「レギュレーション」はビジネスでよく多用される言葉ではありますが、ビジネスでは業界やシーンによって異なる意味を持っています。また、使い方次第で微妙なニュアンスの違いがありますが、認識齟齬が発生するとトラブルの原因にもなります。
 
実際に、ビジネスでは理解が前提の言葉であるうえ、使い方で相手に誤解を招かれないためにも正確に理解したい方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、レギュレーションの意味やシーン別の使い方を中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、ビジネスにおけるレギュレーションの意味を正確に理解できるうえ、効率的にレギュレーションを社内で共有する方法もわかります。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

レギュレーションとは

レギュレーション(regulation)とは、直訳すると「規制・規定・ルール」などの意味を持つ単語です。
 
とくにビジネスにおいては社内規定・就業規則という意味を持ちます。例文として、「社員によるレギュレーション違反によって社外秘の技術が流出した」「業務品質を均一化するためにレギュレーションをとる」などが挙げられます。
 
レギュレーションは守らなくてはならない規制事項・規定であり、社内で共通認識を持っていなくてはなりません。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

レギュレーションとルールの違い

レギュレーションと近い言葉に「ルール」がありますが2つは拘束力に違いがあります。
 
レギュレーションもルールも守るべき規則という意味ですが、レギュレーションは業界や会社が定める法的な強制力がある規制や規則を指し、ルールはレギュレーションよりも幅広く、慣習やゲームでの規定などにも使われる言葉です。
 
したがって、ルールを守らなかった場合でも社会的責任を負うとは限りませんが、レギュレーションを守らなかった場合は社内外で何らかの処分を受ける恐れがあります。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

レギュレーションとコンプライアンスとの違い

レギュレーションと似た言葉に「コンプライアンス」もありますが、2つは言葉が指す範囲に違いがあります。
 
レギュレーションは業界や社内の規制・規則を広く意味しますが、コンプライアンスは「企業・組織が法令を遵守すること」だけを意味します。そのため、コンプライアンスはレギュレーションに比べて限定的な範囲でしか使用されません。
 
したがって、認識の齟齬や誤解を招かないように、それぞれの意味を把握して適切な言葉を選択できるようにしておきましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

【業界別】レギュレーションの使い方

ここでは、業界別のレギュレーションの使い方をご紹介します。業界別の使い方の違いを考慮しないと、認識の齟齬や誤解を招いてしまうので業界ごとの違いを把握しておきましょう。

ビジネス全般

ビジネスでは、法的に定められている就業規則を意味します。
 
会社組織が任意で定める約款や規定も含まれ、必ず守らなくてはなりません。一方、法令や労働協約において、休憩時間や賃金の決定方法など、就業規則に必須の記載項目もあります。
 
ビジネスにおけるレギュレーションは、企業・組織が策定した法令に基づいた規則であるため違反すると、法的措置が取られる場合があります。

スポーツ業界

スポーツ業界では、試合や大会での禁止事項や規則をレギュレーションと呼びます。
 
競技の運営ごとにレギュレーションが設定されており、違反行為が確認されると出場停止や参加資格の剥奪などの処分があるため注意が必要です。
 
スポーツ業界のレギュレーションは競技運営によって決められており、法的拘束力はないとはいえ、違反行為は今後の競技の参加が禁止されるリスクがあります。また、スポーツ選手が安全に競技を実施するためにもレギュレーションをとることは必須なのです。

医療業界

医療業界では、医薬品や医療機器に関する規制を意味することがあります。
 
医薬品・医療機器の品質や安全を確保するために薬機法をはじめとする法律が定められており、違反すると人命にかかわる恐れがあるので必ず遵守しなくてはなりません。また、医療研究を安全に進め、技術の進化を促すためにもレギュレーションは重要なのです。
 
医療業界のレギュレーションは、生命の安全を確保するため厳格に定められています。違反行為が重大な事故につながるリスクもあるので、確実に内容を把握しておきましょう。

建築業界

建築業界でのレギュレーションは、建設設計をする際の基準をあらわします。
 
また、レギュレーションは建築基準法の一部を意味する場合もあれば、都市や町によって定められている地域の規定を意味する場合もあります。具体的に、耐震の安全基準やビルの階数、騒音対策などが含まれており、建設設計には欠かせない規定です。
 
したがって、建設業界のレギュレーションでも法令が根拠になっているため、正確に理解し遵守する必要があるのです。

IT業界

IT業界におけるレギュレーションの使い方として、主にリスティング広告の規定やWebライティングのルールを意味する場合があります。
 
記事やLP(ランディングページ)などのコンテンツを作成する際には、各企業が定めた広告の規定やサイズ、文字制限などに従って制作しなければなりません。また、媒体やブランドのイメージを崩さないために、レギュレーションを設定する会社もあります。
 
以上のように、IT業界におけるレギュレーションでは、コンテンツ制作における制約を指すケースが多いです。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

