「頭の中のモヤモヤや悩みを整理・解決できない」
「思考整理の方法を知りたい!」

こんなお悩みを持っている方々に向けて、

「思考・情報」整理の方法
整理した「思考・情報」の問題解決方法
 
今回の記事では、上記2つをご紹介します。

結論から言うと、思考と情報を整理するためには、思考と情報の可視化分類が重要です。

この「可視化」と「分類」をすることで頭の中のスッキリさせ、思考と情報を素早く整理することができます。

また、整理した「思考と情報」を深掘りし、問題を解決する方法もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください!

Stockのバナー

思考の整理ができない原因

上記で述べたように、思考と情報を整理するためには「可視化」「分類」が必要です。

しかし、思考と情報をただ「可視化・分類」するだけでなく、深掘りをすることで根本的な問題を解決できることが多々あります。

ここでは、「可視化」「分類」「深掘り」のメリットをそれぞれ紹介していきます。

思考の可視化

まず一番重要なのは、思考と情報の「可視化」です。

なぜなら、頭の中がモヤモヤしている多くの原因は、頭の中だけで考えてしまい、何について悩んでいるか分からなくなってしまっているからです。
つまり、悩んでいる原因を目に見える形にする「可視化」をしていないため、頭の中でぐるぐると悩んでしまっているのです。

ですので、メモやノートにモヤモヤしていることを書き出して、「可視化」することが重要になります。

思考の分類

思考と情報の可視化の次は「分類」です。

紙やメモに書き出した「モヤモヤ」は、プライベートの悩みや仕事の悩みなど様々なものだと思います。
そのため、ただモヤモヤを書き出しただけでは、思考と情報の「整理」はできていません。

そこで、思考と情報を「プライベート」や「仕事」に分け、さらにそこから細分化をすることで、「分類」をします。
このように分類することで、自分がどこで何に悩んでいるかをハッキリさせることができ、思考と情報の「整理」が可能になります。

悩みの解決策を考えていない

インプットした情報の整理は別として、そもそも思考を整理する時には、何かの問題について解決策を考える必要があるケースがあると思います。

例えば、「仕事で思うような成果がでない」という悩みを書き出し、その悩みを「仕事」に分類したとします。
この分類で終わりにしてしまっては、一時的に頭の中をすっきりさせるだけで、問題に対する根本解決にはなりません。

そこで、「仕事で思うような成果が出ない」という悩みに対する「解決策」を考える必要性があります。

解決策を考える方法は、下記で紹介します。

 
関連記事: おすすめのノート使い方とポイントをご紹介!
 
関連記事: メモを整理する3つのポイント!シーン別メモの整理術付き
Stockのバナー

思考と情報を整理する3つの手順

それでは、上記で説明した「思考と情報の整理」の具体的な方法をご紹介します。

【可視化】ノートやふせんに思考を書き出す

頭のモヤモヤを可視化する際に、ノートや紙、ふせんなどを使います。

ふせんは「分類」が簡単になるメリットがあり、ノートや紙は安価で使いやすいというメリットがあります。これは好みの問題なので、使いやすい方を選択してみて下さい。

方法は非常にシンプルで、頭の中のモヤモヤ・悩み事を全て書き出します。

この際、下記画像のように悩みは1つずつ区切って記載し、まとめないように注意しましょう。
ふせんの場合は、1枚につき、1つの悩みやモヤモヤを書き出します。

このように可視化をすることで、頭の中で悩んでいたことをハッキリとさせ、思考をクリアにすることができます。

※これ以降の画像は紙ではなく、パワーポイントで作成しています。

写真

【分類】ノートの分割・ふせんを分ける

頭の中のモヤモヤを可視化してスッキリさせた後は、「分類」をしましょう。

分類の「数」や「種類」は自由ですが、今回は下記画像のように「仕事」と「プライベート」に分類して、そこからさらに細分化しています。

このように分類をすることで、解決する問題の優先順位を明確にし、解決する順番を決めることができます。

ふせんで分類する場合は、下記画像のように分類の線を引き、それぞれの枠にふせんを貼り付けていくだけでOKです。

写真

【深掘り】問題解決のために思考を深掘りする

最後に、問題解決のために、可視化して分類した悩みを深掘りします。

今回は先ほどの画像の例に挙げた、「タスク管理ができない」という悩みを解決していきます。

解決方法としては、問題に対して「なぜ?」と自問自答することにより、問題の根本原因を探すという方法が挙げられます。

タスク管理の例だと、「タスクの整理」「優先順位」「時間見積もり」ができていないという原因を挙げることができます。
そして、その原因を解決する手段を考えることにより、根本原因を解決して、問題を解消することができます。

今回の場合の解決策だと、例えばタスク管理ツールを使ってタスクを洗い出し、緊急度に応じて優先順位をつけることが挙げられます。

写真
 
関連記事: ノートをクラウド上で管理できるツール7選!メモもアイデアも共有しよう!
 
関連記事: 【人生が変わる!】上手なメモの取り方
Stockのバナー

思考の整理を無限に行える「ノートツール」

今回ご紹介するツール「Stock」は、思考を整理する際に使う「ノート」をデジタル化して扱えるようにしてくれるツールです。

「紙やふせんを持ち歩きたくない」、「字が汚いのでタイピングした文字が良い」という方にとてもおすすめです。

また、情報共有やタスク管理にも優れているので、思考の整理だけに留まらない使い方をすることができます。

この「Stock」は、現在60,000社に導入されており(2021年1月末現在)、幅広い規模や業界の企業への導入実績を持っています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stock

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stock

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。


Stockのバナー

まとめ

思考と情報を整理する3つのコツは以下の通りでした。

・可視化
・分類
・解決策を考える
 
また、ツールを使うことで、思考や情報の整理が簡単に行えるようになります。

ぜひ、今回記事に書いたことを参考にして、思考と情報の整理に活用してみてください!

 
関連記事: 仕事で使えるノートアプリ10選!iPhoneでもAndroidでも使える!
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案