ビジネスではチームの規模を問わず、適切なタスク管理が求められるため、最近ではタスク管理ツールを用いて効率的に管理するチームが増えてきています。
 
ツールの種類はさまざまですが、有名なツールのひとつに「Jira(ジラ)」があります。そのため、企業のなかには「名前だけは聞いたことがあるツールだから、口コミ・評判が良ければ導入を検討しよう」と考えている担当者の方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Jira(ジラ)の概要や使い方、料金、実際の口コミ・評判まで網羅的にご紹介します。
 
  • 使いやすそうであれば、Jiraもツール選定の候補として考えたい
  • Jiraのユーザーの声も考慮して、導入を検討したい
  • 自社のタスク管理がずさんなので、早急にツールで対策を取りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、「Jiraがどのようなツールで、どのような使い方をするのか」まで分かり、自社に適切なツール選定ができるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jira(ジラ)とは

Jiraのトップページ

 
Jiraはオーストラリア企業のAtlassian(アトラシアン)がリリースしている、アジャイルチーム(計画、設計、実行、テストのサイクルが早いチーム)に最適な機能を搭載する開発者向けプロジェクト管理ツールです。
 
また、Jiraは主に開発現場で用いられることが多い一方で、同社がリリースする「ナレッジ共有・蓄積に特化したConfulence」や、「業界・業種問わずプロジェクト管理が可能なTrello」と連携して利用できます。
 
導入実績の豊富さや多機能な点が特徴なので、複数の大規模プロジェクトを並行する開発現場や、ソフトフェア開発をするIT企業にとって使いやすいツールと言えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jiraの基本機能・できること

はじめに、「Jiraにはどのような機能があるのか」「自社に導入した際に何ができるのか」をイメージできるように、以下で主にソフトウェア開発で利用されるJiraの”基本機能”と”できること”をご紹介します。

スクラムボード

Jiraのスクラムボードのイメージ

スクラムボードは、短いスパンでPDCAを回していく必要があるチーム向けの管理手法であり、とくに少人数でスピード感を持った業務がしたいときに適しています。
 
スクラムボードはカンバンボードと似ていますが、より業務の着手期間が短いときの管理に有効です。
 
たとえば、業務の課題(タスク)を「スプリント」と呼ばれる機能で短く区切れば、作業を整理して優先順位を付けられ、さらに全体の進捗状況を可視化できるようになります。

カンバンボード

Jiraのカンバンボードのイメージ

カンバンボードでは、掲示板のように「未着手」「進行中」「完了」などのステータス(状況)を記載し、課題をステータスに応じてドラッグ&ドロップで移動させて進捗を把握します。
 
また、カンバンボードのタスクは”担当者”や”ステータス”でソートができるので、「部下がどの業務を、どこまで進めているのか」が簡単に確認可能です。
 
さらに、プロジェクトに紐づいた「ワークフロー」を作成すれば、同じ業務を担当するメンバーへの作業指示をまとめたり、全員で業務フローを確認したりするのに役立ちます。

バグ追跡

Jiraのバグ追跡のイメージ

Jiraのバグ追跡では、開発中に発生したバグを一元管理できます。応用させればタスクの振り返りにも使える機能です。
 
カンバンやスクラムボードと比較すると、シンプルにタスクやバグの内容を管理できます。一方で、大規模プロジェクトなど管理情報が増える場合には、その分だけ追跡レポートも増加するので、管理が煩雑になる可能性もあります。

DevOps

JiraのDevOpsのイメージ

DevOps(デブオプス)は、さまざまなツールで実行する作業を一か所で完結できるようにして、ムダな時間を削減する機能です。
 
DevOpsを活用すれば作業を自動同期して、ドキュメントやスケジュールなどにプロジェクトから簡単にアクセスできるようになります。

そのほかの応用機能

これまで、Jiraの得意分野である「ソフトウェア開発」で重宝する機能をご紹介しましたが、以下はJiraをさらに使い倒すための応用的な機能一覧です。
 
応用機能 特徴
ロードマップ
チーム全体の進捗状況をリアルタイムで追跡し、チームが協力して作業できるようにする機能です。
レポート
チーム全体の作業を改善するのに役立つ情報を、まとめて分析する機能です。
ワークフロー
課題を進めるステップやプロセスを設定して、効率的にプロジェクトを進行させる機能です。
コンポーネント
プロジェクトのサブセクションのことで、課題をさらに細かく分類するための機能です。
スイムレーン
カンバンボードを分割して、課題をステータスや担当ごとに分類するための機能です。
クイックフィルター
簡単に課題を絞り込み検索するフィルターを適用したり、切り替えたりできる機能です。
サブタスク
規模の大きな課題を分割して、体系的に整理しておくための機能です。
 
