DX(デジタル・トランスフォーメーション)実現に必要なものの一つとして「目的」が挙げられます。DX実現に向けては、DXを目標達成の手段と捉えて進める必要があります。
 
しかし、DX推進に当たって定めるべき目的の例はあまり明示されていません。そのため、DXを成功させたくてもどのような目的を設定すれば良いのかわからず、結果としてDXを進められずにいる方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DXに目的が必要な理由と職種・組織別の豊富な具体例を紹介します。
 
  • DX実現に目的を必要とする具体的な理由がわからない
  • DXの目的としてはどのようなものが適切なのか知りたい
  • DXの目的の具体例を知り、自社でのDX推進に活かしたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、DXに目的が必要な理由を理解し、DXをスムーズに実現できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXとは

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、スウェーデンのストルターマン教授が提唱した概念であり、「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」と定義されています。
 
また、日本経済産業省は「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義しています。
 
すなわちDXとは、ITツールの活用によって優位性を得た企業が、顧客や社会を豊かにすることを指します。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX実現に目的が必要な理由

DX実現に目的が必要な理由は、全社員にITツールを適切に利用してもらうためです。
 
DX実現には「デジタル技術の活用」すなわちITツールの導入が前提となります。しかし、全社で達成したい目的を明示しないままDXを推進すれば、社員はITツールをどのように活用すれば良いのかわからないために適切な使用ができません。ITツールが社員に正しく普及しなければDXは実現しないため、ITツールへの投資も無駄になってしまいます。
 
また、DX推進に当たってはITツールの活用が目的化しないよう注意する必要があります。DXは、売上向上といった企業目標を達成するための手段の一つです。しかし、DXを目的と捉えている場合、ITツールの導入にばかり力を入れてしまい費用のみがかさむ結果に終わる可能性もあります。
 
DXは企業の目標を達成するために取る手段にすぎません。企業目標の達成を目的とするDXの実現には、目的を示した上での全社員による正しいITツールの活用が必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXの目的の例

DX推進に当たって設定すべき目的は、マーケティングにおける顧客満足や、経理における業務の迅速化など、職種や組織によってそれぞれ異なります。
 
以下では、それぞれの部署・組織に合った目的の例を紹介します。

職種別の例

以下では、職種別のDX実現の目的例を紹介します。

人事・経理のDX目的例

人事・経理部門のDX目的の例として「テレワーク推進」や「業務負担の削減」などが挙げられます。
 
DXによって得られる利点として、ペーパーレス化や事務作業の自動化、誤入力と言った人為的ミスの削減などが挙げられます。人事・経理部門における目的としては、ITツールの活用による業務効率化が適切です。

営業・マーケティング・開発のDX目的例

営業・マーケティング・開発部門のDX目的の例として「顧客理解の深化」が挙げられます。
 
ITツールの導入によって、クラウドによる顧客情報の一元管理やチャットボットによる顧客との新たな接点の創出が可能となります。その結果、充実した顧客データを獲得でき、顧客ニーズをより明確に把握できます。
 
このように営業・マーケティング・開発部門には、蓄積した顧客データを活用して顧客満足の向上に活かすといった目的の設定が求められます。

組織別の例

以下では、組織別のDX実現の目的例を紹介します。

中小企業のDX目的例

中小企業のDX目的の例として「業務効率化」や「事務作業の負担縮小」などが挙げられます。
 
DXの推進により、事務作業の自動化や全業務のオンライン化が可能となります。これにより、事務作業の負担の大幅な減少も見込めます。
 
中小企業は大企業と比較して従業員数が少ないからこそ、社員の業務時間の配分が重要となります。事務作業の負担の短縮により従業員が別の業務に掛ける時間を確保でき、業務効率化が実現します。
 
中小企業が設定するDXの目的としては、社員一人当たりの事務作業の負担軽減による業務効率化などが適切です。

大企業のDX目的例

大企業のDX目的の例として「顧客データの有効活用」などが挙げられます。
 
クラウドといったITツールの導入により、顧客データを一元化できます。今までは部署ごとに別のシステムで管理していた情報もクラウドの導入によって一括管理が可能となり、充実したデータベースを得られます。
 
膨大な顧客データの分析を通して、顧客ニーズの鮮明な理解が可能となります。このように、大企業が設定するDXの目的としては、データの一元管理による顧客ニーズの把握などが適切です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX実現の方法

