ビジネスでオンラインストレージを活用する際は、業務上で得た重要な情報を強固なセキュリティ下で運用できるかが重要なポイントとなります。そして、数あるサービスのなかのひとつにFleekdrive(フリークドライブ)といった、世界的に導入実績のあるオンラインストレージがあります。
 
一方、Fleekdriveがどのようなツールか知らない、あるいは知っていても実際の利用イメージまで掴みきれていないチームも多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Fleekdriveの使い方や料金プラン・評判を中心に解説します。
 
  • Fleekdriveとはどのようなツールが知りたい
  • Fleekdriveを実際に利用しているユーザーの声を知り、導入可否を見極めたい
  • ファイル共有をスピーディーかつ円滑に行えるツールがあればすぐに使いたい
という方はこの記事を参考にすると、Fleekdriveについて正しく把握でき、自社にとって最適なツールかどうかの検討が行えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveとは

Fleekdrive
 
Fleekdriveとは株式会社Fleekdriveが提供する、企業向けオンラインストレージサービスです。
 
日本企業が運営するサービスでありながらも、国内だけに留まらず2022年現在で世界190ヶ国の企業で活用されています。
 
顧客関係管理ソリューションを提供するSalesforceや、動画配信プラットフォームであるJ-Stream Equipmediaなどとの連携機能があり、それぞれのツールと組み合わせて利用することで、より効率的に業務を進められるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveの使い方

以下では、Fleekdriveの基本的な利用方法を解説します。
Fleekdriveを利用する際は、下記の4つの手順が必要となります。
 
  • 共有相手のユーザー登録
  • スペースの作成
  • ファイルのアップロード
  • スペースの共有
手順ごとの操作方法を確認したうえで利用に進みましょう。

ユーザー登録をする

1.管理画面から「ユーザー管理」をクリックする
 
2.氏名やメールアドレスなどのユーザー情報を入力する
 
3.共有相手のメールアドレス宛てに届いたIDとパスワードを利用してログインする

スペース(フォルダ)を作成する

1.画面右下に表示される+マークをクリックする
 
2.「スペース作成」ボタンが表示されるので、クリックする
 
3.スペースの名称を入力し、OKをクリックする

ファイルをアップロードする

1.画面右下に表示されている+マークをクリックする
 
2.「アップロード」ボタンが表示されるので、クリックする
 
3.ファイルを選択し、「アップロード」をクリックする
※スペースを開いている状態でドラッグアンドドロップしてもアップロードが行えます。

スペースを共有する

1.コラボスペースに作成したスペースをクリックする
 
2.画面右に表示されるメニュー内の「共有」をクリックする。
 
3.共有相手を選択し、共有先に追加する
 
4.アクセス権限を選択し、OKをクリックする


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveの料金プラン

Fleekdriveでは、3つの料金プランが用意されており、それぞれのプランの違いは以下となります。
 
Team Business Enterprise
1ユーザーあたりの 利用料金
500円/月
1,500円/月
4,000円/月
ストレージ
10GB × ユーザ数
200GB × ユーザ数
無制限
APIコール
月50,000回まで
月150,000回まで
月200,000回まで


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveの口コミ・評判

以下では、Fleekdriveを利用しているユーザーからの口コミ・評判を解説します。実際に利用するユーザーの声を聞くことで、利用時のイメージを掴みやすくなります。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はSaaSLOGより引用しております。

Fleekdriveの良い口コミ・評判

まずは、Fleekdriveの良い口コミ・評判をご紹介します。
 
実際に利用しているユーザーからは、手軽な操作で共有できる点や高セキュアな環境下での利用に対する評価の声が多く挙がっています。
 
業種:コンサル業 企業規模:51〜100人
 
機密情報を扱うことが多い中で、資料のコピー・ペースト・印刷を禁止、資料のアクセス経路、ウィルスチェックやIPアドレスの制限と様々なセキュリティ対策がされているため、導入時に懸念された情報漏洩のリスクをかなり軽減できたと思います。
業種:マスコミ 企業規模:11〜30人
 
広告・デザイン系の会社なので、取引先とのデータのやり取りがよくあるのですが、メールで送れないような重いデータを手軽に送受信することができるので重宝しています。値段も無料で、古いパソコンのブラウザでも使えるので良いです。以前は取引先に出向いてUSBメモリなどにデータを入れてもらうこともありましたが、コロナ禍で直接会わずにオンラインでのやり取りが多くなったので、とても助かります。
業種:IT 企業規模:251〜500人
 
ツールの使いやすかった点は、アップロードされたファイルの安全性を長期間に渡って保つことができた点です。 仕事の分担に関するファイルをアップロードした際に、ウイルスチェックが自動で行われたことはもちろん、こちらで操作しなくてもファイルが暗号化されて外部から不正アクセスされる可能性を最小限に減らせたので良かったです。
業種:サービス業 企業規模:251〜500人
 
