人事制度のひとつとして、社員に複数の部署を経験させる「ジョブローテーション」があります。ジョブローテーションに取り組むと、短期間では約6か月、長期間では約3~5年ごとに部署異動を実施します。
 
しかし、「具体的にどのようなメリットを得られるのか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ジョブローテーションのメリット・目的を中心にご紹介します。
 
  • 具体的なメリットを知り、ジョブローテーションの実施を明確にイメージしたい
  • ポイントを押さえて、ジョブローテーションの失敗を防ぎたい
  • ジョブローテーションの情報管理に最適なツールを探している
という方はこの記事を参考にすると、ジョブローテーションのメリット・目的が分かり、自社の取り組みを成功させるヒントも得られます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーション制度とは

「ジョブローテーション制度」とは、社員の職場・職種を定期的に異動させる制度を指し、終身雇用を前提とした日本だけの制度だと言われています。
 
また、ジョブローテーションに似た言葉として「人事異動」「社内公募制度」が挙げられます。それぞれの違いは以下の通りです。
 
 
  • ジョブローテーションと人事異動の違いとは
  • 組織活性化のために昇格・降格・勤務地の変更などを実施する人事異動に対して、ジョブローテーションは、社員の成長促進を目的として取り組まれます。
     
  • ジョブローテーションと社内公募制度の違いとは
  • 希望者を募集する社内公募制度と比べて、ジョブローテーションでは、企業側が対象者を選ぶ点が特徴です。
 
このように、ジョブローテーションでは、社員の成長を目指して、企業側が対象者を選定します。そのため、企業は適切な人材を選ぶ必要があるのです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーションの3つのメリットとは

ここでは、ジョブローテーションの3つのメリットについて解説します。ジョブローテーションに取り組むと、社員の適性に関する情報を収集しながら、部署間の連携を強化できるのです。

(1)最適な人材配置を実現できる

1つ目は、最適な人材配置を実現できる点です。
 
ジョブローテーションに取り組むと、社員が多様な部署を経験するため、社員の適性を把握しやすくなります。そのため、ジョブローテーションによって得た情報を判断材料にして、適材適所の配置を検討できるのです。
 
このように、ジョブローテーションでは、社員の適性を正しく見極めて、人材配置に役立てられます。

(2)人的ネットワークを築ける

2つ目は、人的ネットワークを築ける点です。
 
ジョブローテーションでは、社員が複数の部署を経験するので、部署を超えた人的ネットワークを築けます。そのため、部署間の連携を円滑化して、組織の一体感を高められるのです
 
したがって、社内の連携を強化できる点も、ジョブローテーションを実施するメリットのひとつです。

(3)人材流動を促進できる

3つ目は、人材流動を促進できる点です。
 
多様な部署を経験するため、社員が多角的な視点を身に付けられます。そのため、より円滑に業務を進められるようになり、社員の能力を最大化することが可能です。
 
このように、ジョブローテーションによって人材流動を促進すると、企業側だけでなく、社員側もメリットを得られます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーションを実施する目的とは

ここでは、ジョブローテーションを実施する目的について解説します。以下の内容を把握して、取り組みを実施する目的を明確にしましょう。

(1)人材を育成するため

1つ目は、人材を育成するためです。
 
新入社員にジョブローテーションを実施すれば、各部署の業務内容を把握しながら、適性を見極められます。一方で、複数の部署の業務内容を把握し、企業全体を俯瞰できる人材を育てるジョブローテーションは、幹部候補の育成にも有効です。
 
したがって、長期的な人材育成を目的として、ジョブローテーションを実施する企業が多いです。

(2)業務の属人化を防ぐため

2つ目は、業務の属人化を防ぐためです。
 
ジョブローテーションでは、定期的に人材を入れ替えることで、業務の属人化を防ぎます。そのため、担当者が不在の場合でも、ほかのメンバーがスムーズに対応できるようになります。
 
このように、ジョブローテーションでは、業務の標準化を促し、ワークライフバランスの実現にもつなげられるのです。

(3)モチベーション維持のため

3つ目は、社員のモチベーションを維持するためです。
 
1つの部署で長期間働いていると、業務がマンネリ化して、やりがいを感じられなくなる場合があります。そこで、ジョブローテーションを実施すると、業務や職場が変わり、新鮮な気持ちで働けるようになります。
 
ただし、社員によっては、環境の変化がストレスになる可能性もあります。したがって、事前に面談を実施するなど、適切にマネジメントする点が重要です。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーションを成功させるポイントとは

ここでは、ジョブローテーションを成功させるポイントについて解説します。以下の内容を押さえて、取り組みが無駄にならないように注意しましょう。

(1)目的を明確にする

1つ目は、目的を明確にする点です。
 
あらかじめ、対象者に取り組みの目的を伝えることがポイントです。たとえば、「どのような経験を積むのか」「その経験がどのように役立つのか」まで明確にすることで、より効果的にジョブローテーションを進められます。
 
また、「目的を達成しているのか」を確認する評価基準も併せて設定しておくと、取り組みの効果を客観的に把握できます。

(2)情報を蓄積する

2つ目は、情報を蓄積する点です。
 
ジョブローテーションでは、対象者のスキルや人事情報を収集して、人事戦略に活用できます。ただし、情報をしっかり蓄積していないと、社内に散在してしまい、必要な情報をすぐに見つけられません。
 
そのため、ジョブローテーションの情報を確実に蓄積・管理できる仕組みを整えることがポイントです。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーションの情報管理に最適なツール

以下では、ジョブローテーションの情報管理に最適なツールをご紹介します。
 
ジョブローテーションを効果的に進めるには、対象者のスキルや人事情報を蓄積する点が重要です。ジョブローテーションの情報を記録・蓄積すれば、社員の適性を正しく把握して人材配置に活用できます。
 
そこで、「ジョブローテーションに関する情報を簡単に記録・管理できるツール」を導入しましょう。対象者のスキルや人事情報を一元管理して、円滑にジョブローテーションを進められます。
 
結論として、ジョブローテーションの情報を簡単に管理するには、誰でも導入即日で活用できる情報管理ツールの「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」では、ジョブローテーションの情報を直接書き込んでストックできます。また、ノートのタイトルと本文、いずれからも検索できるので、知りたい情報へスピーディーにアクセスして、人事業務を円滑に進められるのです。

社内の情報管理を円滑化できるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ジョブローテーションのメリット・目的まとめ

これまで、ジョブローテーションのメリット・目的を中心にご紹介しました。
 
ジョブローテーションに取り組むと「最適な人材配置の実現」「人材ネットワークの構築」「人材流動の促進」という3つのメリットを得られます。
 
また、ジョブローテーションを効果的に進めるには、対象者のスキルや人事情報を確実に蓄積する必要があります。そこで、「情報を簡単に記録・管理できるうえ、必要な情報をすぐに見つけられるツール」があると便利です。
 
したがって、ジョブローテーションの情報を簡単に管理するには、検索性が高く、すべての社員がストレスなく情報を管理できるツール「Stock」が最適です。実際に、非IT企業を中心とした150,000社以上が情報共有の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、ジョブローテーションをスムーズに実施しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。