業界・業種を問わず、チームで抱えているタスクを適切に管理することは必須です。個人レベルであればメモでも十分ですが、大規模プロジェクトや部門を横断したプロジェクトでは、専用の「タスク管理ツール」を活用する必要があります。
 
そして、タスク管理ツールにもいくつか種類がありますが、そのなかのひとつに「Wrike(ライク)」があります。Wrikebは多種多様な機能が搭載されていることから、IT企業を中心に広く利用されているツールです。
 
一方で、企業のなかには「自社が想定している使用感や運用ができるのか分からない」と導入に踏み込めない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Wrikeの使い方、料金、口コミ・評判を中心に幅広くご紹介します。
 
  • Wrikeも候補のひとつとして挙がっているが、自社とマッチするのか懸念がある
  • おすすめのタスク管理ツールで調査して出てきたが、実態がわからず不安を感じる
  • Wrikeを全社で使いこなせるかが分からない
という担当者の方はこの記事を参考にすると、本当にWrikeが自社にマッチしているかを判断できるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrike(ライク)とは

WrikeはIT企業を中心に導入されているツールですが、改めてWrikeの概要や機能を解説します。「自社でどのように運用するのか」「自社の課題は解消されるのか」を中心にイメージしましょう。

概要

Wrikeのトップページ

 
Wrike(ライク)は2007年にリリースされた米国発のタスク管理ツールです。2012年には日本語対応がされて、日系企業でも広く利用されるようになりました。
 
Wrikeには、あらゆる職種に対応したテンプレートが用意されているので、プロジェクトごとに型を作ることなく実務ですぐに運用できます。
 
さらに、Microsoft TeamsやGitHub、Zoom、Googleカレンダなどのサードパーティ製アプリとも連携ができます。たとえば、同じタスク管理ツールであるJira(ジラ)と同期すれば、Wrikeで作成したコメントがJiraからも確認できるようになります。

機能

Wrikeは多種多様な機能が搭載されている多機能ツールです。それゆえに、Wrikeを使いこなすためには「どのような機能が利用できるのか」を事前に把握する必要があります。
 
そこで以下では、Wrikeで頻繁に利用する機能の一部をご紹介します。
 
機能 特徴
ガントチャート
タスクのスケジュール状況が視覚的に分かる機能です。
レポート
タスクやプロジェクトから、必要な情報をすぐに収集できる機能です。
ダッシュボード
自身に関係するタスクを整理し、まとめて表示できる機能です。
タイムトラッカー
作業に費やした時間を詳細に記録できる機能です。
リクエストフォーム
定型業務などの決まったタスクをすぐに作成できるように、フォーマットをあらかじめ登録する機能です。
テンプレート
類似するタスク、プロジェクト、フォルダーを繰り返し作成する手間を軽減できる機能です。
校正
添付されたファイルに直接コメントを追加できる機能です。
Wrike API
OutlookやGmail、Box、Slackなどの外部ツールと連携して、さらに業務効率化を図るための機能です。
カスタムワークフロー
タスクのステータス(進捗状況)を自社独自に編集できる機能です。
 
以上のように、Wrikeには高度な機能が豊富に搭載されているので、IT企業を中心に広く導入されています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrikeでできること

Wrikeの機能を上手く活用すれば、以下のような管理業務ができるようになります。Wrikeの運用イメージを明確にするためにも、自社の業務と照らし合わせながら確認しましょう。

タスク管理

wrikeのタスク管理画像

Wrikeには任意の数だけタスクを追加できます。タスクには「詳細説明」「期限」「担当者」の基本的な項目はもちろん、承認プロセスを追加する機能も備わっています。
 
作成したタスクはステータス(進捗状況)に合わせて、ドラッグ・アンド・ドロップで直感的に移動できます。また、タスクには重要度を設定でき、管理画面で「優先度順」に並び替えて確認することも可能です。
 
そして、Wrikeのコメント機能を利用すれば、タスクに関する細かいやりとりもできます。ただし、コメントはタスクに紐づけられているので、確認する際には一つひとつのタスクをクリックする必要がある点に注意が必要です。
 
