iPhoneの標準アプリ「メモ」は手書きや書類スキャン、画像・写真・動画の添付、音声入力などの機能を備えているメモアプリです。そのため、iPhoneの「メモ」はビジネスシーンでも利用されることが多いので、適切に管理すべき情報が次第に増えていきます。
 
仕事のメモを管理している以上は「重要な仕事のメモが消えてしまった」という事態は避けなければなりません。結論、適切なメモ管理をするためには、メモデータの保存・バックアップが必須です。
 
そこで今回は、iPhone「メモ」の保存・バックアップの方法を中心にご紹介します。
 
  • メモが増えてきたのでデータが消えないように保存しておきたい
  • メモがどこに保存・バックアップされているのか分からない
  • 過去にメモが保存できないことがあったので、確実に管理可能なアプリを知りたい
という担当者の方は、この記事を参考にするとiPhone「メモ」で作成したメモを保存・バックアップする正しい方法が理解でき、自社に合うメモアプリの要件も分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

保存できない?!iPhone「メモ」の保存・バックアップ先とは

iPhone「メモ」の保存方法は、保存先やバックアップ先によって異なります。そのため、どのようなメモ管理の方法をとるかによって、保存方法を上手く使い分けましょう。

メモの保存・バックアップ先一覧

iPhone「メモ」で作成したメモの保存・バックアップ先は以下の3つに分類されます。
 
  • iPhoneフォルダ
  • iPhone本体にメモ情報を保存します。iPhone自体のストレージ容量を消費します。
  • iCloudフォルダ
  • iCloud(アイクラウド)と呼ばれるインターネット上の場所にメモを保存します。
  • 各種メールアプリフォルダ
  • Gmailなどのメールアプリにメモ情報を保存します。
「メモ」に3つの保存・バックアップ先を連携すると、以下のように表示されます。
 
iPhoneメモのフォルダ一覧
 
上記のフォルダ(保存・バックアップ先)でメモを作成すれば、自動的に保存やバックアップがされるので特別な操作は不要です。

MacやiPadからも編集できるのは「iCloud」

iPhoneの「メモ」はMacからも利用可能ですが、同じメモデータにアクセスできるのはiCloudフォルダに保存されているメモのみです。Gmailなどの各種メールアプリフォルダに保存されているメモは、それぞれのアプリから閲覧は可能ですが編集ができません。
 
たとえば、iCloudにメモを保存すれば、下図のように通勤中にiPhoneで作成したメモを、職場のデスクトップからも編集できるのです。
 
iPhoneのメモ画面
 

Macのメモ画面

 
iCloudフォルダにメモを保存すれば、あらゆる環境でメモを残せるのでストレスを感じることなく、効率的に情報管理ができるようになります。
 
関連記事: iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!
 
関連記事: 【必見】iPhone「メモアプリ」の使い方まとめ!
 
関連記事: 【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

<iCloudのケース>メモを保存・バックアップする方法

iCloudをメモに連携すれば、同じメモデータにMacやiPadからもアクセスできるので便利です。そこで以下では、iCloudにメモを保存・バックアップするために、iPhone「メモ」とiCloudを連携する方法をご紹介します。

メモの保存・バックアップ先にiCloudに設定する

メモの保存・バックアップ先にiCloudを設定する方法をご紹介します。
 
初期設定のままではメモ上にiCloudフォルダは表示されないので、iCloudに保存するには以下の設定が必要です。
 
はじめに、iPhoneの[設定]アプリを開き、[アカウント情報]をタップします。
 
設定アプリの画面
アカウント情報の画面
 
次に、表示される項目から[iCloud]を選択しましょう。
 
最後に、[メモ]をタップしてオン(緑)に変更します。
 
iCloudストレージの画面
 
以上の操作で「メモ」のフォルダ一覧にiCloudが追加されました。iCloudからメモを作成・保存すれば、MacやiPadからも同じメモデータを編集できます。

メモをiCloudに移動する

iPhoneフォルダや各種メールアプリフォルダに保存されているメモでも、iCloudフォルダへ移動すればMacやiPadからアクセスできるようになります。
 
はじめに、iCloudへ移動させたいメモを左にスワイプします。スワイプとは、画面をタップしたまま指をスライドする操作のことです。
 
iPhoneメモのメモ一覧画面
 
iPhoneメモのフォルダマーク
 
スワイプすると上図のように2つのマークが表示されるので、青いマークの[フォルダマーク]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのフォルダ選択画面
 
移動先の候補フォルダが一覧で表示されるので、iCloudのフォルダを選択します。
 
以上の操作でiCloudへのメモの移動は完了です。また、上記のほかにも「PDFファイルに変換する」などのバックアップ方法もあるため、仕事のメモを適切に管理したいという方に向けて、次の章で徹底解説します。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

<その他のケース>メモを保存・バックアップする方法

iPhone、iCloud、各種メールアプリの保存先以外にも、メモを保存・バックアップする方法があります。自社のメモ管理に合う方法を選択しましょう。

iPhone「メモ」をPDFファイルで保存する

メモをPDFファイルに変換して、情報を保存・バックアップする方法があります。メモをPDFファイルに変換しておけば、印刷をかけてファイリングしたり、メールやチャットで共有したりすることもできます。
 
はじめに、PDFファイルに変換したいメモを開き、画面右上の[⋯]をタップしましょう。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
次に、[コピーを送信] > [マークアップ]を選択します。
 
iPhoneメモのPDFファイル
 
上図のような画面になるので、[完了]を押してPDFファイルを直接保存するか、画面左下の[共有マーク]から別アプリへ送信するかを選択しましょう。以上の操作で、メモをPDFファイルに変換することができました。
 
