
  • プロジェクトのタスク管理に有効なツールを、無料と有料で比較検討したい
  • 自社にマッチするタスク管理ツールを、数あるツールのなかから失敗せずに選びたい
  • プロジェクト管理とタスク管理に違いがあるのは分かるが、具体的な違いはよく分からない
という担当者の方は、この記事を参考することで、自社のタスク管理を成功に導いてくれるツールに目星を付けられるようになります。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【無料】おすすめのタスク管理ツール

タスク管理ツールの導入に伴って、検討が必要となる項目のひとつに「コスト」があります。優秀な機能を兼ね備え、自社の環境に合うツールを発見できても、コストの問題で断念せざるを得ない場合もあります。
 
タスク管理できるツールのなかには、無料でも機能が充実しており、自社の課題解決をサポートできるものがいくつかあります。また、無料プランのあるツールは有料プランに移行しても、比較的安価で企業が抱える課題を解決します。
 
一方、導入コストや運用コストだけでなく、ツールに対する社内のリテラシーを高めるために教育コストもかかります。結果、リテラシーが異なる社内でもコストをかけずに、導入したその日から利用できるタスク管理ツールは、説明がいらないくらい誰でも簡単に使えるStock一択と言えるでしょう。
 
Stockは非IT企業を含む導入実績が70,000社を超える、今注目の情報共有ツールであり、業界・業種問わず定評があります。

Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

Brabio!

Brabio!のトップページ

Brabio!は、大変な社員の進捗管理を簡単にしてくれるツールです。

<Brabio!のポイント>

  1. ガントチャートが簡単に作れる
    プロジェクトとタスクが設定したら自動的にガントチャートが作成されます。
    ガントチャートはプロジェクト全体を把握するために有効な手法の一つです。
  2. 柔軟なユーザーモードの変更
    複数のプロジェクトに関わっている場合でも、プロジェクトごとにユーザーモードを変更できます。
    プロジェクトによって閲覧できる情報や管理できる項目を変更できるので、ユーザーモードの変更はセキュリティ対策になります。
  3. 3つの料金プラン
    「無料プラン」「エントリープラン」「ミッドレンジプラン」の3つのプランがあります。
    無料プランはユーザー数が5人までで、ストレージは50MBまで利用可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

TickTick

TickTickのトップページ

TickTickは、毎日の予定や長期的なタスクを予定通りに消化できるように管理するツールです。

<TickTickのポイント>

  1. ポロモード
    ポロモードは短時間の作業と休憩を繰り返すことで効率化を図る方法のことです。
    TickTickは、ポロモードを利用してタスクの実行時間も管理可能です。
  2. 習慣化リストを作成する
    日常的に繰り返すタスクを登録することで実行した記録を残しておけます。
    カレンダーと連携して、カレンダーに書き込んだタスクがTickTickからも確認できます。
  3. 2つの料金プラン
    「無料プラン」「プレミアムプラン」の2つの料金プランが用意されています。
    無料プランでは、管理できるタスクが99個まででアカウントは1ユーザーまでです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

TeamHack

TeamHackのトップページ

TeamHackは、一元的なタスク管理によって、チームで働く効率を向上させるツールです。

<TeamHackのポイント>

  1. クリック・ビュー機能
    タスクが完了したらワンクリックでレビューの依頼ができます。
    タスクを確認したらOKもしくは差し戻しで管理できるので、必要最低限のコミュニケーションで完結可能です。
  2. 時間計測機能
    タスクごとにかかる時間を測定できるので、作業時間にどれほど時間をかけているのかを把握できます。
    また、時間測定は、タスクごとにON/OFFの切り替えが可能なので、臨機応変に使い分けできます
  3. 3つの料金プラン
    「お試し」「ビジネス」「フリーランス」の3つの料金プランが用意されています。
    お試しプランでは1プロジェクトのタスクに限っては、タスクの作成が無制限で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【2020年最新版】タスク管理とは?チームで使える19個のオススメ管理ツールも徹底比較

【有料】おすすめのタスク管理ツール

以下でご紹介する4つのツールは、無料での利用はできませんが自社のタスク管理効率化に貢献します。自社が抱えているタスク管理の課題と照らし合わせて検討しましょう。

Taskworld

Taskworldのトップページ

Taskworldは、グローバルに導入実績のある世界基準のタスク・プロジェクト管理ツールです。

<Taskworldのポイント>

  1. タスクのカンバン型管理
    タスクを視覚的に管理できるカンバン方式で、タスクの進捗が一目瞭然になります。
    また、タスクごとに期日を設定できるので、タスクの消化忘れを防止できます。
  2. コミュニーケーションを促進する
    社員のオンライン状況の可視化、メッセージの既読情報の確認ができるので、コミュニケーションが円滑になります。
    そのため、コミュニケーションが希薄になりがちなテレワークなどの働き方に対応可能です。
  3. 3つの料金プラン
    「プロフェッショナル」「ビジネス」「エンタープライズ」の3つの料金プランが用意されています。
    月払いのプロフェッショナルプラン(¥1,400/月)では、プロジェクト数の上限が100まで、添付ファイルのサイズは100MBまでになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Backlog