以上のように、Wrikeには業務やプロジェクトの基本となる「タスク管理」に必要な機能が豊富に備わっているのです。

プロジェクト管理

wrikeのプロジェクト管理画像

Wrikeはプロジェクト管理に必要な機能を多く搭載しているツールです。たとえば、Wrikeのプロジェクト管理では、以下の4つのビューから管理方式を選択できるようになっています。
 
  • リストビュー
  • すべてのタスクを一覧で確認できる表示形式です。
  • ボードビュー
  • タスクをドラッグ・アンド・ドロップして進捗管理ができる表示形式です。
  • テーブルビュー
  • 行と列に項目を記載するエクセルのような表示形式です。
  • ガントチャートビュー
  • タスクのスケジュールを一目で把握できる表示形式です。

wrikeのテンプレート画像

また、Wrikeでは「PMO」「エンジニアリング&IT」「サービス&コンサルティング」などの、プロジェクト管理に必要なテンプレートが最初に選択できます。そのため、一からプロジェクトの大枠を作成しなくても管理できる仕様となっています。

スケジュール管理

wrikeのガントチャート画像

管理方式のひとつである「ガントチャート」を用いると、設定したプロジェクトやタスクをいつまでに終わらせなければならないかが可視化できます。
 
ガントチャートのバーの太さでタスク同士のつながりがわかるので、タスクの抜け漏れを防止できるのです。
 
また、階層化させてプロジェクトを管理している場合でも、親プロジェクトを選択すれば内包されるプロジェクトのガントチャートも見られます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrikeの料金プランの比較表

ここではWrikeにおける料金プランの比較表をご紹介します。
 
Freeプランでも一通りの機能は使えるものの、利用ユーザー数やストレージ容量に制限があるので注意しましょう。
 
Free Professional Business Enterprise Pinnacle
利用料金(1ユーザーあたり)
$0
$9.80/月
$24.80/月
要問い合わせ
要問い合わせ
利用ユーザー数
1〜5名
5〜200名
5〜200名
5〜無制限
5〜無制限
ストレージ容量
2GB
5GB
ユーザー1人あたり5GB付与
ユーザー1人あたり10GB付与
ユーザー1人あたり15GB付与
共有可能なダッシュボード
×
ワンクリックで作成できるガントチャート
×
プロジェクト情報のインポート
×
カスタムフィールド/カスタムワークフロー
×
×
レポート作成の自動化とテンプレート
×
×
カレンダー/勤務スケジュール
×
×
ユーザーグループ設定と権限管理
×
×
シングルサインオン、2段階認証
×
×
×
パスワードポリシー設定
×
×
×
詳細な管理者権限
×
×
×
ユーザー監査レポート
×
×
×
スペースのロック制御(非公開スペース)
×
×
×
×
プロジェクトレベルでの予定時間の確保(予約機能)
×
×
×
×


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrikeを始める方法

Wrikeを始めるためにはアカウント登録やログインなど、いくつかの手順が必要です。そこで以下では、Wrikeを始める方法を3ステップでご紹介します。

アカウントを登録する

はじめに、Wrikeを利用するためにアカウントを登録しましょう。
 
まずは、Wrikeの公式ホームページにアクセスして、画面中央にメールアドレスを入力して[今すぐ始める]をクリックします。

Wrikeのトップページにメールアドレスを入力する

次に、入力したメールアドレスに下記のようなメールが送信されるので、[あなたのEメールであることをご確認ください]をクリックします。

メールから登録画面を開く

Wrikeに詳細情報を設定する

次に、上図のような詳細情報を設定する画面に切り替わるので、氏名やパスワード、電話番号などを入力しましょう。
 
以降は、あとからでも設定できる設問が続きます。すぐにほかのメンバーを招待したい場合には、下図の画面でメンバーのメールアドレスを入力します。

Wrikeにメンバーを招待する

ブラウザ版Wrikeの画面

以上の操作で、ブラウザ版の画面に切り替わり、Wrikeのアカウント作成は完了です。

アプリをダウンロードする

次に、アプリ版のWrikeをPCへダウンロードしましょう。ブラウザ版でも問題ありませんが、ほかの作業と混在して作業効率が悪くなる恐れがあるので、アプリの方が便利です。
 
