テレワークが普及し社員の働く場所が分断されるなか、社内コミュニケーションやチームへの貢献意欲を向上する手段として、社内報が注目されています。
 
社内報を読むことは社員の意思に委ねられるため、社内報による情報発信で期待する効果を得るには、社員が読みたくなる内容の記事を作成しなければなりません。
 
しかし、「社内報に書く内容が定まらないため作成が進まない」、または「社内報の目的の設定方法や実際の運用方法が分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、社内報に使える面白いネタや運用事例を中心にご紹介します。
 
  • 社内報のネタを見つけて今すぐ執筆作業に取り掛かりたい
  • 社員に社内報発行の意味を伝えるための要点を理解し、読まれる社内報を作成したい
  • 他社の事例を自社に落とし込み、社内報作成の目的を達成したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると充実した社内報作成のポイントが分かり、効果的な情報発信ができます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報とは

以下では、社内報の目的と媒体について解説します。社内報のコンセプトを定めるために重点を置く項目を設定し、それに合った媒体を選びましょう。

社内報の目的

社内報には、主に次の3つの目的があります。
 
  1. 会社の経営方針を共有する
  2. 1つ目の目的は会社の経営方針の共有です。コロナ禍で社員全員が集まることが少なくなり、トップ層から会社の経営方針や経営理念が伝えられる機会も減少しています。
     
    社員が共通の目的を認識していなければ、一人ひとりが自分のすべきことを明確化できず、業務遂行のスピード感が失われます。また、個人で熱量の差が発生する可能性があります。
     
    社内報で会社の経営方針を共有すれば社員の帰属意識を高め、理念達成に向けた日々の業務への主体的な取り組みを促進できるのです。
     
  3. 社内のコミュニケーションの強化
  4. 2つ目の目的は、社内コミュニケーションの強化です。社内報でよく取り上げられる社員紹介や部門紹介は、社員同士の相互理解を深める役割を果たします。
     
    社員・部門間の結びつきが強くなれば意思疎通が図りやすくなり、業務を円滑に進められます。
     
    社内報が共通の話題を提供すれば社員のコミュニケーションが促進され、さらに業務効率化の実現にもつながるのです。
     
  5. 社員の家族に向けた情報共有
  6. 社内報に掲載されるコンテンツの多くは「どのような企業で働いているのか」、「どのような人が働いているのか」といった会社内部の細かい情報を含んでいます。
     
    そのため、充実した社内報は、会社と直接的なつながりのない「社員の家族」の安心感を生み出します。家族からの理解が得られると社員自身も働きやすくなり、結果として会社への定着率が高まるのです
     

社内報の媒体

社内報の媒体には、大きく分けて紙とWebの2種類があります。
 
紙媒体は必ず手に取ってもらえて、かつ社員の家族にも見てもらいやすい媒体です。しかし、印刷などのコストが大きく、読者からの反応が伝わりづらいなど多くのデメリットがあります。
 
逆に、Web媒体の社内報は紙のデメリットを解消し、さらにPCやスマートフォンから簡単にアクセスできるため、コロナ禍での社内報運用に適していると言えます。しかし、とくに中小企業のように社員のITリテラシーにばらつきがある場合、閲覧率が伸びない可能性があります
 
たとえば、非IT企業向けの仕様で、導入即日から使いこなせる情報共有ツールの「Stock」であれば、誰でも簡単に社内報の閲覧・反応ができるので紙とWebのデメリットが解消されます。
 
関連記事: 「日報」とは?意味やメリット、書き方のポイントなどを徹底解説!
 
関連記事: 業務日報は無駄で意味がない?メリット・デメリットや必要性も解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報のコンテンツに使えるネタ

以下では、社内報のコンテンツに使えるネタを3つのジャンルに分けてご紹介します。見出しだけで社員の興味を引き起こせるコンテンツ作りに取り組みましょう。

企業に関するネタ

【内容例】
  • 経営方針や事業計画
  • 社長・役員からのメッセージ
  • 研修会レポート
  • 新サービスリリース情報
  • お客様からの声
  • ビジネスマナー講座
  • 社内イベントカレンダー

社員に関するネタ

【紹介例】
  • 活躍している社員
  • 知らなかった!あの部署での仕事内容
  • 今注目の部署にインタビュー
  • 新入社員紹介
  • 様々な座談会(パパ・ママ社員、趣味や特技)
  • チーム自慢のメンバー紹介
  • 先輩社員の社内履歴書
  • 内定者紹介
  • おすすめ本紹介

季節やイベントに関するネタ

【春】
  • 3月:別れの特集(定年退職者など)
  • 4月:入社式、新入社員特集
  • 5月:ゴールデンウィークの思い出
【夏】
  • 6月:梅雨に関すること
  • 7月:七夕コンテンツ
  • 8月:夏休み特集
【秋】
  • 9月:秋特集(味覚の秋、読書の秋など)
  • 10月:内定式
  • 11月:勤労感謝イベント
【冬】
  • 12月:一年の締めくくり、忘年会のススメ
  • 1月:新年の挨拶、今年の抱負
  • 2月:健康特集
 
関連記事: 【テンプレート付き】日報に書くべき内容5選!種類に合わせた文章例も解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報制作のポイント