Backlogのトップページ

Backlogは、プロジェクトの進捗を可視化して、効率的なタスク管理を可能にするツールです。

<Backlogのポイント>

  1. プロジェクトの進捗を見える化する
    プロジェクト計画のガントチャートを作成して見える化します。
    メンバーの進捗が瞬時に把握できるので、作業の遅延にいち早く気づけます。
  2. タスクを詳細に設定する
    社員のタスクを一箇所にまとめるので、担当者が明確になって作業が進めやすくなります。
    また、タスクの期限を設定すればタスクの消化忘れを予防できます。
  3. 4つの料金プラン
    「スタータープラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「プラチナプラン」の4つの料金プランが用意されています。
    それぞれのプランには、登録できるプロジェクト数やストレージ容量に違いがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Bizer team

Bizer teamのトップページ

Bizer teamは、チェックリストでプロセスを可視化して、リアルタイムで進捗を共有できるツールです。

<Bizer teamのポイント>

  1. タスクに関するコメント機能
    タスクごとにコメント機能があるので、メンバーとのコミュニケーションが取りやすいです。
    例えば、タスクに関する情報や感想、フィードバックをまとめておけます。
  2. タスクのテンプレート機能
    タスクのテンプレート機能を活用すれば、一からタスクを設定する手間が省けます。
    ITや経理、マーケティングなど多種多様なテンプレートが用意されています。
  3. 3つの料金プラン
    「ライト」「ビジネス」「エンタープライズ」の3つの料金プランが用意されています。
    それぞれのプランには、利用可能なユーザー数やストレージ容量、セキュリティ機能、サポートなどに違いがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Time Krei

Time Kreiのトップページ

Time Kreiは、円滑なプロジェクト管理を実現するための機能が揃っているツールです。

<Time Kreiのポイント>

  1. 作業の実績も見える化する
    Time Kreiはタスクの管理だけでなく、タスクに対する実績も登録可能です。
    そのため、自分の予定タスクと作業との間のギャップを認識できます。
  2. コストパフォーマンスを分析
    プロジェクトの進行や稼働状況を、プロジェクトの情報や個人の予定などから分析します。
    エクスポート機能によるCSVデータの出力ができるので、独自の集計も可能です。
  3. 3つの料金プラン
    「トライアル」「クラウド」「シングルテナント」の3つの料金プランが用意されています。
    トライアルプランは1ヶ月のみ利用可能で、その後の利用は有料プランへの移行が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 使いやすいタスク管理アプリ20選!今すぐ使ってタスク漏れを防ごう

タスク管理ツールを選ぶ4つのポイント

タスク管理をサポートするツールは非常に多種多様で、導入を検討している担当者の方は何をポイントにしてツールを選べば良いのか、迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。
 
以下では、自社の環境に合うタスク管理ツールを選ぶための4つのポイントをご紹介します。

クラウド型かオンプレミス型か

ITツールは大きく分けて、以下の2つの種類に分類できます。
 
  • オンプレミス型ツール
  • サーバーやネットワーク機器等を購入するなどして自社で管理、運用していくもの。
  • クラウド型ツール
  • インターネット経由でサーバーに接続して、提供されているツールを利用するもの。
オンプレミス型は、機能のカスタマイズ性が高く、セキュリティが強固です。一方で、導入コストが高い特徴があり、企業規模の大きな会社向きです。
 
クラウド型には高いカスタマイズ性はありませんが、導入コストが比較的安価であり、オンライン環境での利用が可能なので、テレワークなどの働き方にも有効です。クラウド型ツールは、ベンチャー企業や中小企業、また大企業まで、あらゆる企業規模の会社に対応できます。
 
クラウド型ツールはセキュリティ面に不安がありますが、国際セキュリティ資格や信頼できる厳格なセキュリティ基準を満たしているツールを選択すれば、ほとんどデメリットなく利用できます。

チームのタスク管理課題を解決できるか

具体的なツールを検討する前に、自社が抱えているタスク管理上の課題を明確にしましょう。
 
「多くの企業で採用されているから」「搭載されている機能が多種多様だから」のような安直な理由でツールを選択してしまうと、自社の環境や社員の実情に合わず失敗に終わる可能性があります。
 
