IT化の波はあらゆる業種に来ていますが、その一方建設業においてはなかなか進まないという現状があります。
 
そのなかですでにIT化に取り組んではいるものの、思ったような成果がでていないことに悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設業のIT化が遅れている原因やIT化推進のメリット・成功に導くポイントまでを解説します。
 
  • なぜ建設業においてIT化が遅れているのか理由を知ったうえで、IT化に取り組みたい
  • IT化を行うとどのようなメリットがあるのかを把握し、社員に周知したい
  • IT化を成功させるために押さえるべきポイントを理解したうえで取り組みたい
という方は今回の記事を参考にすると、建設業においてIT化が進まない原因を理解したうえで、自社のIT化を成功させられます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

なぜ建設業のIT化は遅れているのか

以下では、なぜ建設業のIT化が遅れているのかその理由を解説します。
IT化が重要視される一方でなぜ建設業ではうまく進まないのか、大きく以下2つの理由に当てはまっているケースが多いです。

アナログな業務が多いから

建設業のIT化が遅れたのは、アナログな業務が多いという業界の特徴に原因があります。
 
建設業界では多くの情報が紙媒体で管理されており、連絡手段も電話が主流です。さらに、資料などの送付や履歴を残したいやりとりを行う場合も、メールではなくFAXを利用するというケースが今なお存在しています。
 
さらに、建設業においては、1つの現場に対して複数の企業が関わっているという状況も珍しくはありません。こうした環境において、仮に1社でもIT化に対応していない企業があれば、その現場はアナログで進めるしかなくなります。
 
その結果、IT化が思ったように進まず、他業界に対して遅れをとる一因となっています。

やり方を変えられない人材が多いから

建設業のIT化遅れは、やり方を変えられない人材の多さにも原因があります。
 
国土交通省が発表した「最近の建設産業と技能労働者をめぐる状況について」によると、建設業に従事する人口のうちおよそ34%を55歳以上の人材が占めています。
 
こうした人材の高齢化が進む環境では、「IT化によって今までのやり方を変える」のは難しいと言えます。場合によっては、ITに対する抵抗感を感じ、自社で導入することに対して反対する社員が出てくる恐れもあります。
 
したがって、IT化に抵抗感のない若年層の社員が積極的に働きかけ、業務システムの改善を図らねばなりません。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業でIT化を進めて得られる5つのメリット

以下では、建設業でIT化を進めるメリットを解説します。
これまでアナログで行っていた業務を、ITを駆使して進めることで以下5つのメリットが得られます。

データ共有の効率化

IT化を行うと、データ共有が効率化します。
 
従来FAXなどを利用して共有していたデータも、クラウド上で管理すると必要なときに必要な情報を瞬時に確認できるようになります。FAXや電話のない出先からでも確認ができるのは、業務効率の著しい向上に繋がります。
 
さらに、現場だけでなく経理や営業など、ほかの業務の進捗状況もツール上で管理できるため、情報共有が円滑化し、連携がとりやすくなります。
 
円滑な情報共有が徹底されれば、仕事の効率が向上するほか顧客満足度の向上も見込めるでしょう。

資料整理の時間短縮

IT化を進めると、資料整理の時間が短縮できます。
 
すべての情報を紙で管理している環境では、必要な情報を探すには資料をすべて手作業で確認する必要があります。ひとつの作業あたりにかかる時間は短くとも、1日や1週間という規模で考えれば、膨大な時間になりかねません。
 
一方、ITツールを利用して資料の管理を行えば、ツール内で検索するだけで該当資料の確認が行えます。さらに、大量の資料が必要になった場合でも、ツールを開けば確認できるので、事前に資料をコピーしなおす手間もありません。

消耗品コストの削減

IT化の推進は、消耗品コストの削減にも繋がります。
 
工事に必要な工事に必要な写真や図面が紙媒体で管理されている場合、それを複製するのにコピー用紙やインク代といった消耗品が必要です。配布先や現場数が多ければ、それだけでも膨大なコストが発生する原因となります。
 
一方、資料の管理をIT化し、タブレットやスマートフォンなどを利用すれば、こうした印刷にかかるコストの削減が行えます。
 
印刷ミスなどのトラブルを回避しデータをそのままの状態で閲覧できるため、資料の視認性も向上します。

社員の業務状況の可視化

IT化は社員の業務状況の可視化にも貢献します。
 
社員の勤怠管理や進捗管理をIT化すれば、ツールを開くだけで管理者は社員が今どういった業務状況下にあるかをリアルタイムで確認できます。
 
とくに、従業員が多い企業や取り扱う現場が多い企業の場合、「社員が今どこで何をしているか」がブラックボックス化しがちです。IT化によってすべてを可視化することで、人材管理も効率化できます。

