Chatworkでは2023年7月3日に、一部プランの価格改定がされたことで、1ユーザーあたりの月額料金が値上がりしました。また、以前には「無料プランの履歴閲覧に日数制限がつく」などの変更も加えられ、Chatworkの利用を見直す企業も少なくありません。
 
しかし、なかには「Chatworkの代わりとなるツールを探しているが、どれを選ぶべきか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Chatworkの代わりになるビジネス向けツール5選や選定ポイントを中心にご紹介します。
 
という方はこの記事を参考にすると、Chatworkに代わるビジネス向けツールの選び方が分かり、自社に合ったサービスを判断できます。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Chatworkの注意点とは?

Chatworkは多くの企業で使われているツールですが、2023年に料金の値上げ、2022年にフリープランの制限変更をおこなっています。はじめに、「Chatworkが使いづらくなった」と言われる理由を確認しましょう。

【2023年7月3日】Chatworkの料金変更

ビジネス/エンタープライズプラン改定後の利用料金
 
2023年7月3日に実施された、料金プラン変更の概要は以下の通りです。
 
 
  • ビジネス・エンタープライズプランが値上げ
  • 今後のサービス品質向上のために、有料のビジネス・エンタープライズプランともに、1ユーザーあたりの月額料金を値上げすると発表しました。
     
  • 現在契約中のユーザーは契約更新日に新料金が適用
  • ビジネス・エンタープライズプランを契約中のユーザーには、改定日以降の契約更新日から改定後の料金が適用されます。
 
ただし、ビジネス・エンタープライズプランからフリープランに変更することはできない仕様になっています。そのため、料金改定以降、ほかのチャットツールへの移行を検討するユーザーは少なくありません。
 

【2022年10月6日】フリープランの制限変更

Chatworkのフリープランで閲覧できるメッセージの期限の画像
 
2022年10月には、フリープランの制限に大幅な変更がありました。それ以前は「参加できるグループチャットの数」に制限がありましたが、変更後はグループチャット数の制限が撤廃される代わりに、「閲覧できるメッセージの範囲」に制限が課されたのです。
 
 
  • 変更前
  • 参加できるグループチャットは累計7個まで
     
  • 変更後
  • 閲覧できるメッセージは、直近40日以内に投稿された最新5,000件のみ
 
この変更により、「多数のグループに参加する必要はないが、過去のメッセージ履歴を参考に業務を進めたい中小企業」や、「日々やり取りするメッセージ数が多く、すぐに5,000件に達してしまう大企業」などで無料版Chatworkが使いづらくなったのです。
 


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Chatworkの代替ツールに必要な機能

Chatworkの代わりを探している方は、以下の3つの機能を備えたツールを選びましょう。
 
<機能> <内容>
メッセージ
Chatworkの主機能です。社内外のメンバーとスムーズなコミュニケーションを取るために必要となります。
タスク管理
Chatworkに備えられている機能の1つです。タスクの期限を設定したり、自分以外のメンバーにタスクを依頼したりできるとスムーズに業務を進められます。
情報共有
社内の情報を共有して、一元管理する機能です。Chatworkはファイル管理に特化していますが、ファイル以外の情報も残せる「ノート機能」があると便利です。
Chatworkの代替アプリには、以上の機能が必要です。たとえば、「メッセージ」「タスク」「情報共有」の3つの機能を搭載しており、1フォルダゲストで社外のメンバーとも簡単にやり取りができる「Stock」のようなツールを選びましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Chatworkの類似ツールを比較する2つのポイント

ここでは、Chatworkの類似ツールを比較するポイントを紹介します。値上げや制限変更を踏まえて、ツールの乗り換えを検討している方は必見です。

(1)ツールのジャンルが自社の用途に合っているか

Chatworkから乗り換えるツールを検討する際は、ツールの主機能(ツールのジャンル)が自社の用途に合っているかを確かめましょう。
 
たとえば、リアルタイムでのメッセージのやり取りを最優先したい企業は、代替ツールも「チャットツール」を選ぶべきです。一方で、情報を蓄積して振り返ることを優先する場合は、チャットツールではなく「情報共有ツール」の利用が適しています。
 
このように、自社で優先したい利用目的に合ったツールを選ぶと、乗り換え後もストレスなく運用できます。なお、利用用途が不明確な場合は、以下の画像を参考にしましょう。
 
利用用途に合わせたツールの選び方表
 
また、「メッセージでのやり取り」と「情報の蓄積」のいずれもひとつのツールで完結させたい方には、「Stock」のようにメッセージと業務の記録を紐づけてストックできるツールが適しています。