上記のほかにも、Jiraには多種多様な機能が搭載されているので「自社に必要な機能が過不足なく使えるか」は必ず確認しましょう。自社で使わない機能ばかりの多機能ツールは、使い勝手が悪いだけでなく、多機能な分コストもかかる可能性があるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jiraの料金プランの比較表

ここでは、Jiraの料金プランごとに違いがある特徴・機能をピックアップしてご紹介します。利用料金に関しては、オンプレミス以外のプランはユーザー数が増えるほどひとり当たりの料金が安くなります。
 
*以下の「料金プラン比較表」は左右にスクロールできます。
Free Standard Premium エンタープライズ オンプレミス型(500ユーザーから)
利用料金(1ユーザーあたり)
無料
〜900円/月
〜1,730円/月
要問い合わせ
4,990,000円〜
ストレージ容量
2GB
250GB
無制限
無制限
無制限
おすすめ利用シーン
小規模チーム向け
成長途中のチーム向け
中堅企業や社内外とのやりとりが多い企業向け
大企業・グローバル企業向け
高度なセキュリティを希望する中堅〜大企業向け
最大利用人数
10人まで
20,000人まで
20,000人まで
20,000人まで
50,000人以上も可能
サイト上限
1
1
1
無制限
無制限
タスクやプロセスの自動化
単一プロジェクト
単一プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
ロードマップ構築
基本
基本
高度な設定
高度な設定
高度な設定
業務のキャパシティ確認
×
×
プロジェクトのアーカイブ
×
×
役割や権限の設定
×
管理者インサイト、サンドボックス、リリース管理
×
×
監査ログ、匿名のアクセス管理
×
IP許可リスト
×
×
データレジデンシー
×
サポート
コミュニティサポート
現地営業時間のみ
Premiumサポート
Enterpriseサポート
Atlassianサポート
アップタイムSLAの保証
×
×
99.9%
99.95%
99.95%
ユーザー単位の一元化されたライセンス
×
×
×
あり
あり


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

初心者でも分かる!Jiraの使い方

Jiraには多種多様で高度な機能が搭載されていますが、まずは基本的な使い方をマスターする必要があります。そこで以下では、Jira初心者でも理解できる使い方を解説します。

(1)プロジェクトを作成する

はじめに、基本的な作業スペースになる「プロジェクト」を作成します。以下の手順に従いましょう。
 
  1. 画面上側の[プロジェクト]をクリックする
  2. 表示される[プロジェクトを作成]を選択する

Jiraのトップバーからプロジェクトを選択する

Jiraのプロジェクトのテンプレートを選択する

  1. 次に、画面左側から目的に合った”テンプレートの分類”を選択する
  2. 表示されるテンプレート一覧から、任意のテンプレートをクリックする

テンプレートの概要を確認して使用を選択する

次に、画面右下の[テンプレートを使用]をクリックします。

任意のプロジェクトタイプを選択する

画面が切り替わるので、任意の”プロジェクトのタイプ”を選択します。

プロジェクトの詳細を設定する

プロジェクトの詳細を追加する画面が表示されるので、以下の通りに設定します。
 
  1. 任意のプロジェクト名を入力する
  2. 任意のプロジェクトキー(Jiraで管理される識別子、大文字英語のみ)を入力する

プロジェクト全体のイメージ

以上の操作で、プロジェクトの作成は完了です。

(2)メンバーを追加する

複数人で仕事をする場合には、プロジェクトにメンバーを追加しましょう。具体的には、以下の手順に従います。
 
  1. 任意のプロジェクトの画面にある[追加マーク]をクリックする
  2. 検索欄から追加したいメンバーを探し出す
  3. メンバーのロール(役割)を設定し、[追加]を選択する

