社用スマホとしてiPhoneを導入するチームでは、紙のメモ帳の代わりにiPhoneで仕事のメモをとる社員もいます。メモ帳と違ってペンや紙が必要ないので、通勤中でも気軽にメモできるのが大きなメリットです。
 
代表的なメモアプリにはiPhoneに標準搭載されている黄色の「メモ」アプリがあります。多くの人が普段利用していない便利な機能がいくつもあるアプリです。
 
企業にとって社員のメモは全社で共有すべき有益な情報資源なので、適切に管理するためにはiPhoneの「メモ」を使いこなす必要があります。
 
そこで今回は、iPhone「メモ」アプリの使い方まとめを中心にご紹介します。
 
  • iPhone「メモ」の使い方が分からない社員が多いので教えたい
  • 社員が仕事の情報を上手く管理できていないので困っている
  • メモを共有したいがどのように操作すれば良いか分からないので教えてほしい
という担当者の方は、この記事を参考にするとiPhoneの「メモ」の使い方を正しく理解でき、自社にもっとも合うメモ管理の方法を見つけられます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone「メモ」の基本的な使い方

iPhoneの「メモ」を使いこなすために理解しておくべき機能を「基本」と「応用」に分けて説明します。はじめに紹介するのはiPhone「メモ」の基本的な使い方です。

フォルダの作成

メモアプリにはフォルダ機能があります。フォルダを作ることで「ビジネス」「プライベート」など、メモの分類できます。
 
フォルダを作るには、まず左下にある[フォルダマーク]をタップします。
 
iPhoneメモのフォルダマーク
 
iPhoneメモの保存先の選択肢
 
次にメモの保存先が表示されます。今回は[iPhone]をタップしてメモを保存しましょう。
 
iPhoneメモの保存ファイルの選択肢
 
上記の2つの保存先が表示されます。iPhone本体の保存先は以下の2種類です。
 
  • 新規フォルダ
  • 一般的なメモの保存先です。
  • 新規スマートフォルダ
  • 共通の「タグ」が付いているメモだけを表示します。
    (メモを整理するためにタグを使って分類します。)
今回は[新規フォルダ]にメモを保存しましょう。
 
iPhoneメモの新規フォルダ名称の入力画面
 
次にフォルダの名称を入力するページが表示されます。何のメモが格納されているかをすぐに判断できるように、分かりやすい名称を入力しましょう。
 
iPhoneメモのフォルダ設定後の画面
 
フォルダ一覧に「会議議事録」フォルダが作成されたのが分かります。以上の操作でメモを保存するフォルダの作成が完了です。

新規メモの作成

新しくメモを作成する方法をご説明します。
 
はじめに、メモを保存したいフォルダをタップします。次に、画面右下の[メモマーク]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのメモマーク
 
メモが書けるページが表示されるので自由に記録を残しましょう。
 
メモの1行目は、文字が太く・大きく変換されるのでタイトルを入力します。2行目以降は文字の変換はされません。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
iPhoneメモのフォルダ内の画面
 
上図のように、1行目はメモ一覧で目立つように表示されます。そのため、メモの内容を瞬時に判断できるような分かりやすいタイトルをつけましょう。

メモのフォルダ移動

フォルダが複数ある場合、フォルダ間でメモを移動できます。
 
はじめに、移動したいメモを左にスワイプします。(スワイプとはタップしたまま画面を指で滑らせることです。)
 
iPhoneメモのスワイプ操作
 
iPhoneメモのフォルダ移動
 
スワイプしたメモに2つのマークが表示されます。メモを移動するときは青色の[フォルダマーク]をタップしましょう。
 
iPhoneメモの移動先フォルダの一覧
 
メモの移動先が一覧で表示されます。移動させたい任意のフォルダをタップしましょう。
 
今回は[iCloud](インターネット上の保存場所)を選択します。
 
iPhoneメモのフォルダ一覧画面
 
上図のようにiPhoneフォルダに保存されていたメモがiCloudフォルダに移動しました。

メモの削除

メモアプリは紙のメモ帳とは違って簡単にメモを削除できます。
 
はじめに、削除したいメモを左にスワイプします。(スワイプとはタップしたまま画面を指で滑らせることです。)
 
下図のように2つのマークが表示されるので、赤い[ゴミ箱マーク]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのゴミ箱マーク
 
iPhoneメモのフォルダ一覧画面
 
以上の操作でメモが削除され、「最近削除した項目」にメモが移動します。

メモの復元

誤って削除したメモや再度必要になったメモは復元できます。削除したメモは全て「最近削除した項目」に保存されているので、別のフォルダに移動させれば復元完了です。
 
復元したいメモを選択して左にスワイプしましょう。(スワイプとはタップしたまま画面を指で滑らせることです。)
 
iPhoneメモのファル移動マーク
 
2つのマークが表示されるので青色の[フォルダマーク]をタップして、復元したいメモを別のフォルダに移動させましょう。
 
「最近削除した項目」のメモは30日間(最大40日間)保存できますが、日数を超えると完全に削除されるので復元はできません。

メモの検索

検索すればすぐに作成したメモを探し出せます。最初の画面もしくは各フォルダ内の画面上部にある[検索]にキーワードを入力しましょう。
 
iPhoneメモの検索欄
 
iPhoneメモの検索結果画面
 
上図のように入力したキーワードに合致するメモが一覧表示されます。デジタルでメモ管理する場合、高度な検索機能がないと確認したいメモを探すのに手間がかかるので非効率です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone「メモ」の発展的な使い方