(2)操作に困らないか

簡単に使える操作性であることも、代替のツールを選ぶうえで重要です。
 
自社の利用用途に合ったツールでも、操作が複雑だとメンバーが上手く使いこなせず、結果として放置されてしまう事態につながります。そのため、無料トライアルなどを活用して、実際の使用感を確かめることが重要です。
 
とくに、ITに不慣れなメンバーが多い場合は、「シンプルかつ機能に過不足のないツール」を選び、関係者全員が利用できるようにしましょう


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【無料あり】Chatworkの代わりになるビジネス向けツール5選

以下では、Chatworkの代わりになるビジネス向けツール5選をご紹介します。
 
Chatworkからほかのツールに乗り換えるときは、「自社の用途に合わせてツールの種別を決める」ことが欠かせません。メッセージのリアルタイム性を重視する場合はチャットツールが使いやすいですが、メッセージやタスクなどのあらゆる情報を残したい企業には「情報共有ツール」が適しています。
 
ただし、機能が豊富過ぎると持て余し、機能が限定的すぎると使いたい用途に上手く生かせなくなるため、十分な費用対効果を得られない可能性が高いです。したがって、「必要な機能に過不足のないツール」を選びましょう。
 
結論、Chatworkからの乗り換えに最適なのは、メッセージ・タスクを管理できるシンプルなノート型の情報共有ツール「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」には文章や画像・ファイルを残しつつ、メンバーへリアルタイムで共有できます。また、「メッセージ」「タスク」がノートに紐づいているので、ノートの情報と関連するやりとり・タスクをまとめて管理でき、業務を進めやすくなるのです。

【情報共有】記録を簡単にストックできるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|最もシンプルな情報ストックツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、社内のあらゆる情報を、最も簡単に「ストック」できるツールです。「社内の情報を、簡単にストックする方法がない」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート」の機能を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくない数人~数千人の企業向け
    ITの専門知識がなくても問題なく、あらゆる企業が簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』がある弊社にも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

加井 夕子さん、海野 紘子さん画像
加井 夕子 さん、海野 紘子 さん
SBIビジネス・イノベーター株式会社
「SBIグループの厳格なセキュリティ基準をも満たす、誰にでもお勧めの情報ストックツールです」
★★★★★ 5.0

当社が導入するシステムには非常に厳格なセキュリティ基準を満たすことが要求されていますが、Stockのシステムは極めて高度なセキュリティ基準で開発・運営されているため、SBIグループのセキュリティ基準でも全く問題なく導入することができました。

江藤 美帆さん画像
江藤 美帆さん
栃木サッカークラブ(栃木SC)
「ナレッジが属人化しやすいプロスポーツクラブには、Stockを非常に強くお勧めします!」
★★★★★ 5.0

元々悩んでいた『ナレッジがブラックボックス化してしまう』という問題が、驚くほどうまく解消されました。 『Stockさえ見れば、すぐに必要な情報を把握できる』という状況を作り出すことに成功し、明らかに生産性が向上しました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

Stockの詳細はこちら


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【チャット】LINEのように使えるチャットアプリ「LINE WORKS」

LINE WORKSのトップページ

<LINE WORKSの特徴>

  • LINEに近い形式でメッセージが送れる
  • メッセージアプリの「LINE」と同様の方法でメッセージのやりとりができます。また、LINEと連携可能なので、社外とのやりとりもスムーズです。
     
  • 豊富な機能を備えている
  • メンバー間でやりとりする「トーク機能」に加え、「カレンダー機能」や「アンケート機能」などの様々な機能を搭載しています。

<LINE WORKSの機能・使用感>

LINE WORKSの掲示板に投稿する内容を編集する画面
 
  • 掲示板機能
  • 掲示板を使うと、社内のイベントや重要なお知らせを一斉に周知できます。また、プッシュ通知や必読設定などで確認漏れを防げるので、チャットでは見逃しがちな情報でも確実に共有可能です。
     
  • アンケート機能
  • 「出欠確認」や「満足度調査」など、様々なシーンに対応した豊富なテンプレートを使って、社内外のメンバーにアンケートを実施できます。さらに、回答結果はグラフに自動集計されるため、一目で結果を確認できるのです。

<LINE WORKSの注意点>

  • メッセージを見ると既読が付く
  • メッセージを閲覧すると既読が付くため、グループチャットで誰がメッセージを見たのか確かめられます。一方で、返信をプレッシャーに感じるメンバーが出る恐れがある点に注意しましょう。
     
