iPhoneに標準搭載されている「メモ」はビジネスでも利用されるアプリです。「メモ」はさまざまな情報を残せるだけでなく、チェックリストの作成によって仕事のタスク(やるべきこと)も管理できます。
 
ただし、やるべきことの期限を設定して通知する機能は搭載されていないので、タスク管理アプリとしては不十分です。一方で、iPhoneの「リマインダー」はメモを忘れないための通知を設定できますが、使いこなせていない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、iPhone「リマインダー」の使い方を中心にご紹介します。
 
  • メモした内容を忘れないように通知する機能が欲しい
  • 仕事の抜け漏れが多い部下に困っている
  • スマホでタスクを管理したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、iPhone「リマインダー」の使い方が分かり、仕事のタスクをスマホで管理するのに役立ちます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リマインダーとは?

以下では、iPhone「リマインダー」の基本機能や「メモ」との違いをご紹介します。どちらも簡単なメモを作成できる点では似ていますが、搭載されている機能が大きく異なるので、利用用途によって使い分けなければなりません。

「メモ」と「リマインダー」の違い

iPhoneの「リマインダー」はタスク(やるべきこと)を整理できるToDoリストを指します。分かりやすく表現すると、通知機能のついたメモアプリです。
 
iPhoneの「メモ」はメモを残せるだけでなく、搭載されたチェックリスト機能でやるべきことをリストアップできます。しかし、何度もメモを確認する習慣がないと書いた内容を忘れかねません。
 
一方で、「リマインダー」は設定した期限にスマホやパソコンに通知が来る機能が搭載されており、大切な情報を見逃す心配がなくなるのです。
 
以上のように、「メモ」と「リマインダー」の違いは”通知機能の有無”になります。

リマインダーの基本機能

iPhoneのリマインダーアプリを使う前提として、基本的な機能を押さえましょう。
 
  1. メモを作成する
  2. やるべきことの「タイトル」と「メモ(詳細情報)」を入力して管理できます。また、作成したメモは「リスト」ごとにまとめて分類可能です。
     
  3. 設定した時間で通知する
  4. 自分が決めた日時に通知されるように設定する機能です。なお、iPhone本体の通知設定がオフになっていると、通知が来ない場合があるので注意しましょう。
     
  5. メモを見やすく整理する
  6. リマインダーを期日、作成日、優先順位、タイトル順に並び替えられるので、場面に合わせて視覚的に整理するのに役立ちます。
以上の基本機能を使えば、やるべきことを可視化し、かつ抜け漏れなく実行するのに役立ちます。
 
関連記事: 【画像で解説】iPhone「メモ」の使い方と注意点まとめ
 
関連記事: iPhone「メモ」の検索機能を使いこなす3つの方法!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone「リマインダー」の使い方

「リマインダー」の3つの基本機能を使いこなすためには、正しい使い方を理解しなければなりません。そこで以下では、iPhone「リマインダー」の使い方をご紹介します。

(1)リストを作成する

はじめに、メモをまとめて分類する「リスト」を作成します。業務ごとにリストを作成し、メモが乱立して管理しづらくなる状態を防ぎましょう。
 
リストを作成するにはiPhoneの「リマインダー」を開き、画面右下の[リストを追加]をタップしましょう。
 
iPhoneリマインダーのリストを追加する画像
次に、リスト名の入力画面が表示されるので、任意の名称を設定します。
 
iPhoneリマインダーのリスト名を入力する画像
iPhoneリマインダーのリストが作られた画像
以上の手順で「リマインダー」にリストが追加されました。メモをリストごと作成すれば、必要なメモへより簡単にアクセスできるようになります。

(2)メモを作成する

次に、リスト内にメモを作成します。はじめに、メモを追加したいリストを開き、画面左下の[新規]をタップしましょう。
 
iPhoneリマインダーを新規作成する画面
iPhoneリマインダーの内容を入力する画面
上図のように、チェックリスト(◯)が表示されるので任意の内容を入力します。最後に、画面右上の[完了]をタップすれば、メモの作成は完了です。