次にご紹介するのはiPhone「メモ」の発展的な使い方です。応用的な使い方までマスターできれば、これまで不便に感じていた業務を一気に効率化できるようになります。

画像の貼り付け

メモには文字だけでなく画像も貼り付けられます。
 
画像の貼り付けるためには、はじめに画面左下の[カメラマーク]をタップします。
 
iPhoneメモのカメラマーク
 
次に、以下の3つの選択肢が表示されるので目的に合ったものをタップしましょう。
 
  • 写真またはビデオを選択
  • すでにカメラロールにある写真またはビデオを添付したいときに使います。
  • 写真またはビデオを撮る
  • これから写真またはビデオを撮影して添付したいときに使います。
  • 書類をスキャン
  • 紙の書類をより綺麗に撮影して添付したいときに使います。
 
iPhoneメモの添付画像の選択肢
 
iPhoneメモの画像添付後画面
 
以上の操作をすれば、上図のように写真やビデオをメモに添付できます。

音声入力と手書き入力

iPhoneのメモはキーボード入力のほかに音声入力や手書き入力が使えます。
 
はじめに、音声入力の方法をご紹介します。
 
まず、音声入力をするためにはメモ画面をタップしてキーボードを表示します。次に、画面右下の[マイクマーク]をタップします。
 
iPhoneメモの音声入力マーク
 
音声を認識してくれる画面が表示されるので、iPhoneに向かってメモしたいことを話しましょう。
 
iPhoneメモの音声入力中の画面
 
上図のように、iPhoneのメモが音声認識された言葉を自動的にテキストに変換します。
 
 
次に、手書き入力でメモをとる方法をご紹介します。
 
まず、画面下部の[ペンマーク]をタップしましょう。ペンや蛍光マーカー、物差しなどの紙のメモ帳で使うような道具をデジタルで利用できます。
 
iPhoneメモのペンマーク
 
iPhoneメモの手書き入力画面
 
上図のように手書きメモを作成できますがiPhoneでは画面が小さいので、画面の大きなiPadから手書きするのが良いです。
 

チェックボックスの作成

チェックボックスを作成すればメモ情報だけでなくタスクの管理もできます。
 
はじめに、画面左下の[チェックリストマーク]をタップしましょう。メモに◯が表示されるのでリスト化したいメモを書き込みます。
 
iPhoneメモのチェックリストマーク
 
iPhoneメモのチェックリスト作成画面
 
上図のように◯をタップすると黄色のチェックを付けられます。チェックは完了したタスクと未完了のタスクを瞬時に見分けるのに役立ちます。
 
しかし、チェックリストの内容を忘れないように通知するリマインダー機能はないので、仕事のタスク管理で利用する際には十分注意しましょう。

表の作成

Excelやスプレッドシートのような表もメモ内に作成できます。
 
まず、表を作成するためにはメモ画面をタップしてキーボードを表示します。次に、キーボードの右上にある[+]をタップします。
 
表示される[表マーク]をタップしましょう。
iPhoneメモの表マーク
 
iPhoneメモの表作成画面
 
上図のように2×2の表が表示され自由に文字入力できます。また、右下の表で改行すれば1つ行を増やせます。

メモの保存先の指定

基本の設定ではメモはiPhone本体に保存されます。メモの保存先を変更すれば。ほかのアプリにメモのバックアップを取れるのでiPhoneが故障してしまっても問題ありません。
 
メモの保存先を設定するには、設定 > メモ > アカウントの順に選択肢します。
 
設定アプリのメモ
 
次に、メモの保存先にしたいアカウントを開き、メモへの共有をオンにしましょう。
 
また、[デフォルトアカウント]を変更すると、新規メモが自動保存される場所を変更できます。
 
設定アプリのGmailアカウント
 
iPhoneメモのフォルダ一覧
 
上図のようにiPhoneのメモのフォルダに追加したアカウントが表示されます。

メモのパスワード設定

大切なメモにはロックをかけて管理できます。
 
はじめに、パスワードでロックしたいメモを開きます。次にメモの右上にある[⋯]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
iPhoneメモのロック選択
 
表示される選択肢から[ロック]を選びます。
 
iPhoneメモのパスワード設定画面
 
上図のようにパスワードを設定する画面が表示されるので、必要な項目を埋めて画面右上の[完了]をタップしましょう。
 
以上の操作をしたメモを閲覧するためには設定したパスワードを入力する必要があります。

メモのピン留め

重要なメモだけをピンで留めて管理できます。
 
はじめに、ピンで留めたいメモを選択します。次に、メモの画面右上の[⋯]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
iPhoneメモのピンで固定マーク
 
