私たちの生活に欠かせない「スマホ」ですが、みなさんはメモ機能を活用できていますか?
ただ買い物リストや一時的なメモとしてしか使っておらず、活用しきれていないという方も多いのではないのでしょうか。
 
メモ機能は、使いこなせるようになると仕事でもプライベートでも様々な場面で活用でき、とても便利です。
 
そこで今回の記事では、10個のメモ活用術と合わせて使いたい便利なメモアプリをご紹介させていただきます。
 
 

メモの活用術〜仕事編〜

ToDoリストを作りやるべきことを明確化

メモツールの中にはチェックリスト機能があるものが多いので、ToDoリストを簡単に作ることができます。
仕事を行う中で、今日中・今週中・今月中にやらないといけないことを書き出してみましょう。
 
やるべきことが書き出されることで明確化されるため、仕事の効率化につながります。
やり終えたことにチェックを入れて完了すると達成感も出るうえ、これからやるべきことを把握することができます。

入力が面倒でも音声入力で対応

文字を入力するのが面倒な時は、音声入力が便利です。
テキスト化したいことをスマホに向けて話しかけるだけでテキスト化されるため、手が離せない時などに便利です。

仕事の情報をスクリーンショット

今すぐに必要な情報ではないけど、いつか使えそうな写真や情報ってありますよね。
スクリーンショットを撮ったはいいものの、写真フォルダに埋もれてしまい結局使わなかった、、という経験をお持ちの方も多いかと思います。
 
そんな時に、メモ帳にフォルダを作って保存しておくと写真フォルダに埋もれることなく、必要な時に見返すことができるようになります。

思いついたアイデアを書き留める

例えば、ふとアイデアが思い浮かんで後でメモしようと思っても、時間が経つと忘れてしまうこともありますよね。
そんな時には、スマホのメモアプリにサクッとメモしちゃいましょう。

いつ生まれるか分からないアイデアはどんな形でもいいので、すぐにメモすることが重要です。

テキスト化しにくいなら手書きで

グラフや図を表したい時に便利なのが手書き機能です。
テキスト化しにくいアイデアなどを、頭に浮かんだ形のままメモを残すこともできます。

書類を写真で保存

紙のままで残すには、量が多くなってしまて邪魔だけど、完全に捨てるには判断が難しい、という書類もありますよね。
書類を写真で撮り、メモに保存しておくと、捨ててしまった後でも、万が一必要になった際に確認することができます。

出先であったことをメモ

出先であった情報をメモすることもできます。
取引先までの道順や、取引先の方が好きなお菓子など、ちょっとした情報をメモすることにより、ビジネスチャンスに役立てることだってできます。

メモの活用術〜プライベート編〜

買い物リストを作成

買い物に行く前にリストを作ると、買い忘れを防ぎ、無駄なものを買わなくても澄みます。
買う必要があるものがでたタイミングでチェックリストなどにメモをすると、買い忘れを防ぐことができ、効率よく買い物をすることができます。

心に残る出来事を日記に

例えば、旅行先での写真や、その日食べた美味しいもの、綺麗だったスポットなど、記録に残したいことを写真と共にコメントすることで、ちょっとした日記にもなります。
日記にすることでその日のことを後からでも思い出すことができるようになります。

願い事リスト

自分の欲しい物や買いたい物、叶えたい夢などを文字にすることで、自分の気持ちが明確化します。
何度も見返すことで、自分のモチベーションにもなり、リストの実現に近けるようになります。

おすすめメモ6選

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

Google Keep

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

Google Keepは、Google社が提供しているメモアプリで、基本操作はシンプルながらも音声入力やリマインダー機能もあり、多機能なのが特徴です。

<Google Keepのポイント>

  1. 複数の端末で同期できる
    Googleアカウントを持つことで、パソコン・スマホ・タブレットで同じデータを確認することができます。
  2. 多機能である
    共有機能、リマインダー機能、音声入力、チェックリスト作成、手書き入力など、非常に多機能です。

