今日の不動産業界では、顧客のニーズへよりスピーディに対応するために「顧客管理システム(CRM)」を導入するケースが増えています。しかし、既存のやり方に慣れていることから、未だにエクセルを使っている企業も多いです。
 
そのため、なかには「煩雑なエクセルから顧客管理システムに乗り換えたいが、どれが最適なのか分からない」と悩む不動産業の方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、不動産業におすすめの顧客管理システム5選を中心にご紹介します。
 
  • 顧客管理にエクセルを使っているが、管理が面倒なので困っている
  • 顧客管理システムに乗り換えて、情報の蓄積や共有をスムーズにしたい
  • 顧客管理システムを導入するにあたり、自社に最適なものを見つけたい
という方はこの記事を参考にすると、不動産業におすすめの顧客管理システムが分かり、エクセルのストレスから脱却できるようになります。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

不動産業向け顧客管理システム(CRM)とは

ここでは、不動産業向け顧客管理システムに必要な機能と、実際の導入事例をご紹介します。これまで、業務で顧客管理システムを使うイメージが曖昧だった方は必見です。

不動産業向け顧客管理システムにあるメイン機能

一般的な不動産業向けの顧客管理システムには、主に以下の機能が備わっています。
 
機能 内容
情報の一元管理機能
顧客の個人情報や商談履歴などを一元管理できます。
分析機能
顧客のニーズや売り上げに関する情報を集計・分析できます。
追客機能
メールを送信でき、顧客と長期的な関係を築くのに役立ちます。
メッセージ機能
メンバー間でのやりとりに電話やメールを使う必要がなくなります。
上記の機能が過不足なく備わっているシステムであれば、顧客情報の共有・管理が大幅に効率化され、より的確なアプローチができるようになります。

不動産業における顧客管理システムの導入事例

不動産業における顧客管理システムの導入事例には、以下のケースが挙げられます。

成約率がアップした事例

ある企業では、営業担当者と家主や入居希望者とのやりとりが紙だったため、情報共有に時間がかかっている課題がありました。そこで、顧客管理システムを導入したところ、インターネット上でFAXを一斉送信できるようになり、作業負担が大幅に減ったのです。
 
また、帳票への記入ミスも減ったことで、商談をはじめとした本来の業務へ集中でき、成約率のアップにつながりました。

顧客満足度がアップした事例

ある企業では、既存の自社システムで顧客や物件を管理していたものの、事業やサービスの多様化についていけず、データを有効活用できない課題がありました。そこで、新しい顧客管理システムを導入し、自社が持つ大量の顧客データを整理しつつ簡単に紐付けたのです。
 
その結果、多様化する顧客のニーズも的確に捉えられるようになり、顧客満足度を大幅に向上させました。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

不動産業に顧客管理システムを導入する3つのメリット

ここでは、不動産業に顧客管理システムを導入する3つのメリットをご紹介します。未だに紙やエクセルで顧客管理しているチームは必見です。

(1)引き継ぎが簡単になる

まずは、引継ぎが簡単になるメリットがあります。
 
不動産業界ではスタッフの異動や休職に伴って、対応中に担当者が変わるケースも稀ではありません。しかし、顧客管理が紙でされていれば、情報が属人化しやすく、スムーズな引き継ぎがしづらくなってしまうのです。
 
そこで、顧客管理システムを導入すれば、商談履歴や個人情報を一か所に集約できるため、引き継ぎのたびに前任に聞く手間を省けます

(2)人手不足を解消できる

次に、顧客管理システムを使えば人手不足も解消できます。
 
不動産業では、問い合わせへ返信したり追客メールを作成したりと業務の量が多いです。このような業務を手作業でしていては、時間がかかって接客や内見同行などに、十分な人員を割けない恐れもあります。
 
しかし、多くの顧客管理システムには“自動集計機能”が備わっているため、データの集計やニーズの分析にかかる手間を大きく短縮できるのです。その結果、ほかの業務にあてる時間や人手も増やせます。

