営業活動において必須アプリのひとつである「メモ管理アプリ」に必要な情報を書き留めておけば、業務の忘れ防止につながります。また、今日では、スマホからメモをとるのが主流になっており、メモもアナログからデジタルへと移行しているのです。
 
メモ管理アプリのなかでもMicrosoftの「付箋(旧:Sticky Notes)」が有名です。一方、「自社の業務パソコンにすでにインストールされているが、実際に使ったことがない」という方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回はメモ管理アプリの「付箋(Sticky Notes)」の概要から機能、口コミ・評判までをご紹介します。
 
  • 付箋で”できること”と”できないこと”をすぐに確認したい
  • 付箋のようにシンプルなメモ管理アプリを探している
  • 付箋の利用で問題が起こったので、早急に解決策を知りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、付箋(Sticky Notes)を運用するイメージがわき、さらに便利な代替アプリにも出会えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)とは?

付箋(Sticky Notes)はWindowsに標準搭載されているメモアプリですが、使ったことがない方も多いのはないでしょうか。そこで以下では、付箋(Sticky Notes)の概要と基本機能を解説します。

付箋(Sticky Notes)の概要

Sticky Notesのメモ画像

付箋はWindowsに標準搭載されているメモ管理アプリです。以前は、Sticky Notes(スティッキーノート)という名称でしたが、2020年のアップデートで変更されました。
 
付箋(Sticky Notes)は、Windowsのデスクトップ上へメモを貼り付けられるので、個人向けのメモアプリとして重宝されています。付箋(Sticky Notes)では、太字や斜体、下線などの基本的な装飾はもちろん、画像を添付する機能も利用可能です。
 
また、メモの色を変更できるので、運用時にカテゴリごとに色を指定しておけば、一目でメモを識別可能です。さらに、付箋(Sticky Notes)はWindowsに標準搭載されているため、運用コストがかかりません。

付箋(Sticky Notes)の機能

Windowsの付箋(Sticky Notes)には、以下のような基本機能が備わっています。
 
機能 特徴
文字装飾
テキストを太字、斜体、下線、打ち消し線で装飾できる機能です。
箇条書き
情報を整理するために、文頭にビュレット(・)を表示する機能です。
画像の追加
メモ上に画像を添付する機能です。
メモの色変更
メモを視覚的に分類するために色を変更する機能です。
一覧表示と検索
すべてのメモを一覧で表示し、検索で探し出せる機能です。
メモのサイズ変更
メモを拡大・縮小できる機能です。
メモの移動
メモをドラッグ・アンド・ドロップすることで移動させる機能です。
インサイト
音声アシストと連携してリマインダーを使えるようにする機能です。ただし、日本語版のWindows10では非対応です。
以上のように、付箋(Sticky Notes)には複雑な機能がないので使い勝手が良く、簡単なメモを残しておくのには最適です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)でできること

付箋(Sticky Notes)はデスクトップ上ですぐにメモを開けるため、重要な情報を忘れないうちに記録できます。
 
一度見聞きしたことは時間経過と共に忘れ去られるため、すぐに何らかの形で残さなければなりません。たとえば、紙のメモ帳で記録する方法も良いですが、業務パソコンやスマホは常に近くにあるのでメモに最適です。
 
ただし、付箋(Sticky Notes)にはスマホ版アプリがないため、別途アプリを連携する必要があります。さらに、メモはフォルダで分類できないので、目的のメモをすぐに見つけられない可能性もあります。
 
以上のように、付箋(Sticky Notes)のような”すぐにメモを残せるアプリ”は重宝しますが、とくにビジネスで利用する場合には「どこで、どのように使うのか」「管理は面倒ではないか」まで想定し、運用イメージに合うかを確認しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)のお悩みと解決方法

以下では、付箋(Sticky Notes)の利用ユーザーが直面するお悩みを解消できる方法をご紹介します。
 
  • 付箋(Sticky Notes)が消えた/見つからない
  • 方法1:タスクバーの検索ボックスに「付箋」「Sticky Notes」と入力し探す。
    方法2:Windows Updateを実施して、最新の情報にアップデートする。
     
  • 付箋(Sticky Notes)が起動しない
  • 方法1:「アプリと機能」からアプリのプロセスを終了する。
    方法2:「アプリと機能」からアプリ本体をリセットする。
    方法3:「アプリと機能」からアンインストールする
    方法4:パソコン本体をシャットダウンする。
     
  • 付箋(Sticky Notes)を常に表示させたい
  • 方法1:アプリ詳細を開き「タスクバーにピン留めする」を選択する。
     
  • 付箋(Sticky Notes)を復元したい
  • 方法1:「メモの一覧」から目的のメモをダブルクリックする。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)のできないこと

付箋(Sticky Notes)はWindowsに標準搭載されており、すぐに利用できるのがメリットです。一方、付箋(Sticky Notes)にはできないことも多くあるので、実際に使い始める前に把握しておきましょう。
 
