2025年の崖といった問題により、昨今建設業界ではDX化の推進が大きな注目を浴びています。
 
しかし、DX化を進めたいと考えてはいるものの、さまざまなデジタル技術のうち何を使えばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設DXに役立つデジタル技術と、成功させるための5つのステップや事例を中心に解説します。
 
  • 建設DXを考えているもののどのようなデジタル技術を導入すべきか悩んでいる
  • 建設DXを成功させるポイントを押さえたうえで、導入に取り組みたい
  • 他社の成功事例を参考に、自社でのDXの方向性を定めたい
という方は今回の記事を読むと、建設DXに役立つデジタル技術を正しく理解でき、ポイントを押さえて自社でのDXを成功に導けます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設DXに貢献するデジタル技術とは

以下では、建設DXに貢献するデジタル技術を解説します。自社の建設DXを進めるにはどの技術を取り入れるべきか、検討しながら見ていきましょう。

クラウドサービス

クラウドサービスとは、インターネット経由でハードウェアやインフラ機能を提供するサービスの総称です。
 
インターネット環境さえあればどこでも利用でき、従来のように社内システム上やコンピューター上にシステムを構築する手間なく利用できるのが特徴です。
 
クラウドサービスを導入すると、建設現場・本社間でのリアルタイムな情報共有が可能になります。とくに、建築現場ではタブレットやスマートフォンを利用するケースが多いので、パソコン以外からでも利用できる環境は、業務効率向上に役立ちます。
 
システムの保守点検など、従来であればシステム担当者が行う必要のある業務も、ベンダーが行うため管理コストを最低限にできます。

第5世代移動通信システム

第5世代移動通信システムとは、5Gとも呼ばれる次世代通信規格を指します。
 
DXにはデジタルテクノロジーの利用が必要不可欠ですが、5G環境においてこうしたデジタルテクノロジーを利用すると、大容量の情報を動きをより高速化させて活用できるようになります。
 
5Gのみでは建築DXの実現には繋がりませんが、ほかのデジタル技術との連携により、メリットを最大限享受できるのが特徴です。

AI

AIとは人工知能とも呼ばれており、人間のような知能を持って情報処理を行うコンピューターシステムを指します。
 
事前学習させた情報を元に動作する仕組みを持ち、建設業界では「AIによって現場の写真から工事の進捗状況を判定する」というシステムも開発されています。
 
人工知能と言うと高度かつ導入コストの高い技術だと考えがちですが、昨今では低価格で提供しているベンダーも数多くあります。

ICT

ICTとは、Information and Communication Technologyの略で、「情報通信技術」を意味する言葉です。
 
たとえば、「外出先からスマートフォンを活用して書類作成や送付を行う」のも、ICTになります。
 
建設DXにおけるICTでは、遠隔地から建設機器を操作する技術などが一般的です。また最近では、ドローンで撮影した画像もとに、3次元測量データとする機能も開発されています。ICTによって得た情報を元に設計施工計画が立てられるので、従来のように何度も建設予定地にいって確認する手間の削減にも貢献します。

IoT

IoTとは、Internet of Thingsの略で、従来インターネットに接続されていなかったモノに通信技術を搭載し情報交換をする仕組みを言います。
 
電化製品をスマホアプリや音声で操作したり、ペットの首輪につけて健康管理を行ったりする機能を考えるとイメージしやすいです。
 
建設DXにIoTを利用するとセンサーから収集したデータをもとに、機械の遠隔操作が行えます。必ずしもそばにいなくとも操作ができるため、危険エリアはIoTによって作業を進め、労災防止対策とする企業も多いです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設DXを成功させる5つのステップ

以下では、建設DXを成功させるための5つのステップを解説します。
デジタル技術が密接に関わるゆえに一見難しく考えがちな建設DXですが、以下のポイントを押さえることで、適切に推進できるようになります。

イメージの共有

まずは、現場とイメージの共有を行いましょう。
 
トップダウンで「DX化を進めよう」と考えても、十分な効果は得られません。なぜなら建設DXにおいて最も重要なのは、現場の作業負担軽減だからです。したがってまずは、実際の現場が抱える問題を明確化しなければなりません。
 
業務を進めるうえで、社員が何に困っているのかの情報を集めるとともに、どのようなツールや機械であればその問題解決ができるのかまでを考えましょう。
 
具体的な解決策が固まったら、次は経営層と現場でイメージの共有を行います。この共有を元に建設DXを進めるため、解決策やデジタル技術の導入で業務がどう変わるか、働き方にどんな影響がでるかまでを詳細にイメージしましょう。

デジタル人材・ツールの確保

解決すべき課題が明確化したら、次はデジタル人材やITツールを確保します。
 
ツールを導入したところで、その技術に精通した人材がいなければ、効果を最大限に発揮することはできません。したがって、高度なデジタル技術に対応できる人材の確保を進めましょう。自社内で該当する人材がいない場合や、新規に人材を確保するのが困難な場合は、DX推進をサポートするサービスの活用もおすすめです。
 
人材の確保ができたらツール選定に入りますが、このとき「ツールの操作性」には十分な注意を払わなくてはなりません。いくら現場の抱える課題を効率化できるものであっても、操作が難しく現場に馴染まないツール選定を行えば「ツールを導入したものの使われなくなってしまった」という事態が起こりかねないからです。
 