  • 話題が錯綜しやすい
  • 利用しているユーザーからは「メッセージをテーマごとにまとめるスレッド機能がないので、トークの管理が大変」という声があります。(参考:ITreview
     
  • スマホだと動作が重い
  • 利用しているユーザーからは「スマホでは非常に動作が重く、現場に出る営業マンとしては使いづらい」という声があります。(引用:ITreview

<LINE WORKSの料金体系>

  • フリー:0円
  • スタンダード:540円/ユーザー/月(月払い)
  • アドバンスト:960円/ユーザー/月(月払い)
 
関連記事: LINE WORKSとは?LINEとの違いや機能・使い方・料金を徹底解説!


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【チャット】大手企業で活用されるビジネスチャットツール「Slack」

Slackのトップページ

<Slackの特徴>

  • スレッドで関連する会話をまとめられる
  • スレッド機能を活用すると、メッセージに連なる形で返信を残せるので、関連する会話の内容をまとめられます。
     
  • 外部のツールと連携できる
  • 多様な外部のツールと連携可能で、ほかのツールに保管している情報をSlackで共有したり、連携したツールの通知をSlackに表示したりできます。

<Slackの機能・使用感>

Slackでチャネルを作成する画面
 
  • チャンネル機能
  • 部署やプロジェクトごとにチャンネルを作成して、話題が整理された状態でそれぞれの会話に集中できます。ただし、チャンネルが増えすぎると管理が煩雑になる点に注意が必要です。
     
  • ハドルミーティング機能
  • ワンクリックで簡単な音声・ビデオ通話ができる機能です。有料プランでは50人まで参加可能なので、オンラインミーティングなどに活用できます。
     
  • Slack AI
  • Slackでのやりとりをもとに、AIが必要な情報を瞬時に見つけたり、会話を要約したりできます。ただし、AIの利用には別途有料オプションが必要です。

<Slackの注意点>

  • 無料プランでは閲覧できるメッセージが限られる
  • 無料プランの場合、閲覧できるメッセージは「直近90日分」となっており、長期間のプロジェクトでの利用には不向きです。
     
  • 使いこなすのが難しい
  • 利用しているユーザーからは「高度な機能が多いため、リテラシーが低い人には慣れるまで難しい」という声があります。(参考:ITreview
     
  • チャンネルが乱立しやすい
  • 利用しているユーザーからは「チャンネルが増えると迷子になり、後から対応しようとするとどこにいったか分からなくなる」という声があります。(参考:ITreview

<Slackの料金体系>

  • フリー:0円
  • プロ:1,050円/ユーザー/月(月払い)
  • ビジネスプラス:1,800円/ユーザー/月(月払い)
  • Enterprise Grid:要問い合せ
 
関連記事: 【初心者向け】Slack(スラック)とは?使い方から特徴まで紹介!


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【タスク管理】メモ感覚のタスク管理ツール「Google Keep」

Google Keepのトップページ

<Google Keepの特徴>

  • Googleアカウントがあれば利用できる
  • Googleアカウントがあれば、特別な準備なしですぐに利用を始められます。
     
  • メモ感覚でタスク管理できる
  • 付箋にメモを残すような仕様で、気軽にタスクをリスト形式で管理できます。

<Google Keepの機能・使用感>

Google keepのメモを残す画面
 
  • リマインダー機能
  • 時間や位置情報に基づいてリマインダーを設定すると、特定の時間・場所で通知を受け取れます。そのため、やるべきことを忘れずにこなせるのです。
     
  • ラベル機能
  • メモをカテゴリごとにラベル分けして整理できます。ただし、ラベルの階層化には対応していないので、メモの量が増えると管理が煩雑になりやすいです。

<Google Keepの注意点>

  • 画像以外のファイル添付ができない
  • Google Keepは画像添付のみに対応しており、動画やPDFは添付できません。
     
  • 共有に手間がかかる
  • Google Keepのメモを共有するには、メモごとに設定が必要で、一括でまとめて共有できません。そのため、チーム単位でタスク管理をしたい場合には不向きです。
     
  • フォルダで整理できない
  • 利用しているユーザーからは「手軽に使えるが、フォルダに整理するなどができないので、ひたすらメモが増えてしまうのが使い勝手がよろしくない」という声があります。(引用:ITreview