<Google Keepを使う上で気をつけたい点>

  1. PDFファイルを保存できない
    画像ファイルの保存はできますが、PDFファイルの保存はできないので注意が必要です。
  2. オフラインでは使えない
    入力されたメモはクラウド上に保存されることから、端末がオフラインの場合は使うことができません。
 

メモ (Apple純正アプリ)

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

メモは、Apple社が提供する、iPhoneやiPad、Macに標準装備されているメモアプリです。無料で幅広い機能に対応しているため、とても便利です。

<メモのポイント>

  1. メモの共有が簡単にできる
    共有したいメモを選び、共有方法を選択すると簡単に他の人と共有することができます。
  2. フォルダに分類できる
    メモの内容によってフォルダを作り、分類することができるので情報を綺麗に整理することができます。

<メモを使う上で気をつけたい点>

  1. Android・Windowsには対応していない
    こちらはiPhone・iPad・Macのみで使えるアプリなので、Android・Windowsでは利用することができません。
 

メモ帳 – 無料のシンプルなメモ帳ノートアプリ for メモ管理 & シンプルなメモ作成

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

メモ帳 – 無料のシンプルなメモ帳ノートアプリ for メモ管理 & シンプルなメモ作成は、余計な機能を一切省いて、シンプルなメモ帳として使うことができるアプリです。

<メモ帳 – 無料のシンプルなメモ帳ノートアプリ for メモ管理 & シンプルなメモ作成のポイント>

  1. シンプルながらも十分な機能
    余分な機能は省きながらも、順番の並び替えやメモに色付けをして分類できるなど、必要最低限の機能は備わっています。
  2. 文字数をカウントできる
    文字数を数えることができるので、何かの下書きようにも活用することができます。

<メモ帳 – 無料のシンプルなメモ帳ノートアプリ for メモ管理 & シンプルなメモ作成を使う上で気をつけたい点>

  1. 共有できない
    メール・SNSでメモを送ることはできますが、共有設定し、同時に作業するということはできません。
  2. 端末にデータが保存される
    データは端末に保存されるため、端末自体が破損してしまうとデータもなくなってしまう可能性があります。
 

ブラウザメモ帳

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

ブラウザメモ帳はパソコンのブラウザを開くだけでメモすることができるメモ帳です。

<ブラウザメモ帳のポイント>

  1. 素早く起動
    メモ帳をいちいち開かなくても、ブラウザを開くだけでメモを取ることができ、とても軽いです。
  2. 文章をコピペするのに向いている
    一時的にネットで読んでいた文章をコピペしたい時に、隣のタブにコピペすることができるので、便利です。

<ブラウザメモ帳を使う上で気をつけたい点>

  1. 保存できない
    あくまでもブラウザに一時的にメモする、という目的なので、保存することはできません。
  2. ブラウザからでないと確認できない
    同じブラウザからでないと書き込んだメモを確認することができないため、スマホやタブレットでも確認したいという方には向いていません。
 

Evernote

意外と知らない!?スマホのメモ機能の活用術!

Evernoteはデータをクラウド上で管理し、プライベートでもビジネスでも使うことができる、多機能なノートアプリです。

<Evernoteのポイント>

  1. 様々なデータをクラウドに保存
    テキストだけでなく、写真や音声、Webページなど、様々な形式のデータをクラウド上に保存し、同期されるため、どの端末からでも同じ情報にアクセスすることができます。
  2. 検索できる
    メモが溜まりすぎてどこにあるか分からなくなってしまっても、検索機能があるので、キーワードを検索して探し出すことができます。

<Evernoteを使う上で気をつけたい点>

  1. 多機能なため使いこなすのが難しいことも
    メモ帳だけでなくタスク管理や様々なファイルを保存できるため、シンプルにメモだけを使いたいという方には多機能すぎるかもしれません。
  2. 無料プランだと限界がある
    無料プランだと、1アカウトだと2端末までしかログインできず、月間60MBまでしかデータをアップロードできない等、機能が制限されてしまうため、必要な方は600円/月の有料プランを契約する必要があります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
様々なメモの活用術をご紹介させていただきました。
今まで知らなかったアイデアもあったのではないでしょうか。
 
是非、この記事を参考にメモ機能を有効活用していただければ幸いです。