昨今、メモアプリには様々な種類があり、機能性の違いなどから使用するアプリを選択する必要があります。
 
しかし、アプリによっては操作が複雑だったり、機能が少なかったりして、
 
「iPhoneで簡単にメモを取りたい」
「アプリの数が多すぎてどれを使えばいいかわからない」
「iPhoneで取ったメモを簡単に社内で共有したい」
 
というお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。
 
今回の記事では、そんなお悩みの解決策として、iPhone、iPad、Macで標準搭載されている「メモアプリ」をご紹介します。
 
アプリを利用する際の注意点などにも触れているので、是非最後までご覧ください。
 
 
関連記事: メモアプリ10選!複数デバイスでメモを使いこなそう!【ビジネス利用向け】


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

「メモ」とは

メモの持つ役割とは

メモとはmemoとも言い、英語の「memorandum」を略した言葉のことを言います。
 
本来の定義では、「誰かの為に書かれた人と共有するための情報」ですが、日本での使われ方は、あくまで自分の記憶に留まるように、後で自分で確認が出来るように書くもの、つまり「備忘録」としての役割が主になります。

メモとノートの違いとは

noteは「記録」や「覚え書き」を意味する言葉です。
 
一見すると、メモと同じ意味に見えますが、「誰かの為に書かれた、人と共有するための情報」と定義付けられるmemoと違い、noteは「自分の為に書かれた、他人と共有しない情報」を意味します。
 
備忘録のような役割を持つため、日本で使われる「メモ」の意味に合うのはmemoよりもnoteであると言えます。

メモアプリとは

一般に「メモアプリ」と言うと
 
・メモを取ることに特化したアプリ全般
・iOS搭載のデバイスに標準装備されているアプリ
 

のいずれかを指しますが、本記事では後者の意味で用います。

iPhoneのメモアプリは、標準搭載されているだけあって、直感的に簡単にメモを取ることが出来ます。
 
使い方などを見なくても簡単に使える一方で、「見出し」や「小見出し」「太字+斜体」などのフォントのスタイルを上手に利用すれば、ビジネスシーンでも利用できるようなドキュメントの作成が可能です。
 
iphoneやiPadにBluetoothキーボードを接続すれば、PCがなくても簡単に原稿などのドキュメントを作成することが出来ます。
 
また、メモアプリは、テキストとしてメモが書けるだけではなく、それ以外にも様々な機能があります。

メモアプリの機能とは

Siriによる音声入力

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メモを入力する際に、キーボード右下にあるマイクマークを押し、そのまま話しかけることで、話した内容をテキスト化することが出来ます

手書きによるメモ入力

メモアプリは音声・手動入力に加え、手書き入力にも対応しています。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メモを作成し、画面右下にある鉛筆マークを押しましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

鉛筆マークを押すと画面下部にペンが出てくるので、好きなペンを使い入力しましょう。

ToDoリストの作成

メモからTodoリストも作成できます。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

キーボードを開くと、キーボードの上にチェックマークが表示されます。
チェックマークを押すことで、上の画像のようなToDoリストを作ることができます。

紙資料のスキャン

データを入力するだけでなく、スキャナーとして利用することも出来ます。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

まず、入力画面のカメラマークを押しましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

次に、「書類をスキャン」というボタンをタップし、

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

カメラでスキャンしたい書類を撮りましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

このように簡単な手順で、綺麗にスキャンすることが出来ます。
 
メモアプリは「書類をスキャン」以外にも「写真またはビデオを撮る」「フォトライブラリ」の項目を選択することで、メモ内に画像データを取り込むことができるので、資料作りには最適です。
 
関連記事: iPhone「メモ」アプリを使いこなすために!【メモを検索】


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモの共有方法

メモアプリで共有したいメモを開く

iOS 13の場合

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したメモを開き、画面右上にある、「人を追加」マークか、「共有ボタン」を押しましょう。
ただファイルを送るだけであれば「共有ボタン」で送ることができますが、共同編集したい場合には「人を追加」マークより共有する必要があります。

iOS 14の場合

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したいメモの画面右上にある「丸い」ボタンをタップしましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