  • 文字色の変更
  • ほかの情報を区別して、重要な情報を目立たせるような管理ができません。
  • ハイパーリンク
  • テキストにURLを埋め込むハイパーリンク機能がないので、URLは直接記載しておく必要があります。
  • 自動バックアップ
  • 自動的にバックアップをとる仕組みはないので、定期的にデータを保存しなければなりません。
  • リマインダー
  • 日本語版のWindows10では音声アシストと連携できないので、期限になったら通知されるリマインダーが使えません。
  • 共有
  • メモを共有する機能がないので、あくまでも個人利用向けのアプリです。
仮に、付箋(Sticky Notes)をビジネス利用する場合、上記の機能がないのは不便なため、別途メモ管理アプリを検討しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)の評判・口コミ

以下では、付箋(Sticky Notes)の利用ユーザーからの口コミ・評判をご紹介します。実際に運用するなかで感じていることなので、ぜひ本格的に使い始める前にチェックしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判は付箋の評価・評判・レビュー – フリーソフト100より引用しております。
 
toorisgari(投稿日:2021年01月16日 10時48分)
 
ただのメモ帳なのに、やたら動作が重い。
そして特定の文字が突然打てなくなるなどよくわからないバグ。
TranslucentFoxHuman(投稿日:2020年04月23日 13時38分)
 
Windows7の頃は良かったのに、10になってから全然ダメ。
やたら重いし、起動しようとしても数十秒待たされるし、しばらくさわってないと、クリックしても応答しない。
 
その上、なぜか突然にして付箋ウィンドウが消えてしまうので、消えたら付箋紙ソフトの意味がないです。
これは完全に改悪されたWindowsの機能です。前のバージョンの軽いやつ復活してほしいです。
mxm(投稿日:2019年07月09日 20時38分)
 
Windows7のときの付箋はフォントサイズを変更できたが、このソフトではダウングレードしてフォントサイズを変更できなくなった。
 
また、ちょくちょくあるWindows Updateで設定が初期化されたり、メモが非表示になったり、メモが消えたり、大事なメモが無事なことがなくなった。
一瞬のメモ代わりにしか使えない。
usr1122(投稿日:2018年08月27日 15時21分)
 
完全にバグりました。使い物になりません。
幅を変更すると透明になったり、最小化や別のウィンドウに一度隠れると真っ白になります。
Engineer(投稿日:2017年11月16日 00時00分)
 
Windows7の付箋の時は愛用していたが、
10のStickyNotesになってからは強制終了するパターンが多くて使いものにならなくなった為、使用を辞めた。
 
またフィードバックHubにバグ報告してから全く反応が無いため、Microsoftも直す気は無いと思われる。
Office worker(投稿日:2017年07月28日 11時11分)
 
結構使えない。ちょっとしたToDoをメモとして貼り付け、作業完了で消す程度では使える。
ショートカットキーが使えな。文字サイズが変えれない。変えても再起動すると元に戻る。ファイルなどのリンクが使えなくなった。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【担当者は必見】付箋(Sticky Notes)よりビジネス向きのおすすめアプリ

以下では、付箋(Sticky Notes)よりビジネス向きのおすすめアプリをご紹介します。
 
付箋(Sticky Notes)は簡単にメモをとれるのがメリットですが、利用ユーザーの口コミにあるように「動作が重い」「大事なメモが消える」「サポートから返答がない」など、メモ管理アプリとしては致命的なデメリットが数多く報告されています。
 
また、ビジネス利用する場合には「共有機能」が必要ですが、付箋(Sticky Notes)はあくまでも個人向けです。そのため、業務に関する知識やナレッジも、個人のデスクトップに溜まっていく一方でチームの情報資産にはなりません。
 
そこで、付箋(Sticky Notes)に代わって利用すべきなのは、以下の4つの条件に当てはまるアプリです。
 
  • サクサクと動作してすぐにメモできる
  • メモを誤削除しても編集履歴から復元できる
  • 迅速に対応してくれるサポートがある
  • 個人メモだけでなく、メンバーへの共有ができる
結論、上記4つの条件をすべて満たす情報共有アプリ「Stock」であれば、非IT企業の65歳がすぐに使いこなせるほどシンプルなうえに、僅かな操作でメモができるためストレスが一切ありません。
 
また、Stockは移動中にスマホから簡単にメモができ、パソコン上にメモの内容がすぐに反映されるため、時間・場所・デバイスを問わずに最新の状態を保てます。

チームの情報を最も簡単に残せるアプリ「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

付箋(Sticky Notes)の機能や口コミ・評判まとめ

ここまで付箋(Sticky Notes)の機能や口コミ・評判を中心にご紹介しました。
 
付箋(Sticky Notes)はWindowsに標準で備わっているメモ管理アプリで、簡単に情報を書き込めます。機能もシンプルで、色の変更や箇条書きなど最低限の機能が備わっています。
 
一方、付箋(Sticky Notes)はメモをチームで共有したり、フォルダでメモを分類したりできないため、ビジネス利用は難しいと言えます。また、「大事なメモが消えた」というユーザーからの声もあるので、個人利用であっても仕事で使うのは避けましょう。
 
以上のことからも、ビジネスでメモ管理アプリを利用するときには「過不足のない機能を備え、大切な情報を保護できるアプリ」が必要です。たとえば、「Stock」のようなチーム向けの機能を搭載し、編集履歴からすぐにメモを復元できるアプリが該当します。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひシンプルな「Stock」で、メモをチームの資産としてストックしましょう。