ただし、PDFファイルは基本的に編集ができないため、追記や変更をする予定がないメモを管理する場合に活用しましょう。

iPhone「メモ」をメールに添付して保存する

メモをメールに添付して、情報を保存する方法があります。自身のメールアドレスにメモを送信し、受信ボックス内でカテゴリ分けなどをする方法です。
 
はじめに、メールに添付したいメモを開き、画面右上の[⋯]をタップします。
 
iPhoneメモのメモ画面
 
次に、[コピーを送信] > 任意のメールアプリを選択します。
 
iPhoneメモのメール送信画面
 
上図のように、あとは送信先のメールアドレスを入力するだけでメモを送信できます。
 
ただし、メールに添付されたメモはあとから編集ができないので、追記や変更の予定がないメモを保存・バックアップしたい場合に活用しましょう。

iPhone「メモ」をiTunesやFinderに保存する

iTunesやFinderにメモを保存・バックアップできます。WindowsではiTunesを、MacではFinderを利用して、以下のような手順で設定しましょう。

<Windowsの場合>

iTunesを利用して保存・バックアップするためには、事前にパソコンへiTunesをダウンロードする必要があります。以下の手順を踏んでiTunesに保存・バックアップしましょう。
 
  1. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、iTunesを起動する。
  2. iTunes内にあるiPhoneのアイコンをクリックし、[概要]を選択する。
  3. [このコンピューター]にチェックを入れ、今すぐバックアップをクリックする。

<Macの場合>

iPhoneのバックアップをMacで行う場合は、Finderを利用する必要があります。以下の手順を踏んでFinderに保存・バックアップしましょう。
 
  1. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、Finderを起動する。
  2. 画面の左側にあるリストから[〇〇のiPhone]を選択する。
  3. [iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ]にチェックする。
  4. [今すぐバックアップ]をクリックする。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【要注意】iPhone「メモ」を仕事で利用する3つの注意点

iPhoneの「メモ」には情報の保存・バックアップの方法がいくつかありますが、ビジネス利用する場合には注意すべき点が3つあります。
 
  • 保存方法が複雑でメモ管理が難しい
  • 保存・バックアップの方法は多種多様ですが、かえって複雑なのでデジタルが苦手な人には向きません。また、チームでメモ管理したい場合には、メンバーによって保存方法がバラバラになるので、あとから管理するのが面倒です。
     
  • メモの保存先によって共有機能が異なる
  • メモの保存先によって、共有方法が異なるので混乱する可能性があります。たとえば、iCloudフォルダに保存されているメモは共同編集もできますが、iPhoneフォルダや各種メールアプリフォルダでは別の方法で共有しなければなりません
     
  • チーム向けの機能が不十分
  • iCloudフォルダで保存されているメモは共同編集ができますが、上書きされた情報の復元は困難です。そのため、チームでiPhone「メモ」を共有して作業をするのは大きなリスクを伴います。
以上の3つの注意点からも、iPhone「メモ」はビジネス利用には向いていないと言えます。それゆえに、仕事のメモを管理したい場合には「メモの保存やバックアップが簡単で、必要な機能に過不足がないメモアプリ」を選びましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

バックアップは不要!編集履歴からメモを復元できるおすすめアプリ

以下では、大切なメモを簡単かつ確実に保護してくれるおすすめアプリをご紹介します。
 
iPhoneの「メモ」にはさまざまな保存・バックアップの方法がありますが、メモを作成するたびに保存先などを意識しなければならないので面倒です。ITに詳しくない人が、メモの保存やバックアップのことまで考えて使うのは難しいと言えます。
 
そのため、iPhone「メモ」を仕事で利用している場合には「どこでメモを作成しても自動保存され、編集履歴から過去のメモを復元できるアプリ」に移行しましょう。
 
結論、メモの保存、管理、活用にストレスがないビジネス向きツールは、ITが苦手な人でも簡単にメモの保存・バックアップができ、編集履歴からすぐにメモを復元可能な「Stock」一択です。
 
Stockでは編集履歴からメモを更新前に戻せるうえに、メモ自体を削除しても30日間以内であれば復元ができます。また、Stockは、iPhoneやMac、iPadだけでなく、AndroidやWindowsからも利用可能です。

チームの情報を最も簡単に残せるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone「メモ」の保存・バックアップの方法まとめ

ここまで、iPhoneのデフォルトアプリ「メモ」の保存方法やその注意点、メモの管理におすすめのツールまでご紹介しました。
 
iPhone「メモ」の保存・バックアップ先にはiPhone、iCloud、各種メールアプリの3つがあり、そのなかでもiCloudでメモを作成すれば、MacやiPadでも同一のメモを編集できるなどのメリットがあります。
 
しかし、メモを作成するたびに保存先を意識しなければならないので非効率です。そのため、iPhoneの「メモ」に代わって、「大切なメモを簡単かつ確実に管理できるメモアプリ」が必要になります。
 
結論、編集履歴からメモを過去のバージョンに戻せるうえに、メモ自体を後削除してもすぐに復元できる「Stock」がチームのメモアプリに最適です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」をいつも携帯する社用スマホにインストールして、誰でも簡単にメモを作成・保存・共有ができる仕組みをつくりましょう。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!
 
関連記事: 仕事で使えるAndroidのメモ帳3選!無料で使えるシンプルなアプリとは?
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!