こうした事態を防ぐためにも現場のITリテラシーを正しく把握し、リテラシーに沿ったツール選定が大切です

小さなことからデジタル化する

デジタル人材とITツールを確保したら、小さなことからデジタル化を進めましょう。
 
いきなり社内すべての業務をデジタル化しようすると、社員がついていけなくなる恐れがあります。
 
したがって、まずは「資料や図面をデータ化し、クラウドツールで管理する」「日報作成を手書きから情報共有ツールでの作成・管理に切り替える」など日常的に小さな業務からデジタル化を進め、DXに慣れていきましょう

データ収集を行う

日々の細かな業務の効率化やデジタル化が進んだら、次は現場でのDXに取り組みます。
 
しかし、作業の自動化やAIによる危険度判定など、高度なデジタル技術の導入にはデータが必要であり、導入しようと思ったところですぐに現場には下ろせません。
 
したがって、サンプルデータになる現場の画像や社内に存在する資料など、まずは機械学習に必要なデータの収集を行いましょう。

分析と改善を重ねる

現場でのDXが実現したら、データの分析と改善を継続的に行います。
 
テストでは問題もなく動いていたシステムでも、実際に利用すると急にエラーが出るというケースもあります。また、システムの精度向上のためには、新しいデータが必要になるケースも考えられます。
 
したがって、DXは一度実現したらそれで終わりではなく、データ収集ならびに改善は今後も継続的に行うべきものであると理解し、取り組みを続ける必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業界におけるDXの成功事例

以下では、建設業界におけるDXの成功事例を解説します。
他社の成功事例をもとに、自社ではどのような取り組みができるかを考えながら見ていきましょう。

戸田建設株式会社

戸田建設では、BIM/CIMを活用したデータ運用型の次世代建築の導入に積極的に取り組んでいます。
 
たとえば病院施設のケースでは、患者の位置情報やステータスといったデータが取得できる機能が備わっており、建物と建物内の機能の連動による包括的な業務効率化を実現させています。
 
DXにより同社は、単なる建設工事のみを行うゼネコンとしての役割だけでなく、「ビジネスパートナーとして運用も含めたプロジェクト管理を行う企業」としての役割を新たに構築しています。
 

清水建設株式会社

清水建設株式会社は、顧客満足度向上を目的に利用者の快適な空間調整を行う建物OS「DX-Core」を開発し、DXを進めました。
 
DX-Coreでは、ビル内の空調やエレベーター・自動ドアなどの設備機器をメーカーと問わず連携させて制御・運用が行えます。
 
そのため導入するだけで建物運用管理の効率化と、利用者の利便性や安全性の向上が実現可能となり、利用する企業のDX化にも貢献しました。
 

ダイダン株式会社

ダイダン株式会社では、建設現場におけるデジタル技術を活用した生産性向上を目的にDXを進めました。
 
そのうちのひとつが、多様な働き方を実現する「現場支援リモートチーム」の導入です。
 
同社は国内外問わず建設工事を行っていますが、現場への十分なサポートが行えていない点に課題を感じていました。そこで、WEB会議システムなどのデジタルツールを駆使することで、本社や支社などの異なる地域の社員でも各地に散在する建設現場へ効率的な支援を実現させたのです。
 
その結果、離れた現場であっても、ベテラン技術者の豊富な経験を現場管理に活かせるようになり、生産性向上を実現させています。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設DXに役立つおすすめのツール

以下では、建設DXに役立つおすすめのITツールをご紹介します。
 
建設DXに取り組むうえで、デジタルテクノロジーの活用は必要不可欠ですが、その一方で、建設業界にはアナログ文化が広く根付いているという現状もあります。
 
そのため、業務効率化を実現しようとツールやデジタル技術の投入を行ったところで、現場社員が十分に使いこなせなければ「アナログ作業の方が簡単でわかりやすい」と感じる恐れがあります。こうした状況では、建設DXの実現は難しいです。
 
したがって、社員がDXに抵抗感を感じないよう、導入するデジタルテクノロジーは直感的な操作ができるものがおすすめです。
 
たとえば今回ご紹介する「Stock」は、建設業界のITに不慣れなユーザーでも直感的に利用でき、DXに貢献する情報共有ツールです。
 
Stockの「ノート」に直接入力するだけでドキュメント作成が簡単に行え、日々の情報共有を効率化します。さらに、ツール内には写真やファイルの格納もできるので、「現場からタブレットを利用して図面の確認を行う」といった使い方も可能です。

ITリテラシーの低いユーザーでも活用できる情報共有ツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設DXに役立つデジタル技術とはのまとめ

ここまで、建設DXに役立つデジタル技術と、成功させるための5つのステップや事例を解説しました。
 
業務効率化を実現させ新しい価値を生み出すには、デジタルテクノロジーの利用が必要不可欠です。クラウドサービスなどの活用によって、生産性をより高められるようになるでしょう。
 
しかし、建設DXにおける一番の課題は、現場の作業負担軽減です。そのため、導入するデジタル技術が経営層にとって便利なものでも、現場に即していなければかえって現場の負担を重くする原因となります。したがって、導入するデジタル技術は、ITリテラシーの差に左右されず利用できなくてはなりません。
 
今回ご紹介したStockは、65歳以上の社員でも簡単に情報共有ができる情報共有ツールです。非IT企業を中心に現在120,000社以上の企業が導入しており、社内のDX化を実現させています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して自社のDXを推進しましょう。
 
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。