(3)顧客へより良いアプローチができる

最後に、顧客へより良いアプローチができるのもメリットです。
 
今日ではインターネットの普及に伴って、住宅や賃貸に対する顧客のニーズも多様化しています。しかし、紙やエクセルで顧客管理をしていれば情報が属人化するので「担当者ごとにアプローチの仕方が異なる」状況になりかねません。
 
こうした状況では、顧客の要望とはかけ離れた提案をしてしまう恐れもあります。しかし、顧客管理システムを使えば顧客の状況をもとに販売促進メールを自動で送ったり、アプローチの方法をチームで共有したりできるため、ニーズを的確に捉えられるのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

不動産業向け顧客管理システムの比較ポイント3選

以下では、不動産業向け顧客管理システムの比較ポイントを3つご紹介します。システムの導入後に「想定よりも使い勝手が悪かった」とならないために、必ず押さえましょう。

(1)オンプレミス型かクラウド型か

まずは、オンプレミ型かクラウド型かを確かめましょう。
 
オンプレミス型は、自社の好みに応じて自由に機能をカスタマイズできる反面、スマホやタブレットでは使えなかったり、多くのコストがかかったりします。また、自社でサーバーを用意しなければなりません。
 
一方、クラウド型はあらかじめ使える機能が決まっていますが、サーバーの構築が不要なのでコストを抑えられます。また、モバイル端末から使えるものも多いので「顧客に物件を紹介しているときに情報を確認したい場合」でも便利です。
 
そのため、時間や場所を問わず安価に使いたい場合はクラウド型、自由に機能を拡張したい場合はオンプレミス型を選びましょう。

(2)目的の機能が備わっているか

次に、目的の機能が備わっているかもポイントです。
 
たとえば、見込み客へのアプローチを強化したい場合は「データの自動集計機能」などが必要です。一方、不動産業務の全体を効率化したければ「情報の一元化管理機能」や「メッセージ機能」など、業界を問わずに使える機能が求められます。
 
そのため、システムを導入するときには必ず社内の課題を把握し、どのような機能が必要なのかを明確にしましょう。

(3)操作がシンプルか

最後に、システムの操作がシンプルかも確実にチェックすべきです。
 
顧客管理システムを導入しても、多機能であれば従業員は使いこなせない恐れがあります。不動産業界では、顧客情報をスピーディに確認・共有できないことは致命的なので「シンプルで誰でも簡単に操作できるシステム」でなければなりません。
 
そこで、ITに詳しくない65歳の方でも即日で使いこなせる「Stock」を活用すれば、操作のストレスなく顧客管理ができます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

無料あり|不動産業の顧客管理におすすめのシステム5選

以下では、不動産業の顧客管理におすすめのシステム5選をご紹介します。
 
業務の多い不動産業において、顧客管理をスムーズに進めるにはシステムの導入が不可欠です。システムを使えば顧客情報や商談履歴が一元化されるだけでなく、メンバー間での情報共有に電話やメールを使う必要もなくなります。
 
ただし、多機能なシステムを導入してしまうと、従業員が使いこなせず紙やエクセルでの顧客管理に戻る恐れがあるのです。したがって、「チーム全員が迷わずに活用できるシステム」を選定しなければなりません。
 
結論、不動産業の顧客管理を効率化するには、ITが苦手な65歳以上のメンバーでも直感的に使える「Stock」が最適です。
 
Stockの「ノート」には顧客に関する資料や問い合わせ履歴など、あらゆる情報を簡単に残せます。また、ノートに紐づく「メッセージ」でメンバー同士のやりとりができるほか、ノートをカテゴリごとに「フォルダ」で振り分ければ顧客情報が入り乱れません。

