誰かに紙のメモを共有する際には、わざわざ渡しに行く必要があり、さらに紛失のリスクと常に隣り合わせです。また、メモアプリの多くも直接共有できる機能はほとんどなく、チャットツールを経由しなければならないので情報の分散が頻発します。
 
一方、メモを書いてそのまま社内に共有できる「オンラインメモアプリ」があることはあまり知られていません。そのため、「メモを従業員と共有できれば便利なのに、良いアプリが見つからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、メモを共有できるおすすめのオンラインメモアプリ7選をご紹介します。
 
  • アナログでメモを管理しているので、社内の情報共有に手間がかかっている
  • 自社の目的に合った使いやすいオンラインメモの導入を検討している
  • メモアプリの導入に迷い、決定的なポイントが分からずに決めかねている
という担当者の方はこの記事を参考にすると、自社にマッチするメモツールが選定できるうえ、適切な選定基準も分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインメモのおすすめアプリ7選

以下では、オンラインメモのおすすめアプリ7選をご紹介します。
 
メモは個人の気づきを適切に管理しておくために重要です。しかし、ビジネスはチームプレーが基本なので、蓄積した情報をノウハウやナレッジとして昇華させるために「共有」にも注目する必要があります。
 
そして、情報共有できる機能を備えたオンラインメモアプリは複数あるため、導入後の運用を考慮して「使いやすさ」を選定基準にすれば、教育コストの削減も見込めます。
 
したがって、自社のオンラインメモアプリにふさわしいのは、誰でも簡単にメモを社内共有できるうえに、説明なしで即日から使いこなせるほどシンプルな「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」に残したメモはリアルタイムで任意のメンバーに共有され、チャットツールのように情報が流れる心配もありません。また、StockはスマホだけでなくPCやタブレットでも利用できるため、どこにいてもメモを残せるので便利です。

【Stock】チームのメモを最も簡単に残せるアプリ

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Dropbox Paper】Dropboxとの連携も可能

Dropbox Paperのトップページ

Dropbox Paperは、チームのメンバー同士でメモができるメモアプリです。Dropbox内に保存されているファイルとの連携が強化されているので、関連した内容の紐付けが簡単になっています。

<Dropbox Paperの特徴>

  • チェックリストやコメントなどの機能が豊富
    特定の内容にコメントを付けたり、チェックリストが入れられたりするなどの付加機能が豊富にあります。
  •  
  • Dropboxとの連携
    Dropbox内のファイルを貼り付ければ、ダウンロードせずすぐに開けます。

<Dropbox Paperの注意点>

  • 共有リンクの管理に注意する
    ドキュメントは共有リンクを発行することで、外部へ共有ができます。しかし、適切に管理しなければ第三者にアクセスされる可能性があるので注意しましょう。
  •  
  • 各機能を覚えるのに時間がかかる
    ほとんどの機能がアイコンのみで表示されているため、どのアイコンがどういった機能なのかを習得するのに時間がかかります。

<Dropbox Paperの料金体系>

  • 【個人事業主向け】Professional:¥2,400/月(月間払い)
  • 【成長中のチーム向け】Standard:¥1,800/ユーザー/月(月間払い)
  • 【複雑なチーム向け】Advanced:¥2,880/ユーザー/月(月間払い)
  • 【大規模な会社向け】Enterprise:要問い合わせ


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【NotePM】社内Wikiとして利用できるオンラインメモ

NotePMのトップページ

NotePMは、議事録やマニュアル、ノウハウなどのさまざまなドキュメントを効率的に管理できる、ドキュメント専用の情報共有サービスです。

<NotePMの特徴>

  • 安心のセキュリティ
    プライバシーマークの認定を受けており、2段階認証やアクセスログのセキュリティ機能が豊富です。
  •  
  • 既読を管理できる
    社内共有されたドキュメントを、社員が見ているかが確認できます。