また、自社がタスク管理に関して抱えている課題を明確にすることで、導入するツールに必要な特徴が絞れます。選択肢が無数にあるタスク管理ツールのなかから自社にマッチするツールを選ぶためには、課題の洗い出しが不可欠です。

タスクをチームで共有できるか

タスク管理ツールには個人用とチーム用の2種類があります。自社でタスク管理する目的がプロジェクトや業務のマネジメントであれば、チーム用のタスク管理ツールを選択しましょう。
 
個人用のタスク管理ツールには、他の社員とタスクの共有ができない、もしくは共有に手間がかかる場合が多いです。一方、チーム用では社員タスクの状況が一覧で確認でき、タスクの共有、依頼も簡単にできるので、業務効率が大幅に向上します。
 
チーム内での円滑なタスク共有が実現すれば、変化の激しい経営環境に対応しながら、効率性や生産性を高められます。

誰でも簡単に使い方がわかるか

4つのポイントのなかでも見落としがちなのが、誰でも簡単に使いこなせるツールかどうかです。タスク管理上の課題を検討してツールを導入しても、実際にタスク管理ツールを利用する社員にとって使いやすいものでなければ余計な手間がかかり、誰もツールを使わなくなります。
 
「誰でも簡単に使い方がわかる」の基準として、以下の3つの要点を押さえているツールがおすすめです。
 
  • 必要最低限の機能
  • シンプルなデザイン
  • ITに詳しくない人でも使える
例えば、今回ご紹介したツールのひとつの「Stock」は、タスク管理課題を解決する機能を持っており、ITに詳しくない人が説明なしで使えるほどシンプルで洗練されたツールです。自社の業務効率化に大きく貢献してくれるおすすめのツールです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: これで期限を守れる!簡単にタスク管理ができるツールを選ぶポイントとは?

プロジェクト管理とタスク管理の違い

タスク管理と似た言葉にプロジェクト管理があります。両者は混同して使われることがありますが、実は、明確な違いがあります。以下では、プロジェクト管理とタスク管理の違いについてご紹介します。

プロジェクトは「チームの目的」タスクは「個人の目標」

プロジェクトは、経営上の一つの目的を軸として、あらゆる社員が関係する複数の業務の集合体です。一方でタスクは、業務を円滑に進めるために設定する作業のノルマを意味します。
 
つまり、チームでプロジェクトを達成するために割り振られた個人の役割を明確にして、確実にこなすために必要なことがタスク管理です。そのため、プロジェクト管理は「チームの目的」を達成するために必要な管理であり、同様にタスク管理は「個人の目標」を達成するために必要な管理手法です。

プロジェクトの成功にはタスク管理が不可欠

タスクを確実にこなすことはプロジェクトの成功に大きく関わります。タスク管理ができていない環境ではプロジェクトが円滑に進まないので、企業は大きな損失を被ります。
 
プロジェクトのタスクは、それぞれが独立したものではなく他の社員のタスクと密接に関わっているので、一つのタスクに遅延や不具合があると全体に影響が出てしまうのです。
 
そのため、プロジェクトを成功させ自社の利益を最大化するためには、ツールを活用したタスクの徹底的な管理が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 【2020年度版】タスク管理とは?おすすめタスク管理ツール16選を徹底比較!

プロジェクトのタスク管理ツールのまとめ

タスク管理ツールを選ぶ際のポイントとして、以下の4つのポイントをご紹介しました。
 
  1. クラウド型かオンプレミス型か
  2. チームのタスク管理課題を解決できるか
  3. タスクをチームで共有できるか
  4. 誰でも簡単に使い方がわかるか
まずツールの導入を具体的に検討する前に、「なぜタスク管理ツールを導入するのか」を明確にしましょう。ツールの導入が検討される背景には、自社のタスク管理課題を解決する必要性に迫られている状況があります。
 
課題が明確になれば導入すべきタスク管理ツールの特徴や機能が分かるので、スムーズに自社にマッチするツールを選択できます。また、タスク管理ツールは大企業だけでなく、中小・零細企業であっても導入・運用が効果的にできると業務効率化を実現できます。
 
今回ご紹介したツールのひとつのStockは、タスク管理ツールを選ぶ4つのポイントを全て網羅しており、大企業でも安心して導入できる高度な管理体制があるので、セキュリティ面も安心な数少ないツールです。
 
無料から利用・登録ができ、登録も1分で完了するので、Stockを活用してプロジェクトのタスク管理を効率化しましょう。
 
関連記事: 【厳選8選】チームや部署のタスク管理におすすめのツールをご紹介