労働環境の改善のためには業務改善が必要不可欠であり、昨今では働き方改革の影響もあり取り組む企業が増えています。
 
しかし、自社でも業務改善を進めたいと考えてはいるものの、具体的に何から手を付けていいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、建設業において業務改善が必要な理由や、効果的な残業の削減方法について解説します。
 
  • 建設業において業務改善が必要な理由や滞る原因を理解したうえで改善したい
  • 建設業の残業時間を削減する効果的な方法が知りたい
  • 業務改善に成功した同業他社の事例を元に、自社での業務改善の方針を決めたい
という方は今回の記事を読むと、建築業における業務改善の重要性や阻害される理由が理解しながら、自社の業務改善をスムーズに推進できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業で業務改善が必要な理由とは

建設業において業務改善が必要なのは、慢性的な人材不足に原因があります。
 
国土交通省が発表した「建設産業の現状と課題」によると、2016年時の建設業就業者数は492万人で、ピーク時の1997年と比べてると約28%も減っていることがわかります。
 
さらに、20際以下の55歳以上の人材が全体の約3割を占めており、今後10年以内に離職することを想定すると、今後もさらなる人手不足は避けられません。
 
こうした人材不足の背景には、建設業に対する3K(きつい・危険・汚い)のイメージが業界全体から払拭できていないという点があります。業界のイメージを変え若年層の流入を行うためにも、業務改善を行い労働環境の改善を図る必要があるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

なぜ建設業の業務改善が滞るのか

業務改善は建設業において必要不可欠な一方で、実際に改善に取り組めている企業は少なく、多くの企業では業務改善に滞りが生じています。それは、建築業における特殊な生産体制が影響しています。
 
建設業では、顧客の注文に基づいて建築物の生産を行います。それぞれ作成する場所も内容も違うゆえに大量生産ができず、すべて単品での受注生産となります。さらに、屋外で業務をすることも多く気候にも左右され、スケジュール通りの進行が難しいケースも稀ではありません。
 
そのうえ、ひとつの現場には複数の事業者が参加するため統一されたルールでの運用が難しく、業務改善に取り組める範囲も他業種と比べて限定的になります。つまり、構造上改善が難しい環境そのものが、建設業における業務改善を阻む原因と言えます。
 
したがって建設業における業務改善は小さな業務から効率化できるポイントを探して、改善していけるかどうかが鍵となります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業における残業時間の削減方法

以下では、業務改善が難しい建設業において、比較的取り入れやすい残業時間の削減方法について解説します。建設業の「きつい」という悪いイメージの払拭のためにも、積極的に業務に取り入れましょう。

原因を可視化する

まずは、なぜ残業の必要があるのかの原因を可視化しましょう。
 
原因がどこにあるかわからないままに残業時間の削減だけを考えても、効果的な対策が立てられないからです。たとえば「日報作成に時間がかかりすぎている」「写真やデータの整理に時間をとられている」など、どの作業にどれだけの時間を費やしているせいで残業が発生しているのかを確認します。
 
このとき「現場での作業」「事務処理」などの大枠で業務を捉えるのは避けましょう。細かく分類をして原因の追究を行うことにより、対策が立てやすくなるからです。

業務効率を改善する

残業の原因が分かったら、業務効率の改善に取り組みます。
 
原因となっている業務を効率よく進められれば時間の短縮に繋がり、結果として残業時間の削減が見込めるからです。業務の非効率性を感じる点を徹底的に改善し、業務効率化に取り組みましょう。
 
どのような改善方法を実施するか迷う場合は、同業他社の成功事例を参考にするのもおすすめです。自社の抱えている問題に近いものを参考にすれば、先人の知恵から効果的に改善方法を得られます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業の業務改善事例3選