出てきた画面の「メモを共有」をタップします。

共有相手を設定する

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

参加依頼の送信方法を選択する画面が出てきます。
メッセージ、メール、LINE、 Twitter、Gmailなど様々な方法で送ることができるので、希望の送信方法を選び、共有したい相手の宛先を追加し、送信します。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メールを選択すると上のような画面になるので、宛先のメールアドレスを入力してください。
共有は何人まででも可能で、共有された人のみ閲覧・編集ができるようになります。

共有設定を確認・変更する

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有した後に、「人を追加」ボタンを押すと、参加している人が表示されます。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したい人を追加するには「人を追加」を押し、共有自体を中止するには「共有を停止」をタップします。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有している人を削除するためには、その人の名前の上で画面を右から左にスワイプし、そこで表示される「削除」をタップします。
 
関連記事: 【おすすめメモ共有ツール8選】普段からメモを共有するクセをつけよう!
 
関連記事: 使い方簡単!複数デバイスで使えるメモ共有ツール10選
 
関連記事: メモツールを使って社内にどんどん共有していこう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

メモアプリを利用する際の注意点

OSが古いと共有が上手くいかない場合がある

iPhone、iPadは最新のiOSに、Macは最新のmacOSにアップデートした上で、「メモ」アプリも最新版にアップデートし、最新の機能を使えるようにしておきましょう。
 
自分も共有する相手もアップデートしていないと、うまく共有できない可能性があります。

メモが消えてしまうことがある

iOSのメモアプリはまれにデータが消えてしまうことがあります。
メモが消えてしまう条件としては以下のものが挙げられます。
 
①iOSデバイスを脱獄またはアップグレードした場合
②iPhoneが故障があった、または破損された場合
③メモを同期する時に間違えたメールアドレスを利用してしまった場合
④気づかずにノートを削除してしまった場合
消えてしまったメモはiCloudやiTunesから復元することが出来ますが、バックアップデータが存在しない場合は一切の復元が出来なくなってしまうので注意が必要です。
 
そのため、重要なデータをメモアプリに残す場合は、定期的にバックアップをとっておくことをおすすめします。

メモが勝手に同期されてしまうことがある

まれに、自分の作成していないはずのメモが、メモアプリに保存されている場合があります。
 
これは、複数人で同一のiCloudアカウントでログインしている場合に生じやすいです。
 
アカウントはデバイスではなく、ID単位で紐付けされているため、同一IDの利用者によるメモの作成・削除の行為が自身のデバイスに反映されてしまうからです。
 
そのため、iCloudのアカウントを家族などの他人と共有している場合には注意しましょう。
 
関連記事: メモ共有ツールを使って、個人が持っている情報を蓄積していこう!
 
関連記事: メモ共有アプリを使って、パソコンでもスマホでも情報をどんどん蓄積していこう!
 
関連記事: メモツールを使えば情報の蓄積や共有のスピードが格段に上がる!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

作ったメモを簡単・安全に共有するなら

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

 
関連記事: メモ共有アプリ21選【iPhone・Androidに対応してるから安心!】
 
関連記事: Androidで使えるメモ帳とは?仕事でもシンプルなアプリを使ってみよう!
 
関連記事: オンラインメモのおすすめ19選!クラウドツールを活用しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
iPhone・iPad・Macで使うことができる「メモ」アプリは入力方法の数、また操作性からメモを取る際にとても便利です。
 
メモアプリを利用するメリット・デメリットを把握し、ドキュメント作成や共有に役立てていただけますと幸いです。
 
 
関連記事: 【最新版】メモに最適なアプリ・Webサービスの厳選20選をご紹介!|活用術も提案