レギュレーションの共有・管理を最も簡単に効率化できるツール

以下では、レギュレーションの共有・管理を簡単に効率化させるツールをご紹介します。
 
違反すると大きな問題になりかねないレギュレーションは、日頃から見返せるように全社で共有しておくべきです。とくに、幅広い取引先がある大企業の場合は、自業界だけでなく他業界のレギュレーションを把握しなくてはならない場合もあります。
 
また、レギュレーションの項目が増えたら都度更新し管理する必要がありますが、Excelやスプレッドシートで共有するとアクセスに手間がかかります。そこで、レギュレーションを社内で「ナレッジ」として適切に管理するためにITツールの活用が効率的です。
 
ただし、全社員が簡単に使いこなせるツールを選ばなくては、情報が見返しにくいので放置されます。結論として、メールを使える方ならば、誰でもすぐに使いこなせるほど簡単に情報共有・管理可能な「ナレカン」一択です。
 
ナレカンの「記事」では、レギュレーションを全社にすばやく共有できるうえ、項目が増えても情報更新が簡単です。さらに、高精度の検索機能で、社内情報が大量にあってもレギュレーションに関わる情報だけを抽出して簡単に見返せる点も大きな特徴です。

最もシンプルに情報共有・管理ができる「ナレカン」

ナレカンのトップページ
 
「ナレカン」|社内のナレッジに即アクセスできるツール

https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

「ナレカン」は、社内のナレッジに、即アクセスできるツールです。
「社内のあらゆる場所からナレッジが一元化」され、しかも、そのナレッジを「超高精度検索」できます。
 
自身の頭の中にあるナレッジを残すときは「記事」を作成でき、誰かにナレッジを尋ねたいときは、知恵袋のような感覚で「質問」することが可能です。また、ファイルを添付するだけで、AIが貴社のファイルの中身を全自動で、続々とナレッジ化していきます。
 
また、ナレカンを使えば、欲しい情報が即見つかります。
Google検索のように使える「キーワード検索」や生成AIを活用した「自然言語検索」によって、メンバーの検索スキルに依存することなく、誰でも簡単に情報を探し出せます。
 
更に、「初期導入支援サポート」と「ご利用中サポート」もあり、支援も充実しています。「すぐに使える状態にセットアップ」「月に1度のオンラインミーティング」など、実際に、社内のナレッジが動き出す仕組みを整えます。

<ナレカンをおすすめするポイント>

  1. 【ナレッジの一元化】 ナレッジ管理に特化した、これ以上なくシンプルなツール。
    記事形式で書ける「社内版wiki機能」、質問形式で聞き出せる「社内版知恵袋」、メールやチャット内のやりとりは「転送機能」を使って、ナレッジを残していくだけなので、誰でも迷わず使えます。
  2. 【超高精度な検索機能】 誰もが簡単に欲しい情報を見つけられる検索性。
    「複数キーワード検索」「添付ファイル内検索」「ゆらぎ検索」など、思い通りの検索が可能です。
  3. 【サポート】 圧倒的なクオリティの「初期導入支援」と「ご利用中」サポート。
    初期導入支援だけでなく、ナレカンが定着するように、ご利用中も最大限サポートするので、貴社担当者様のお手を煩わせません。

<ナレカンの料金>

ナレカンの料金プラン

  • ビジネスプラン:標準的な機能でナレカンを導入したい企業様
  • エンタープライズプラン:管理・セキュリティを強化して導入したい企業様
  • プレミアムプラン:「AI自然言語検索」も含めて導入したい企業様

各プランの詳細や金額は、下記「ナレカン資料の無料ダウンロード」ボタンより、資料をダウンロードしてご確認ください。

ナレカン資料の無料ダウンロード


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html

レギュレーションとルールの違いや使い方まとめ

これまで、レギュレーションの意味やシーン別の使い方、レギュレーションの共有・管理を効率化させるツールを中心にご紹介しました。
 
レギュレーションは、必ず守らなくてはならない規定であり、違反すると大きな問題になります。レギュレーションは「忘れていた」「知らなかった」では済まないため、常に全社で共有しておかなくてはなりません。
 
したがって、伝達ミスを防止して社内で確実に共通認識を持つために、情報共有ツールで情報を残して共有・管理を一元化させましょう。しかし、操作性の悪いツールは、レギュレーションを見返すのに手間がかかるため不向きです。
 
結論、メールを使える方ならば誰でも使いこなせて、レギュレーションをはじめとするあらゆる社内情報を一元管理可能な「ナレカン」一択です。
 
ぜひ「ナレカン」を導入し、レギュレーションを社内で簡単に共有・管理しましょう。


「社内のナレッジが、あちらこちらに散らばっている---」
社内のナレッジに即アクセスできるツール「ナレカン」

<100人~数万名規模>の企業様が抱える、ナレッジ管理のお悩みを解決します!
詳しくは、3分で分かるナレカン資料をダウンロードして、ご確認ください。https://www.stock-app.info/narekan_document_request.html
 
関連記事: 【簡単解説】マニュアルの意味とは?デメリットと作成方法も紹介
 
関連記事: 【事例あり】分かりやすい業務マニュアルの作り方!作成のコツも紹介
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。