移動時間の削減

IT化を進めると、移動時間を大幅に削減できます。
 
たとえば、現場で何かトラブルがあったり、打ち合わせの必要があったりする場合、従来であれば関係者はかならずその場所まで足を運ぶ必要がありました。打ち合わせ時間よりも移動時間が長く、業務負担になるというケースも稀ではありません。
 
一方IT化を行うと、システムを利用して現場の進捗状況などを社内から確認できます。そのため、トラブルを未然に防ぐことが可能です。
 
また、会議や打ち合わせを対面ではなくオンライン会議システムを利用すれば、集まる手間やコストを削減できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業のIT化を成功させるポイント

以下では、建設業のIT化を成功させる3つのポイントを解説します。
行う施策を成功に導くためにも以下のポイントを押さえて、IT化を進めましょう。

現場とのギャップを埋める

IT化を成功させるためにも、現場とのギャップを埋めておきましょう。
 
IT化を目的として導入したツールを実際に利用するのは現場の社員です。したがって、IT化推進には社員からの理解が何よりも大切です。
 
たとえ、ひとりでもIT化に対して抵抗感のある社員がいれば、全社としてIT化を成功させるのは難しいです。したがって「IT化によって業務がどう改善するのか」「どのような方法を取り入れるか」を十分に説明し、理解を得ましょう。
 
特定の個人やチームだけでなく全社で取り組むものであるとの認識付けを怠ってはなりません。

社員のリテラシーに沿ったツール選定

IT化成功のためには、社員のリテラシーに沿ったツール選定も大切です。
 
いくら管理者目線で有能なツールであっても、実際に利用する社員のリテラシーに沿わなければ、活用は難しいです。場合によっては「操作がよくわからないので手作業で行う」という社員が増えることとなり、ツールの導入自体が無意味になってしまいます。
 
したがって、実際ツールを利用する社員のITリテラシーを正しく把握し、適切なツール選定を行いましょう。
 
同じ職種についている社員でも、ITリテラシーには差があるのが当然なため「これくらいならわかるだろう」と楽観視せず、ITに疎いメンバーでも間違いなく使えるかを重視しなくてはなりません。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業のIT化推進に役立つおすすめのツール

以下では、建設業のIT化推進に役立つおすすめのツールをご紹介します。
 
IT化を進めるうえで避けなければならないのは「ツールを利用できない社員がいること」です。1人でもアナログな方法で業務を行う社員がいる限り、IT化が成功しているとは言えません。そのため、ツール選定には細心の注意を払い、すべての社員が間違いなく使いこなせるツールかどうかの見極めが大切です。
 
しかし、社員全員に操作性を確認してもらうのは手間がかかるうえ現実的ではありません。したがって、効率よく選定をすすめるには「より直感的な操作が行えるツール」かどうかで見極めましょう。
 
そのため、今回ご紹介する建設業におけるITリテラシーの差に関係なく、直感的な操作で誰でも簡単に情報共有ができる「Stock」の利用が最適です。
 
「ノート」には直接文章を入力できるうえ、写真や資料の添付も行えるので、報告書作成や図面の管理などに役立ちます。さらに、「タスク機能」を利用すれば、社員それぞれの抱えるタスクと現在の進捗状況が可視化できます。

ITリテラシーの低いユーザーでも活用できる情報共有ツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

なぜ建設業のIT化は遅れているのかのまとめ

ここまで、建設業のIT化が遅れている原因やIT化推進のメリット・成功に導くポイントを解説しました。
 
アナログな業務が多く人材が高齢化している建設業界では、IT化が進みにくい現状があります。しかし、IT化を進めると情報共有の効率化をはじめとする生産性向上が実現するため、早急な取り組みが必要になります。現場のリテラシーに沿ったツール選定を行い、IT化を推し進めましょう。
 
しかし、いままでアナログで進めていた業務をいきなり高度なIT技術で処理するのは、社員がついていけなくなる恐れもあります。したがって、まずは「日々の小さな業務から”シンプルなツール”でIT化」していくのがおすすめです。
 
たとえば今回ご紹介したStockは、ドキュメント作成やファイル管理の効率化を実現する、建設業のIT化に役立つ情報共有ツールです。非IT企業を中心に現在100,000社以上の企業に導入されており、IT化の推進に貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で建設業における非効率を解消し、自社のIT化を進めましょう。