(3)日時を設定する

作成済みのメモに通知設定をしましょう。はじめに、メモをタップすると表示される[ i ]マークを選択します。
 
iPhoneリマインダーのiマークをタップする画像
iPhoneリマインダーの通知設定をオンにする画像
次に、詳細ページの[日付][時刻]をオン(緑)にして、任意の日時を設定しましょう。最後に画面右上の[完了]をタップすれば、通知日時の設定は終了です。
 
以上の操作で、設定した日時に通知されます。

(4)サブタスクを設定する

メモを細分化したい場合には、サブタスク機能が便利です。たとえば、「資料作成」は「グラフの添付」「デザインの調整」といった作業に分割でき、サブタスクとして設定すれば抜け漏れもありません。
 
はじめに、メモをタップすると表示される[ i ]マークを選択します。
 
iPhoneリマインダーのiマークをタップする画像
次に、画面下部の[サブタスク]をタップします。
 
iPhoneリマインダーのサブタスクをタップする画像
iPhoneリマインダーのサブタスクを追加した画像
[追加]をタップするとチェックリスト(〇)が表示されるので、サブタスクを入力しましょう。改行すると複数のサブタスクを入力できます。
 
iPhoneリマインダーのサブタスクがリマインダーへ反映されている画像
サブタスクを追加すると、上図のようにリマインダーにも反映されます。

(5)優先順位を設定する

仕事を効率的に進めるために、やるべきことに優先順位をつけられる機能も搭載されています。はじめに、メモをタップすると表示される[ i ]マークをタップしましょう。
 
iPhoneリマインダーのiマークをタップする画像
 
次に、[優先順位]をタップして「高」「中」「小」の3種類のなかから選択します。
iPhoneリマインダーのiマークをタップする画像
iPhoneリマインダーに優先順位が反映された画像
リマインダーに優先順位を設定すると、上図のように優先順位が高いものほど「!」マークが多く表示されます。
 
関連記事: 【iCloud以外も可】iPhone「メモ」の保存・バックアップ方法を徹底解説!
 
関連記事: iPhoneやiPadでメモを共有・共同編集する方法とは?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ロック画面に表示! iPhone「リマインダー」の通知方法

通知をロック画面に表示するには、iPhoneの設定が必要です。以下では、ロック画面にリマインダーを表示する設定方法についてご紹介します。
 
はじめに、iPhoneのホーム画面で設定アプリを開き、[リマインダー]を選択しましょう。
 
iPhoneの設定アプリでリマインダーを選択する画面
iPhoneリマインダーの設定で通知をタップする画像
詳細画面が出てくるので、上図のように[通知]をタップします。
 
リマインダーの通知をオンにし、ロック画面にチェックを入れた画像
次に、通知をオンに切り替えて、[ロック画面]にチェックを入れます。以上の操作で、リマインダーをロック画面に通知する設定は完了し、設定した日時に下の画像のような通知が届きます。
 
ロック画面にリマインダーの通知が来た画像
リマインダーの通知をタップして開いた画像
通知をタップすると、画像のようにリマインダーアプリへ遷移して内容を確認できます。
 
関連記事: 【すぐ使える】備忘録や電子メモに最適なアプリ・サービス11選!
 
関連記事: 【最新】おすすめのメモアプリ8選!iPhone/Android/Windowsに対応


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【iOS16】リマインダーを常にロック画面へ表示する方法

リマインダーをさらに便利にするためにiPhoneのウィジェット機能を活用しましょう。以下では、「リマインダー」をロック画面のウィジェットに表示する方法をご紹介します。
 
※こちらはiOS16以降の新機能です。

ウィジェットとは?

iPhoneのウィジェット例
 
ウィジェットとはアプリを開かなくても情報を確認できる機能のことです。
 
たとえば、リマインダーをウィジェットに追加すれば、アプリを開かずとも簡単な操作で作成したリマインダーの一部を確認できるのです。

ロック画面のウィジェットに表示する手順

はじめに、ロック画面を長押しして[カスタマイズ]をタップします。
ロック画面を長押してカスタマイズが表示された画像
次に、[新規を追加]を選択しましょう。
 
新規追加をタップした画像
ロック画面を長押した画像
上図の赤枠内(ウィジェット)をタップします。すると、下のような画面になるので、ウィジェット内の項目を[-]で削除し、[リマインダー]を追加します。
 
