メモアプリには多くのメリットがあります。たとえば、ページ数を気にせずにメモできたり過去のメモを簡単に探し出せたりなど、業務効率化につながるメリットばかりです。
 
しかし、メモアプリは多種多様なので「結局どれを選ぶのが最善か分からない。」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。また、メモアプリの運用に多くのコストを割けられない場合もあります。
 
しかし、無料から運用できるビジネス向けの厳選メモアプリ一覧があれば、自社に合うメモアプリに簡単に出会えます。
 
そこで今回は、iPhone、Android、iPadで利用できる無料メモアプリ厳選5選を中心にご紹介します。
 
  • コストをかけずにメモを管理できるアプリが知りたい
  • 仕事で利用できる厳選されたメモアプリを検討したい
  • デジタルが苦手でも簡単に使いこなせて、社内に浸透できるメモアプリが知りたい
という担当者の方は、この記事を参考にするとチームで運用可能な無料メモアプリを比較でき、さらに自社に合うメモアプリの条件が分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ブラウザでも利用できるおすすめの無料メモアプリ厳選5選

以下では、ブラウザ(Webサイト)でも利用できるおすすめの無料メモアプリ厳選5選をご紹介します。
 
メモアプリと言えばiPhone、Android、iPadなどの”スマホ・タブレット”のイメージが強いですが、日頃の検索で使うGoogleなどのブラウザでも利用できます。そのため、職場の”PC”でもメモアプリが利用できるのです。
 
つまり、メモアプリはあらゆる環境で利用できるのでビジネスに最適なツールと言えます。しかし、多機能・高機能なメモアプリを導入してしまうと使いこなすのが難しいので、社内に浸透しないなどの問題が起こります。
 
そこで、さまざまな環境からメモを作成でき、かつデジタルが苦手な社員でも簡単に使いこなせる「Stock」が自社への導入には最適です。
 
Stockはあらゆる端末に対応するので全社への導入もでき、非IT企業を含む100,000社を超える導入実績がある人気のアプリです。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるアプリ

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Simplenote】文字を残すことに特化したアプリ

Simplenoteのトップページ

<Simplenoteの特徴>

  • 文字のメモに特化するアプリ
  • Simplenoteは文字だけを管理するアプリなので、同期(インターネット上に情報を保存すること)の速度が早いのが特徴です。
     
  • マークダウン記法が利用できる
  • マークダウン記法とは、エンジニアが簡単なコードで整った文章が書ける方法です。しかし、使いこなすためにはいくつかの記述のルールを覚える必要があります。

<Simplenoteの注意点>

  • 管理できるメモは文字のみ
  • Simplenoteは文字のメモしか管理できません。そのため、画像や動画、ファイルなどは取り扱えないのでビジネス利用には向いていない可能性があります。
     
  • メモの整理が難しい
  • フォルダ(情報をまとめておく箱)機能がないのでメモの整理が難しい可能性があります。たとえば、メモが増えると必要なメモを探してもすぐに見つけられないことも考えられます。

<Simplenoteの料金体系>

  • Simplenoteはすべての機能を無料で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Evernote】さまざまな情報を記録できるノートアプリ

Evernoteのトップページ

<Evernoteの特徴>

  • さまざまな形式の情報を保存できる
  • 文字だけでなく画像や動画、ファイルなどのあらゆる情報をまとめられます。また、Webクリッパー機能ではWebサイトの情報をまとめてノートに貼り付けられます。

<Evernoteの注意点>

  • 多機能ゆえに使いこなすのが難しい
  • Evernoteには多種多様な機能が搭載されていますが、逆にデジタルが苦手な人にとっては使いこなすのが難しいと言えます。
     
  • 共有設定に十分注意する必要がある
  • 公開リンク(URL)を相手に送るだけでノートを共有できます。しかし、意図せずに流出させてしまうと、不特定多数がアクセスできるので注意しましょう。

<Evernoteの料金体系>

  • FREE:¥0
  • PERSONAL:¥680/月(月払い)
  • PROFESSIONAL:¥850/月(月払い)
  • EVERNOTE TEAMS:¥1,100/ユーザー/月(月払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【OneNote】手書きノートのように記録できるアプリ