以下では、社内報制作に欠かせない4つのポイントをご紹介します。すべてのポイントを押さえると社内報の内容が充実して、閲覧率も高まります。

コンセプトを定めて目的を明確にする

多くの社員に読まれる社内報を作るために、まずはコンセプトを明確化しましょう。
 
「誰に、何を、どのように伝える社内報なのか」を定めます。たとえば、社内報のターゲットに社員の家族が含まれるか否かによって、内容の細かさや用語の使い方などを変えなければなりません。
 
限られた紙面で最大限の情報を提供するためには、情報の取捨選択が大切です。まずはその基準となる社内報のコンセプトを明確にする必要があるのです。
 

デザインを工夫する

社内報のデザインも、読まれやすくするポイントのひとつです。
 
配色・文字サイズ・フォントなど視覚的な要素について、記事の雰囲気や会社の年齢層に合わせて選びましょう。また、文字と写真のバランス・配置などのレイアウトも読みやすさに直結するため、いくつかパターンを用意して慎重に選択する必要があります。
 
知識が必要な分野であるため、専門家に依頼することも一つの方法です。

業務で役立つ情報を提供する

読まれる社内報づくりのために、実際の業務で役立つ情報やノウハウを発信しましょう。
 
もちろん、社内インタビューや社員紹介など、社内情報を伝えるコンテンツはコミュニケーションの促進のために重要です。しかし、実際に社員にとって優先度の高い情報とは、「明日からすぐに使える仕事術」など日々の業務に役立つものです。
 
確実に読まれるコンテンツを掲載することで他のコンテンツにも目を通してもらいやすくなり、社内報の目的達成に近づきます。
 

発行後の効果測定

社内報の発行後は、発行の効果や読者数を必ず測定しましょう。
 
たとえば、発行の最大の目的が「社内コミュニケーションの活性化」であれば、社内報をきっかけとしたコミュニケーションが生まれたかどうかを社員に問う必要があります。
 
情報共有ツールを利用した社内報に関するアンケートの実施により効果を測定、反省点を抽出すると、次回以降の発行で改善しながら社内報の目的達成に近づけます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報の運用事例

以下では、社内報の運用事例をご紹介します。社内報により情報発信に関する課題を解決したケースです。

グリー株式会社

ここでご紹介するのは、グリー株式会社の事例です。グリー株式会社は、ゲーム事業・メタバース事業、広告・メディア事業を展開している企業です。
 
社内報運用以前は、事業ごとに設立した子会社ごとに情報発信を行っていたため、グループを包括する情報発信ツールがないことが課題でした。とくに、社内の共通メディアは外部向けの公式ブログのみであったため、社員やその家族向けのコンテンツの充実化が求められていました。
 
そこで、それまではコーポレートサイトであった公式ブログを従業員や家族、取引先企業、一般ユーザーへの情報発信のためのオウンドメディアとしてリニューアルしました。とくに、従業員を最も重要な利害関係者として捉え、会社への帰属意識や働くモチベーションを高めるコンテンツ作りを目的としました。
 
社内報も兼ねたオウンドメディアの運営にあたっては、会社への理解を深めるテーマづくりやフレームづくり、また振り返りまで含めた計画的な工程づくりなど、抜かりない事前準備を行いました。
 
その結果、実際に目標となる閲覧数を上回る記事が増加しており、従業員を中心とした関係者へのメディアの認知度向上による包括的な情報発信が実現しつつあると言えます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報運用に役立つおすすめのツール

以下では、社内報運用に役立つおすすめのツールをご紹介します。
 
社内報の共有手段としては、コロナ禍でも確実に発信でき、印刷コストもかからない情報共有ツールが最適です。
 
一方で、社内報作成の過程では社員へのインタビュー内容や役員からのメッセージなど、コンテンツに基づくさまざまな情報を管理する必要があります。チャットツールやファイル共有ツールで管理する方法もありますが、「チャットツールは情報が流れ、ファイル共有ツールは検索性が悪い」というデメリットがあります。
 
したがって、社内報運用においては情報を流さず蓄積し、必要な時にすぐにアクセスできる環境が求められます。
 
結論、社内報運用に役立つのは、情報の保管のための機能を過不足なく備え、社内報の共有手段としても利用できる「Stock」一択です。
 
Stockでは「ノート機能」を利用して記事に必要な情報を蓄積し、さらに社員全員に社内報や社内報に関するアンケートを共有するなど、社内報に関するあらゆる業務で活用できるのです。

【Stock】最も簡単に社内報を管理できるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内報の運用事例まとめ

ここまで、社内報に使える面白いネタや運用事例を中心にご紹介しました。
 
読まれる社内報にするためには、事例のように目的を明確にし計画的に事前準備を行わなければなりません。また、発行後はアンケートや閲覧数の分析などを通して効果測定を行う必要があります。
 
つまり、社内報の作成から共有までを円滑に進めるためには、担当者はITツールを導入し情報を整理しなければならないのです。
 
今回ご紹介したStockは記事に必要な情報を蓄積し、かつ社内報の共有にも利用できる情報共有ツールです。自社と同様のタスク管理の悩みを抱えた100,000社を超える企業への導入実績があるため、担当者の方は安心して導入できます。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了します。ぜひ「Stock」で社員に読まれる社内報を作成して、さらに社内の情報共有やコミュニケーション活性化にも役立てましょう。
 
関連記事: クラウド型日報サービス9選!導入のメリットや注意点も解説
 
関連記事: 【最新版】有料・無料のおすすめ日報アプリ・ツールランキングTOP3!
 
関連記事: 業務日報の書き方を例文付きで紹介!上司に評価されるコツとは?