医療・健康業界の導入事例
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」

株式会社ハピネス(ハピネス治療院) 西尾太初様

Stock(ストック)インタビュー西尾様写真

LINEでの情報共有では、必要な情報が流れていってしまうことに困っていた、株式会社ハピネス様。

Stock(ストック)導入の効果を、同社代表の西尾様に伺いました。

株式会社ハピネス

業種:医療・健康 
従業員:10〜20名

”「訪問型の、はり灸マッサージ事業」を展開”

御社の事業内容を教えてください

西尾様:「訪問型の、はり灸マッサージ事業を展開しています。

具体的には、老人ホーム・介護施設・個人宅に伺って、はり灸のマッサージサービスを提供しています。」

Stock(ストック)インタビュー西尾様写真
”LINEでは、情報が流れていってしまう”

Stock(ストック)導入のきっかけを教えてください。

西尾様:「Stock(ストック)導入前は、LINEで情報共有をしていました。

しかし、LINEで情報共有すると、情報がことごとく流れていってしまい、営業先との商談記録など、必要な情報を管理することが出来ませんでした

 

そこで、チームの情報を簡単に管理できるツールを探していたところ、Stock(ストック)を見つけすぐに導入を決断しました。」

他ツールもある中でなぜStock(ストック)を導入されたのでしょうか?

西尾様:「今申し上げた通り、LINEだと情報が流れていってしまい、必要な情報にすぐにアクセスできないことが致命的でした。

また、その他のツールについてもいくつか試しましたが、使い方が難しく、とても使いこなせそうにありませんでした。

 

Stock(ストック)は、必要な情報がちゃんと残っている上に、とてもシンプルで直感的に使えるプロダクトだったことが導入の決め手になりました。」

Stockにはどのような情報を管理していますか?

西尾様:「Stock(ストック)で管理している情報は、主に下記4点になります。

①新規の問い合わせ管理

②営業の打ち合わせ記録

③お客様からのクレーム管理

④社内の日報

これらの情報は、現在すべてStock(ストック)上で一元的に『ストック』して管理しています。」

Stock(ストック)インタビュー西尾様写真
”Stock(ストック)を導入して、業務効率が明らかに向上しました”

Stock(ストック)を導入して、どのような効果を感じていますか?

西尾様:「Stock(ストック)の導入により、チームの情報を驚くほど簡単に管理できるようになりました

これまで情報管理に頭を抱えていたのが、嘘のようです(笑)。

Stock(ストック)を導入してから、必要な情報に即座にアクセスできるようになったため、業務の効率が明らかに向上したことを強く実感しています。」

具体的にはどのようなシーンで、業務効率が上がったことを実感していますか?

西尾様:「例えば、『営業の打ち合わせ記録』もStock(ストック)上で管理していますが、これにより営業の効率が確実に上がっていることを実感しています。

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。

しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。

過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。」

他にStock(ストック)の価値を感じるシーンはありますでしょうか?

西尾様:「『お客様からのクレーム』管理でも、Stockの価値をとても強く感じています

従来はLINE上で、『このようなクレームがありました』ということを、一時的にみんなに共有するだけでした。

しかし現在は、Stock(ストック)上ですべての『お客様からのクレーム』を一元的に管理しており、過去にどのようなクレームがあったかを分析しながら業務を進めることが出来ています

クレームの分析をすることが出来るようになり、より高い顧客満足に繋げることが出来るようになっていますね。」

Stock(ストック)インタビュー西尾様写真
”Stockは、どのメンバーも迷うことなく使い始めることができました”

Stock(ストック)を導入する上で何か困った点はありましたか?

西尾様:「いいえ、全くありませんでした。

Stock(ストック)はシンプルなプロダクトだったため、導入にあたり特に困った点は全くありませんでした

最初にごく簡単なルールだけ決めたら、ベテランのメンバーも含めて、どのメンバーも迷わず使い始めることが出来ましたね。」

最後に一言お願い致します。

西尾様:「Stock(ストック)を導入したことで、必要な情報をとにかく簡単に残すことが出来るようになりました。

Stock(ストック)のお陰で、明らかに仕事がしやすくなっていることを実感しています

これからもStock(ストック)をどんどん活用していきたいと思いますので、是非これからもよろしくお願いします!」

あなたのチームでもStock(ストック)を試しませんか?
情報共有に感じていたストレスが、大幅に削減できます。


トップへ戻る

インタビュー一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加