データ格納はドラッグ&ドロップのみなので、作業はかなり早くできる。スキャンデータの格納のみであれば、格納したいスペースを選んでドラッグ&ドロップだけで終わる。

Fleekdriveの改善点に関する口コミ・評判

良い口コミがある一方、改善点に関する口コミや評判も存在します。
 
実際に利用しているユーザーからは、動作のエラーや動きの遅さに対する声が多く、速やかな改善が求められています。
 
業種:サービス 企業規模:101〜250人
 
転送速度が決しては速いとは言えない、エラーが出て1回では転送できないことが頻繁に起こること、フォルダごとアップできない点は不便なところと言わざるを得ないと思います。ユーザーとしてはこの箇所に関しては強く改善を希望します。
業種:小売 企業規模:51〜100人
 
仕方ないことなのかもしれませんが、アップデートに結構な待機時間が発生するのでもっとサクサク進むように改良できることがあればしてほしいです。また、アップデートも1回でうまくいかず何度か繰り返してやっと完了することがあるのでその「成功率」もあげてほしいです。
業種:サービス 企業規模:251〜500人
 
スペース間のデータの移動が1件5分以上かかる。
業種:コンサル業 企業規模:51〜100人
 
金額で付属されているオプションにかなり差があるため、会社の資金力に余裕があるのであればかなり優れたツールだと思います。ただし、連携が取れる外部ツールも有料かつ高額なものもあるため、予算会議などを通過するのにかなりしっかりとした準備が必要でした。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveを利用する際の注意点

以下では、Fleekdriveの利用における注意点をご紹介します。あらかじめ注意点を把握しておくと、トラブルが発生した際でも冷静に対処できるようになります。

エラーが起こりやすい

Fleekdriveでは、エラーが起こりやすい点に注意が必要です。
 
口コミにもあるように、Fleekdriveではアップデートが一度で完了できず、再アップロードを行わなければならない事態が発生しやすいことがわかります。
 
思ったようにツールが使いこなせないのは、利用時のストレスに直結します。さらに、メンバー間で頻発するとなれば、問題の対処に無駄な時間が多くかかり業務に影響を与える恐れもあるのです。
 
そのため、スピーディにデータの共有を行うためには、動作の軽い別のツールを活用するのもひとつの手法です。

データ移行に時間がかかる

Fleekdriveは、データの移行に時間がかかるのも注意すべき点です。
 
オンラインストレージツールを利用する人の多くが、メールやUSBなどの従来の手段よりも効率的かつスピーディーなファイル共有を望んでいます。しかし、Fleekdriveではデータの移行に時間がかかりやすい傾向にあります。
 
また、Fleekdriveに関わらず、転送速度が遅くなればその分待ち時間が発生します。ファイル共有業務の効率性を求めていても、システム自体が遅い場合は、メールやローカルでの情報共有とスピード感が変わらなくなってしまうので注意が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveのデメリットをカバーするおすすめのアプリ

以下では、Fleekdriveのデメリットをカバーするおすすめのアプリをご紹介します。
 
Fleekdriveは高セキュリティな環境下でのファイル共有ができる一方、円滑な動作ができないことがあるため、遅延が発生した際は待つ必要があります。しかし、ファイル共有は日々の業務において発生頻度が高く、最も効率化を進めるべきものです。
 
ビジネスにおいて、アップロード待ちやデータの移行待ちなどの無駄な時間は最小限にしながら、業務を進めなければなりません。したがって、業務に利用するオンラインストレージはスピーディな利用が可能、かつ操作性の問題でメンバーが使えず共有スピードも落ちてしまうものは避けましょう。
 
そこでたとえば、今回ご紹介する「Stock」のように、ファイル共有のストレスを最も簡単に解消できる情報管理アプリを使うと、ファイル管理の業務効率化が即座に実現します。
 
Stockの情報をシンプルに残せる「ノート」や、ノートに紐づく「メッセージ」へ直接ドラッグアンドドロップするだけで、誰でも簡単にファイル共有が行えます。さらに、データのアップロード連絡などのやりとりも”話題を錯綜させずに”すべてツール内で完結します。

ファイル共有のストレスを最も簡単に解消できる「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fleekdriveの使い方や料金プラン・評判のまとめ

ここまで、Fleekdriveの使い方や料金プラン・評判を解説しました。
 
Fleekdriveは重要な書類が漏えいするリスクを最小限に抑えられる一方、エラーが起こりやすいなどの声もありました。ファイル管理ツールにおいて、ファイル共有がスピーディにできないツールを用いて業務を進めれば、業務に支障をきたす恐れもあるのです。
 
したがって、安定稼働が担保されているツールを使いましょう。また、誰もが迷わずに使いこなせるツールであると、業務がより円滑に進みやすくなるので「社内に浸透させられるか」という観点も重要なポイントです。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、ファイル共有・管理が誰でも効率化できる、非IT企業向けの情報管理ツールです。非IT企業を中心に120,000社以上の企業に導入され、社内外とのファイル共有の効率化に貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で自社でのファイル共有を効率化しましょう。
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。