営業を担当する社員が「営業ツール」を使えば、営業活動で得られた情報を管理できるようになります。情報を次の営業に活かせば顧客獲得にもつながるので、ツールの導入・運用はより良い成果を上げるために不可欠です。
 
しかし、営業ツールの種類は多岐に渡るので、自社に合ったものを選定するには時間がかかります。そのため「ツールを導入するにあたり、適切な選定基準が分からない」と悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、営業を効率化するツール4選と選び方を中心にご紹介します。
 
  • 営業ツールを導入し、より多くの情報を蓄積・管理したい
  • 営業ツールの導入にあたり、どのような基準で選定すべきか分からない
  • ITリテラシーが低くても、導入後すぐに使えるようなツールを見つけたい
という方はこの記事を参考にすると、自社に最適な営業ツールを見つけられ、営業活動を大幅に効率化できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

営業ツールとは

営業ツールとは、営業活動の業務プロセスを効率化するツールです。また、営業ツールは以下の3種類に分けられるので、特徴を押さえて目的に合ったものを選びましょう。
 
  • MA(Marketing Automation)
  • MA(マーケティング・オートメーション)は、新規・既存顧客に関わるマーケティング活動を自動化する営業ツールです。たとえば、現在は受注がないものの、将来的に顧客となる可能性が高い「見込み顧客」との商談を獲得する場合に活用します。
     
  • SFA(Sales Force Automation)
  • SFA(セールス・フォース・オートメーション)は、担当者の営業活動を支援する営業ツールです。商談・案件の進捗状況などを一元管理して、担当者が専門的な業務に取り組める時間を増やすのに役立ちます。
     
  • CRM(Customer Relationship Management)
  • CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)とは、商談が成立した顧客との関係性を良好にするための営業ツールです。顧客の利用状況などのデータを蓄積できるので、顧客満足度を高める最適なアプローチを分析可能です。
以上のように、3つのツールはそれぞれ特徴が異なります。そのため、”どのような業務を効率化したいのか”を明確化したうえでツールを導入するのが大切です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

営業ツールのメリット3選

以下では、営業ツールのメリットを3つご紹介します。これまで営業ツールを使っておらず、営業活動が負担になっていた担当者の方は必見です。

(1)営業活動に多くの時間を割けるようになる

営業ツールを導入すれば、営業活動に多くの時間を割けるようになります。
 
営業では、限られた時間でどのように売上を伸ばすかが重要となります。営業活動に割く時間が増えれば顧客対応の機会も得やすくなるので「営業活動以外の業務にかかる時間をどれだけ短縮できるか」の判断が欠かせません。
 
たとえば、テンプレート機能があるツールを使うと、あらかじめ様式が決まっているので書類作成の時間が大幅に削減できます。その結果、”営業活動そのもの”により多くの時間を割けるようになるのです。

(2)顧客の課題・要望を正確に理解できる

顧客の課題・要望を正確に理解できるのも、営業ツールのメリットです。
 
営業ツールの強みとして、顧客の情報を一元管理できることが挙げられます。顧客の流入経路から契約内容といった情報をツールに蓄積すれば、顧客のニーズや課題を正確に認識でき、売上アップにつながる分析にも時間がかかりません。
 
また、急な担当変更があった場合でも、営業ツール内に顧客情報が管理されているので、引き継ぎにかかる教育コストを削減できます。このように、営業ツールを使えば顧客情報の管理・活用がしやすくなるため、各顧客に最適な施策が可能になるのです。

(3)必要な情報へすぐにアクセスできる

営業ツールにより、必要な情報へのアクセスもスムーズになります。
 
検索機能のあるツールを使えば、顧客の名前や案件のジャンルを入力するだけで情報を見つけられます。そのため、急な商談が入った場合でも、対応が遅れる心配がありません。
 
以上のように、営業ツールがあれば必要な情報をすぐに確かめられるため、突然発生した業務にも対応できるのです。とくに、キーワード検索はもちろん案件ごとにフォルダを振り分けられる「Stock」を使うと、あらゆる情報を誰でも瞬時に探し出せます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

営業を効率化する便利ツール4選

以下では、営業を効率化する便利ツール4選をご紹介します。
 
営業担当者は複数の案件を同時に進めるケースがあります。このような場合、案件ごとの情報が混在してしまうと、顧客情報の抜け漏れが起こる可能性も無視できません。
 
そこで「案件ごとに情報をわかりやすく管理できるツール」が求められます。ただし、多機能なツールは操作が複雑なものが多く、ITリテラシーの低い社員が使いこなせない恐れもあるので、”ITに不慣れな社員でも簡単に操作できるか”を判断材料にしましょう。
 
たとえば、あらゆる情報を確実に蓄積でき、非IT企業の65歳が直感的に使いこなせるほどシンプルな「Stock」であれば、教育コストがかからず営業活動に多くの時間を確保できます。
 
Stockの「ノート」を顧客ごとに作成・ストックできるほか、ノートに紐づく「メッセージ」でリアルタイムのやりとりが可能です。また、直感的な「フォルダ」で案件ごとに情報を振り分けられるので、営業で得たデータも混在しません。

