ビジネスではチームや個人の人数規模を問わず、適切なタスク管理が求められます。最近ではタスク管理ツールを用いて効率的に管理するチームも増えてきています。
 
ツールの種類はさまざまですが、有名なツールのひとつに「JIRA(ジラ)」というツールがあります。名前だけは聞いたことがあってもどのような管理ツールかわからないものの、実際の口コミ・評判が良ければ導入を検討しようとしている担当者の方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、JIRA(ジラ)の概要や使い方、実際の口コミ・評判から料金比較までをご紹介していきます。
 
  • 使いやすそうであれば、JIRAもツール選定の候補として考えたい
  • JIRAのユーザーの声も考慮し導入を検討したい
  • 自社のタスク管理が杜撰なので、早急にツールで対策を取りたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、JIRAの概要からどのような使い方をすれば良いかまでがわかり、自社にとって適切なツール選定ができるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)とは

JIRAはオーストラリアのAtlassianという企業がリリースしている、アジャイルチーム(計画、設計、実行、テストのサイクルが早いチーム)向けに開発された開発者向けのプロジェクト管理ツールです。
 
世界で180,000社以上の導入実績を誇るうえ、日本でもABEMAやNAVITIMEのチームもJIRAを活用しています。主に開発現場で用いられることが多い一方で、同社がリリースする「ナレッジ共有・蓄積に特化したConfulence」や、「業界・業種問わずプロジェクト管理ができるTrello」を併用して管理しているケースもあります。
 
導入実績の豊富さや多機能な点が特徴ですので、大規模プロジェクトを多く取り扱う開発現場や、IT企業にとって使いやすいツールと言えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)の使い方

JIRAはさまざまなプロジェクトを管理できる課題管理ツールですが、さまざまな使い方ができます。以下ではその代表的な使い方について解説していきます。

プロジェクト管理

JIRAでできるプロジェクト管理の手法には大きく「カンバン方式」と「スクラムボード」の2種類があります。

カンバン方式

JIRAのカンバン方式の画像

掲示板のように、縦軸に「ToDo」「進行中」「完了」などのステータスを記載し、タスクを付箋のようにドラッグ&ドロップでステータスにあわせて移動させ、進捗がタスクごとに管理しやすくなる手法です。
 
また、メンバーのタスクgは無造作に配置されているだけでなく、「担当者ごと」や「自分のタスクのみ」でソートができるので、マネジメントの立場のメンバーからしても各メンバーが今どんな業務を行なっているのかが可視化されます。
 
また、プロジェクトに紐づいた「ワークフロー」を作成すれば、同じ業務を行う各メンバーへの作業指示をまとめられたり、メンバー全員で業務フローを確認したりするのに役立ちます。

スクラムボード

JIRAのスクラムボードの画像

スクラムボードは、短いスパンでPDCAを回していく業務が求められるチームに向いているJIRAの管理手法であり、とくに少人数でスピード感を持った業務がしたいときに使える手法です。
 
カンバン方式と似ていますが、より業務の着手期間が短いときの管理に役立ちます。作成した課題(タスク)をまとめたものを「スプリント」として管理するので進捗が可視化されるうえ、一連のスプリントの完了後は「スプリントレポート」に作業の振り返りもできます(別途Confluenceとの連携でさらに見やすい振り返りページも作成可能)。

バグ追跡レポート

JIRAのバグレポートの画像

こちらは開発者向けのレポートとなりますが、JIRAでは開発中に発生したバグを管理できます。応用させればタスクの振り返りにも使えるレポートです。
 
カンバンやスクラムボードと比較すると、シンプルにタスクやバグの内容を管理できます。一方で、大規模プロジェクトなどバグの発生数が多い可能性のある場合はその分だけレポートが増えてしまうので管理が煩雑となるデメリットがあります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)の口コミ・評判

以下では実際にJIRAを利用しているユーザーの口コミ・評判をご紹介していきます。導入前にはユーザーの声も参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はすべてITreviewの公式サイトより引用しております。

JIRA(ジラ)の良い口コミ・評判

Uchihashi Shigeki
海外では一昔前から普及している案件管理、ワークフローツールであり、シェアが高い為にユーザー活用事例が多く参考に出来たこと。プロジェクト管理の機能は非常に多く、実際使いこなせない程ありましたが、グローバルでプロジェクトでは良く活用しました。
非公開ユーザー
進捗管理や課題管理、タスク管理などが簡単に行えるシステム。
進捗状況の可視化もでき、大規模な開発に適したプロジェクト管理システムだと思います。
グローバルでの導入実績も多く、海外と共有する場合は比較的スムーズに使用できるかと思います。
神谷 勇毅
ロードマップ機能やホワイトボード(Trelloのような)機能で、総合的にPJの管理が出来る利便性の高さが良い。
非公開ユーザー
企業同士の契約書類を社内申請する際に利用しています。承認者への通知、承認者の変更、ステータスの変更などスムーズに行うことができます。社内の承認に複数部門がまたがる場合、どこで止まっているのか、どこまで進んでいるのかが可視化されていることがありがたいです。
非公開ユーザー
社内のナレッジ管理で利用しています。複数の情報要素をプロジェクト管理として区分していますが、情報を横断的に検索でき、使いたいときにすぐ見つけられる点が優れています。