【Stock】顧客情報を最も簡単に残せるシステム

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【スモッカCRM】一気通貫の顧客管理を実現するシステム

スモッカCRMのトップページ

<スモッカCRMの特徴>

  • 顧客管理が一カ所で完結する
  • 反響から契約締結までの顧客管理とタスク管理がひとつで完結します。
     
  • 追客の手間を削減できる
  • 顧客の問い合わせから最適な物件を自動で提案したり、来店予定の顧客にアンケートを自動送信したりできます。

<スモッカCRMの注意点>

  • 使いこなすのが難しい
  • 多機能ゆえに、ITに詳しくなければ使いこなすのが難しい恐れもあります。

<スモッカCRMの料金体系>

  • 詳細は要問い合わせ


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【いえらぶCLOUD】顧客満足度アップに貢献するシステム

いえらぶCLOUDのトップページ

<いえらぶCLOUDの特徴>

  • 仲介業務と管理業務も一元化できる
  • 仲介向けと管理会社向けの機能がひとつに備わっています。
     
  • サポートが充実している
  • システムの導入後も、利用状況や業界の動向に合わせて担当者からのサポートを受けられます。

<いえらぶCLOUDの注意点>

  • 予算の見積もりが難しい
  • いえらぶCLOUDにはさまざまな料金プランがあるほか、それぞれ初期費用や月額利用料も異なるので、予算の見積もりが難しい可能性もあります。

<いえらぶCLOUDの料金体系>

  • 詳細は要問い合わせ


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【ノマドクラウド】追客に特化した顧客管理システム

ノマドクラウドのトップページ

<ノマドクラウドの特徴>

  • 追客がスピーディにできる
  • 反響一次対応や物件の提案、追客メールがすべて自動化されます。
     
  • 機会損失を防ぎやすくなる
  • 顧客と専用のページでやりとりと物件探しができるので、長期的な関係を築くのにも役立ちます。

<ノマドクラウドの注意点>

  • 社内の情報共有には不向き
  • 顧客とのやりとりはできますが、社内の情報共有には別のツールが必要です。

<ノマドクラウドの料金体系>

  • 詳細は要問い合わせ


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Sales Cloud】クラウドベースのSFA&CRMシステム

Sales Cloudのトップページ

<Sales Cloudの特徴>

  • 商談履歴を分かりやすく整理できる
  • 商談履歴を時系列で整理できるので、案件を進めやすくなります。
     
  • 売り上げを予測できる
  • 商談の進捗をもとにAIが売り上げを自動予測するので、意思決定もスムーズです。

<Sales Cloudの注意点>

  • 操作が難しい恐れがある
  • 機能が豊富なため、専門知識がなければ操作が難しい恐れもあります。

<Sales Cloudの料金体系>

  • Essentials:3,000円/ユーザー/月(年間契約)
  • Professional:9,000円/ユーザー/月(年間契約)
  • Enterprise:18,000円/ユーザー/月(年間契約)
  • Unlimited:36,000円/ユーザー/月(年間契約)


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

不動産業界の顧客管理におすすめのシステムまとめ

ここまで、不動産業界の顧客管理におすすめのシステムを中心にご紹介しました。
 
不動産業に顧客管理システムを導入すれば、顧客とのやりとりが一元化されて、より的確なアプローチができるようになります。また、”メッセージ機能”を使うと、メンバー間での連絡に電話やメールを使う必要もありません。
 
しかし、多機能なシステムは操作が複雑なので、ITが苦手な人にはかえって負担になってしまいます。そのため、「必要な機能に過不足がなくシンプルか」を判断すべきです。
 
結論、不動産業の顧客管理で使うべきなのは、非IT企業の65歳の方でも説明なしで操作できるシステム「Stock」一択なのです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、顧客管理における脱エクセルを実現しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: 不動産業の情報管理におすすめのシステム3選!選定ポイントも紹介!
 
関連記事: 追客とは?不動産業以外でも応用できる「追客」のコツも解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。