まずははじめに、Wrikeアプリのダウンロードサイトへアクセスし、[Wrikeデスクトップアプリを入手]をクリックします。

アプリ版Wrikeのサイト

アプリ版Wrikeのダウンロードページ

次に、アプリの要件ページに切り替わるので、画面右上の[ダウンロードする]を選択します。以降の操作は、WindowsやMacでそれぞれの方法に従いましょう。

Wrikeにログインする

最後に、アプリのダウンロードが完了したら、登録したアカウントでログインします。
 
まずは、アプリを起動すると下図の画面が表示されるので、メールアドレスを入力して[次へ]を選択します。同様に、パスワードも入力することでログインが完了します。

Wrikeのログイン画面

アプリ版Wrikeの画面

上図のような画面が表示されれば、Wrikeへのログインは完了です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrikeの使い方

Wrikeには多種多様な機能が搭載されていますが、完全に使いこなすためには基本的な使い方をマスターする必要があります。そこで以下では、初心者向けのWrikeの使い方をご紹介します。

(1)プロジェクトを作成する

Wrike上で作業をするためには「プロジェクト」を作成する必要があります。プロジェクトがタスクの管理場所となるのです。
 
はじめに、プロジェクトを作成するスペース(チーム全体の管理場所)を選択します。新規でスペースを用意するには、右上の[+]から作成しましょう。

Wrikeのスペースを選択する

Wrikeでプロジェクトを作成する

次に、画面左上の[+]をクリックします。

プロジェクトの詳細を作成する

プロジェクトの詳細設定ページに切り替わるので、プロジェクト名を記入したり、共有範囲を選択したりしましょう。

プロジェクト作成後のイメージ

以上の操作で、新しいプロジェクトの作成は完了です。

(2)タスクを作成する

次に、プロジェクト内にタスクを作成しましょう。Wrikeではタスク管理機能を上手く活用することで、さまざまな業務の効率を高められるので重要なステップです。
 
まずは、画面上側の[+項目]をクリックします。

Wrikeでタスクを作成する項目

タスク名を入力する

次に、上図の入力欄に任意の”タスク名”を記載しましょう。

タスク作成後のイメージ

以上の操作で、Wrikeの基本となるタスクが作成できました。

(3)ビューを切り替える

次に、タスクのビューを切り替えましょう。Wrikeでは、利用目的に応じてタスクの表示方法(ビュー)を切り替えることができます。
 
ビューの切り替えは簡単で、画面上側の[+]をクリックして目的のビューを選択するだけです。

タスクのビューを切り替える項目

Wrikeでボードビューを選択したイメージ

今回は「ボードビュー」を選択したので、上記のような表示方法に変更されました。

(4)コメントで連絡をとる

次に、タスクに紐づけられているコメント機能で、メンバーと連絡を取り合いましょう。チャットツールが不要になるので情報が分散せず、コストも抑えられます。
 
操作方法としてはタスクをクリックし、画面左下からコメントを送信します。

タスクごとにコメントを送信する方法

Wrikeはタスクごとにコメントを送り合えるのが特徴のツールです。

(5)外部ツールと連携する

最後に、Wrikeにさまざまな外部ツールを連携させましょう。以下の手順に従って、外部ツールと連携します。
 
  1. 画面右上の[プロフィールアイコン]をクリックする
  2. 表示される[アプリ&連携]をクリックする

Wrikeに外部ツールを連携する手順

Wrikeに連携できるツール一覧

外部ツールの一覧ページに切り替わるので、連携したいツールを探してクリックします。以降は、それぞれの外部ツールのログイン方法に従いましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

本当は使いにくい?!Wrikeの口コミ・評判

以下では、Wrikeの口コミ・評判をご紹介します。導入前には第三者の声も参考にすることが大切です。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判は全て ITreview > Wrike より引用しております。

Wrikeの良い口コミ・評判

はじめに、Wrikeの良い口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「状況に応じてビュー切り替えができるのが良い」「全体だけでなく個人利用もできる」という声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022/3/6)
 
クラウドベースの類似製品は複数試したが、タスクの階層の深さ、トラディショナルなWBS作成から昨今のアジャイル開発用途、カンバンボードなど状況に応じた使い方とビューの切り替えが出来ることが良い点だと思います。
非公開ユーザー(投稿日:2021/12/23)
 
・メールをタスクに出来る
・非ユーザーでもお問い合わせフォームを使用できる
・よくあるただタスクが羅列されているのではなく、カレンダーで日にちと一緒に見える化されていて、自分のやるべきタスクを管理しやすい
山田 健人(投稿日:2020/11/4)
 