JIRA(ジラ)の悪い口コミ・評判

Dean E.
モバイル機能は使いやすくありません。最低でも、簡単なモバイルアクセスがあればと思います。またログインでGoogle認証が必要なことも気に入りません。セキュリティ違反が発生し得ることは分かりますが少々不便です。
Ted D.
この全ての複雑さはもろ刃の剣のような気がします。システムを完璧に動かし全ての情報を正しく動かせるようにするための設定ですが、設定を誤ればシステムはあっという間にむちゃ苦茶になってしまいます。
非公開ユーザー
モバイル対応がされていないところ。通勤中や移動中に簡単にプロジェクトの進捗を追いたいが、対応できない。
非公開ユーザー
多機能な反面使うのが難しく、使いこなす為に学習コストがかかりすぎる点が難点です。
非公開ユーザー
普段からシステムツールに慣れている人でないと、やや使いにくいと感じた。インターフェイスや細かな表示が分かりづらいと思います。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)の料金プランの比較表

ここではJIRAの料金やプランで異なる機能をピックアップし表形式でご紹介します。料金に関してオンプレミス以外のプランは人数が増えるほどひとり当たりの料金が安くなります。
 
Free Standard Premium Enterprise オンプレミス型(500ユーザーから)
利用料金(1ユーザーあたり)
無料
〜900円/月
〜1,730円/月
要問い合わせ
4,990,000円〜
ストレージ容量
2GB
250GB
無制限
無制限
無制限
おすすめ利用シーン
小規模チーム向け
成長途中のチーム向け
中堅企業や社内外とのやりとりが多い企業向け
大企業・グローバル企業向け
高度なセキュリティを希望する中堅〜大企業向け
最大利用人数
10人まで
20,000人まで
20,000人まで
20,000人まで
50,000人以上も可能
サイト上限
1
1
1
無制限
無制限
タスクやプロセスの自動化
単一プロジェクト
単一プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
グローバル プロジェクトとマルチ プロジェクト
ロードマップ構築
基本
基本
高度な設定
高度な設定
高度な設定
業務のキャパシティ確認
×
×
プロジェクトのアーカイブ
×
×
役割や権限の設定
×
管理者インサイト、サンドボックス、リリース管理
×
×
監査ログ、匿名のアクセス管理
×
IP許可リスト
×
×
データレジデンシー
×
サポート
コミュニティサポート
現地営業時間のみ
Premiumサポート
Enterpriseサポート
Atlassianサポート
アップタイムSLAの保証
×
×
99.9%
99.95%
99.95%
ユーザー単位の一元化されたライセンス
×
×
×
あり
あり


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)よりもシンプルに使えるツール

以下では、JIRAよりもシンプルにプロジェクト管理ができるツールをご紹介します。
 
JIRAはさまざまな機能が使える、IT企業にとっては嬉しい機能が数多く備わっている多機能なツールなうえ、一般プロジェクトの管理であれば同社のリリースしているTrello(連携も可能)でも管理ができます。しかし、両者ともに非常に多機能なツールなので、 口コミ・評判にもあったように教育コストがかかります。
 
そのため、非IT企業がJIRAを導入し全社ですぐに使えるかという観点から、JIRAを検討している非IT企業は「よりシンプルで全員がストレスなくプロジェクトを管理できる「Stock」のようなツールが必須です。
 
Stockであれば非IT企業であっても教育コストがかからないほど簡単にプロジェクト・タスク管理が可能です。必要な情報は「ノート」に記載しリアルタイムで共有、かつ「タスク機能」で抜け漏れなく任意のメンバーや自身にタスクを設定できます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

JIRA(ジラ)の機能・評判・料金まとめ

ここまで、JIRAの概要や使い方、実際の口コミ・評判や料金比較についてご紹介してきました。
 
JIRAは非常に多機能なプロジェクト・タスク管理ツールなので、スムーズに使いこなすには全社で高いITリテラシーが求められます。そのため、非IT企業が導入してしまうと最終的に使いこなせず、コストばかりがかかってしまうというリスクが高いです。
 
そのため、「自社のITリテラシーとマッチした」ツールが必要です。たとえば、ご紹介したStockであれば「ノート」「メッセージ」「タスク」、3つの過不足がない機能が備わっており、全くITツールを利用していない社員でも教育コストをかけずに利用可能、かつマルチデバイス対応なのでJIRAと違い時間や場所を問わずに情報を確認・編集できます。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」でJIRAよりもシンプルにプロジェクト・タスクを管理し、業務効率化を実現しましょう。