OneNoteのトップページ

<OneNoteの特徴>

  • 自由にメモを作成できる
  • テキストや画像を自由に配置できます。また、手書きメモを残せるので紙のメモ帳のように利用できるのがメリットです。
     
  • Microsoft製品と連携できる
  • Onenoteにはワードやエクセルなどのファイルを貼り付けられます。添付したファイルはダウンロードせずに開けるので便利です。

<OneNoteの注意点>

  • 多機能ゆえに使いこなすが難しい
  • メモを残すための機能が豊富ですが、デジタルが苦手な人が使いこせるようになるには一定以上の教育が必要です。
     
  • ノートコンテナが使いにくい場合がある
  • ノートコンテナとは文字入力できる枠のことで、Evernoteではノートをクリックしたところに表示されます。ノートの至るところに文字入力できますが、かえってメモが見にくくなる可能性もあります。

<OneNoteの料金体系>

  • 無料版Onenoteの容量は5GBに制限されています。
  • Microsoft 365 Business Basic:¥540/ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Standard:1,360/ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Premium:¥2,180/ユーザー/月
  • Microsoft 365 Apps:¥900/ユーザー/月


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Notion】多種多様な機能を搭載するアプリ

Notionのトップページ

<Notionの特徴>

  • 多種多様な機能が利用できる
  • スケジュール管理やホームページ作成、ガントチャート作成など、さまざまな機能を駆使してあらゆる業務に役立てられます。
     
  • ページやブロックを使ってメモを作成する
  • 1枚の紙にあたるのがページで、ブロックは1行の情報の集まりを指します。ブロックは単純な文字だけでなく、リンクを埋め込んで別のページを作成することも可能です。

<Notionの注意点>

  • フォルダ管理できない
  • Notionはフォルダ管理できません。メインページに別ページを開くリンクを埋め込んで管理するので、目的のメモを探すのに時間がかかる可能性があります。
     
  • デジタルが苦手な人には使いこなすのは難しい
  • Notionはデータベース(ある形式で整理された情報の集まり)を利用した情報管理をするアプリです。そのため、デジタルの知識がほとんどない社員が使いこなすのは困難です。

<Notionの料金体系>

  • パーソナル:$0
  • パーソナルPro:$5/月(月払い)
  • チーム:$10/ユーザー/月(月払い)
  • エンタープライズ:料金については問い合わせが必要です。
 
関連記事: 【フリー・トライアルあり】メモに最適なアプリ・Webサービス20選!
 
関連記事: 【おすすめ14選】webブラウザで使えるメモ帳サービスで使いやすいのはどれ?


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

無料メモアプリの選定で確認すべき5つのポイント

これまでおすすめも無料メモアプリ5選をご紹介しましたが、さらに以下の5つのポイントを押さえれば自社の環境に最適なメモアプリを選定できます。

サポートが充実しているか

無料メモアプリを選定するときに見落としがちなのがサポート体制です。導入後に不具合や不明点が出てきた際に迅速な対応をしてもらえば、業務をストップせずにスムーズに社内に浸透させられます。
 
たとえば、無料から利用できるうえに問い合わせから1営業日以内に回答を受けられるアプリがおすすめです。サポート体制があっても数日後、数週間後に連絡あるサポートでは現場に不要な混乱を招きます。
 
メモアプリのサポートが充実しているかは社員がストレスなく仕事できるかに関係するのです。また、無料アプリのなかには、そもそもサポートを提供していないものもあるので注意しましょう。

ファイルを添付できるか

次に、メモアプリに各種ファイルを添付できるかを確認しましょう。メモアプリのなかには文字だけでなくワードやエクセル、パワーポイントといったファイル情報を保存できるものがあります。
 
ファイルが添付できれば業務の効率化に役立ちます。たとえば、議事録のメモをとったページに資料ファイルを添付すれば情報を一箇所で管理できるので、複数のアプリを併用する必要がなくなります
 
