「タスク」という言葉はビジネスにおいてよく使われる言葉ですよね。
しかし「タスク」や「タスク管理」、「ToDo」、「タスクフォース」などタスクに関連する言葉がたくさんあり混乱することも多いのではないのでしょうか。
 
そこで今回の記事では「タスク」の意味や類語、タスクを使ったビジネス用語、効率的なタスク管理を可能とするツールをご紹介させていただきます。
 
「タスク」の意味を知り、使い方を知ることで業務に役立てたいという方や、「タスク」と他の用語の違いがあまり分からないという方は是非参考にしていただければなと思います。
 
Stockのバナー

タスクの意味

「タスク」には「作業・仕事・課題」という意味と「コンピュータが処理する最小単位」の2つの意味があります。
ビジネスにおいては前者の意味で、アプリ開発の仕事などの大きなプロジェクトなどではなく、小さい単位の日々の作業を意味して使われることが多いです。
 
日本で使われている「タスク」は英語の「task」に由来しています。
英語では「任務・課題・仕事・職務」を意味し、日本語の「タスク」とほとんど変わらない用法で使われています。
 
また「コンピュータが処理する最小単位」という意味があるため、ビジネス以外でもパソコンやスマホ関係で「タスク」という言葉を使用します。
具体的に次の章で使い方をご紹介します。
 
関連記事: 「タスク」の意味って何だろう?「プロジェクト」や類語との違いも解説
 
関連記事: 「タスク」と「ToDo」の違いって?仕事がはかどるタスク管理術・ツールを紹介!
Stockのバナー

タスクの使い方・例文

タスクには2つの意味があるため、ビジネスとコンピュータ用語として使われます。
ここで2つの用法を見ていきましょう。

ビジネスの場合の例文

  • 昨日終わらなかったタスクが2個あるから、今日はそれからとりかかろう。
  • 私はタスク管理をするのが苦手なため、いつもタスクが溜まってしまう。
  • タスク管理をしっかりすることで残業を減らすことができる。
  • 上司が私に大量のタスクを振ったため、同僚に助けてくれないかと相談した。
  • 今作業しているタスクが終わり次第帰ることができる。
  • 新しい案件のためにタスクチームが結成された。

コンピュータ用語での例文

  • windowsではタスクバーがあるため、よく使うアプリをすぐに起動させることができる。
  • AndroidもiPhoneもマルチタスクに対応している。
  • タスクマネージャーを起動してアプリを終了することで重くなることを防ぐ。
  • Androidではホームボタンを上にスワイプしたらタスクボタンが出現する。
 
関連記事: ビジネス用語の「タスク」とは?正しい意味や類語を解説!
 
関連記事: タスクマネジメントとは何か?「一人の場合」と「複数人の場合」の違いを考えてみよう!
Stockのバナー

「タスク」を使った用語

「タスク」の意味とは?使い方や類語を徹底解説!

ビジネスでは様々な「タスク」を用いた用語を使います。皆さんはそれぞれの違いについてご存知でしょうか?

タスク管理

「タスク管理」とは自分が担当する「タスク」の優先順位や期限、進捗状況などを管理することです。
日々仕事に追われタスクの管理が疎かになり、タスクの漏れや遅延が生じてしまうことを防ぎます。
タスク管理をすることで効率的に仕事をするのを可能とします。

タスクチーム

「タスクチーム」とは、問題解決や特別任務のために臨時で組織されるチームのことです。
通常のチームとは違って、ある目的があり、任務や課題のために特別に作られたチームのことを指します。
そして活動期間が決められているのが特徴としてあります。

タスクフォース

「タスクフォース」も「タスクチーム」とよく混同されますが、大きな違いとしては「タスクフォース」は緊急性の高い問題に取り組むことが挙げられます。
もともと「タスクフォース」は軍事用語で「機動部隊」のことを指します。
 
そのため、ビジネスにおける「タスクフォース」も機動部隊さながらに緊急性の高い問題に対して短期的に取り組んで解決を図ります。

シングルタスク・マルチタスク

「シングルタスク」とは1つのタスクに集中して作業を行うことです。
それに対して「マルチタスク」は複数のタスクを同時に、又は短期的に並行して作業を切り替えながら作業を実行することです。
 
シングルタスクもマルチタスクもそれぞれにメリットとデメリットがあるので、タスクによってシングルタスク・マルチタスクを使えるようになるとベストです。
 
関連記事: タスク管理(todo管理)とは?具体的なタスク管理の仕方を解説
Stockのバナー

「タスク」の類語

「Todo」

タスクと最も混合されやすい用語の一つとして「ToDo」が挙げられます。
しかし「タスク」と「ToDo」の決定的な違いは期限が含まれるかどうかです。
 
「タスク」には期限が含まれているのに対して「ToDo」には期限が含まれていません。
「ToDo」は「いつか実行しなければならないが、締め切りの詳細な日時は決めていない」作業を指します。
 
関連記事: 「タスク」と「ToDo」の違いって?仕事がはかどるタスク管理術・ツールを紹介!

「プロジェクト」

プロジェクトとタスクの違いは「参加人数」と「規模」が挙げられます。
「タスク」は基本的には1人で作業し、会議の資料作り等、細分化された仕事のことを指します。
「プロジェクト」は複数のメンバーが目標遂行のための業務を行うことです。
 
例えば、システム導入や新商品開発などが考えられます。
「プロジェクト」の下に様々な「タスク」があると言えます。

「スケジュール」

スケジュールは「日程・予定」「日程表・予定表」のことを指し、時間を指定された・時間で区切られた予定のことを言います。
「タスク」との違いは、「スケジュール」はほとんど変更ができないのに対し、「タスク」は自分で順番をつけられることが挙げられます。
 
関連記事: 「タスク」の意味って何だろう?「プロジェクト」や類語との違いも解説
Stockのバナー

タスク管理を効率的に行うツール

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
関連記事: これからはタスクも共有する時代!タスクを共有するメリットとは?
Stockのバナー

まとめ

いかかでしたでしょうか。
 
日々、何気なく使っている「タスク」という言葉ですが、「作業や仕事」、「コンピューターで処理する最小の単位」という2つの意味があります。
ビジネスにおいてはタスクを使った様々な用語が使われており、タスク管理をすることで仕事効率化を図ることができます。
 
是非今回ご紹介させていただいたツールを使ってタスク管理をしていただければ幸いです。
 
関連記事: 【2021年最新版】タスク管理とは?チームで使える19個のオススメ管理ツールも徹底比較
 
関連記事: ビジネス用語の「タスク」とは?正しい意味や類語を解説!