表示される選択肢から[ピンで固定]をタップします。
 
iPhoneメモのメモ一覧
 
上図のように、フォルダのなかでピンで留めたメモだけが一番上に表示されています。

メモの共有

iPhoneのメモはほかの人に共有できます。たとえば、取引先からの伝言を営業部に伝達するときにはすぐに大切な情報を届けられるので、紙のメモを用意する必要がなくなります。
 
はじめに、共有したいメモを選択して画面右上の[⋯]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
iPhoneメモのコピーを送信マーク
 
表示されるいくつかの選択肢から[コピーを送信]を選びます。
 
iPhoneメモのアプリ選択画面
 
最後に上記のようにメモのコピーを送信する選択肢が一覧で表示されます。共有先の相手に送信できるアプリをタップしましょう。
 
また、iCloudで作成したメモであれば[メモを共有]から相手と共有することも可能です。相手が編集できるようにするか、閲覧のみにするかなどの共有オプションもあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

仕事でiPhone「メモ」を利用する3つの注意点

社用スマホにiPhoneを導入する企業が「メモ」をビジネス利用する際に注意すべき点が3つあります。
 
  1. メモを共有機能が複雑
  2. メモを保存するフォルダによって共有する方法が異なります。iCloudフォルダに保存したメモは共同編集できますが、iCloudフォルダ以外に保存したメモはほかのアプリから送信する必要があるなど統一されていません。
     
  3. ほかの社員と上手く連携できない
  4. メモ情報をもとに連絡を取り合うためには別アプリが必要なので、不便に感じるシーンが多いです。チームで活発な情報共有をしたい企業には向きません。
     
  5. メモをシンプルに管理できない
  6. メモは「iCloud」や「iPhone」などの保存先で大きく分類されるので、何がどこに保存されているのか分からなくなります。また、フォルダの階層も1つしかないので多種多様な情報を扱うビジネスに向きません。
以上のように、Apple製品で利用できる「メモ」は仕事の情報管理には向かないことが分かります。iPhoneの「メモ」はプライベートの買い物リストやToDoリスト、日記、覚え書きなどの用途で活躍するアプリです。
 
そのため、今よりも自社の業務を良い方向へ進めたいと考える担当者の方は「チームで円滑なコミュニケーションがとれ、かつメモを簡単に共有・管理できるメモアプリ」を検討しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモを簡単に作成・蓄積・共有できるおすすめメモアプリ

以下では、メモを簡単に作成・蓄積・共有できるおすすめメモアプリをご紹介します。
 
iPhoneの「メモ」では効率的なメモの共有・管理が難しいなどの課題があり、ビジネス利用するのには向いていないことが分かりました。逆に、ビジネス利用で十分活用できるアプリは以下の3つの条件を満たすと言えます。
 
  1. 何も考えずにメモを作成しただけで共有できる
  2. メモに紐づいたメッセージのやりとりができる
  3. 目的のメモがすぐに発見できるほど整理整頓できる
結論、上記の3つの条件すべてを満たし、かつITに慣れていない社員でも簡単に使いこなせるアプリは「Stock」一択と言えます。
 
Stockはメモを作成・編集すればリアルタイムで共有できるなど、面倒な操作が不要なほどシンプルで誰でも簡単に使いこなせるアプリです。また、iPhoneだけでなくAndroidやWindows、Macからも利用できます。
 
非IT企業を含む導入実績が100,000社を超える今注目のツールであり、業界・業種問わず定評があります。

チームの情報を最も簡単に残せるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【必見】iPhone「メモ」アプリの使い方まとめ

今回は、iPhoneに標準搭載されている純正「メモ」アプリの使い方を基本機能と応用機能に分けてご紹介しました。たとえば、画像の貼り付けや表の作成はビジネスシーンで活躍する機能です。
 
一方で、iPhone「メモ」は共有機能が不十分だったりコミュニケーション機能がなかったりするなど、ほかにもビジネス利用には向かない点がいくつもあります。そのため、仕事のメモを社内情報として管理する場合には、ほかのメモアプリをインストールしましょう。
 
たとえば、”Google Keep”や”LINE”でメモを管理する方法もあります。しかし、Google Keepはメモをひとつひとつ共有するので手間がかかり、LINEのキープ機能でメモ管理をすると共有自体ができない問題があるのです。
 
結論、チームでメモを共有して有効活用できる環境をつくるためには、誰でも簡単にメモが残せる機能が過不足なく備わっており、リアルタイムでメモの共有ができるStockが最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を自社に導入してメモを貴重な情報資源のひとつとして有効活用しましょう。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選
 
関連記事: iPhone「メモ」の保存・バックアップ方法
 
関連記事: iPhone「メモ」アプリを使いこなすために!【メモを検索】
 
関連記事: 【iPhoneメモアプリ】チェックリストの作成と自動並び替え
 
関連記事: iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!