いわゆるToDo管理も個人タスクとして置き換えることができるの、プロジェクト全体だけでなく、個人としても活用ができる点もよい。
非公開ユーザー(投稿日:2020/11/4)
 
多機能なので、バックヤードの業務プロセスをのせたり、簡単なアンケートなどに多様な用途に利用できます。
非公開ユーザー(投稿日:2020/8/12)
 
この手のクラウド・サブスク系プロジェクト管理ツールを語るときはこのサービスに加えTrelloやAsanaが候補としてよく挙げられますが、その中でもWrikeは一番できることが多いです。基本的な情報管理・共有からしっかりした工数管理までできます。
機能が多い分慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、全体の構造を階層を増やしすぎたりせずにできるだけシンプルにして使えばAsanaに近い使用感になると思います。

Wrikeの改善点に関する口コミ・評判

次に、Wrikeの改善点に関する口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「多機能なので直感的に使えず、教育に時間がかかる」「使わない機能が多い分、コストが割高」などの不満が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022/1/31)
 
様々な機能があるが、ノウハウがあまりWeb上になく使いこなせていない部分がある。そのため社内の担当者に確認をすることが多い。
非公開ユーザー(投稿日:2021/12/30)
 
直感的に使いにくい部分はあります。機能が多く、充実しているのですが、逆に言うと「使える範囲しか使っていない」とも言えるので。
非公開ユーザー(投稿日:2021/12/23)
 
・多機能がゆえに、ユーザーへの説明に時間がかかる
・ユーザー側も多機能過ぎて使いこなせない→結局使ってもらえなくなる
非公開ユーザー(投稿日:2020/11/4)
 
他ツールよりも割高です。。。様々な機能が付加されているのですがすべて使うわけではないので不要な機能を削った安価なプランが欲しいところです。
非公開ユーザー(投稿日:2020/8/7)
 
利用方法を共通かしないで利用すると勘違いを起こす可能性がある。
無料で使える機能をもう少し増やしていただけると助かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【担当者必見】 Wrikeのデメリットを補完するおすすめのツール

以下では、Wrikeのデメリットを補完するおすすめのツールをご紹介します。
 
Wrikeは業界や規模を問わずにプロジェクト・タスク管理ができるツールなので、口コミ・評判にもあったように「多機能」です。
 
そのため、社内のITリテラシーが低い場合には「機能過多で社員が使いこなせず、逆に仕事がしづらくなる」という事態になりかねません。また、多機能な分コストもかかるので費用対効果も低くなります。
 
つまり、”プロジェクト・タスク管理をしたいが、多機能ツールは使いこなせない”という企業・チームには「必要な機能を過不足なく搭載するシンプルなツール」が最適です。
 
たとえば、プロジェクトの資料をすべて蓄積し、部下のタスク進捗を把握できる「Stock」であれば、ITに詳しくない社員でも説明なしで使いこなせるので、平均年齢が高い非IT企業でもすぐに運用に乗せられます。
 
Stockでは、プロジェクトごとに「フォルダ」を作成し「ノート」に資料を保存、ノートに紐づいた「タスク」で仕事の抜け漏れを防げます。また、ノートに紐づいた「メッセージ」もあるので、別途チャットツールにコストをかける必要はありません。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Wrike(ライク)の使い方・料金・評判まとめ

ここまで、Wrikeの機能や使い方、料金、口コミ・評判からまでご紹介しました。
 
Wrikeは世界的に利用されているタスク管理ツールであり、口コミにもあったように機能が豊富ゆえに、使いこなせない可能性があります。そのため、ツールを選定する際には担当者だけでなく「現場社員がストレスなく使えるか」も選定基準にしましょう。
 
つまり、社員のITリテラシーに関わらず「誰でも直感的に操作できるシンプルなツール」が求められているのです。
 
たとえば、今回ご紹介したWrikeの代替ツールである「Stock」は、非IT企業の65歳以上の人でも簡単に使いこなせるほどシンプルなツールなので、あらゆる企業・チームの業務環境に適応します。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で誰もツールを活用してくれない状況を解消し、業務やプロジェクトがスムーズに進行できるようにしましょう。