ウィジェットの中身を削除し、リマインダーを追加する画像
ウィジェットにリマインダーが追加されている画像
このように、ウィジェット内にリマインダーが追加されたら[完了]をタップしましょう。
 
ウィジェットにリマインダーが追加されている画像
最後に、[壁紙を両方に設定]を選択して操作は完了です。
 
関連記事: 【ビジネス向け】メモを共有できるおすすめのアプリ5選!iPhone/iPad/Androidに対応!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

仕事で「リマインダー」を活用する3つの注意点

以下では、iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」を仕事で利用する注意点を3つご紹介します。「せっかく使い始めたのに、不便なことが多い」という状況を避けるために、あらかじめ確認しておきましょう。
 
  1. 業務を管理しきれない
  2. リマインダーをまとめるリストのなかにはリストを作成できないので、情報の階層的な管理が困難です。そのため、「リストが増えすぎて、どこに何が書いてあるか分からない」という状況に陥る可能性があります。
     
  3. リマインダーと一緒に資料を残しづらい
  4. リマインダーへ挿入できるデータは、テキストや写真、スキャンした書類などに限られます。そのため、タスクと併せて確認したいドキュメントファイルやPDFは、別の場所で管理する手間がかかります。
     
  5. 共有方法が面倒
  6. リマインダーをほかの社員に共有する場合は、リンクをメールやチャットアプリなどで送信する手間がかかります。共有相手がリンクを開くまでは共有が完了したと言えないのもデメリットです。
iPhoneのリマインダーは主に個人向けのアプリであり、以上の3つの点が非効率です。したがって、仕事でタスクや情報を管理したい場合は、ビジネス向けのアプリを利用しましょう。
 
関連記事: 【最新版】Androidのメモ帳はどこにある?スマホで使えるメモ帳3選も紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ビジネス向け】メモを忘れないように通知するおすすめアプリ

以下では、メモを通知するビジネス向けのおすすめアプリをご紹介します。
 
iPhoneの「リマインダー」でもやるべきことのメモを通知できますが「設定に工数がかかって面倒」「確認すべき資料を残せない」というデメリットがあります。
 
したがって、簡単な操作で”やるべきこと”と”期限の通知”を設定し、かつ関連した情報を併せて保存できるビジネス用アプリを導入しなければなりません。
 
結論、導入すべきメモ・リマインダーアプリは、あらゆる情報をノートに書き込めて、かつノートに紐づいたタスク機能で期限や担当者を設定できる「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」には、テキストだけではなく、iPhoneのリマインダーに添付できないPDFやWordファイルを貼り付けられます。また、上司から部下へタスクを依頼する機能も搭載されており、ビジネス向けアプリとして最適です。

リマインダーを簡単に設定できるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

iPhone「リマインダー」を通知する方法まとめ

ここまで、iPhone「リマインダー」の基本機能や使い方をご紹介しました。
 
iPhoneの「メモ」は通知機能がありませんが、多くの情報を蓄積できます。一方で、iPhoneの「リマインダー」は情報管理には向かないものの通知機能が搭載されており、2つのアプリは機能を補完し合っているのです。
 
しかし、「メモ」と「リマインダー」を併用すると情報が分散されてしまうため、”どちらのアプリで管理しているのか分からなくなる”と混乱しかねません。したがって、どちらの機能も兼ね備えたメモアプリの導入が不可欠です。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、仕事のあらゆる情報をノートに記載し、直感的に操作できるタスク管理機能で通知できるアプリです。
 
利用は無料からでき、登録も1分で完了します。ぜひ「Stock」で、やるべきことが抜け漏れないように管理しましょう。
 
関連記事: 【共有できる】オンラインメモのおすすめアプリ7選
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。