<NotePMの注意点>

  • 無料プランがない
    無料で利用できるのは30日間トライアルのみとなるため、使い続けるには有料プランにする必要があります。

<NotePMの料金体系>

  • プラン8:4,800円/月(〜8ユーザー)
  • プラン15:9,000円/月(〜15ユーザー)
  • プラン25:15,000円/月(〜25ユーザー)
  • プラン50:30,000円/月(〜50ユーザー)
  • プラン100:60,000円/月(〜100ユーザー)
  • プラン200〜:120,000円/月〜(200ユーザー〜)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【esa】情報を育てることに特化

esaのトップページ

esaは「情報を育てる」という視点で作られた、自律的なチームのための情報共有サービスです。

<esaの特徴>

  • 外部公開ができる
    ドキュメントは社内共有だけでなく、簡単に外部公開をすることもできます。
  •  
  • 「書き途中(Save as WIP)」というステータスがある
    自分の書いたものを「書き途中」として共有できるため、現在の進捗状況が分かりやすくなっています。

<esaの注意点>

  • 無料プランがない
  • 無料で利用できるのは2ヶ月のトライアルだけとなるため、使い続けるには有料プランにする必要があります。
     
  • 多機能ゆえに使いこなすのが難しい
  • Markdownやwebhookによるサービス連携など、エンジニア向けの機能が多いため、ITに詳しくないメンバーが多い環境では浸透しない恐れがあります。

<esaの料金体系>

  • 500円/ユーザー/月


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Qiita:Team】エンジニアチームにとってお馴染み

Qiita:Teamのトップページ

Qiita:Teamは、日報や議事録、開発要件などのメモを残しておけるノート型のアプリです。Markdown記法に対応しており、外部アプリとの連携が豊富なため、主にエンジニアを中心としたチームで利用されています。

<Qiita:Teamの特徴>

  • Markdown記法に対応
    テンプレート機能などを利用して、ノウハウを簡単に蓄積・共有できます。
  •  
  • Slack、HipChat、ChatWorkなどのチャットツールと連携
    ドキュメントの作成やコメントの追加に関する通知を、連携したチャットツールで受けとれます。

<Qiita:Teamの注意点>

  • 情報の整理が難しい
    Qiita:Teamでは記事をタグで分類します。ただし、記事を整理するフォルダがないため、情報が増えるに従って管理が難しくなる可能性があるので注意しましょう。
  •  
  • エンジニア向けのツール
    エンジニア向けの機能を豊富に搭載しているので、ITが苦手な社員は使いこなせず、結果的に社内に浸透しない恐れもあります。

<Qiita:Teamの料金体系>

  • Personal:500円/月(1ユーザー)
  • Micro:1,520円/月(〜3ユーザー)
  • Small:4,900円/月(〜7ユーザー)
  • Medium:7,050円/月(〜10ユーザー)
  • Large:15,300円/月(〜17ユーザー)
  • Extra:15,300円〜/月(17ユーザー〜/18ユーザー以降は720円/ユーザー/月)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Docbase】セキュアなドキュメント管理に特化

Docbaseのトップページ

DocBaseは、さまざまな人やツールに分散していた情報を一元管理できるドキュメント共有ツールです。シンプルかつ柔軟な機能で、整理されたドキュメントをつくれます。

<DocBaseの特徴>

  • 同時編集機能に対応
    複数人での同時編集に対応しているため、リアルタイムでドキュメントをつくり上げられます。
  •  
  • 高い安全性
    2段階認証への対応のほか、アクセス制限や操作履歴の保存に対応しています。

<DocBaseの注意点>

  • 開発者が使いやすいツール
    開発者が情報を残しやすい仕様(Markdownでの記載など)になっているため、別の職種の方が使うと難しく感じてしまう可能性があります。

<DocBaseの料金体系>

  • スターター:990円/月(〜3ユーザー)
  • ベーシック:4,950円/月(〜10ユーザー)
  • レギュラー:9,900円/月(〜30ユーザー)
  • ビジネス100:21,450円/月(〜100ユーザー)
  • ビジネス200〜:43,450円/月〜(200ユーザー〜)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Inkdrop】エンジニアやデザイナーにおすすめ

Inkdropのトップページ

Inkdropは、エンジニアやデザイナーのための、Mac、Windows、Linuxで利用できるメモアプリです。

<Inkdropの特徴>

  • エンジニアやデザイナーに嬉しい機能が充実
    マークダウンやコード共有に対応しているため、エンジニアやデザイナーにとって使いやすいものになっています。

<Inkdropの注意点>

  • 日本語対応していない
    メニューなどがすべて英語のため、一般的な日系企業では定着させるのが困難と言えます。
  •  
  • エンジニアやデザイナー以外には必要ない機能も多い
    Markdownやコード共有など、エンジニアやデザイナー以外には機能過多になる可能性があります。