以上のように、ファイルの添付機能はビジネス利用するうえで重要な機能のひとつです。

複数の端末で利用できるか

複数の端末で利用できるかを確認しましょう。複数の端末で利用できるアプリをクラウド型と呼びますが、クラウド型メモアプリは社用スマホだけでなくPCやタブレットからも同じメモを編集できます
 
たとえば、「通勤中にスマホからメモアプリにやるべき仕事を書き込み、職場ではPCからメモをチェックして仕事を進める」というような使い方ができるのです。
 
また、Android、iPhone、Windows、Mac、iPadなどのあらゆる端末で利用できるものを選べば、利用環境が限定されないので全社に展開可能です。そのため、導入を検討する無料メモアプリがどの端末に対応するかを必ず確認しましょう。

必要な機能に過不足がないか

次に、メモアプリに必要な機能に過不足がないかを確認しましょう。
 
機能に不足があるのはもちろん避けるべきですが、”種類が多すぎる”機能や”細かすぎる”機能があるアプリにも問題があります。多機能なアプリではデジタルになじみのない社員は使いにくさを感じ、逆に業務効率が低下する恐れがあるのです。
 
そのため、非IT企業のチームには、ビジネスのメモアプリに必要な機能を”過不足なく”備えているメモアプリがおすすめです。たとえば、メモアプリに必要な機能としては以下の3つが挙げられます。
 
  1. 簡単にメモを”作成”できる機能
  2. メモは備忘録の役割があるので忘れないうちにメモできるアプリが必要です。ワンタップでチェックリストを作成したり、表を挿入したりできる「すぐに書き残せる機能」があるかを確かめましょう。
  3. 簡単にメモを”検索”できる機能
  4. メモは書いて終わりではなく後から何度も振り返るものです。そのため、メモが増えてしまっても「すぐに探し出せる機能」があるかを確かめましょう。
  5. 簡単にメモを”共有”できる機能
  6. 社員のメモは業務ノウハウやアイデアが詰まった情報資産です。チームで上手く活用するためには、メモを作成すればストレスなく「すぐに共有できる機能」が必要です。
多機能かつ高機能なメモアプリを導入すれば業務効率も生産性も高まりそうなイメージがあります。しかし、実際には自社のITリテラシー(デジタル技術の知識やスキル)に合ったアプリを選定することが重要なので、3つの機能があるかを確かめましょう。

デザインがシンプルか

最後に、メモアプリのデザインがシンプルかを確認しましょう。デザインがシンプルなアプリは直感的に操作できるので、デジタルの知識がまったくない社員でも簡単に使いこなせるようになります。
 
逆に、複雑なデザインのメモアプリは、普段の業務で利用しないボタンも多いので使いにくいです。メモを共有するときに何クリックも操作が必要なアプリもあります。
 
そのため、メモアプリのデザインは見落とされがちですが、導入前に必ず「シンプルで使いやすそうか」を確かめましょう。シンプルで使い勝手の良いメモアプリは、スムーズに社内に浸透します。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【iPhone/Android/iPad】無料メモアプリ厳選5選まとめ

ここまで、iPhone、Android、iPadで利用できる無料メモアプリをご紹介しました。
 
メモアプリの導入を検討する際には「定番のメモアプリだから。」「評判が良いから。」という理由ではなく、いかに自社に合うかを以下の5つのポイントから考えましょう。
 
  1. サポートが充実しているか
  2. ファイルを添付できるか
  3. 複数の端末で利用できるか
  4. 必要な機能に過不足がないか
  5. デザインがシンプルか
5つのポイントをすべて満たし誰でも簡単に使いこなせるアプリは、今回ご紹介したStock一択と言えます。
 
Stockは必要な機能を過不足なく備えているので使い勝手が良く、65歳以上の社員でも使いこなせるほどシンプルなアプリです。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」をダウンロードして低コストで情報管理の環境を整備しましょう。
 
関連記事: 仕事で使えるビジネス向けメモアプリ10選!複数デバイスで使いやすいものを厳選
 
関連記事: 【iPhone・Android対応】メモ共有アプリ21選!