DX実現には、目的の設定など適切なステップを踏むことが求められます。以下では、DX実現の方法について順番に解説します。

企業目標を明確にする

DX推進前に、売上の向上や総残業時間の減少といった企業目標の設定が必要です。
 
企業目標達成の「手段」としてDXが求められるので、DXは企業目標を基に進められます。したがって、現時点で自社がDXを通して何を成し遂げたいのかを明確にするために、目標の言語化が必要です。

自社の強みと弱みを明確にする

企業目標を定めたのちに、自社の強みと弱みを明確にして自社に対する理解を深めます。
 
たとえば、低コストの実現による低価格商品を強みとしているが、社内でのデータの一括管理ができていないために顧客ニーズの把握が難しいことを弱みとする企業があるとします。
 
本企業におけるDXのアプローチの一例として「クラウドの導入による社内データの一元化」が挙げられます。
 
このようにDX実現に当たっては、自社の強みと弱みを把握したうえで、それらの強化・改善にはITツールでどんなアプローチが取れるかの検討が必要です。

DXの目的を定める

自社の強み・弱みを把握しアプローチを検討したのちにDXの目的を決定し、全社員に伝達します。
 
DXの目的を社員へ伝達すれば、ITツールの導入理由が社内で共有され正しい活用につながります。仮に社員がDX導入の目的を把握していない場合、社員がITツールの導入自体を目的だと誤認し、闇雲にITツールを導入するなど予想外の結果に終わる恐れもあります。
 
そのため、DX成功に向けてはDX推進理由を社内に広く普及させ、全社員が同じ目的意識をもったうえでのITツールの活用が求められます。

使いやすいITツールを導入する

DXの目的を社内に普及させたのちに「使いやすいITツール」を導入し、DXを大きく前進させます。
 
導入するITツールには、ITツールにあまり詳しくない社員でも活用できるよう、使いやすさが求められます。仮に、導入したITツールが高度なリテラシーを必要とするものであった場合、一部の社員が使いこなせないといった問題が発生します。
 
新しいITツールを不便と感じた社員は、ツールの使用に消極的となる恐れがあります。また、導入したITツールではなく、紙といった別の手段で情報共有を行う社員がいた場合、情報の一元管理が達成されず、DXが失敗に終わる場合もあります。
 
そのため、DX推進に当たっては全社員がITツールを積極的に利用する環境ができるよう、簡単に利用できる「Stock」のような使いやすいITツールの導入が求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX実現に役立つおすすめツール

以下では、DXの実現に最適なツールを紹介します。
 
DX実現には、全社員によるITツールの活用が求められます。全社員がDXの目的に沿ってITツールを利用すれば、目的の達成、ひいては企業目標の達成にもつながります。
 
しかし、複雑なツールをはじめとした、社内リテラシーとの乖離があるツールではDX推進に欠かせない「情報」に関する課題解決に必要以上の時間的コストがかかります。さらに、一度ITツールの導入に失敗すると、再導入に強烈な抵抗感が生まれDX推進がさらに難しくなってしまうのです。
 
DXに必須なITツールが原因で、逆に業務が非効率となるとツールを導入した意味がありません。したがって、DXの実現には非IT企業でもすぐに使いこなせるほどシンプルな「Stock」のような情報共有ツールが必須です。
 
Stockは、情報管理に必須な「ノート」「メッセージ」「タスク」の機能を過不足なく備えており、教育コストが不要です。さらに、業界業種問わずDXの目的に多い「顧客データの活用」や「業務負担の軽減」を、情報共有の側面から解決します。

【Stock】DXをスムーズに実現する情報共有ツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DXに必要な目的の概要まとめ

ここまで、DX推進に目的が必要な理由と職種・組織別の目的例、DX実現におすすめのツールをご紹介しました。
 
DXの実現に当たっては、DXを手段として捉えたうえでDXの目的を設定し、社内に普及させることが重要です。社内全体で目的の共有が正しく行われれば、ITツールの適切な活用も見込まれます。DX推進の目的の設定は、DX実現させて企業目標を達成するために不可欠です。
 
また、DXの実現には、リテラシー問わず誰でも活用できるITツールの導入が必要です。全社員が進んでITツールを利用する環境があれば、DXの目的や企業目標もスムーズに達成できます。
 
そのため、DX実現には情報共有の側面からDXを実現する、Stockのような情報共有ツールが必須です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でDXを実現させ、企業目標を達成させましょう。
 
関連記事: 【全解説】なぜ企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が話題なのか?
 
関連記事: DX化とIT化・IoT・ICTとの違いとは?推進のポイントもわかりやすく解説