以下では、建設業における業務改善の事例を解説します。実際に業務改善に成功した同業他社のケースを参考に、自社ではどのような方法が取り入れられるのか検討しましょう。

小倉建設株式会社

小倉建設株式会社は、人材不足に対する業務改善策として、多能工職人の採用に取り組んでいます。
 
多能工職人とは一人で複数の業務や作業を進められる職人を指します。従来のように特定の現場のみでなく、異なる分野の多種多様な現場へと従業員を参加させることでマルチに業務を進められる多能工職人として育成を行います。人材不足が続くなかで、こうした多能工職人が増えれば、不足した人材の充填が見込めるのです。
 
人手不足が避けられない建設業において、労働力の確保に重きを置いた事例と言えます。
 

大成建設株式会社

大成建設株式会社では、業務改善として、残業や休日出勤の削減に取り組みました。
 
いくら残業や休日出勤を禁止したところで、社内に「時間外労働は仕方がない」という意識が根付いていれば、時間外労働は減らせません。そこで、まずは社員の意識改革から積極的に行いました。
 
ノー残業デーの実施や有休取得の促進・過重労働の事前報告などの取り組みにより、従業員の年間休日数が7日増え、月100時間以上の残業の削減に成功しています。
 
ワークライフバランスの実現による従業員の定着だけでなく、環境改善による新規人材の流入にも貢献する事例です。
 

株式会社楓工務店

株式会社楓工務店では、業務における課題が「社内外との業務連絡の多さ」にあると考え、ビジネスチャットツール「Chatwork」の導入を行いました。
 
一日に100件以上ある電話応対が業務時間を圧迫していたうえ、口頭や付箋での連絡が常習化していたために伝達ミスや把握ミスにも常に不安が残っている状態だったからです。
 
「Chatwork」を導入した結果、同社では社内外との業務連絡にかかる時間をおよそ30%削減することに成功しています。さらに、チャット上にやりとりの履歴が残るので連絡時のトラブルが回避できているそうです。
 
業務上の課題を解決し、業務改善に取り組んだ事例だと言えるでしょう。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業での業務改善に役立つITツール

以下では、建設業での業務改善に役立つITツールをご紹介します。
 
業務改善の行える範囲が限定的である建設業において、最も効果的かつ簡単に取り入れられる改善方法は業務効率そのものの向上です。人材育成などの改善方法は成功までに長期間必要ですが、日々の業務が効率化すればそれだけで業務時間を短縮できるからです。
 
とくに、日報作成や情報共有は必要な業務である一方で「手書きの作成」「口頭での伝達」といったアナログな方法で行うと、無駄な時間がかかる原因にもなります。したがって、情報共有の非効率さは「建設業のITリテラシーでも使えるツール」を使って解消しましょう。
 
今回ご紹介する「Stock」は誰でも直感的な操作で情報共有ができるため、建設業におけるITリテラシーの低い企業でも情報共有が円滑化できるITツールです。
 
Stockの「ノート」へはテキストでの日報作成や情報共有はもちろん、図面や現場の写真などのデータも合わせて管理できます。必要な情報をすべてStockで管理すれば、資料探しにかかる時間が大幅に減らせるのです。

ITリテラシーの低い企業でも情報を簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

建設業で業務改善が必要な理由まとめ

ここまで建設業において業務改善が必要な理由や、効果的な残業の削減方法を事例を踏まえて解説しました。
 
慢性的な人材不足に陥っている建設業においては、労働環境改善のため業務改善が必要不可欠です。一方で、建築業では生産体制が他業種と異なるゆえに改善が難しい現状があります。したがって、残業時間の短縮などできる範囲の改善点を見逃さず、積極的な取り組みが大切です。
 
とくに、日報作成や資料整理などのルーティンワークは、一度効率化するだけで多くの作業時間の短縮が見込めます。アナログな手作業がメインとなっている場合、無駄な時間が発生しているのは明らかなので、至急ITツールの導入を行い効率化を図りましょう。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、日報作成や資料整理など事務作業のIT化に欠かせない情報共有ツールです。非IT企業を中心に現在100,000社以上の企業に導入されており、建設業界の業務改善にも貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して自社の業務改善に取り組みましょう。