【Stock】最も簡単に営業管理ができるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Salesforce】マーケティングにも活用できる多機能ツール

Salesforceのトップページ
Salesforceは、マーケティングをサポートする機能を多く備えた営業ツールです。

<Salesforceの特徴>

  • マーケティングにも活用できる
  • 多機能なので社内のさまざまな業務に対応しており、営業活動に加えてマーケティングにも活用可能です。
     
  • 商談の進捗をツール上で共有できる
  • ツールを見れば各商談の進捗が分かるので、現場・マネジメント問わず簡単に状況を把握できます。

<Salesforceの注意点>

  • 活用には高いITリテラシーが必要となる
  • Salesforceは多機能のため操作が難しく、使いこなせない社員が出る恐れもある点に注意です。

<Salesforce(Sales Cloud)の料金体系>

  • Essentials:3,000円/ユーザー/月
  • Professional:9,000円/ユーザー/月
  • Enterprise:18,000円/ユーザー/月
  • Unlimited:36,000円/ユーザー/月
  • 追加オプションもあり、各機能の有無によって最終的な料金が異なります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Senses】情報収集におすすめのツール

Sensesのトップページ
Sensesは、取引先の情報収集に役立つ営業ツールです。

<Sensesの特徴>

  • 取引先の情報を自動取得できる
  • 取引先のプレスリリースなどを確認でき、情報収集がSenses上で完結します。
     
  • 外部ツールと連携できる
  • Gmailと連携できるので、メールの内容を逐一ツールに入力する必要がありません。

<Sensesの注意点>

  • 価格帯が比較的高額となっている
  • 最も安いプランでも27,500円/月となっており、コストがかかる点に注意です。

<Sensesの料金体系>

  • Starter(5ユーザー含む):27,500円/月(別途、5,500円/追加ユーザー/月)
  • Growth(10ユーザー含む):110,000円/月(別途、11,000円/追加ユーザー/月)
  • Enterprise(20ユーザー含む):330,000円/月(別途、16,500円/追加ユーザー/月)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Sansan】名刺管理に特化した営業ツール

Sansanのトップページ
Sansanは、高い精度で名刺をデータ化できる営業ツールです。

<Sansanの特徴>

  • 企業のデータベースを標準搭載している
  • さまざまな企業に関する豊富な情報が揃っているので、情報不足のリスクを軽減できます。
     
  • 簡単に名刺を管理できる
  • すべての名刺を高い精度でデータ化し、Sansan上で一元管理できます。

<Sansanの注意点>

  • 名刺管理に特化したツールである
  • 名刺管理の面では有用なツールであるものの、進捗管理としての用途には不向きだという声があります。

<Sansanの料金体系>

  • 初期費用・運用支援費用・オプションの月額費用から価格が決定するので、詳細料金については問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

営業ツールの選び方

ここでは、営業ツールの選び方を2つご紹介します。ツールの導入後に「かえって営業活動が非効率になった」とならないためにも、以下のポイントを押さえましょう。

導入目的に合っているか

まずは、導入目的に合ったツールかを確かめるのが大切です。
 
営業ツールには、新規顧客の獲得をサポートするものから単純業務の自動化に対応するものまでさまざまな種類があります。したがって、自社に適切なツールを選択するためには、自社の課題を事前に洗い出しておくべきなのです。
 
現状の課題を洗い出せれば最終的な到達目標も立てられるので、ツール選定の基準も明確化します。このように「解決すべき課題は何なのか」を明らかにすると、必要な機能に過不足のないツールを選定できます。

シンプルで使いやすいか

シンプルで使いやすいことも、ツールを選ぶうえで重要なポイントです。
 
ITリテラシーは社員によって異なります。そのため、多機能で複雑なツールを導入した場合、一部の社員が適切に顧客情報を管理できないといった事態になりかねません。
 
しかし、”ITリテラシーを問わずに使いこなせるツール”を導入すれば、ツールの操作にあたる教育コストも抑えられます。とくに、65歳以上の社員でも即日で操作できるほどシンプルな「Stock」を使うと、誰でも簡単に営業で得た情報を蓄積・管理可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめの営業ツール4選や選び方まとめ

ここまで、おすすめの営業ツール4選や、ツールの選び方を中心にご紹介しました。
 
営業ツールを選定するうえでは、導入目的を事前に明らかにするのはもちろん「ITリテラシーが低くても使えるほどシンプルか」を判断するのが大切です。
 
また、複数の営業案件を同時に管理する場合も考慮すると、”案件ごとの情報が混在せず、明確に蓄積可能なツール”が求められます。営業で得たデータを振り分けて管理できれば、顧客情報の抜け漏れが起こるリスクも取り除けるからです。
 
結論、案件ごとに情報を蓄積・管理でき、非IT企業の65歳が説明なしで使える「Stock」であれば、営業活動に一切の負担がかかりません。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」であらゆる情報を管理し、営業活動に集中できる環境を整えましょう。
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。