プロジェクトにメンバーを追加する

以上の操作で、プロジェクトにメンバーを追加できました。

(3)課題を作成する

次に、プロジェクトの進行に必要な「課題」を作成しましょう。
 
プロジェクトを開くと、下図のように[+課題を作成]とあるので、クリックして任意の課題名を入力します。

プロジェクトに課題を追加する

以上の操作で、プロジェクト上に課題を作成できました。
 
加えて、課題に担当者やラベル、説明などを追加したい場合には、作成した課題をクリックすることで以下のような詳細画面が表示されます。

課題の詳細画面

(4)課題を検索する

次は、大量の課題から任意の課題を探し出すために「検索」を利用する方法です。検索はプロジェクトに表示される、下図のような検索欄にキーワードを入力して使います。

課題を検索する方法

以上の操作で、キーワードに一致する箇所がハイライト(目立つように色がつくこと)され、該当しない課題は表示されません。

(5)フィルターを利用する

最後に、キーワード検索よりも高度な「フィルター」を利用する方法をご紹介します。
 
フィルター機能では課題タイプやステータス、作成日、コメントなど、あらゆる情報をもとに任意の課題を抽出します。下図のように、さまざまな検索オプションがあるのでITに慣れていないと使いこなせない可能性がありますが便利な機能です。

ファイルターを設定する画面



「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

使いにくい?! Jiraの口コミ・評判

以下では、Jiraの口コミ・評判について複数ご紹介します。導入前には実際の口コミ・評判も検討材料にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はすべてITreview > Jiraより引用しております。

Jiraの良い口コミ・評判

はじめに、Jiraの良い口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「アジャイル開発の管理が簡単」「機能が豊富で、拡張性も大きい」という声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022/3/25)
 
弊社ではアジャイル開発を利用して、近年アプリケーションやサービスの自社開発を進めています。
Jiraを利用することにより、スプリントレビューなどのアジャイル開発でよく用いられる手法がスムーズになり、開発の期間が短縮されました。
非公開ユーザー(投稿日:2022/1/13)
 
・アジャイル開発は簡単に管理でき、必要な管理要素が充実されている
・Mobile端末、PC等情報の共有、共同管理できる
非公開ユーザー(投稿日:2022/1/6)
 
カンバンボートや承認フローの機能が豊富で、開発側、管理側両方に使いやすい機能が充実していると思う。APIも気軽に利用ができるため、外部連携により他システムへの展開、分析もしやすく、拡張性も大きい。
元々のJira自体の機能が充実してるため、単体でも充分活用できるものとなっている。
森山 大地(投稿日:2021/12/23)
 
それまでスプレッドシートで行っていた進捗管理・タスクの切り出しを一元管理することができ。他のサービスと連携しているため作業効率も格段にアップした。
チケットを切ることができるので、タスクの割り当てもスムーズになり、ストレスなくプロジェクト管理できる。
非公開ユーザー(投稿日:2021/12/22)
 
プロジェクトに対するタスクをロードマップで管理したり、カンバン形式でタスクごとの進捗を管理できたり、自動でプロジェクトのタスク進捗をレポートとして表示できたりするので、他の人とタスクの状況を共有するのに便利。
アトラシアンの別のサービスであるConfluenceとリンクさせることもできるのが便利。

Jiraの改善点に関する口コミ・評判

次に、Jiraの改善点に関する口コミと評判をご紹介します。利用ユーザーからは「機能が多すぎて、チーム利用で収集がつかなくなった」「動作が遅く、どこに何の機能があるのか分かりづらい」などの声が寄せられています。
 
非公開ユーザー(投稿日:2022/2/15)
 
同社からリリースされているConfluenceと組み合わせて使用することを推奨されているが、そちらにもガントチャートやメールでの通知機能はあり、重複している機能が多い。
別々でライセンス料を取るのであれば、機能の住み分けは徹底してほしい。
非公開ユーザー(投稿日:2022/1/13)
 
・ガントチャート、マイルストーンの機能は使いづらい
・1つカードを他のタスクのサブタスクに変換する際、変換先のカード番号(URL)を入力しても表示されず、 時間をおいてからなぜかつかえるように(最近の利用カード?)
・サブタスクを持つタスクのステータス管理はわかりにくい(例:完了しても、完了のスイムレーンに移動されない)
・1つサイトに自社、他社のメンバーを混在している場合、権限設定が難しい。  例:他社に見せたくないPRJ(ボード)を設定して見られていないが、プロジェクト一覧から見られてしまう
・他の製品(Trello、Jira for Whiteboard、Backlog)とのデータ連携は使いにくい
非公開ユーザー(投稿日:2022/1/9)
 