<Google Keepの料金体系>

すべての機能を無料で利用できます。
 


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【タスク管理】エンジニア向けのタスク管理ツール「Backlog」

Backlogのトップページ

<Backlogの特徴>

  • プロジェクト管理に便利な機能が備わっている
  • タスク管理だけでなく、プロジェクトの進捗を帯状に表示する「ガントチャート」や、作業の対応状況を管理する機能が備わっています。
     
  • エンジニア向けの機能が充実している
  • 開発におけるバグやソースコードの記録を管理する機能が備わっており、エンジニアが使いやすい仕様になっています。

<Backlogの機能・使用感>

  • ガントチャート機能
  • プロジェクトの開始日、期限日、マイルストーンを設定して進捗を確認できます。長期プロジェクトの全体スケジュールを把握したい場合に便利です。
     
  • カンバンボード機能
  • タスクをカードに記載して、「未対応」「処理中」「処理済み」などのステータスごとに管理できます。また、カードはドラッグ&ドロップで簡単に移動可能なので、タスクの緊急度や優先度順で並び替えられるのです。

<Backlogの注意点>

  • 削除したデータを復元できない
  • Backlogで管理しているプロジェクトのデータを削除すると、関連するタスクやコメントも消えるほか、復元はできません。
     
  • タスクの担当者を複数人で設定できない
  • 利用しているユーザーからは「タスクの担当者はひとりしか設定できないため、複数人いる場合に不便」という声があります。(参考:ITreview

<Backlogの料金体系>

  • スターター:2,970円/月(月払い)
  • スタンダード:17,600円/月(月払い)
  • プレミアム:29,700円/月(月払い)
  • プラチナ:82,500円/月(月払い)
 
関連記事: Backlog(バックログ)で何ができる?基本的な使い方や機能を解説


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

<比較表>Chatworkに似ているおすすめの代替ツール

以下は、これまでご紹介したおすすめのChatworkの代わりになるビジネス向けツール5選の比較表です。(左右にスクロールできます)
 
Stock【一番おすすめ】 LINE WORKS Slack Google Keep Backlog
特徴
記録を簡単にストックできる情報共有ツール
LINEのように使えるチャットツール
大手企業で活用されるチャットツール
メモ感覚のタスク管理ツール
エンジニア向けのタスク管理ツール
シンプルで簡単or多機能
シンプルで簡単
多機能
多機能
シンプルで簡単
多機能
メッセージ機能
【〇】
【〇】
【〇】
【×】
【〇】※タスクへのコメントは可能
タスク絞り込み
【〇】
【〇】
【×】
【〇】
【〇】※ラベルによる絞り込みは可能
注意点
音声・ビデオ通話機能はない
話題が錯綜しやすい
チャンネルの管理が煩雑になる
メモをフォルダで整理できない
タスクの担当者を複数人で設定できない
料金
・無料プランあり
・有料プランは500円/ユーザー/月〜
・無料プランあり
・有料プランは540円/ユーザー/月(月払い)~
・無料プランあり
・有料プランは1,050円/ユーザー/月(月払い)~
・無料
・無料プランなし
・有料プランは2,970円/月(月払い)~
公式サイト
「Stock」の詳細はこちら
「LINE WORKS」の詳細はこちら
「Slack」の詳細はこちら
「Google Keep」の詳細はこちら
「Backlog」の詳細はこちら
以上のように、ツールごとに特徴や注意点が異なるので、慎重に比較検討したうえで自社に合ったツールを選定しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Chatworkの代わりになる法人向けツールまとめ

これまで、Chatworkの代わりになるビジネス向けツール5選や比較ポイントを中心にご紹介しました。
 
Chatworkのビジネス・エンタープライズプランは、2023年7月3日に料金改定されました。ユーザーひとりあたりの月額料金が値上がりしたため、新料金が高いと感じる場合はほかのツールへの乗り換えを検討しましょう。
 
また、ツールを選ぶうえでは、「自社に合った機能であること」「操作が簡単であること」を重視しましょう。とくに、多機能なツールは操作が複雑なため、現場社員が使いこなせなせずに放置されるリスクが高いです。
 
結論、Chatworkの代わりに最適なのは、誰でも簡単に情報を共有・管理できるシンプルなツール「Stock」一択です。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、社内の情報共有を効率化しましょう。


「社内の情報を、簡単にストックする方法がない---」
最もシンプルな情報ストックツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/
 
関連記事: Chatwork(チャットワーク)は無料で使える?基本的な使い方まで解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、最もシンプルな情報ストックツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。