<Inkdrop料金体系>

  • Basic Plan:$4.99/月(無料トライアルは30日間)
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【一覧表】オンラインメモアプリ7選

以下は、今回ご紹介したおすすめのオンラインメモアプリ7選の一覧表です。一覧表は左右にスクロールができます。
 
【一番おすすめ】Stock Dropbox Paper NotePM esa Qiita:Team Docbase Inkdrop
特徴
チームのメモを最も簡単に残せるアプリ
Dropboxとの連携も可能
社内Wikiとして利用できるオンラインメモ
情報を育てることに特化
エンジニアチームにとってお馴染み
セキュアなドキュメント管理に特化
エンジニアやデザイナーにおすすめ
料金
・無料
・1人当たり月490円〜
・Professional:¥2,400/月
・Standard:¥1,800/ユーザー/月
・Advanced:¥2,880/ユーザー/月
・Enterprise:要問い合わせ
・プラン8:4,800円/月
・プラン15:9,000円/月
・プラン25:15,000円/月
・プラン50:30,000円/月
・プラン100:60,000円/月
・プラン200〜:120,000円/月〜
・500円/ユーザー/月
・Personal:500円/月
・Micro:1,520円/月
・Small:4,900円/月
・Medium:7,050円/月
・Large:15,300円/月
Extra:15,300円〜/月
・スターター:990円/月
・ベーシック:4,950円/月
・レギュラー:9,900円/月
・ビジネス100:21,450円/月
・ビジネス200〜:43,450円/月〜
・Basic Plan:$4.99/月
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

オンラインメモアプリの選び方

これまで、おすすめのオンラインメモアプリをご紹介しましたが、さらに自社にマッチするものを選定するためには、以下の3つの選び方を参考にしましょう。

マルチデバイスに対応する

マルチデバイスで活用できることが、オンラインメモを使うメリットのひとつです。
 
PCだけでなくスマホからも利用できれば、オフィスにいなくてもメモが書き残せます。また、あらゆる端末から利用できるようになるので、メモを閲覧する頻度が高まり、効果的な活用にもつながるのです。
 
以上のように、マルチデバイスに対応するオンラインメモは、仕事が効率的になるだけでなく、メモを振り返る機会も増えるため一石二鳥と言えます。

操作性が優れている

「メモを簡単に書けること」「メモにすぐにアクセスできること」など、操作性が良いかも見るべきポイントです。
 
オンラインメモアプリの操作がしやすれば、メモを活用する頻度が多くなり、メモの効果も発揮されやすくなります。逆に、高機能がゆえに一部の人しか使えないアプリを選定しないように注意が必要です。
 
複雑なオンラインメモアプリは教育コストが必要以上にかかるので、自社のITリテラシーに合わせた選定をしましょう。

複数人での共有ができる

仕事で使ううえで、メモの共有は必須の機能です。
 
メモを個人のみで留めておくのではなく、メンバーとの共有を通じて社内の情報管理に役立てましょう。個人の知識や知見(ナレッジ)をいつでも共有できるようにすれば、社員教育や業務引き継ぎの際にも有効活用が可能になります。
 
また、別アプリでメモを共有してやりとりをすると、話題が交錯しやすくなるため「Stock」のように「共有したいメモに紐づいた形でメッセージができるアプリ」が最適です。
 
関連記事: 【おすすめ14選】webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめのオンラインメモアプリまとめ

ここまで、おすすめのオンラインメモアプリや選定ポイントをご紹介しました。
 
どのような利用目的かによって、導入すべきアプリが異なります。たとえば、仕事の情報共有で利用したい場合には、簡単に共有できる機能がなければ次第に誰も使わなくなり、結局情報の属人化が加速してしまいます。
 
また、非IT企業では「導入後の運用は上手くいくのか」などのリスクを考慮する必要がありますが、オンラインメモに必要な機能(ノート、メッセージ、タスク、共有)に過不足がないシンプルなアプリを選べば、すぐに運用に乗せられます。
 
結論、メモの作成・共有がシンプルで手間がかからず、非IT企業の65歳の人でも説明なしで使いこなせる「Stock」が自社のオンラインメモアプリに最適です。
 
無料登録が1分で完了するので、ぜひ「Stock」でオンラインメモを適切に管理できる環境をつくりましょう。
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?
 
関連記事: 【2021年最新】使いやすいメモソフト・ツール13選