・いくつかテンプレートがあるが、海外用なのか、アレンジせずに利用するのは難しい。
・ワークフローを組めば楽になるのだろうが、UIがわかりづらく、使うことができていない。
森山 大地(投稿日:2022/12/23)
 
いろいろな機能がありすぎて最初はどこから始めてよいかわからない。チケットの発行などを各メンバーに任せていたが収集が付かなくなってしまった。
そこまで複雑なプロジェクト管理でなければ、弊社はカンバンツールを使うだけでも十分でした。
非公開ユーザー(投稿日:2022/12/23)
 
欲しい機能・分かりづらい点
・検索機能が非常にだめだめです
・一部非常に遅い
・UIがわかりにくい
・フィルタもうまくいかない
 
その理由
・検索ワードいれても全然ひっかかりません
・データ量が多すぎるのかわかりませんが動作が非常に遅いページなどがあります
・UIが悪く、どこになにがあるのかわかりにくすぎます
・フィルタで案件を絞れるのですが、フィルタ機能が脆弱すぎて使えないです。選択する形のフィルタのため


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jiraと連携できる「Confluence」とは?

Confluenceのトップページ

 
タスク管理ができるJiraと連携するツールのひとつに「Confluence(コンフルエンス)」があります。Confluenceは、Jiraの運営会社がサービスを提供しているので、見た目や操作性が似ています。
 
Jiraがプロジェクトの「タスク管理」に特化しているのに対し、Confluenceはプロジェクトの「情報共有」に特化している特徴があります。そのため、JiraとConfluenceを連携することで、プロジェクトの進行に必須の機能が揃うということです。
 
しかし、利用ユーザーの声にもあるように重複する機能も多いので、2ツール分のコストを支払い続けるのかは慎重に検討しましょう。また、そもそもJiraとConfluenceは豊富な機能を搭載しているため、自社の社員が使いこなせるかも重要な検討事項です。
 
また、JiraはRedmineやWrike、Qiita、GitHubなどの外部ツールとの連携も可能になっています。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【担当者必見】JiraとConfluenceの特徴を兼ね備えているおすすめのツール

以下では、JiraとConfluenceの特徴を兼ね備えているおすすめのツールをご紹介します。
 
「タスク管理のJira」と「情報共有のConfluence」を連携させれば、プロジェクト管理に必須の機能が揃います。しかし、どちらも多機能なので非IT企業では誰も使わなくなる可能性が高く、コストばかりがかかってしまうのです。
 
そのため、とくに非IT企業では「タスク管理と情報共有ができるうえに、社員がすぐに使いこなせるツール」が必須です。
 
たとえば、チームのあらゆる情報を共有し、タスク管理も可能な「Stock」であれば、非IT企業に勤める65歳の社員でも説明なしで活用できるほどシンプルなので、すぐに社内へ浸透します。
 
プロジェクトに必要な情報はStockの「ノート」でリアルタイムの共有ができ、かつノートに紐づけられている「タスク管理」もあるため、作業の抜け漏れも少なくなります。さらに、Stockには「メッセージ」が備わっているので、ほかのチャットツールを運用する必要がありません。

チームの情報を最も簡単に残せるタスク管理ツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Jira(ジラ)の使い方・料金・評判まとめ

ここまで、Jiraの概要や使い方、料金、口コミ・評判についてご紹介しました。
 
Jiraは多機能なプロジェクト・タスク管理ツールなので、スムーズに使いこなすには全社で高いITリテラシーが求められます。そのため、非IT企業が導入してしまうと使いこなせずに業務を圧迫したり、無駄にコストばかりがかかったりというリスクがあるのです。
 
そのため、プロジェクト・タスク管理ツールを選定する場合には、「自社のITリテラシーとマッチした」ツールが必須なのです。たとえば、今回ご紹介した「Stock」であればプロジェクト・タスク管理の機能に過不足がないため、非IT企業の65歳の人でも簡単に使いこなせます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、プロジェクト・タスク管理が簡単にできる環境を整えましょう。